フロンターレU12 – 橘SC / ハンガリー大使館杯


9月10日の等々力補助競技場。川崎市のU-11年代の秋季大会、ハンガリー大使館杯の予選リーグ、初戦のFC南生田サントス戦に勝利した川崎フロンターレU-12は、第2戦、橘SCとの試合に臨みました。

この記事は、フロンターレに取材をお願いし、書かせていただきました。


【川崎フロンターレU-12 ハンガリー大使館杯U-11川崎市秋季サッカー大会予選リーグ vs 橘SC】

9月10日(土)午後1時22分キックオフ 等々力補助競技場 晴れ 15分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK19中島嵩登、最終ラインは右から23土本琉斗、28我妻光、25永田怜大、中盤は29時松隼跳、右に27渋谷昇汰、左に26北田章将、前線には18新堀隼。


晴れ渡った空の下、両チームの選手の家族ら、また試合を控えたほかのチームの選手らが見守るなか、始まった試合。

フロンターレは1分、左サイドからの攻めに。左からエリア左へ仕掛けた新堀隼が折り返すと、正面やや右、土本が押し込み、1-0。

フロンターレが先制します。

GKの中島から受けた北田が高い位置へ仕掛け、コーナーキックを得るなどしていくフロンターレ。

橘SCも、3分には左サイドのスローインの流れから右に展開。10が仕掛けてコーナーキックに。右コーナーキックとなり、精度の高いボールに、ゴール左、迫りますが、さわることはできず。

直後には、右サイドでのスローイン、キャプテンの20がおさめ、エリア外右へ。折り返しに、8がエリア内へ迫りますが、渋谷がカバー。シュートは打たせず、ピンチをしのいでいきます。


すると、6分フロンターレは、渋谷が右サイドでボールをカット。中央へ斜めに仕掛け、スルーパスを出すと、エリア内、抜け出したのは北田。シュートを打つとこれが決まり、2-0。

守備から攻撃への切り替えの速さで、突き放します。

橘SCは、GK1に最終ラインの4や7が加わり、後ろからの組み立てを図りますが、フロンターレは厳しくプレスをかけ、永田・北田が連動して前から追い込みにいくなどしていきます。

8分には、橘SC、左サイドから正面へ斜めにパスを入れていきますが、永田がカット。そのパスに、北田がエリア左へ抜け出し、シュートを打ちますが、GK1がセーブ。

フロンターレも後ろからボールを回していき、中島の浮き球を正面で新堀隼や時松が競るなど、長いボールも交えていきます。


10分には、右サイド、渋谷が抜け出して、何度も切り返して折り返すと、ニアへ新堀が走り込みシュート。これが決まり、3-0に。

11分には、土本から右の渋谷へ。渋谷から正面の新堀隼へつながり、新堀隼はエリア外右、土本にパス。土本はミドルシュートを打ちますが、上に。


直後には、橘SC、中央でボールを動かし、右に展開。10が仕掛けて、エリア右へ進入しますが、永田が体を張り、ブロック。

さらに右に開いた4の浮き球に、エリア内、途中出場の3が迫りますが、渋谷がカバー。

橘SCは、さらに前に出ていきますが、フロンターレはコンパクトに。北田が奪い、それを受けた永田が仕掛けるなど、守備から攻めへ転じていきます。

13分には、左サイドでのスローイン、北田が仕掛けて折り返すと、正面やや左で新堀隼がシュートを打ちますが、右に。

14分には、エリア外左で北田がファールを受けて、フリーキックに。キッカーの我妻は、直接右足でシュートを打ちますが、左に。

直後にはフロンターレ、橘SCが後ろから組み立てを図るところ、時松がカット。エリア外右、シュートを打つと、これが決まり、4-0。

15分には、左サイド、北田から中央の時松へ、時松は右へ展開。受けた渋谷がエリア右へ持ち込み、シュートを打つとこれが決まり、5-0。


前半は5-0でタイムアップとなります。



後半フロンターレは、GK21酒寄壮、最終ラインは右から4藤田日向輝、23土本琉斗、27渋谷昇汰、中盤に20笠倉蓮央、右に18新堀隼、左に26北田章汰、前線には13新堀葵。


立ち上がり、1分にはフロンターレ。北田から中央の笠倉へつながると、笠倉のスルーパスに、左からエリア内へ、北田が抜け出しますが、GK1がセーブ。

さらにフロンターレは中央の笠倉から受けた新堀が右サイドから仕掛けるなどしていくと、2分には正面でルーズボールを拾った渋谷がシュート。ゴール左に決まり、6-0。

直後には、北田が左サイドでボールをカット。最終ラインの土本へ。土本がスルーパスを出すと、正面へ笠倉が抜け出し、シュート。ゴールへ決まりましたが、オフサイド。

それでも、最終ラインからも好パスで、ゴールに迫る場面をつくっていきます。


橘SCは、前半と同様、最後尾からサイドにうまく展開し、そこから前に出ようとしますが、フロンターレはコンパクトに。新堀葵も自陣の低い位置まで下がり、これに対応していきます。


