フロンターレU18 – 習志野 / JYPSL 2016


23日、時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンドで行われたジャパンユースプーマスーパーリーグの初戦浜名戦を1-1で引き分けた川崎フロンターレU-18。翌24日はしんよこフットボールパークへ舞台を移し、習志野高校と対戦しました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグvs習志野】
1月24日(日)午後2時6分キックオフ しんよこフットボールパーク 晴れ 40分ハーフ

試合に臨む選手たち
試合に臨む選手たち

フロンターレの先発はGK16新居俊介、DFは右から20横山尚貴、27養日幹大、29新井秀明、24川崎晶弘、ボランチは30桝谷岳良、34小川真輝、右MF15小泉靖弥、左MF31池谷祐輔、トップ下36大曽根広汰、FW38宮代大聖。前日に続いてトップチームのキャンプに参加している18田中碧、32村田聖樹は不在。

習志野にはフロンターレU-15出身のMF島田泰輝が在籍していますが、残念ながらこの試合では出場せず。

立ち上がりから小川が最終ラインに下がって後ろから組み立てていくフロンターレ。8分にはエリア外右から抜け出した大曽根がシュートを放ちますがこれは上へ。

一方の習志野は9分に6海田航佑の左コーナーキックにファーで2埴田裕己が合わせますが上へ。

14分にはフロンターレ、池谷が左のスペースへボールを出すと受けた川崎が仕掛けて折り返し、最後はエリア内左、大曽根がシュートを打ちますが、サイドネットに。ゴールへ迫っていきます。

しかし、先制したのは習志野。左サイドでフリーキックを得ると、海田のボールにエリア内右で合わせたのは埴田。いったんは防いだものの埴田が押し込み、0-1とされてしまいます。

17分にはフロンターレ、コーナーキックのこぼれ球を拾ったところからエリア内左、大曽根が迫りますがGK12柳数馬が飛び出しシュートに持ち込めません。

21分には中盤でボールを回して最後は桝谷のパスに抜け出した池谷がシュートを打ちますが、上へ。

次第に、フロンターレは最終ラインとボランチがしっかりブロックをつくる習志野を崩せなくなり、サイドに起点をつくろうとすると人数をかけて追い込まれて奪われる場面が目立つようになります。それでも新井、養日の両CBがしっかり対処。流れのなかではあまり決定的な場面をつくられず前半は進んでいきます。

38分には右サイド、高い位置でボールを受けた横山がエリア内へ。強引に仕掛けると、これを習志野の選手が倒してPKを得ます。キッカーは大曽根。しっかり決めて1-1。なかなか好機をつくれなかったなかで、最後に追い付いて前半はタイムアップとなりました。

この日のGKは新居俊介選手
この日のGKは新居俊介選手

IMG_9953

サイドからの攻撃参加が光った川崎晶弘選手
サイドからの攻撃参加が光った川崎晶弘選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
養日幹大選手
養日幹大選手
新井秀明選手
新井秀明選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
宮代大聖選手は前半のみの出場
宮代大聖選手は前半のみの出場
池谷祐輔選手㊧と川崎晶弘選手
池谷祐輔選手㊧と川崎晶弘選手
小川真輝選手が抜け出すがGKに阻まれる
小川真輝選手が抜け出すがGKに阻まれる
横山尚貴選手が倒されてPKを得る
横山尚貴選手が倒されてPKを得る
PKを大曽根広汰選手が決めて同点になる
PKを大曽根広汰選手が決めて同点になる

後半のフロンターレは宮代に代わり17道本大飛がFWに。

立ち上がりからピッチを広く使えるようになったフロンターレ。後ろからボールを動かして習志野のゴールへ迫っていきます。

6分には左サイド、ボールを持った新井秀明が仕掛けて次々に習志野の選手をかわしてエリア外正面やや左へ上がり、シュートを放つとこれがゴールネットを揺らします。2-1。U-15のころはFWとしてプレーもしていた新井の思い切ったプレーで、勝ち越しはフロンターレ。

