筑波大 – 流通経済大 / 関東大学サッカーリーグ1部第9節


6月9日、茨城県龍ケ崎市の龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールドで行われた関東大学サッカーリーグ1部第9節。早稲田が国士舘を4-0で下した第1試合に続いての第2試合は、昨年の関東大学サッカーリーグの王者である筑波大と全日本大学サッカー選手権を制し、大学日本一に輝いた流通経済大との試合。

【関東大学サッカーリーグ1部第9節 筑波大vs流通経済大】
6月9日(土)午後2時キックオフ 龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド 晴れ

ともに同じ茨城県内を拠点に活動し、天皇杯の県代表なども争う強豪校同士の茨城ダービー。筑波はフロンターレU-18出身のMF7三笘薫、流通経済はGK1オビ・パウエルオビンナがともにU-21日本代表として、フランスでのトゥーロン国際大会に出場していたため、この日は不在に。

筑波はここまで勝ち点9、得点も9にとどまり、なかなか波に乗れていない様子。先発はGK1櫻庭立樹、DFは右から14会津雄生、4山川哲史、28角田涼太朗、29山原怜音、ボランチは6鈴木徳真、32池谷祐輔、右MF9長澤皓祐、左MF10西澤健太、トップ下17渡邉陽、FWキャプテンの3小笠原佳祐。

フロンターレU-18出身の池谷に加えて、櫻庭、角田、山原と4人の一年生が先発に名前をつらね、本来はCBの小笠原がFWに入りました。

流通経済大は、6日にヴァンフォーレ甲府との天皇杯2回戦を戦い、1-3で敗れたばかり。先発はGK31魏黽哲、DFは右からキャプテンの3広滝直矢、12アピアタウィア久、4本村武揚、2小池裕太、ボランチは5小野原和哉、28伊藤敦樹、右MF10新垣貴之、左MF18高柳翔一、トップ下8奥田陽太、FW9高澤優也。

第1試合に比べれば、少し日差しに陰りが出たものの暑さの残るたつのこフィールド。1420人もの観客を集め、筑波のメンバー外の部員たちがゴール裏から太鼓や手拍子で声援を送れば、流通経済も多くの部員やチアガールがチャントで選手たちを奮い立たせる、とてもいい雰囲気の中、試合は始まりました。

立ち上がりは流通経済、高澤が奥田と縦の関係となりそこから右へ展開していこうとしますが、うまく攻撃につなげられず。

筑波は角田や鈴木、山川や池谷が後ろでボールを回しながら両サイドを高い位置へ。2分には右サイドの会津がいったん池谷にボールを預けると、池谷の浮き球のパスにエリア内へ小笠原が抜け出しますが、オフサイドに。

流通経済は高澤が左へ流れてボールを受けようとしますが、筑波は池谷が体を入れ、マイボールに。小野原や奥田、高澤らの縦の関係からサイドへ広げていこうとする流通経済に対して、筑波はさらに距離感よく長澤も自陣に戻ってボールを奪うなど対峙。池谷や鈴木徳真が最終ラインとかかわり、左サイドの会津山原や西澤の連係や、山川が右サイドの高い位置へ、会津を走らせるなど、切り替えよく攻撃へと向かっていきます。

5分には池谷がエリア左へパスを入れると、うまく抜け出したのは小笠原。前に出てGKの魏が防ごうとしたところを突いてシュートを打つと、ボールはゴールの中へ。1-0。先制点は筑波へ。

筑波はさらに7分、右サイドのパス交換からゴールに迫っていくと、最後は渡邉のパスにエリア左へ抜け出した西澤がゴールを決めて2-0に。

筑波は小笠原が時折中盤へ下り、流通経済のボール時にはプレスをかけて守備でも手助け。山川が持ち上がり、右につなげて、会津が高い位置へ顔を出したり、池谷のパスを起点にサイドの高い位置を突いて、小笠原のシュートにつなげるなど、いい距離感でゴールをおびやかしていきます。

流通経済も伊藤のパスから小池が左クロスを入れていきますが、筑波は山川がしっかり対応し、シュートにはつながせず。16分には高柳の縦パスを起点にエリア右へ新垣が抜け出すもシュートは右へ。

