FC東京 – 桐蔭横浜大学 / 天皇杯2回戦


天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 2回戦
FC東京 – 桐蔭横浜大学
2019/07/03(水)19:00 KO 味の素スタジアム 曇のち雨

天皇杯神奈川県予選 を勝ち抜き,山形大学医学部との大学対決となった天皇杯1回戦 を制した桐蔭横浜大学は,天皇杯2回戦で現在J1リーグ首位を快走するFC東京に挑むこととなりました。
桐蔭横浜大学には川崎フロンターレU18で活躍したGK 早坂勇希,FW 山田新,来季の加入が決まっているMF イサカゼインが在籍しています。早坂とイサカはこれまでの勝ち上がりどおりに先発,予選から得点で貢献してきた山田はこの試合ではメンバー外となりました。

梅雨どきのはっきりしない天気予報,試合開始時点では降雨なしの状態で試合はキックオフ。

序盤はエンジンのかからないFC東京に対して桐蔭横浜がボールを保持する時間が長くなる展開に。しかし要所で鋭い攻撃を見せるFC東京に桐蔭横浜守備陣は忍耐強く対応していきます。
それでもバーを叩くシュートがあったり,GK早坂が弾いたところを詰められゴールネットを揺らされたりしますが,これはオフサイドの判定で得点とはならず。肝を冷やす展開が続きます。

前半の中盤以降,桐蔭横浜も徐々に攻撃の糸口を見つけていきます。中盤でボール保持したのはボランチで神村学園出身の6 橘田健人。ここからフロンターレアカデミーの選手たちともしのぎを削った桐光学園出身の10 鳥海芳樹がドリブルでアクセントを付け,ゴールに迫ります。しかしFC東京のディフェンス陣に阻まれ,シュートまでは持ち込めません。

どちらも得点は奪えないまま試合は後半へ。

後半開始早々,FC東京が左サイドでチャンスを作ります。人数を掛けた攻撃で左サイドの裏を取ると,中央とのボール交換から内田宅哉がゴールを決め先制。その後もFC東京がボールを保持し,桐蔭横浜にプレッシャーを与え続けます。
桐蔭横浜に主導権が移ったのは後半の中盤以降。8 イサカゼインからのアーリークロスや鳥海のドリブルの仕掛けなどでチャンスを作ると,終盤に投入された30 寺沼星文がペナルティエリア内右からノーステップで強烈なシュート。しかしこれはネットの外側を揺らし得点とはならず。
これで桐蔭横浜は万事休す。健闘も実らず,2回戦で姿を消すことになりました。

結果は残念でしたが,これからまた関東リーグ,Iリーグとそれぞれの舞台で活躍してほしいです。
再びその姿を見られるのを楽しみにしています。

桐蔭横浜大学の先発メンバー
好セーブを見せた早坂選手

ドリブルでチャンスを作った鳥海選手
ディフェンス陣を落ち着けます

イサカ選手。終盤立て続けにチャンスを作った
中盤でのハードワークと的確なボールさばきを見せた橘田選手
強烈なシュートで観客をどよめかせた寺沼選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です