フロンターレU15 – 三菱養和巣鴨 / メトロポリタンリーグ


11月24日、麻生グラウンドでのプリンスリーグ関東第16節のあとは、三菱養和会巣鴨スポーツセンターへ。川崎フロンターレU-15の二年生たちの公式戦、メトロポリタンリーグが行われ、三菱養和SC巣鴨ジュニアユースと対戦しました。

【川崎フロンターレU-15 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース】

11月24日(土)午後6時45分キックオフ 三菱養和会巣鴨スポーツセンター 晴れ 35分ハーフ

フロンターレの先発はGK33濱﨑知康、最終ラインは右から37五木田季晋、4由井航太、2江原叡志、26オウイエ・ウイリアム、ボランチはキャプテンの28浅岡飛夢、30大瀧螢、右MF32中村荘太、左MF27金山尚生、FW36山下陽生、38松尾凜久。 

濱﨑、由井、江原と一年生が3人先発に入りました。

気温が下がり、上空ではまるく大きな月が浮かんだ巣鴨スポーツセンター。ピッチ脇にもうけられたベンチから両チームの選手の家族らが見つめるなか、試合は始まりました。

キックオフとともに、左サイドから攻勢に出るのは三菱養和巣鴨。折り返しから51がエリア外正面でミドルシュート。GK濱﨑が防いだもののこぼれ球を41が押し込み、0-1。1分もするかしないかという時間に、巣鴨がゴールをものにします。

追いかける展開となったフロンターレは、松尾が競ったボールを金山が中央に寄って拾い、左へ流れる山下を走らせるなどして、機会をうかがいに。巣鴨も左サイドの37がパス交換からエリア左に抜け出そうとし、エリア外左でファールを受け、フリーキックを得ると、50が左足で狙いますが、濱﨑がセーブ。

フロンターレは浅岡が時には由井、江原の間に下り、五木田やオウイエが高い位置へ上がり、コンパクトに。金山が左サイドから斜めに動き出したり、松尾が中央にボールを受けに下がったり、山下が両サイドへ流れるなどしていきます。

巣鴨も55が左サイドの高い位置へ動き出すなどしていきますが、由井、五木田が囲い込むようにして対応。巣鴨はロングスローからシュートにつなげようとしてきますが、エリア内でよく対応。ボールをものにして、江原の縦パスを山下がおさめ、そこからマイボールの時間をつくっていきます。

15分には、大瀧、松尾が中央でボールを奪い、松尾が縦へ仕掛け、ボールは右へ。エリア外右から五木田がミドルシュート。枠をとらえますがGK46がセーブ。

直後には巣鴨、左クロスのこぼれ球を拾い、エリア左で37がゴール右を狙い、シュート。ここは濱﨑がセーブ。しのいだフロンターレはオウイエが縦パスを入れ、左サイドからの攻めに。左サイドの高い位置の松尾に渡り、最後は山下がエリア内に進入。切り返してシュートを打つもブロック。

巣鴨の攻めに対して、五木田や由井がうまく挟み込むなどして対応していくフロンターレ。浅岡や江原、濱﨑もかかわり、後ろから組み立てるなどしていきます。

27分には、高い位置でボールをカットしたフロンターレ。中村がボールをうまくキープして人をかけた攻めに。最後は浅岡がエリア外右でミドルシュートを打つと、GK46の頭の上を越すように決まり、1-1。フロンターレが追い付きます。

フロンターレは縦パスを受けた55に浅岡が厳しく寄せ、マイボールにしたり、右クロスに対して、エリア内にオウイエがしぼって、シュートにはつなげさせず、攻撃の芽を摘んでいくと、29分には、オウイエの縦パスを受けた松尾から右へ。中村、浅岡とつないで、エリア右で山下が受け、山下のパスからエリア正面で松尾がシュートを打つも上に。

33分には、大瀧の縦パスに山下が左サイドへ流れ、松尾に戻し、松尾のパスにエリア左に抜け出した金山がシュートを打つも上に。さらに35分には、オウイエの縦パスを松尾がおさめ、縦パスを入れると、エリア正面やや左で金山がシュート。ゴール右をとらえますが、GK46がセーブ。前半は1-1でタイムアップとなります。

 

 

後半フロンターレは金山に代わり一年生の9岡崎寅太郎が入ってのスタート。由井や江原がラインを高め、前に出ていきます。しかし、次の1点は巣鴨へ。2分、左サイドの折り返しを、エリア右に走り込んだ39が決めて、1-2。巣鴨が再びリード。 

直後には高い位置で59がカットし右へ展開。39のパスに59がエリア内、1対1となりますが、濱﨑の好守でゴールは許さず。

しのいだフロンターレは、浅岡がセカンドボールを拾い、ボールをおさめた大瀧がエリア右へ持ち上がり、シュート。ブロックされ、右コーナーキックとなり、大瀧が右足で入れると、セカンドボールをエリア外左で由井が拾い、松尾につなげ、松尾、リターンを受けた浅岡がエリア外正面でミドルシュートを打つも上に。

