8月27日の等々力第一サッカー場 / フロンターレU-12


8月27日の等々力第一サッカー場。川崎フロンターレU-12の五年生たちが、JACPA、さいたまシティノースFCとの練習試合に臨みました。


この記事は、フロンターレに取材をお願いし、了解を得て、書かせていただきました。


【川崎フロンターレU-12 練習試合 vs JACPA】

8月27日(土)午後0時10分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 15分×2 8人制

最初の対戦相手は、JACPA。

1本目、フロンターレのメンバーは、GK21酒寄壮、最終ラインは右から25永田怜大、23土本琉斗、2千葉朝陽、中盤に29時松隼跳、右に27渋谷昇汰、左に20笠倉蓮央、前線には11安永唯人。

U-10の安永、千葉も入る構成に。


空を見上げれば、青空に白雲が浮かぶ等々力第一サッカー場。厳しい暑さに蝉の声が聞こえる一方で、時折吹き抜ける風に秋の気配もかんじるなか、試合は始まりました。


1分、ゴール前に長いボールを入れるのは、JACPA。エリア正面やや右、20が抜け出してシュート。決定的な場面でしたが、GKの酒寄がセーブ。好守でしのいでいきます。


ラインを高く保ち、前に出てくるJACPAに対して、安永もプレスバックにいくなど、コンパクトにして対応していくフロンターレ。

JACPAがうまくサイドに展開し、右の20が仕掛ける場面をつくるなどしていきますが、笠倉が粘り強く体を入れ、ゴールキックにするなどしてしのいでいきます。



フロンターレが後ろからつないでいこうとするところ、JACPAは狙っていき、3分には8が高い位置でカット、エリアの前に迫りますが、永田がカバー。


立ち上がりはなかなか前に出られなかったフロンターレ。しかし、中央の時松がうまく前に持ち出し、ボールを受けた笠倉が斜めの仕掛け、そこから右サイド、永田に展開するなどして前に。

また、最終ラインでボールをカットした土本が一気に中央を持ち上がり、左に流れた安永につなげるなどして、次第に相手陣内での時間をつくれるように。

中盤で時松がうまくボールをキープするなど、落ち着いて、自分たちでボールを持てるようになっていきます。


7分には、JACPA,右サイドで20がボールをカット。正面で8がループシュートを打ちますが、上に。

直後にはフロンターレ、中央、時松がスルーパスを出すと、安永が正面へ。シュートはワンタッチあり、左コーナーキックに。


左コーナーキック、渋谷が右足でボールを入れると、ニアで笠倉がシュートを打ちますが、左に。

さらに9分には、渋谷が正面へ持ち出し、左へ展開。抜け出した笠倉の折り返しは、JACPAが阻んで左コーナーキックに。


コーナーキックをしのいだJACPAは、右サイドを突くパスからカウンターに持ち込もうとしますが、土本がカバー。




11分には、JACPAも後ろからつないでいこうとするところ、渋谷が右サイドの高い位置でカット。前に仕掛けて、右コーナーキックに。


コーナーキックはシュートにつながらなかったものの、畳みかけるフロンターレ。

最終ライン、千葉が前に持ち出して、中央へ。縦パスを受けた安永がボールをおさめ、リターンをエリア外正面で受けた時松がミドルシュートを打つと、これが決まり、1-0。

フロンターレが先制します。


JACPAも直後には、エリア右、20が抜け出してシュートを打ちますが、酒寄がセーブ。

フロンターレは千葉、安永、時松が近い位置でかかわりあい、そこから右の渋谷に展開。ふたたび左に回して、永田からリターンを受けた千葉が斜めに持ち出し、ゴール前に迫るなどしていきます。


15分には、永田のスルーパスに、時松が正面へ。時松は左サイドに流れ、折り返すとエリア右、笠倉がシュートを打ちますが、ポストに。

1本目は1-0でタイムアップとなります。





2本目、フロンターレはGK19中島嵩登、最終ラインは右から25永田怜大、20笠倉蓮央、27渋谷昇汰、中盤は28我妻光、右に18新堀隼、左に26北田章将、前線には11安永唯人。

