筑波大 – 法政大 / 「アミノバイタル」カップ3回戦


6月12日は味の素スタジアムの横にあるAGFフィールドへ。夏の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯の予選にあたる「アミノバイタル」カップ2019 第8回関東大学サッカートーナメント大会≪兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選≫ が始まっており、この日は10日の2回戦を勝ち上がった8チームが競う3回戦が行われました。

関東から総理大臣杯には3回戦を勝った4チームと、敗者4チームによって行われる順位決定戦を制した3チームの計7チームが出場できます。

 

フロンターレU -18出身の選手が在籍するチームでは、三笘薫、池谷祐輔の2選手がいる筑波大、小川真輝の順天堂大、栗脇拓人、新井秀明の中央大の3チームが2回戦を制し、この日の試合に臨みました。

 

【「アミノバイタル」カップ2019 第8回関東大学サッカートーナメント大会
≪兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選≫
3回戦 筑波大 vs 法政大】

6月12日(水)午前11時半キックオフ AGFフィールド くもり

 

AGFフィールドで行われた第1試合は、筑波 vs 法政。

 

筑波の先発はGKがゲームキャプテンの30阿部航斗、最終ラインは右から5井川空、28森侑里、3角田涼太朗、23知久航介、ボランチは10高嶺朋樹、6渡邊陽、右MF14山原怜音、左MF16岩本翔、トップ下19加藤匠人、前線には18森海渡。

 

法政の先発は、GK12中野小次郎、最終ラインは右から23関口正大、24宮部大己、キャプテン5加藤威吹樹、3高木友也、ボランチは26佐野皓平、13長谷川元希、右MF8紺野和也、左MF14森俊貴、トップ下19平山駿、前線には9松澤彰。

 

U−22日本代表としてトゥーロン国際大会に出場している筑波の7三笘薫は不在、15池谷祐輔はベンチスタート。また、2回戦までは出場していた法政のエース18上田綾世はコパ・アメリカに出場する日本代表に合流したため、こちらも不在。

 

空には雲がかかり、ひんやりとした空気が漂うかと思えば、風がやむと少し湿気を感じるAGFフィールド。筑波も法政もメンバー外の選手たちが、スタンドからにぎやかに声援を送るなか、試合は始まりました。

 

前半は、サイドからゴールへ迫ろうとする両チーム。筑波は、高嶺が最終ラインの間に下り、ラインを高めながら攻めていくのに対して、法政は右の紺野が積極的に仕掛け、長身の松澤を狙い、クロスを上げたところからたたみかけるようにゴールへ迫りに。

 

4分には法政、右サイドから紺野が、遠いサイドの森を狙いクロス。筑波は井川がカバーするも、長谷川が高い位置でボールを奪い、森が左クロス。再び右へ流れたボールを、紺野が拾い、最後は中央で佐野がミドルシュートを打つも上に。

 

一方の筑波も高嶺がパス交換からエリア近くに持ち上がり、左へ。知久がクロスを入れるも法政はブロック。

 

そこから筑波が、森侑里や井川、角田に高嶺が多く触れながら、ボールを動かす時間をつくっていきますが、法政は松澤も時には自陣でプレスバックにいき、筑波へ縦へは入れさせず。

 

法政はマイボールにすると、左サイドの高木、森に長谷川も好連係を見せ、次第に押し込む場面をつくり、17分には左クロスをエリア内で松澤がおさめ、リターンを受けた森がシュート。決定的な場面でしたが、上にそれ、枠へは飛ばせず。

 

直後には筑波、高嶺から左へ展開。岩本が高い位置へ抜け出し、リターンを受けた渡邊の浮き球に、エリア内、森海渡がバックヘッドで合わせますが、GK中野がセーブ。

 

法政が佐野もパス交換から前に出て、コーナーキックを得れば、筑波も山原が右サイド高い位置から精度の良いボールをエリア内へ送るなど、一進一退の攻防を続ける両チーム。

 

30分には法政、中野もエリア外に出て後ろから組み立てを図りにいくと、うまく右サイドからの攻めに持ち込み、関口が高い位置へ。クロスのこぼれ球を拾った平山が正面でミドルシュートを打つも上に。さらに31分には佐野の浮き球に、森がエリア右へ。森の右クロスをエリア内、松澤がおさめ、1対1になるもシュートは上に。

 

決定機をつくりながらも最後のところでそれを生かせない法政。しかし、37分、法政は中央を紺野が仕掛け、いったん森に預けてエリア左へ。高い位置から折り返すとゴール前、松澤がヒールで流し込み、0-1。先制点は法政へ。

 

さらに法政は高木が左からクロスを入れるなどしていきますが、筑波は井川が中へしぼり、シュートにはつなげさせず。角田も前に出てラインを高め、知久が高い位置へ。井川が中央へ持ち込むなどしながら、同点のゴールを狙いに。しかし、最後のところで精度を欠き、法政が松澤もかかわり、コンパクトにいい守りを見せ、前半はタイムアップ。0-1。法政がリードしてハーフタイムとなります。