7分には、巣鴨、57が左サイドから斜めに仕掛け、右へ展開すると、39の折り返しに、ニアで59が合わせるも右に。

さらに高い位置から仕掛け、攻めに出てくる巣鴨。フロンターレは、五木田が粘り強く寄せ、江原がボールをカットしたりするなどして、芽を摘んでいきます。

12分には、巣鴨、51から右へ。39が高い位置へ仕掛け、最後はエリア右でうまく切り返した59がシュート。ニアをとらえますが濱﨑がセーブ。

しのいだフロンターレは14分には、浮き球にエリア右に松尾が抜け出し、クロスを上げると、セカンドボールを拾った大瀧がミドルシュートで狙うもブロック。

16分、選手を8人交代した巣鴨に対して、松尾や中村が高い位置から連動してプレスをかけ、ボールを中盤でものにしていくフロンターレ。17分には、大瀧がエリア前に持ち上がり、パスを出すと、エリア前で松尾がシュートを打つも左へ。

浅岡がサイドを変え、オウイエの左クロスにつなげたり、江原がボールをカットし、すばやく縦パスを試みるなどしていくフロンターレ。22分、中村に代わり一年生の11岡野一恭平が左MFへ。

23分には、巣鴨、57が左サイドの高い位置でおさめ、エリア外の右へボールが渡ると、59がミドルシュート。枠をとらえるも、ここでもまた濱﨑が好セーブ。しかし、直後の右コーナーキック、巣鴨はファーで折り返し、57がニアで合わせ、1-3に。

フロンターレは27分には、巣鴨の右クロスが入ったところをエリア内で江原が対応し、浅岡につなげ、浅岡から松尾、山下とつないで、山下が右サイドの高い位置へ仕掛け、コーナーキックに持ち込み、守備から攻撃へつなげていきますが、なかなか決定機とはならず。

29分には、巣鴨、スローインをカットしたところからエリア正面で49がシュート。濱﨑がセーブ。さらに31分には、左サイドのスローインを受けた42がエリア前に持ち込み、ミドルシュートを打つなど、巣鴨がフィニッシュにつながる場面をつくりだしていきます。

フロンターレはマイボール時には、浅岡を前線へ上げ、高さを加えて、攻めに。35分には、浅岡がボールを競り、エリア内に岡崎が抜け出すも、交代で入ったGK44がボールをおさえ、シュートにはつながらず。

ロスタイムは1分。巣鴨は、カウンターから左SBの40がエリア左に持ち込み、1対1の場面をつくりますが、濱﨑がまたも好セーブ。追加点とはさせず。

46分には、五木田の右クロスに遠いサイドで岡崎が合わせるもGK44がセーブ。試合はタイムアップ。1-3。

前半1-1 後半0-2 計1-3

得点:浅岡飛夢

フロンターレの先発:33濱﨑知康、37五木田季晋、4由井航太、2江原叡志、26オウイエ・ウイリアム、28浅岡飛夢(c)、30大瀧螢、32中村荘太、27金山尚生、36山下陽生、38松尾凜久

交代:金山→9岡崎寅太郎 中村→11岡野一恭平

控え:50新渕七輝 15藤野心魂 24空閑俊汰 7尾川丈 31吉年穣 35城田優

残念ながら敗戦となったフロンターレ。しかし、メトロポリタンリーグはまだ4試合が残されています。この日はうまくいかなかったところを糧に、好ゲームを展開していくことを期待しています。

(文中敬称略)

円陣を組む選手やスタッフ
フロンターレの先発メンバー
先制点は三菱養和巣鴨へ
由井航太選手
濱﨑知康選手
金山尚生選手
江原叡志選手
松尾凜久選手
オウイエ・ウイリアム選手
大瀧螢選手
山下陽生選手
オウイエ・ウイリアム選手
中村荘太選手
松尾凜久選手
浅岡飛夢選手のミドルシュートが決まり、1-1

五木田季晋選手
金山尚生選手
金山尚生選手がシュート
惜しくも決まらず
藤野心魂選手
新渕七輝選手
吉年穣選手
岡野一恭平選手
空閑俊汰選手
城田優選手
尾川丈選手
後半から岡崎寅太郎選手がピッチへ
戸田将選手
後半立ち上がり、三菱養和巣鴨が勝ち越し

山下陽生選手
浅岡飛夢選手
由井航太選手
岡崎寅太郎選手
大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
由井航太選手
岡野一恭平選手
1-3に
山下陽生選手
五木田季晋選手
1-3でタイムアップ
30分行われた練習試合は0-0
吉年穣選手
空閑俊汰選手
戸田将選手
新渕七輝選手
城田優選手
尾川丈選手
藤野心魂選手

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です