立ち上がり、GKの中島もボールに触れながら、後ろから回していくフロンターレ。1分には、千葉が中央を持ち上がり、そのパスに北田が抜け出し、エリア左に仕掛けてシュート。

ワンタッチあり、ゴールとはならなかったものの、うまく間を突いて、背後を取り、ゴールに迫っていきます。


これで得たコーナーキックをしのいだJACPAはカウンターに持ち込もうとしていきますが、我妻がカバーし、それをさせず。


フロンターレは、中盤の我妻から受けた新堀が右サイドから斜めの仕掛け、前線の安永とかかわって、相手ゴール前に迫っていきます。

3分には中央に持ち出した北田から左に展開。我妻が高い位置へ。我妻がシュート性の速いボールを、エリア内に入れると、ゴール右、詰めた新堀が押し込み、1-0。

2本目もフロンターレが先制します。


直後には、中央で我妻がカット。前に持ち出して、相手を引き付け、そのパスに、安永がエリア外右へ。ループシュートを打ちますが、GK4がセーブ。


さらにJACPAが中央で奪ったところ、我妻が奪い返し、前に持ち出して右に展開。新堀がシュートを打ちますが、GK4がセーブ。


5分には、新堀から我妻、北田とつないで、ゴールの前に迫ると、いったんJACPAボールとなったところ、エリア外正面で奪った新堀が、ミドルシュートを打ちますが、右に。


6分には、JACPA、中央の30のスルーパスに、20が正面へ抜け出しそうになりますが、千葉がカバー。粘り強く体を入れていき、ゴールキックにしていきます。



中央に北田が寄り、そのパスを受けた我妻から右サイド、新堀につながり、新堀が仕掛ける姿勢を見せるなどしていくフロンターレ。

JACPAがゴールの前に迫っても、エリア前で我妻がボールをうまく奪い取り、そのまま前に。いったん安永に預け、エリア外右で受け直して、シュートを打つなど、ゴールに迫る場面をつくっていきます。


8分には、JACPA、中央の30から右に、20のシュートは枠をとらえますが、中島がセーブ。


10分には、フロンターレ、渋谷が左サイドから斜めに仕掛けて、エリア外右へ。反転してミドルシュートを打つとボールはポストに。

意表を突いた動きからチャンスをつくっていきます。


すると、11分フロンターレは、中央からエリア外左にパスが通り、安永がシュートを打つとこれが決まり、2-0。


12分には、JACPA,右からの折り返し、正面に30が迫りますが、中島がセーブ。中島から受けた渋谷が一気に前に持ち出し、安永とのパス交換からエリア前に抜け出しますが、オフサイド。

それでも、守備から攻めへの切り替えの速さを見せていきます。


13分には、ボールをカットした千葉が、中央を持ち上がり、左に展開。北田が仕掛けて、左からの折り返し。新堀が迫りましたが、ワンタッチあり、右コーナーキックに。


渋谷が右足でボールを入れると、エリア内、新堀がシュート。枠をとらえましたが、GK4がセーブ。

14分には、左サイドから斜めに渋谷が仕掛け、右に展開。正面右、新堀が受けて、折り返すと、正面で我妻がミドルシュートを打ちましたが、左に。


2本目は2-0でタイムアップとなります。




1本目:1-0 得点:時松隼跳

フロンターレのメンバー:21酒寄壮 25永田怜大 23土本琉斗 2千葉朝陽 29時松隼跳 27渋谷昇汰 20笠倉蓮央 11安永唯人

2本目:2-0 得点:新堀隼、安永唯人

フロンターレのメンバー:19中島嵩登 25永田怜大 20笠倉蓮央 27渋谷昇汰 28我妻光 18新堀隼 26北田章将 11安永唯人



練習試合を前にアップする選手たち

中島嵩登選手
酒寄壮選手
千葉朝陽選手
安永唯人選手
時松隼跳選手
永田怜大選手
酒寄壮選手
時松隼跳選手
時松隼跳選手
土本琉斗選手
渋谷昇汰選手
渋谷昇汰選手
安永唯人選手
時松隼跳選手がシュート

