1ショット日記「これからも」


川崎フロンターレU-18出身、早稲田のFW岡田優希選手。話を聞かせていただき、ありがとうございました

12月17日全日本大学サッカー選手権大会準々決勝を1-2で終え、大学サッカーでの4年間を終えた早稲田大のFW岡田優希選手。試合後に話を聞かせていただきました。

 

大学4年間を振り返って。

「とても長かった。『あっという間』という人もいるけれど、自分にはそんなことはなかった。ユースの3年間は短かったけれど、それとは違いました」

キャプテンを務めた今季を振り返って。

「とてもしんどかった。でも一番成長できたと思う。一番楽しむことができたのではないかと思う」

FC町田ゼルビアで、プロとしてプレーする来季からについて。

「まずは試合に出るというところからです。一からのスタートになります。最初は苦しむと思う。そこで挑戦して何かを得られるようにしたい。(早稲田での)4年間、これだけのことをできたので。楽しみです」

フロンターレのサポーターへ。

「遠いところでも、いろんなところに来ていただいて、気にかけていただけてありがたかったです。ユースを卒団しても見ていただけた。これで終わりではないので。これからもあります。引き続き応援よろしくお願いします」

 

試合が終わり、1時間余りのち、岡田選手は、晴れ晴れとした表情。充実したシーズンを過ごし冷静に、覚悟をもって今後を見据えている。そんな印象を受けました。

また、報道陣の取材に真摯に応え、ゴール裏から声援を送った早稲田のサポーター集団「ULTRAS WASEDA」のメンバー1人1人と握手をかわす姿も、とても立派で心に残るものがありました。

フロンターレU-18とは違う早稲田大学でもがきながらも、最後のシーズンにはキャプテンを務め、得点王になり、そして、関東大学サッカーリーグ1部の頂点に立ったチームを牽引する姿を見られたことは、フロンターレアカデミーのサポーターとして、とても幸せなものでした。

FC町田ゼルビアでも、多くのゴールを重ね、チームを引っ張る存在となりますように。いずれは、板倉滉・三好康児の両選手と対戦するところも見てみたいものです。

これからも応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です