フロンターレU18 ー SOLTILO FC U18/ 日本クラブユースサッカー選手権 2019 関東予選


6月1日は日本製鉄総合グラウンドへ。日本クラブユース選手権関東大会ノックアウトステージ2回戦、東京ヴェルディユース戦を2-3で終えた川崎フロンターレU -18は、2回戦の敗者8チームが3つの出場枠を懸けて競う順位決定戦に回ることになり、この日はSOLTILO FC U-18との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権関東大会ノックアウトステージ順位決定戦 vs SOLTILO FC U-18】
6月1日(土)午後0時45分キックオフ 日本製鉄総合グラウンド 晴れ

この日同じ会場で10時から行われた日本クラブユース選手権関東大会ノックアウトステージ準々決勝、鹿島アントラーズユースvs 東京ヴェルディユースがPK戦までもつれ込んだために、開始時間は15分遅れ。

フロンターレの先発は、GK21川合我空、最終ラインは右から31高畠捷、34田鎖勇作、4栗田悠巨、5森璃太、ボランチはゲームキャプテン8山内日向汰、18戸水利紀、右MF11有田恵人、左MF20鈴木大登、前線には26五十嵐太陽、10宮城天。

太陽が照り、好天の日本製鉄総合グラウンド。両チームの選手の家族らが集まり、SOLTILOの選手たちの家族らが「頑張れよ」と声をかければ、フロンターレのサポーターらも幕を出し、チャントやコールで声援を送るなか、試合は始まりました。

SOLTILOのキックオフで始まった試合。フロンターレはマイボールにすると、浮き球を宮城が高い位置で競り、ラインを高め、前に。SOLTILOはフロンターレの最終ラインにボールが戻ると、高い位置から厳しい寄せを見せていきますが、栗田が戻したボールを、川合が前に送り、フロンターレはボールを奪われずに、攻めは許さず。

SOLTILOにボールが渡っても右サイドで高畠がボールを奪い、そこから中央の山内、山内からエリア右、五十嵐を突くパスを入れて、切り替えよく攻撃へつなげようとしていきます。

左サイドで森や山内、鈴木が細かくパスを回し、鈴木の浮き球のパスに、五十嵐がエリア左へ抜け出そうとしたり、栗田のフィードに、宮城が抜け出してクロスを入れたりと、相手陣内でのプレーを重ねていくフロンターレ。戸水が宮城に縦パスを入れ、右に展開したり、有田が高い位置へ仕掛けていき、鈴木が左へ流れ、森が中央へ持ち込み、右の有田へつなげるなど、幅も使いながらゴールをおびやかしに。

8分には右サイドでのパス交換から有田がクロスを入れると、正面で鈴木がシュートを打つもブロック。そこからボールを拾ってSOLTILOは攻めていこうとしますが、フロンターレは田鎖がカバー。さらに高い位置で鈴木が厳しい寄せを見せていくと、11分、フロンターレは右サイドから高畠が縦パスを入れ、五十嵐がエリア右へ。切り返した五十嵐から受けた鈴木が正面へ仕掛けてシュートを打つとこれが決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

たたみかけるフロンターレは、直後には有田の右サイド、高い位置からの折り返しに、正面で宮城がシュート。最後は五十嵐が押し込み、2-0。

手を緩めないフロンターレ、13分にはエリア外右、うまく前を向いた五十嵐がシュートを打つとボールはゴールの中へ。3-0。

前からうまい寄せを見せ、時には有田が中央で栗田との連係からボールをものに。高い位置で有田と山内が囲い込むように厳しく寄せ、コーナーキックを得るなどしていくフロンターレ。SOLTILOも18分には12が中央から仕掛けていきますが、フロンターレは戻りも速く縦にはいかせず。右の14の仕掛けにも栗田、森の連係からエリア内へは近づかせないなど、しっかり対応していきます。

ところが22分、SOLTILOはGK25の左サイドを突くパスに、6が抜け出すと、フロンターレにファールがあり、エリア外左でのフリーキックに。10が右足でボールを入れると、エリア内、4が押し込み、3-1。