1-0に

好守を見せる酒寄壮選手
土本琉斗選手
笠倉蓮央選手
笠倉蓮央選手
千葉朝陽選手
中島嵩登選手

永田怜大選手
我妻光選手
中島嵩登選手
新堀隼選手が決める

中島嵩登選手
北田章将選手
我妻光選手
我妻光選手
我妻光選手
我妻光選手
渋谷昇汰選手
中島嵩登選手
北田章将選手
安永唯人選手

【川崎フロンターレU-12 練習試合 vs さいたまシティノースFC】



8月27日(土)午後1時34分キックオフ 15分×2 8人制


続いて、フロンターレが臨んだのは、さいたまシティノースFCとの練習試合。

1本目、フロンターレはGK21酒寄壮、最終ラインは右から27渋谷昇汰、23土本琉斗、20笠倉蓮央、中盤は28我妻光、右に18新堀隼、左に29時松隼跳、前線には26北田章将。


立ち上がりは、さいたまシティノース、後ろから組み立てを図っていきますが、フロンターレは高い位置からプレス。

1分には正面で北田がカット。これをさいたまシティノースが阻んで、左コーナーキックに。

キッカーの渋谷が右クロスを入れ、セカンドボールを、正面で時松が拾い、右に展開。渋谷がクロスを入れると、エリア外正面、我妻がミドルシュート。

これが決まり、1-0。フロンターレが先制します。



2分には、中央から右に展開。新堀が仕掛けて、いったんはさいたまシティノースが阻むも、畳みかけていくフロンターレ。


左から北田が折り返すと、正面やや右で新堀がダイレクトシュート。これが決まり、2-0。フロンターレが突き放します。



フロンターレは、さらにスローインをうまくおさめた我妻が前に持ち出し、左サイドに展開。時松が左から中央に持ち出し、左に流れた北田に展開し、ゴール前で時間をつくっていきます。



ボールを奪われても、高い位置で新堀が足を伸ばし、マイボールにするなどしていくフロンターレ。

ピッチの左右を使い、時松や北田、我妻がテンポよくつなぐなどしながら、前に出ていき、中央で我妻、北田がパス交換。そこから左サイド、時松につなげるなどしていきます。



さいたまシティノースも、フロンターレの攻めをしのいだところからカウンターに持ち込もうとしていきますが、土本がカバー。そこから攻めに転じて、新堀が正面へ。

新堀のパスに、エリア左へ抜け出した時松のシュートは左にそれましたが、切り替えの速さを見せて、ゴールをおびやかす場面をつくっていきます。



13分には、さいたまシティノース、エリア正面で26がカット。シュートを打つも左に。

14分にはフロンターレ、右サイドの下がり目に新堀が顔を出し、渋谷が正面へ。そのまま、前に持ち込みシュートを打つも、さいたまシティノースはブロック。

1本目は2-0でタイムアップとなります。



2本目、フロンターレは、GK19中島嵩登、最終ラインは右から25永田怜大、23土本琉斗、2千葉朝陽、中盤は28我妻光、右に18新堀隼、左に26北田章将、前線には11安永唯人。

