U15川崎ブレイブサンダース – 新潟アルビレックスBB U15 / B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2020


ディフェンスで奮闘するも強い相手に力負けした初戦に続き,U15川崎ブレイブサンダースは勝利を目指してグループリーグ最後の試合に挑みました。

B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2020
Group F – Game 2
U15川崎ブレイブサンダース – 新潟アルビレックスBB U15
2020/01/06(月) 17:00 スカイホール豊田 サブアリーナ Fコート

U15川崎ブレイブサンダースの先発はキャプテン4 吉井界澄,5 三谷蓮斗,7 中尾優斗,8 熊谷智紀,13 水品皓暉。対する新潟アルビレックスBB U15の先発は5 渡邉康生,6 佐藤友,10 桑原利典,12 児玉雅空,14 田屋明彦。

試合開始から走ったのは新潟。いきなり5 渡邉の3ptで先制すると,14 田屋のリバースレイアップで加点。更に渡邉のアリウープレイアップで0-7。6:31には6 佐藤のドライブからレイアップがバスケットカウントに。ボーナススローも決まって0-10。10-0のランで川崎を突き離します。
川崎は直後,4 吉井から7 中尾の合わせでスコア。ようやく得点を挙げます。
しかし新潟の攻めは止まりません。10 桑原のフリースローで加点すると,5:48には佐藤がゴール下,続けて桑原がバックドアカットで抜け出しゴール下のイージーショットを決め2-15。
4:33,川崎は中尾の3ptで5-15としたところで9 小泉駿之介を投入。打開をはかります。
ここから再び新潟の猛攻となります。佐藤のユーロステップで口火を切ると,18 木間奏汰のドライブなどで連続加点。5-21とします。川崎はここで前半最初のタイムアウトを取ります。
タイムアウト明け,川崎は中尾と小泉のファストブレイク,中尾から12 大津光合のファストブレイクからセカンドチャンスを小泉が狙いますが,どちらも決まらず。しかし攻撃の糸口をつかみ始めます。
1:20,新潟は佐藤のゴール下からのバスケットカウント,更にそれに続いてフリースローを決めるなどして5-27に。
川崎は第1クォーター終了間際,6 岩城爽太のブロックショットで追加点を与えませんでした。

第2クォーターも入りは新潟から。佐藤がギャロップステップからレイアップを決めると,6:50にはまたも佐藤がゴール下を決め5-31。
対する川崎は6:23,大津がバックステップからミドルジャンパーを決めスコアを伸ばします。しかしすぐに新潟7 西潟隼にミドルドライブからレイアップを決められるとこれがバスケットカウントに。ボーナススローが外れたところは川崎がリバウンドを確保。セカンドチャンスは与えません。
4:16,川崎は合わせから5 三谷がミドルジャンパーを放ちますがこれは決まらず。逆に新潟は渡邉がゴール下から決め7-35。点差が広がります。しかし2:06,川崎はコイズミのベースラインドライブにファウルがありフリースローに。これをしっかりと2本決め9-35。更に小泉のスティールからファストブレイクとなりますが,ここはディフェンスにうまく対応され得点とはならず。逆に新潟は1:23,桑原のフリースローで加点。
川崎は吉井のミドルドライブからのフローターでゴールを狙いますが決まらず。しかし吉井のナイスディフェンスからマイボールにするなど,戦う姿勢は崩しません。
42.8秒,新潟12 児玉のフリースローで点差は広がりますが,川崎は16 鬼頭佑育のスティールから吉井がゴール下を決めて11-39とすると,続けて8 熊谷のフリースローで加点。更に終了間際,再び鬼頭のスティールからゴールを狙いますがこれは外れ前半終了となりました。