さらに流通経済は小野原や新垣のクロスからゴールを狙いにいきますが、筑波は鈴木徳真がエリア内へ下がってクリアするなど、しっかり対応していきます。

給水タイムが明けると再び流れは筑波へ。山川から縦パスを受けた鈴木徳真が、長澤とのパス交換からエリア右へ顔を出し、流通経済の攻撃に対しても西澤が自陣まで戻り体を張った守備を見せるなどしていきます。30分には小笠原が前線でボールをおさめ、長澤へ戻して左へ。西澤が高い位置へ上がった山原へパスを入れようとするも、ここは流通経済がカット。

31分には流通経済もエリア外左でボールを受けた高柳がミドルシュート。ゴール左をとらえますが、櫻庭がセーブ。さらに新垣が中央へ寄り、スルーパスにエリア内へ伊藤が抜け出していこうとしますが、櫻庭がまたも防いでゴールを守っていきます。

直後には筑波も西澤が左から仕掛けて、ボールは右へ。長澤のクロスに渡邉が頭で合わせますが、GK魏がセーブ。32分には角田のフィードが右サイドの高い位置へ上がった会津に通り、会津がエリア外右から左足でシュートを打つも左へ。34分には流通経済、高澤がボールをおさめ、エリア左へ新垣が抜け出すも池谷が寄せ。

筑波はなおも池谷が小笠原を右サイドへ走らせたり、山原や会津が高い位置へ上がって押し込みに。池谷が高い位置でプレスをかければ、鈴木徳真がエリア内でボールをクリアするなど、担った中盤の選手たちが攻守でよくプレー。櫻庭も池谷に縦パスをつけるなど、後ろから攻撃へつながるようなプレーを見せていきます。

44分には池谷、鈴木徳真と縦パスを続けて、鈴木徳真からエリア左へ。西澤がシュートを打つもクロスバーを叩いて惜しくも3点目とはならず。前半は2-0でタイムアップとなります。

後半、流通経済は奥田に代え、7渋谷峻二郎が入り、右MF。FWは高澤と小野原、ボランチは伊藤と新垣、右SBは本村、CBはアピアタウィアと広滝と位置を入れ換えてのスタート。

流通経済は1分、エリア前でファールを受け、小池のフリーキックを起点にゴールへ迫るなどしていき、高澤が左右にうまく流れてボールをおさめ、ラインを上げ、筑波の陣内へ押し込んでいきます。

5分にはエリア左へ高澤が抜け出してシュート。これはGK櫻庭の正面に。なおも渋谷が右サイドから左へ展開し、左へ小野原が流れ、エリア前に高澤が抜け出すなどし、セカンドボールもものに。筑波は前半と一転して鈴木徳真や池谷がなかなかボールに触れなくなり、やや苦しい時間帯に。

それでも盛んに小池や本村がクロスを入れ、ゴールを目指していく流通経済に対して、櫻庭のセービングや山川の守備などで対応していきます。

13分には流通経済、浮き球にエリア前に高澤が抜け出すと、最後は櫻庭が高澤を倒したとして、エリア正面でのフリーキックに。小池が直接左足で狙ったシュートはゴール右をとらえますが、櫻庭が素晴らしい反応を見せ、ゴールは許さず。

筑波はそこから次第に盛り返し、小笠原がボールをおさめ、右から長澤がクロスを入れたり、池谷、鈴木徳真、渡邉と縦へテンポよくパスも入るようになり、なかなか前に出ることのできなかった会津も高い位置へ再び出られるように。

流通経済の攻めに対しては、角田が再三の好守。26分には高い位置で渋谷がマイボールにして、エリア右の高柳へ遠そうとしますが、角田が足で防いでシュートは枠をとらえられず。

給水タイムを挟んで筑波は池谷に代わり、26井川空がピッチへ。鈴木徳真、井川が中盤でよくかかわり、ボールを持つ時間を増やしていくと、32分中央を角田が持ち上がり、いったんは流通経済の選手に止められながらも再び高い位置でマイボールに。渡邉を経由してエリア右から小笠原が放ったシュートが決まり、3-0。筑波が貴重な次の1点を奪います。