 

 

後半筑波は、岩本がトップ下、加藤匠人が左MFに。高嶺が最終ラインの間に下り、井川が右サイドの高い位置へ顔を出すなどし、前線の森海渡へ入ったボールを、高嶺が拾い、攻め急がずに、後ろに戻してボールを回していくと、4分には角田から左へ。知久が高い位置からクロスを入れると、エリア右で山原がシュート。ポストに阻まれ決まりませんでしたが、決定的な場面をつくっていきます。

 

角田が持ち上がり、渡邊がセカンドボールを拾い、法政陣内でのプレーを重ねていく筑波。6分には角田のパスを受けた加藤匠人がパス交換から正面へ。シュートを打つも上に。

 

法政は8分、松澤に代わり20佐藤大樹。

 

なおも攻勢に出る筑波は、9分には井川が右クロスを上げると、エリア内で巧みにおさめた山原がターンでマークを振り切り、シュート。中野が阻みましたが、またも決定機に。

 

法政も直後には、紺野が右サイドからエリア右へ。エリア外からゴール左を狙い、シュートを打つもワンタッチあり、右コーナーキックに。紺野が左足でボールを入れるも、筑波は、カウンターへ。エリア左、山原が持ち込みゴール前にボールを送ると、法政のオウンゴールを誘い、1-1。筑波が同点とします。

 

筑波はここで加藤匠人に代わり15池谷祐輔が左MFへ。

 

池谷はマイボール時には時には中央へ寄り、知久の攻め上がりをうながしながらゴールへ向かう姿勢も見せていきます。

 

14分には筑波、森海渡がエリア外正面へ。シュートを放つと、中野が飛び出したところをボールはゴールの中へ入りそうになりますが、関口が戻りこれをクリアする好守で惜しくも決まらず。

 

法政はここで平山に代わり28田中和樹。前線を佐藤との2トップとし、流れを変えにいきます。

 

すると18分、法政は森のパスに、佐藤がエリア外左へ。シュートを放つとボールはゴールの中へ。1-2。勝ち越しのゴールは法政へ。

 

ところが直後には筑波。岩本から受けた山原がエリア外右へ。エリア内へすばやく地を這うようなボールを入れると、森海渡のシュートが決まり、2-2。すぐさま、筑波が同点に。

 

筑波は、21分左足を傷めた角田がピッチの外に出てそのまま交代に。22三浦雅人が入り、最終ラインは右から知久、井川、森侑里、三浦となります。

 

ラインを高め、コーナーキックやフリーキックを得ていく法政は、セカンドボールを拾った佐野や、関口がミドルシュートを打つも枠はとらえられず。

 

一方の筑波は、27分には池谷がうまく左サイドでボールをものにして中央へ。ミドルシュートを打つもワンタッチあり、左コーナーキックに。山原がボールを入れると、エリア内で池谷が拾い、法政が体を張って防いだところで今度は右コーナーキックに。セカンドボールを高嶺が拾い、知久の右クロス、森海渡が合わせますが、中野がセーブ。筑波がたたみかけていくも、法政もいい守りを見せていきます。

 

さらに迫る筑波は、31分には池谷が左サイドから中央へ持ち込み、いったん渡邊へ渡り、池谷からエリア右、山原へ。山原がシュートを打つもわずかに左へ。

 

法政は32分、長谷川に代わり6大西遼太郎がボランチに。

 

34分には大西が中央を持ち上がり、右へ。切れ込んだ紺野がシュートを打ちますが、阿部がセーブ。再び攻めに転じた筑波は、右サイドからの攻めに。山原とのパス交換から知久がクロスを上げると、エリア右、池谷がダイレクトでシュート。しかし、中野がセーブ。

 

さらにサイドを変えながら迫る筑波。直後にはエリア外左、三浦がダイレクトではたくと、正面へ池谷が抜け出しますがオフサイド。

 

一方の法政も、37分には紺野の浮き球がエリア左へ。抜け出した高木がシュートを打つも阿部が好セーブ。さらにエリア前でマイボールにした田中がエリア右でシュートを打つもブロック。

 

ともに切り替えよくプレーを重ねていく筑波と法政。40分には山原の浮き球に、森海渡がエリア内へ。シュートを打つも左へ。43分には法政、左サイドからの攻めに。またも高木がシュートを打つも筑波はブロック。

 

筑波は、44分、森海渡に代わり11窪田翔。

 

ロスタイムは4分。47分には法政。またも高木が枠をとらえたシュートを打つもここでも阿部が好守で防いで決まらず。

 

後半はタイムアップとなり、前後半計20分の延長戦へ。

 