後半は最初からシーソーゲームの様相を呈します。まず新潟が児玉のフリースローで加点すれば,川崎は大津のブロックからのトランジションで小泉のドライブ。これはファウルで止められ,獲得したフリースローも決まりませんが,積極的な攻撃を見せます。
6:47,川崎は三谷のオフェンスリバウンドからキックアウトパスを受けた11 藤原弘聖がミドルジャンパーを決めきり14-41。直後,新潟は再び児玉がフリースローを決めますが,川崎は藤原から大津のファストブレイクで16-43。両チーム一歩も引かない攻防を見せます。
新潟11 渋木勇希がベースラインドライブを決めれば川崎は小泉がフローターを決めます。更に吉井がブロックショットから自分でストップ&シュートでミドルジャンパーを決め20-45。立て続けに4:36,吉井のディフェンスリバウンドからファストブレイクで大津へパス。ゴール下からのシュートを決め22-45。じりじりと差を詰めます。
3:44,新潟は木間の3ptで応戦しますが,川崎は三谷のペネトレイトからのキックアウトパスに大津が合わせミドルジャンパーを決めます。24-48となったところで新潟は後半最初のタイムアウト。しかし流れは変わりません。川崎は中尾の激しいディフェンスから相手のトラベリングを誘発。マイボールにすると,トランジションで吉井がゴール下でねばりシュートを決めきります。
川崎のタイムアウトを挟んで攻勢に出たのは新潟。児玉のフリースローで加点すると,桑原の3ptで突き離します。川崎も15 石川大成の3ptで応戦しますが決まらず。新潟は桑原のバスケットカウントで更に突き離すと川崎は吉井の3ptが決まりますが,新潟は桑原が3ptを決めきり27-59。点を取り合った第3クォーターが終了。最終クォーターへ向かいます。

最終の第4クォーター,まずは新潟。木間がオフェンスリバウンドからセカンドチャンスを決めきれば,川崎は中尾がファストブレイクからフローターを決めきります。
5:49,投入直後の川崎17 田辺永士からのファストブレイクで吉井がゴール下からのシュートを決めきります。更にこれにファウルがありバスケットカウントに。フリースローも決めきり34-61。しかしすぐに新潟は渋木がドライブを決め返します。ここで川崎は後半2度目のタイムアウト。
タイムアウト明けの4:46,流れは新潟に。佐藤のフリースローに続きユーロステップで加点。更に木間のファストブレイクで34-69と差を広げられます。川崎は藤原のミドルジャンパー,18 吉岡麟太郎のスティールからの攻撃でセカンドチャンスを田辺がゴール下で決めきり38-69。1年生同士の連携で点差を詰めます。2:47,前線からのプレスで8秒バイオレーションを誘発するなど,ディフェンスも緩めません。しかし新潟も対抗します。桑原から木間のファストブレイクを決めると,桑原の3ptで38-74。
1:45,川崎は藤原のフリースローで加点すると,新潟のタイムアウト明けに熊谷のスティールからファストブレイクで42-74。更に吉井のブロックからのファストブレイクを鬼頭が決めきります。56.1秒,吉井のナイスディフェンスから8秒バイオレーションでマイボールとすると,吉岡と吉井の合わせで得点。更に吉岡のスティールから中尾がレイアップを決めきり48-74。残り29.8秒,吉岡のスティール。中尾のドライブからのレイアップを決めきると50-74。10得点のランを達成したところでタイムアップ。

第1クォーターこそ相手の攻撃に圧倒されますが,それ以降は安定したスコアと強いディフェンスで流れをつかんだ時間も長かった試合となりました。特に後半は全員のディフェンスから得点を量産し,新潟を圧倒することに。結果は残念なものとなりましたが,第1試合からの改善点が活きた素晴らしい試合となりました。この結果でグループリーグは終了。次は交流戦に臨むこととなりました。
観戦できたのはこの日だけでしたが,試合の中でもどんどんプレーが良くなっていく選手の姿に心を打たれました。この大会で3年生の公式戦は終了しU15を卒業となります。U18に進む選手もいれば高校の部活でバスケットボールを続ける選手もいると聞いています。彼らが幸せなプレー生活を送っていくことを祈っているとともに,できる限り活躍を追っていきたいと思います。

写真はなつこさんからいただきました。いつもありがとうございます!

1q 5-27
2q 7-12
3q 15-20
4q 23-15
合計 50-74

342A8613

342A8615

342A8616

342A8623

342A8660

342A8715

342A8739 (1)

342A8759 (1)

342A8905

342A8971

342A8993

342A9011

342A9016 (1)

342A9056

342A9087

342A9102

342A9172 (1)

342A9185

342A9199 (1)

342A9214

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です