初戦を終えて。。
 〜テルのカンボジア蹴記〜


カンボジアリーグが開幕しました。
初戦は昨年度のカンボジアリーグ2位のチームとの試合でした。
結果は0ー1の負け。
ワンチャンスを決められてしまいました。
かなり悔いの残る敗戦となりました。
けれど同時にとても良い経験ができたと思っています。

プロとして初めてピッチに立ちました。
サポーターも3000人近く入り大声援を受けとても幸せな90分間でした。
今までサッカーやってきて良かったなって心から思えた瞬間でした。

ただ、結果を出す事ができなかった。
経験の差が出たゲームでした。
今日のグラウンド環境はかなりひどく、ドリブルを真っ直ぐにするのも困難な状態でした。小学生のとき雑草と土混じりのグラウンドで良くやっていたのですがまさにその状態、むしろそれよりも難しい環境でした。
けれど、その中でも結果を出さなければ上に行く事ができません。
相手チームの日本人プレーヤーにJリーグを経験している選手がいました。その選手にフリーキックを直接決められその1点に沈みました。
彼が決める前に自分もフリーキックのチャンスがありました。それを決めていればおそらく勝てたゲームでした。
決める所で決める。その差が出ました。

今回の試合で出た自分の課題はグラウンド環境がどんな環境であってもその環境に適したプレーをして結果を出すこと。
決める所で決める。決め切るチカラ。

1週間後すぐまた試合があるのでこの経験を活かせるようにまた頑張っていきます。

こんなことあまり言っちゃいけないと思うんですが、
試合は負けたけど、凄く楽しい、幸せな時間でした。
この経験ができたのは人生の中で大きな収穫です。

次の試合は勝ちます。

では👋

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

初戦を終えて。。
 〜テルのカンボジア蹴記〜
」への2件のフィードバック

  1. てるコーチの初戦、見てみたかったです。

    僕も決めきるチカラをつけるために、明日からまた頑張って練習したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です