延長前半は、立ち上がりこそ、筑波がフリーキックやコーナーキックを得るものの、次第に法政が左サイド、高木と森の連係でゴールへ迫る時間を増やしていきます。4分には左クロスに田中がエリア内へ。しかし、筑波の中へしぼった守備に、シュートは打てず。

 

法政が森のプレスバックなどから攻めにつなげる場面は続き、7分にはコーナーキックのセカンドボールを拾い、右サイドの紺野へ。リターンを受けた加藤がミドルシュートを打つも上に。さらに大西の浮き球に、田中がエリア内へ抜け出すも、阿部がセーブ。

 

延長前半はタイムアップとなります。

 

延長後半前、筑波はすでに1回警告を受けていた森侑里に反則があり、退場に。10人となり、岩本に代わり17手塚貴大が入ります。一方の法政は田中に代わり17竹本大輝。

 

開始からボールを回していく法政。筑波は、前線に窪田を残し、時には5バックのようになって守りに。池谷も自陣のエリア近くで、仕掛けてきた関口に粘り強く対応し、ボールをクリアするなどしていきます。

 

4分には法政、関口が右サイドを突破。クロスを上げると、遠いサイドで佐藤が頭で合わせますが、枠をとらえたシュートは阿部がセーブ。さらに森から右へ流れた竹本へ。竹本の折り返しに、正面で佐藤がシュートを打つも上に。

 

直後には筑波、池谷が左サイドでボールを奪い、右サイドの高い位置へ窪田を走らせ、窪田のリターンを受けた池谷から右へ。山原が上がるも法政の寄せに遭い、決定的な場面にはつながらず。

 

再び攻めに転じた法政。人をかけた攻めに持ち込みますが、なかなか筑波の守備を破るには至らず。9分にはこぼれ球を拾った宮部がエリア外正面でミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

延長後半もゴールはなくタイムアップとなり、試合はPK戦へ。

 

筑波が先攻、法政が後攻で行われたPK戦。先にリードしたのは筑波。法政の2人目。竹本はポストに当て、決められず。

 

筑波は、4人目の池谷まで全員が成功。ところが5人目の知久が右に放ったシュートを、中野が止める好セーブ。

 

PK戦は、筑波の阿部、法政の中野と両GKも成功し、一巡。13人目法政の高木が上に外してついに決着となり、12-11。筑波大が準決勝進出を決め、総理大臣杯の出場権を得ることになりました。

 

最後の総理大臣杯となる三笘。そして、フロンターレU-18 時代に務めたボランチから攻撃的なポジションへ移りゴールも重ねつつある池谷が、全国大会でどんなプレーを見せるのか。とても楽しみにしています。

 

前半0-1 後半2-1 延長前半0-0 延長後半0-0 計2-2 PK12-11

得点:オウンゴール、森海渡(筑波) 松澤彰、佐藤大樹(法政)

 

筑波の先発:30阿部航斗(c)、5井川空、28森侑里、3角田涼太朗、23知久航介、10高嶺朋樹、6渡邊陽、14山原怜音、16岩本翔、19加藤匠人、18森海渡

交代:加藤匠人→15池谷祐輔 森海渡→11窪田翔 岩本→17手塚貴大

控え:1櫻庭立樹 12岩田佑成 2加藤潤 20和田育 25永満凌

 

法政の先発:12中野小次郎、23関口正大、24宮部大己、5加藤威吹樹(c)、3高木友也、26佐野皓平、13長谷川元希、8紺野和也、14森俊貴、19平山駿、9松澤彰

交代:松澤→20佐藤大樹 平山→28田中和樹 長谷川→6大西遼太郎 田中→17竹本大輝

控え:21長島卓哉 4簑田広大 22鳥居俊 7末木裕也 30飯島陸

 

(文中敬称略)

筑波大の先発メンバー
法政大の先発メンバー

決定的な場面を法政がつくっていく
筑波大の控えのメンバー

先制点は法政へ
法政の松澤彰選手が決めた
池谷祐輔選手はベンチスタート
後半へ

山原怜音選手が仕掛ける
最後はオウンゴールを誘い、筑波大が追いつく

加藤匠人選手に代わり池谷祐輔選手がピッチへ

池谷祐輔選手
シュートを放つ池谷祐輔選手
勝ち越しのゴールは法政へ。
佐藤大樹選手が決めた

森海渡選手が決め、筑波大が再び追いつく

再び森海渡選手のシュートが枠をとらえるも、法政はクリアで防ぐ
筑波大の阿部航斗選手は何度も好守を見せた

池谷祐輔選手

阿部航斗選手が防ぐ

PK戦へ

4人目のキッカーを務めた池谷祐輔選手

筑波大がリードするも法政の中野小次郎選手が止め、PK戦は振り出しに
最後は高木友也選手が上に外して試合は決着
筑波大が総理大臣杯出場を決めた

スタンドの選手らと喜びを分かち合う筑波大の選手たち
厳しい日程、好ゲームを制して勝ち上がった

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です