フロンターレU12 / ダノンネーションズカップ2017 2日目(決勝リーグ)


3月26日は、駒沢オリンピック公園へ。ダノンネーションズカップ in Japanは2日目。前日の予選リーグを2勝1敗、首位で通過した川崎フロンターレU-12は、三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア、コンサドーレ札幌U-12との決勝リーグに臨みました。24チームが8グループに分かれて行われる決勝リーグで、首位のチームのみが8チームによって行われる決勝トーナメントへ進むことができます。

【川崎フロンターレU-12 ダノンネーションズカップ決勝リーグ第1節 vs 三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア】
3月26日(日)午前9時キックオフ 雨 駒沢補助競技場 20分 8人制

フロンターレの先発は、Gk7深澤陽太、最終ラインは3藤野心魂、キャプテン5由井航太、右サイド9尾川丈、左サイド11志村海里、中盤8田中陸人、前線に10名賀海月、13岡野一恭平。

好天に恵まれた初日とは打って変わって、冷たい雨が降り続く中、試合は始まりました。

立ち上がり、ゴールに迫ったのは三菱養和巣鴨。7が左サイドをドリブルで突破し、エリア内へ。しかし、フロンターレは深澤が前へ出てシュートは打たせず。

フロンターレは、前へ押し上げ、藤野が時折フィードを入れたり、名賀がドリブルで仕掛けるなどしてゴールをうかがっていきます。

7分には三菱養和巣鴨の7に右サイドからクロスを入れられ、9がエリア内迫りますが、深澤が先に触りシュートは打たせず。さらに7が右サイドから仕掛けてきますが、由井がカバー。岡野一も前線から自陣へ、戻るなど攻守の切り替えよく、しのいでいきます。

11分には、由井がボールを持ち上がって前へ。エリア外左からミドルシュートを打ちますが、ここはGK1が対応。尾川と名賀がワンツーでエリア右から突破を図ったり、由井が高い位置から仕掛けるなどして攻勢に。田中や藤野、由井が距離感よくボールを拾っていきます。12分には名賀が右サイドから仕掛けて、最後は岡野一が抜け出してシュートを打つもオフサイド。15分には尾川がエリア右へ進入、折り返したボールに志村が抜け出しますが、三菱養和巣鴨の選手も粘り強く対応し、シュートを打つことはできません。

17分には、フロンターレのコーナーキックをしのいだ三菱養和巣鴨がカウンターに。11が左サイドから仕掛けて、1対1にという場面になりますが、11はエリア外右に抜け出した8へのパスを選択。8のシュートは枠をとらえられず。

フロンターレは、志村に代わり14永田滉太朗が左サイドに。試合は19分に。フロンターレは、名賀が左サイドから持ち込み、右サイドへ展開。尾川がエリア右へ仕掛けて、ボールをエリア内へ送ると、拾った岡野一がシュートを放つとついにゴールネットを揺らします。1-0。先制点はフロンターレへ。

試合はまもなくタイムアップ。最後の最後でチャンスを生かしたフロンターレは、決勝リーグの初戦で大きな1勝をつかみとりました。

1-0
得点:岡野一恭平

フロンターレの先発:7深澤陽太、3藤野心魂、5由井航太(c)、9尾川丈、11志村海里、8田中陸人、10名賀海月、13岡野一恭平
交代:志村→14永田滉太朗

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

名賀海月選手
志村海里選手
田中陸人選手
深澤陽太選手がシュートを防ぐ

藤野心魂選手
由井航太選手
田中陸人選手
由井航太選手
志村海里選手
岡野一恭平選手
深澤陽太選手
志村海里選手
由井航太選手
出場に備えてアップをする選手たち
尾川丈選手

試合終了間際にゴールを決める
岡野一恭平選手

1-0でタイムアップ

【川崎フロンターレU-12 ダノンネーションズカップ決勝リーグ第2節 vs コンサドーレ札幌U-12】
3月26日(日)午前10時半キックオフ 雨 駒沢補助競技場 20分 8人制

決勝リーグ最後の相手は、コンサドーレ札幌U-12。フロンターレの先発はGK7深澤陽太、最終ラインに3藤野心魂、キャプテン5由井航太、右サイド9尾川丈、左サイド6前野康成、中盤8田中陸人、前線は10名賀海月、13岡野一恭平。

立ち上がり、由井や藤野に田中や時には深澤がかかわって、後ろから組み立てを図っていくフロンターレ。2分には、センターライン手前、左サイド寄りでファールを受けると、藤野が直接フリーキックでゴールを狙いますが、ボールは上へ。

コンサドーレは、前線の10や13を起点に攻勢に。5分には10がエリア右へ抜け出しますが、ここは由井が対応してコーナーキックに。左から6が入れたボールのこぼれ球を5が拾って枠内へシュートを打ちますが、深澤がいったんはボールを弾きながらキャッチ。9分には、エリア外右から3がフリーキック、エリア内へ精度のよいボールを入れてきますが、誰もさわることはできず。さらに17が右サイドへ抜け出てクロスを入れようとしますが、フロンターレは前野が粘り強くブロック。直後の左コーナーキック、4が合わせますが左へ。

コンサドーレの最終ライン、長身の3や4がよく対応し、なかなか起点をつくれずにいたフロンターレでしたが、自陣では藤野や由井がよくカバーしあい、深澤も雨の難しい状況の中、よく対応ししのいでいきます。

19分には、前野に代わって14永田滉太朗がピッチへ。

試合はまもなくタイムアップ。0-0。フロンターレは決勝リーグを1勝1分けで終えることになりました。

このあと行われた決勝リーグ最後の試合、コンサドーレ札幌U-12 vs 三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアは0-0。2分けのコンサドーレを上回り、首位となったフロンターレは、決勝リーグへ進出することになりました。

0-0

フロンターレの先発:7深澤陽太、3藤野心魂、5由井航太(c)、9尾川丈、6前野康成、8田中陸人、10名賀海月、13岡野一恭平
交代:前野→14永田滉太朗

(文中敬称略)

決勝リーグ第2節へ
由井航太選手
深澤陽太選手
田中陸人選手
名賀海月選手
尾川丈選手
前野康成選手

田中陸人選手
前野康成選手
尾川丈選手
前野康成選手
試合を見守る選手たち
永田滉太朗選手
0-0でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です