立ち上がり、ゴールの前に迫るさいたまシティノースに対して、土本のカバーでしのいでいくフロンターレ。

右サイドに展開し、新堀が仕掛けて、右コーナーキックを得ていきます。


右コーナー、永田が入れたボールはシュートには結びつきませんでしたが、セカンドボールを拾ったフロンターレ。スルーパスに、安永が抜け出し、シュート。

右にそれてゴールとはなりませんでしたが、チャンスをつくっていきます。


さいたまシティノースも、5分にはコーナーキックを得ると、リフレクションがあり、枠をとらえた難しい軌道のシュートを打ちますが、中島がセーブ。

決定機でしたが、最後のところで守っていきます。


北田が左から斜めに仕掛ける一方で、安永が左サイドに流れ、位置を入れ替えながら前に出ていくフロンターレ。

7分、左サイドから斜めに仕掛けた北田のパスに、安永が左サイドへ。エリア左に仕掛けて、シュートを打つと、ニアを抜いて、1-0。

フロンターレが先制しっマス。


直後には、右サイド、間で受けた新堀のリターンを、エリア外正面で受けた北田がシュート。枠をとらえますが、GK31がセーブ。

直後には千葉がカット。縦パスを受けた安永は右サイドを突くパス、新堀が抜け出しますが、オフサイド。


フロンターレは、8分、新堀に代わり27渋谷昇汰、土本に代わり20笠倉蓮央、北田に代わり29時松隼跳。最終ラインは右から永田、千葉、笠倉、時松が左に入ります。


直後にはフロンターレ、我妻のスルーパスに渋谷がエリア外右へ。ループシュートを打ちますが上に。

さいたまシティノースは、9分、浮き球に、7がエリア前に迫りますが、笠倉がカバー。

右コーナーキックとなるも、これをしのいだフロンターレ。

時松が左サイドから斜めに仕掛け、右に展開。渋谷につながり、渋谷が正面へパスを出すと、安永がシュート。これが決まり、2-0。

フロンターレが突き放します。


11分には、さらにフロンターレ、さいたまシティノースが後ろから回していこうとするところ、渋谷がカット。エリア右へ持ち込みますが、シュートをうつことはできず。

それでも、高い位置から狙い、ゴールに迫る場面をつくっていきます。

12分には、正面、安永につながり、安永はシュート。こぼれ球を笠倉が押し込んで、3-0。

さらに13分には、エリア正面やや左、抜け出した安永のシュートが決まり、4-0。

立て続けに決まり、フロンターレが突き放します。


直後には、さいたまシティノース、左サイド、7が抜け出しますが、千葉がカバー。

フロンターレは千葉が中央でカット。前に持ち出し、中央で受けた笠倉から左に展開。時松が仕掛け、左コーナーキックに。

コーナーキックをしのいださいたまシティノースは、カウンターに。正面へパスが通り、1対1となりそうになりますが、中島がエリア外に出て、足でクリアする好守でシュートは打たせず。

2本目はタイムアップとなり、4-0。


攻撃だけではなく、守りでも好プレーが出たフロンターレ。この日の練習試合を終えました。

無観客の試合が多く、川崎そだちでは、なかなかU-12の試合の記事を書くことができていないことを申し訳なく思います。今シーズンの残りあと数カ月、なるべく機会を見つけて、また、記事を書いていきたい、と思います。


1本目:2-0 得点:我妻光、新堀隼

フロンターレのメンバー:21酒寄壮 27渋谷昇汰 23土本琉斗 20笠倉蓮央 28我妻光 18新堀隼 29時松隼跳 26北田章将


2本目:4-0 得点:安永唯人3、笠倉蓮央

フロンターレのメンバー:19中島嵩登 25永田怜大 23土本琉斗 2千葉朝陽 28我妻光 18新堀隼 26北田章将 11安永唯人

交代:新堀→27渋谷昇汰 土本→20笠倉蓮央 北田→29時松隼跳


(文中敬称略)

笠倉蓮央選手
ミドルシュートを決めた我妻光選手

笠倉蓮央選手
我妻光選手
時松隼跳選手
時松隼跳選手
新堀隼選手
時松隼跳選手
時松隼跳選手
笠倉蓮央選手
土本琉斗選手
時松隼跳選手
時松隼跳選手
笠倉蓮央選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手
渋谷昇汰選手
笠倉蓮央選手
新堀隼選手
新堀隼選手
千葉朝陽選手
永田怜大選手
永田怜大選手
安永唯人選手
安永唯人選手
我妻光選手
土本琉斗選手
中島嵩登選手
安永唯人選手

ニアを抜くゴールを決める

永田怜大選手
渋谷昇汰選手
中島嵩登選手
渋谷昇汰選手

安永唯人選手がゴールを決める

千葉朝陽選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。