16分には桝谷に代わり37奥山璃空が入り左MFに。池谷がボランチに。

17分には習志野も左からのボールにエリア外右で10加藤優弥がダイレクトでシュートを打ちますがこれは新居がキャッチ。

直後にはフロンターレ。大曽根がエリア外正面で習志野の選手をひきつけて左へボールを出すと抜け出した川崎がシュートを打ちますが、習志野のGK18亀山浩太郎の好守に阻まれてしまいます。

ここで横山に代わり28森陽平が右SBに。

さらに21分にも奥山からのボールを受けた川崎がエリア内左角度のあまりないところからシュートを打ちますがまたもGK亀山が防ぎ決めることはできません。

後半はなかなか好機をつくれなかった習志野も20分を過ぎると再び攻勢に。28分には左サイドに開いた加藤からエリア右へボールが渡り、最後には23吉井祐太がエリア右でシュートに持ち込みますが、ここはブロック。しかし、33分ボールを奪われ習志野の選手が前へボールを送るとこれをエリア外右でうまくおさめた加藤が反転してシュート。これがゴールネットを揺らし2-2。対戦相手ながら素晴らしい一撃で同点となってしまいます。

さらに38分には左サイドから斜めに仕掛けた54金木壱成がエリア正面からシュートを放ちますがこれは新居がキャッチ。

フロンターレも両サイドに起点をつくり、パス交換からエリア内へ迫りますが、再びゴールを決めることはできず、試合は終了となりました。

これでフロンターレは2試合連続の引き分けに。いい時間帯には、うまくサイドにスペースをつくって川崎や横山が攻撃の起点になったこと、浜名戦と同様にいい距離感でボールをうまく回してゴールへ迫る場面をつくったことなどが印象的な試合となりました。1月31日には時之栖スポーツセンター裾野グラウンドへ舞台を移し、年末のGO FOR 2018 CUPでは1-2で敗れた立正大淞南との再戦となります。

前半1-1 後半1-1 計2-2
得点:大曽根広汰=PK、新井秀明(川崎) 埴田裕己、加藤優弥(習志野)

フロンターレの先発:16新居俊介、20横山尚貴、27養日幹大、29新井秀明、24川崎晶弘、30桝谷岳良、34小川真輝、15小泉靖弥、31池谷祐輔、36大曽根広汰、38宮代大聖
交代:宮代→17道本大飛 桝谷→37奥山璃空 横山→28森陽平

この試合の公式記録(pdf)

写真はかんちさんのものも使わせていただきました。タペストリー交換のあと、お疲れ様でした!
(文中敬称略) 

新井秀明選手
新井秀明選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
ドリブルで仕掛ける新井秀明選手
ドリブルで仕掛ける新井秀明選手
新井選手のミドルシュートでフロンターレが勝ち越す
新井選手のミドルシュートでフロンターレが勝ち越す

IMG_0390

フロンターレにとっては今年はじめての流れのなかからのゴールとなった
フロンターレにとっては今年はじめての流れのなかからのゴールとなった
川崎晶弘選手のシュートは習志野のGKに阻まれる
川崎晶弘選手のシュートは習志野のGKに阻まれる
小川真輝選手
小川真輝選手
コーナーキックで競り合う大曽根広汰選手㊥と養日幹大選手
コーナーキックで競り合う大曽根広汰選手㊥と養日幹大選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
サイドから起点になった小泉靖弥選手
サイドから起点になった小泉靖弥選手
途中出場の奥山璃空選手
途中出場の奥山璃空選手
道本大飛選手
道本大飛選手
新居俊介選手
新居俊介選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
右SBでの出場となった森陽平選手
右SBでの出場となった森陽平選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
奥山璃空選手
奥山璃空選手
練習試合に出場した早坂勇希選手
練習試合に出場した早坂勇希選手
練習試合で左SBでプレーした清治大雅選手
練習試合で左SBでプレーした清治大雅選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です