5分には、正面へパス交換から上がった土本。そのパスに、北田が正面やや左へ。シュートを打ちますが、GK1がセーブ。

直後には左サイド、渋谷から右の新堀隼へ。新堀隼のパスを、エリア外左で受けた渋谷がシュートを打ちますが、右に。得点とはなりませんでしたが、両サイドを使った展開で迫っていきます。


橘SCも高い位置でボールをカットする場面をつくっていきますが、フロンターレはすばやく囲い込んで、マイボールに。

また、奪われても、笠倉が位置取り良く奪い返すなどして、流れをわたさずにプレーしていきます。


6分には、右サイド、開いた藤田からエリア外右、うまく間に顔を出した新堀隼へ。新堀隼がクロスを入れると、エリア内、北田が迫りますが、合わせることはできず。


直後には、橘SCの組み立てを狙い、笠倉がボールをカット。エリア外左、シュートを打ちますが、GK1がセーブ。

さらに土本から左の北田へつながり、北田はエリア内へスルーパス。藤田が迫りますが、さわることはできず。それでも、いい動き出しを見せていきます。


8分には、エリア外右で、橘SCにファールがあり、フリーキックに。キッカーの新堀隼は直接狙いますが、左に。

橘SCも高い位置でボールを奪う場面をつくっていきますが、フロンターレは渋谷がカバーし、前にいかせず。

10分には、細かくテンポよくボールを回して、笠倉のパスに、北田がエリア内へ。しかし、シュートはGK1がセーブ。

11分にはフロンターレ。北田が正面へ。そのスルーパスに、エリア内、抜け出したのは笠倉。シュートを打つとこれが決まり、7-0。


さらに12分には、笠倉から左の渋谷へ。渋谷のパスに、エリア左、新堀隼が抜け出し、シュートを打つとこれが決まり、8-0。

立て続けに、好連係からゴールを決めていきます。


奪われても、土本がカバーし、そこから攻めにつなげていくフロンターレ。

14分には、中央で新堀隼がボールをカット。右サイド、藤田へ。藤田のパスに、正面へ抜け出した新堀隼がシュートを打つとこれが決まり、9-0。

直後には、正面やや右、新堀隼が抜け出し、シュートを打つとこれが決まり、10-0。


フロンターレは、GKの酒寄も、土本らと最後尾からボールを動かし、左サイドの渋谷・北田の連係からゴールに迫るなどし、試合はまもなくタイムアップ。

10-0で勝利をおさめました。

ハンガリー大使館杯の予選リーグは、残り2試合。

どんな試合を見せていくのか、とても楽しみにしています。


前半5-0 後半5-0 計10-0

得点:土本琉斗、北田章将、新堀隼3、時松隼跳、渋谷昇汰2、笠倉蓮央、新堀葵

前半のメンバー:19中島嵩登 23土本琉斗 28我妻光 25永田怜大 29時松隼跳 27渋谷昇汰 20笠倉蓮央 18新堀隼

後半のメンバー:21酒寄壮 4藤田日向輝 23土本琉斗 27渋谷昇汰 20笠倉蓮央 18新堀隼 26北田章将 13新堀葵


(文中敬称略)

試合に臨む選手たち

土本琉斗選手
中島嵩登選手
時松隼跳選手
永田怜大選手
我妻光選手、
新堀隼選手

土本琉斗選手が決めフロンターレが先制する

新堀隼選手
中島嵩登選手
我妻光選手
土本光選手
永田怜大選手
新堀隼選手
土本琉斗選手
我妻光選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手
渋谷昇汰選手
永田怜大選手
土本琉斗選手
時松隼跳選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手
渋谷昇汰選手
渋谷昇汰選手
我妻光選手
北田章将選手
渋谷昇汰選手

土本琉斗選手
渋谷昇汰選手がゴールを決める

渋谷昇汰選手
藤田日向輝選手
土本琉斗選手
笠倉蓮央選手がシュート
笠倉蓮央選手
北田章将選手
渋谷昇汰選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手
新堀葵選手
新堀葵選手
渋谷昇汰選手
渋谷昇汰選手
酒寄壮選手
酒寄壮選手
土本琉斗選手
笠倉蓮央選手
藤田日向輝選手
笠倉蓮央選手
笠倉蓮央選手
土本琉斗選手
渋谷昇汰選手
北田章将選手
北田章将選手

新堀隼選手

渋谷昇汰選手
笠倉蓮央選手、土本琉斗選手
笠倉蓮央選手
新堀隼選手

新堀隼選手がゴールを決める

 

酒寄壮選手
新堀隼選手
新堀隼選手

北田章将選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。