流通経済も渋谷が右サイドから縦へ仕掛けていくも山原がブロック。小池の縦パスを起点に、小野原のミドルシュートにもつなげていきますが、枠はとらえられず。

ここで流通経済はアピアタウィアに代わり、14相澤祥太が入り、ボランチに。伊藤は最終ラインへ。

なおも渋谷の右からの仕掛けを突破口にしようとしていく流通経済に対して、山原が1対1の強さを見せるなど、流れを渡さない筑波。36分には筑波は長澤に代わり20知久航介、流通経済は高柳に代わり、19福井崇志。37分には筑波。鈴木徳真が左サイドの裏を突くパスを出すと、西澤が抜け出してエリア前に仕掛け。セカンドボールを拾った井川のミドルシュートが決まり、4-0。

42分にはさらに筑波に交代。渡邉に代わり、27小林幹。直後には流通経済、右クロスに本村が頭で合わせ、ボールはゴールへ向かっていきますが、櫻庭がボールをかき出す好守。しのいでいくと、再び鈴木徳真からエリア外左へ展開。受けた西澤が鋭い切り返しからシュートを打つと、これも決まり、5-0。

ロスタイムは4分。5バック気味に構えながらも、小林や小笠原らがカウンターに持ち込むなと最後までゴールに向かう姿勢を見せながら、筑波が試合を進め、タイムアップに。5-0。筑波がダービーを制することになりました。

前半2-0 後半3-0 計5-0
得点:小笠原佳祐2、西澤健太2、井川空(筑波)

筑波の先発:1櫻庭立樹、14会津雄生、4山川哲史、28角田涼太朗、29山原怜音、6鈴木徳真、32池谷祐輔、9長澤皓祐、10西澤健太、17渡邉陽、3小笠原佳祐(c)
交代:池谷→26井川空 長澤→20知久航介 渡邉→27小林幹
控え:30阿部航斗 5鈴木大誠 11窪田翔 33内田雄基

流通経済の先発:31魏黽哲、3広滝直矢(c)、12アピアタウィア久、4本村武揚、2小池裕太、5小野原和哉、28伊藤敦樹、10新垣貴之、18高柳翔一、8奥田陽太、9高澤優也
交代:奥田→7渋谷峻二郎 アピアタウィア→14相澤祥太 高柳→19福井崇志
控え:22北條憧也 6小野寺湧紀 13黒澤丈 26関大和

筑波は小笠原の前線での起用が当たり、見事な大勝に。攻守でそれぞれ好プレーを見せた池谷や角田、櫻庭や山原に加えて、途中出場の井川がゴールを決めるなど、一年生が結果を残したことも、これからの浮上のきっかけになりそうです。

三笘が戻って、どんなチームとなっていくのか。ポジションをつかみつつある池谷が、ほかの一年生と切磋琢磨し、経験豊かな先輩とのプレーを通してどんな選手になっていくのか。とても楽しみにしています。

(文中敬称略)

池谷祐輔選手
龍ケ崎市のマスコット、まいりゅうくんも激励のため登場した

多くの選手たちが集まった流通経済のゴール裏
筑波大の先発メンバー

筑波も多くの選手たちが応援のために集まった
池谷祐輔選手
山川哲史選手は守備でしっかり対応
小笠原佳祐選手のシュートが決まり、1-0

池谷祐輔選手のパスがゴールにつながった
西澤健太選手が決め2-0

池谷祐輔選手
櫻庭立樹選手はコンサドーレ札幌U-18出身の一年生
かつては前橋育英の選手としてフロンターレU-18に立ちはだかった鈴木徳真選手
給水タイムも設けられた
櫻庭立樹選手がセーブを見せる

精度のよい左足と攻撃参加が光る小池裕太選手
一年生ながら昨年度のインカレの優勝メンバーとなったアピアタウィア久選手
会津雄生選手
ハーフタイムへ
ハーフタイムに会場を盛り上げた流通経済大のチアリーディング部
後半は流通経済大がゴールに迫る展開に
櫻庭立樹選手が好セーブを見せる

池谷祐輔選手
給水タイムに
井川空選手と交代で下がる池谷祐輔選手

浦和レッズユース出身の二年生、渡邉陽選手もプリンスリーグでフロンターレと対戦した選手
前橋育英出身の角田涼太朗選手も一年生
小笠原佳祐選手がシュートを打つ

3-0に

井川空選手のミドルシュートも決まる

西澤健太選手

この日2得点目

5-0でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です