SOLTILOの反撃にも、テンポよくボールを回し、戸水がエリア内へ動き出すなどして再び攻めに出ていくフロンターレ。25分、山内とのパス交換から有田がエリア右へ。シュートがブロックされたところを、左サイドで鈴木が拾うと、鈴木のリターンを受けた森のクロスに、宮城がエリア内うまく抜け出して頭で合わせ、ボールはゴールの中へ。4-1。

さらに26分には右サイドから攻めに出ると、折り返しに正面で鈴木が押し込み、5-1。

点差が開いても鈴木が中央に寄りプレスをかけて、マイボールにしていくなど、流れを渡さないフロンターレ。30分には宮城が左サイドを仕掛けて、エリア外左へ。エリア内へボールを送ると、遠いサイドで有田が押し込み、6-1。

34分には栗田の縦パスから有田がエリア外正面へ。SOLTILOの選手にファールがあり、フリーキックに。宮城が直接シュートを放つとこれが決まり、7-1。

SOLTILOもラインを高め、エリア左を突くパスを出していきますが、川合のカバーでシュートまではいかせず。SOLTILOが縦に入れてきたところを、森が読みよくカットし、有田も中央でボールをものにするなど、しっかりプレーを重ねていき、前半はタイムアップ。7-1でハーフタイムとなります。

後半フロンターレは、宮城、有田が下がり、13常安澪、7中島大成が入り、五十嵐が右MF、中島が左MF、常安がトップ下、鈴木が前線に。

立ち上がりから右サイドの高い位置で五十嵐が厳しい寄せからボールをものにし、常安や山内がエリア近くへ顔を出すなど、ゴールへ迫りに。山内の縦パスを鈴木が受け、鈴木のパスに常安がエリア右へ顔を出すなどしていきます。

SOLTILOの前線の28にボールを渡っても、田鎖がうまく寄せ、つながるようなかたちでものにして、攻めにつなげさせず対応。山内が右サイドの高い位置へ動き出す高畠に、スルーパスを送れば、戸水もエリア左、中島を狙いパスを入れたり、戸水の浮き球のパスに、五十嵐が中央へ抜け出したりするなど、決定的な場面をつくりにいきます。

12分、フロンターレは五十嵐が右サイドの高い位置で厳しい寄せを見せてボールをものにすると、五十嵐のパスに正面で常安がシュート。これが決まり、ついに8-1。

ここでフロンターレは山内に代わり6澤田泰大が入りボランチ、キャプテンマークは森へ。

田鎖がエリア左へ動き出す中島へフィードを入れたり、鈴木が下がり目で前を向き、エリア左、森を狙い、パスを入れるなど、緩めずに追加点を狙いにいくフロンターレ。澤田が右サイドの高い位置へ抜け出してリターンを受けた五十嵐が中央へ運び左へ展開し、戸水がエリア外左からシュートを打ったり、高畠が右サイドから中央へ斜めに仕掛けたりと多彩な攻めを見せていきます。

18分にはSOLTILO、左サイドでボールをものにし、6が高い位置でクロスを入れていきますが、栗田がカバー。再びマイボールにしたフロンターレは、すかさず攻めに。栗田の縦パスに、森が左サイド高い位置へ。折り返しはブロックされましたが、切り替えの良さを見せていきます。

フロンターレは18分、五十嵐に代わり、28小室愛樹。

19分にはさらにフロンターレ、中島がエリア内、小室を狙いスルーパス。ブロックされたところを正面で拾った常安がミドルシュートを打つもGK25がセーブ。さらに右サイドでのスローインから澤田が高い位置へ。折り返しには誰も合わせることはできず。さらに21分には田鎖のパスに、高畠が高い位置へ。右サイドから中央の戸水を狙ってパスを入れると、戸水のシュートがブロックされたところ、正面へ切れ込んだ中島がシュートを打つも上に。

25分にはSOLTILO、10のパスに6が左サイド、高い位置へ。精度の良いクロスがエリア内に入りますが、栗田がカバー。大差にもしっかり集中して、芽を摘んでいきます。

戸水、澤田、常安がボールを動かし、エリア左、中島へパスを出したり、高畠が中央へ仕掛けてエリア左、中島のシュートにつなげるなどしていくフロンターレ。31分には高畠、小室と右サイドからの攻めに。鈴木が右サイド高い位置へ。中島を狙った折り返しはクリアされ、右コーナーキックに。

