フロンターレU12 – 富士見台FC / 松村杯予選兼U12サッカーリーグ


9月22日、川崎フロンターレが等々力陸上競技場に名古屋グランパスを迎え、J1リーグ第27節に臨むのを前に、等々力補助競技場へ。川崎市の秋の大会、松村杯の予選が始まっており、予選リーグが行われています。川崎フロンターレU-12はここまで7試合を戦い、7勝、勝ち点21、得点18、失点2で首位。22日は予選の残り2試合、富士見台FC戦と大谷戸FC戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 松村杯PUMAカップ争奪秋季少年少女サッカー大会少年の部兼JFA U-12サッカーリーグvs富士見台FC】
9月22日(土)午前11時22分キックオフ 等々力補助競技場 くもり 15分ハーフ くもり

この日の初戦、富士見台FC戦、フロンターレは五年生で臨むことに。先発は、GK19斎藤准也、最終ラインは右から20柏村涼太、17楠田遥希、25林駿佑、中盤に14平塚隼人、右に13新堀翔、左に18佐々木雄基、前線は27榎本司。

朝まで断続的に降り続いた雨が上がり、秋らしい過ごしやすい涼しさの等々力補助競技場。多くの選手の家族らが見つめるなか、試合は始まりました。

フロンターレは、立ち上がり、左サイドの佐々木からパスを受けた榎本が縦へ仕掛け、コーナーキックを得るなど、富士見台FC陣内でプレー。ボールを失っても前から連動してプレスをかけ、そこから攻撃へつなげようとしていきます。

富士見台はマイボールにすると、8や9がサイドに流れ、それを狙って浮き球を入れ、こちらも攻撃を試みに。3分にはエリア外正面で10がミドルシュート。枠をとらえるもこれは斎藤がキャッチ。

しのいだフロンターレは、平塚が楠田や柏村の間に落ち、後ろからつなぎながらも前へ動き出す榎本を狙い縦パスを入れるなどしていきます。4分には楠田が持ち上がり、右にパスを送ると、エリア右に新堀が抜け出してシュート。しかし、GK1が好セーブ。惜しくもゴールとはならず。

富士見台も直後には左から抜け出した8がシュート。しかし、左へ。さらに右サイドを突いてパスを入れるもフロンターレは林が粘り強く守り、エリアへは近づかせず。コンパクトに守り、マイボールにすると、佐々木が縦へ仕掛けるなど、切り替えよくプレーを重ねていきます。

8分には右サイドの柏村から新堀へ。新堀がエリア前に仕掛け、最後はエリア外正面から平塚がミドルシュート。惜しくもクロスバーを叩き、これもゴールとはならず。

林の縦パスを受けた佐々木が左からクロスを上げるなど、前に出ていくフロンターレ。11分には富士見台にハンドがあり、エリア外左でフリーキックに。新堀が直接狙いますが、GK1がキャッチ。

直後には富士見台左サイドのスローインから10がうまく入れ替わり、エリア外左へ。エリア内へボールを入れるも触ることはできず。さらにスローインからエリア内に8が進入するなど、富士見台もゴールの前での場面をつくりますが、フロンターレは楠田や柏村、林らがしっかり寄せ、前を向かせず。14分にはエリア外左からのパスにエリア右に10が抜け出すも、林がカバー。

しのいだフロンターレは、15分、平塚のエリア外左を突くパスを受けた林がミドルシュート。しかし、惜しくもクロスバーを叩いてこれも決まらず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半フロンターレは、佐々木に代わり24吉田志生、榎本に代わり22ステンパールカ大翔。新堀が前線、ステンパーが右に入ってのスタート。

立ち上がりには富士見台、10が、右からエリア前に斜めに動き出す9を狙い、パスを入れるもここは斎藤が対応し、シュートは打たせず。フロンターレは林のパスに吉田が縦へ仕掛け、左から吉田が送ったパスに、新堀がうまく前を向いてエリア内へ仕掛けていくもこちらもシュートには至らず。

さらに吉田が左サイドから裏を狙卯動きなどで揺さぶりにいくと、4分には平塚のパスに抜け出した新堀がループシュート。しかし、左へ。

5分には富士見台、右サイドから斜めに仕掛け、9がゴールに迫るも林がカバーし、最後は斎藤がクリア。フロンターレは林、楠田、柏村に平塚がかかわりながら後ろから組み立てに。富士見台もボールをカットする場面をつくりますが、平塚がうまくカバーし、そこからステンパーにつないで、切り替えの良さも出していきます。

9分には、柏村が右サイドを駆け上がり、高い位置からエリア内へボールを入れると吉田が迫るも惜しくもシュートは打てず。

10分には富士見台、エリア前でのフロンターレのパス回しを狙い、9がシュートを打つも上に。

ステンパーが時には左へ流れ、新堀が右に移るなどポジションを入れ換えながらゴールをうかがいにいくフロンターレ。11分には平塚のパスにステンパー、新堀がエリア外右に飛び出し、GK1がこれを防ごうと前へ飛び出すもシュートは打てず。

12分には、富士見台もフロンターレの攻めを防いだところから10が縦へ仕掛けるもフロンターレは楠田がカバー。そこから前を向いて、楠田のパスにステンパーがエリア前に飛び出すも、これはオフサイド。14分には、林のパスにエリア前にうまく抜け出たステンパーがシュートを打つもわずかに左へ。

フロンターレは、柏村が縦へ仕掛けていくなど、ゴールを目指しにいくもゴールには至らず。試合は0-0でタイムアップとなりました。

前半0-0 後半0-0 計0-0

フロンターレの先発:19斎藤准也、20柏村涼太、17楠田遥希、25林駿佑、14平塚隼人、13新堀翔、18佐々木雄基、27榎本司
交代:佐々木→24吉田志生 榎本→22ステンパールカ大翔

(文中敬称略)

試合に臨む選手たち
林駿佑選手
円陣を組む
いざ試合へ
斎藤准也選手
柏村涼太選手
楠田遥希選手
佐々木雄基選手
新堀翔選手
楠田遥希選手
榎本司選手
吉田志生選手、ステンパールカ大翔選手
榎本司選手
新堀翔選手
斎藤准也選手
平塚隼人選手
佐々木雄基選手
柏村涼太選手

ハーフタイムへ
林駿佑選手
吉田志生選手
柏村涼太選手

吉田志生選手
楠田遥希選手
ステンパールカ大翔選手
平塚隼人選手
0-0でタイムアップ

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です