フロンターレU18 – FC川崎栗の木 / 新人戦 2015


2016/02/26(金)19:10 KO @富士通スタジアム川崎
神奈川県クラブユース新人戦 準々決勝

トップチーム開幕戦の前日,フロンターレU18も今シーズン最初の公式戦となる県クラブユース新人戦を戦います。昨年はマリノスとの決勝をPK戦で制し優勝しているだけに,連覇が期待される大会です。
2月のナイトゲームということで,試合開始から冷え冷えとした富士通スタジアムでの試合となりました。

DSC07631

先発はGK19浅川,DFは右から20横山,34小川,29新井,24川崎,MFは37奥山,30桝谷,36大曽根,17道本,FWは23藤井,38宮代というメンバーでした。

試合序盤は寒さの影響か,どちらのチームも硬い入りとなりました。ボールがうまく回らず,収まらず,なかなかシュートまでいけません。しかし10分を過ぎたあたりからフロンターレペースへ。桝谷,道本を中心にボールが回り始め,そこに藤井や宮代,積極的な上がりを見せていた川崎が絡んで栗の木のゴールに迫ります。

先制点は12分,ディフェンスラインの裏に抜けだした藤井のパスから中央で大曽根がゴール左に流し込みました。続いて19分,今度は道本からのスルーパスが宮代へ渡り,ゴール右へ。その後,攻撃が停滞してしまい前半はこのまま2-0で終えます。

DSC07632

GK浅川くんは先週のJYPSL桐光戦でも安定したプレーで守備陣を支えました。

DSC07633

今日もCBでの出場となった小川くん。様々なポジションでの起用は,今シーズンの大きなカギとなることでしょう。

DSC07649

CBの新井くん。的確な判断のフィードと強力なフィジカルで今日も空中戦を制しました。

DSC07657

左SBの川崎くん。積極的なオーバーラップでサイドからの攻撃を演出しました。

DSC07664

後半はメンバー交代なしでスタート。しかし流れはあまり変化なく,フロンターレは押しこむもなかなか得点に結びつきません。そんな中輝きを見せたのが道本。71分,73分と同じような形でうまくディフェンスラインの裏を取り,落ち着いてゴールネットを揺らし2得点。この試合で最もゴールに絡んだ仕事を見せた選手です。

DSC07665

決定的チャンスを迎えるも,今日は無得点に終わった藤井くん。次戦でも爆発が期待されます。

DSC07671

右サイドでボールを支配した大曽根くん。

DSC07673

決定的な仕事をし続けた道本くん。周囲とも非常に良い関係でプレー。

DSC07675

DSC07679

DSC07680

交代で出場した伊従くんと,怪我明けの田中碧くん。碧くんは激しいプレーも問題なくこなしていました。

DSC07683

試合終了間際,ゴール左で得たFKを宮代が直接決め突き放す。この得点の直後に宮代は交代。今日も大活躍でした。

DSC07685

途中出場の池谷くん。ディフェンスラインと攻撃陣の繋ぎ役として奮闘。

DSC07686

途中出場の養日くん。安定した守備をそつなくこなす。

DSC07689

スコアにして5-0と圧倒したフロンターレ。怪我人も次第に減り,4月のプリンスリーグ開幕までには全員で戦えそうです。

次戦は2016/03/06(日)11:00より,八王子の日本工学院専門学校で神奈川県クラブユース新人戦準決勝,前日のトップチームと同様,湘南ベルマーレとの対戦になります。ぜひ後押ししましょう!

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です