戸水が右足でボールを入れると、こぼれ球に正面で反応した小室がミドルシュートを打つもGK25がセーブ。カウンターへ持ち込もうとしたところを、小室がカバーし、再び攻めに出ると、35分うまく右サイドへ抜け出した澤田から中央に。最後はエリア左、抜け出した鈴木が決め、9-1。

ハットトリックとなった鈴木はここで下がり2神橋良汰が入り、左SB、森が右SB、高畠が右MFに。

SOLTILOのサイドからの攻めにも折り返したボールを、川合がしっかりキャッチするなどしていくフロンターレ。37分には栗田のフィードに、高畠がエリア正面へ。GK25が飛び出たところを、ボールを拾った小室がエリア外正面、距離のあるところから狙いますが、これはブロック。さらに38分には田鎖のフィードを、右サイドでおさめた常安が中央へ。エリア左、中島を狙い、パスを出しますが、カット。シュートに至らずともおびやかしていきます。

41分にはさらに中島が自陣に戻りマイボールにすると、常安、高畠と右サイドからの攻めに。最後はエリア右、抜け出した澤田がシュートを打つもGK25がセーブ。

そして42分、フロンターレは常安のスルーパスに中島がエリア内へ。エリア内で小室、常安が細かくパスを回し、再びエリア内、中島がシュートを打つとこれが決まり、10-1。

高畠が右サイドから左に展開し、森の左クロスにつなげ、神橋もエリア近くまで上がるなどしていくと、44分には栗田のフィードに常安がエリア左へ。常安のパスに、正面へ抜け出した高畠がシュートを放つとこれが決まり、11-1。

ロスタイムは2分。コーナーキックのセカンドボールを拾い、栗田がエリア左へ抜け出るなど最後までゴールを狙う姿勢を見せ続けたフロンターレ。試合はタイムアップとなり、11-1。

フロンターレは、全国大会出場を懸け、2日午後0時半、日本製鉄総合グラウンドで水戸ホーリーホックユースと対戦することになりました。

前半7-1後半4-0 計11-1

得点:鈴木大登3 五十嵐太陽2 宮城天2 有田恵人 常安澪 中島大成 高畠捷

フロンターレの先発:21川合我空、31高畠捷、34田鎖勇作、4栗田悠巨、5森璃太、8山内日向汰(c)、18戸水利紀!11有田恵人、20鈴木大登、26五十嵐太陽、10宮城天
交代:宮城→13常安澪 有田→7中島大成 山内→6澤田泰大 五十嵐→28小室愛樹 鈴木→2神橋良汰
控え:33青山海 3道間雄生

(文中敬称略)

宮城天選手
戸水利紀選手
道間雄生選手
試合を前に家族やサポーターのもとへ

円陣を組む選手やスタッフ

ゲームキャプテンを務めた山内日向汰選手

青山海選手

川合我空選手
田鎖勇作選手
高畠捷選手
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
有田恵人選手
森璃太選手
戸水利紀選手
鈴木大登選手がゴール前
先制のゴールとなる

五十嵐太陽選手が押し込み、2-0

さらに五十嵐太陽選手が決めて3‐0とする
森璃太選手
SOLTILOもフリーキックから決めて3-1
森璃太選手のクロスから宮城天選手が決め4-1

鈴木大登選手が決め5-1

有田恵人選手も決め、6‐1
有田恵人選手

宮城天選手がフリーキックを決め、7-1
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
川合我空選手
青山海選手
神橋良汰選手
澤田泰大選手
道間雄生選手
小室愛樹選手
常安澪選手
山内日向汰選手
後半へ

五十嵐太陽選手
中島大成選手
鈴木大登選手
中島大成選手
山内日向汰選手
高畠捷選手

田鎖勇作選手
森璃太選手
常安澪選手がシュートに持ち込む
8‐1に

常安澪選手
澤田泰大選手
常安澪選手
五十嵐太陽選手
澤田泰大選手
田鎖勇作選手
澤田泰大選手
鈴木大登選手
戸水利紀選手
小室愛樹選手
自身3点目のゴールを決めた鈴木大登選手

小室愛樹選手
高畠捷選手
常安澪選手
神橋良汰選手

中島大成選手が決め、10-1
神橋良汰選手
高畠捷も決め、11‐1

 

11‐1でタイムアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です