桐蔭横浜大 – 常葉大 / 全日本大学サッカー選手権2回戦


12月12日は柏の葉総合公園陸上競技場へ。全日本大学サッカー選手権は2回戦。川崎フロンターレU-18出身のGK早坂勇希と、来季フロンターレに加入が内定しているMFイサカゼインのいる桐蔭横浜大が創部以来初めての全日本大学サッカー選手権の初戦を迎え、常葉大と対戦しました。

 

【全日本大学サッカー選手権2回戦 桐蔭横浜大 vs 常葉大】

12月12日(土)午前11時キックオフ 柏の葉総合公園陸上競技場 晴れ

 

桐蔭横浜大の先発は、GK21早坂勇希、最終ラインは右から2浅野嵩人、3遠藤凌、キャプテンの4眞鍋旭輝、5岩下航、ボランチは26神垣陸、6橘田健人、右MF8イサカゼイン、左MF10鳥海芳樹、前線には15松本幹太、11下村司。

 

常葉大の先発は、GK1坪歩夢、最終ラインは右から2野田椋雅、20速水修平、キャプテンの4山下柊哉、18中道慶人、ボランチは6中村圭汰、24加藤隼登、右MF8野中新史、左MF14村山健、前線には15新里勇人、10土井智之。

 

好天に恵まれた柏の葉総合公園陸上競技場。しかし、屋根があり日陰のため、やや肌寒さも。それでも桐蔭横浜大も常葉大も、メンバー外の選手たちがスタンドからチャントやコールで声援を送り、両チームの選手の家族らも見つめるなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、橘田の縦パスを松本がおさめ、右のイサカに展開。浅野も高い位置へ上がり、常葉大陣内で時間をつくる桐蔭横浜大。常葉大が土井にボールを入れると、遠藤が厳しい寄せを見せ、早坂もイサカにしっかりつながるようなボールを入れ、最後尾から起点をつくっていきます。

 

常葉大も、中へ寄った野中の左サイドを突くパスに、左MFの村山が斜めに仕掛けていきますが、ファールとなりながらも、寄せていき、エリア内へは近づかせず。8分には、常葉大、野田のロングスローのこぼれ球を拾った中道が正面やや左でミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

 

一方の桐蔭横浜も、9分には遠藤の縦パスをうまく間でイサカが受け、エリア前に浮き球を入れると、正面右で拾った松本がエリア右、下村へパス。しかし、足元につかず、惜しくもシュートまではいけず。

 

さらに常葉大は左サイドの裏を突くパスにまたも村山が仕掛けていきますが、浅野がカバーし、早坂につなげ、マイボールに。9分には、左サイドから岩下が正面やや左へボールを入れると、イサカが抜け出しシュートを打ちますが、GK坪がセーブしていきます。

 

常葉大は、土井が、エリア外からミドルシュートを打つなどしていくもののゴールをおびやかすようなものにはならず。野田のロングスローから打開を図りにいきますが、桐蔭横浜大はしっかりクリア。ラインを高め、最終ラインの眞鍋や遠藤が前に持ち上がり、ボールをカットした橘田がエリア内の鳥海へ縦へつけるなどして、迫っていきます。

 

鳥海がときには中央でマイボールにし、橘田や神垣がよくボールを動かし、長短のパスを入れていく桐蔭横浜大。高い位置で常葉大から囲い込んでマイボールにしていくなど、相手陣内で時間をつくっていきます。

 

20分には、橘田から右のイサカへ。イサカの右クロスに遠いサイド、松本が飛び込みますが、触ることはできず。さらに26分には、早坂のフィードのこぼれ球を正面でイサカが拾い、左へ展開。下村のシュートは枠をとらえますが、いったんは弾きながらも、ポストに当たったボールを坪がセーブ。直後には、左から岩下が入れたクロス、イサカが飛び込みますが、惜しくも触れず。

 

桐蔭横浜大はさらに眞鍋の浮き球を眞鍋がおさめ、橘田のパスにイサカが高い位置へ上がっていくなど、攻勢を続け、常葉大の右、野田の仕掛けに対してもしっかり寄せにいかせず。40分には、常葉大、野田の右からのロングスローのこぼれ球、エリア内で拾った村山がシュートを打ちますが早坂がセーブ。

 

42分には、桐蔭横浜、鳥海の縦パスを正面で受けた松本から、エリア左、下村へ。下村はシュートを打ちますが、左へ。さらに橘田の右サイドを突くパスに、イサカがエリア右へ仕掛ける姿勢を見せ、折り返しますが、坪がセーブ。前半は0-0でタイムアップとなります。

 

後半常葉大は村山に代わり23岸孝宗郎が入り、桐蔭横浜大はそのままのメンバーでのスタート。立ち上がりには桐蔭横浜大のボールをカットした、常葉大、左から折り返しますがそれをしのぐと、再び桐蔭横浜大の流れに。5分には橘田の浮き球に、下村がエリア左へ。シュートはブロックされるも、桐蔭横浜大はさらに高い位置で厳しく寄せ、常葉大の選手からボールを奪っていき、浅野や岩下が高い位置へタイミングよく上がり、クロスをイサカがエリア内でおさめるなど、押し込んでいきます。

 

9分には下村の左クロスに、イサカがエリア内へタイミングよく飛び出し、頭で合わせますが、わずかに左へ。さらにルーズボールを、神垣がうまく体を入れてものにし、岩下のクロスを松本がおさめて、桐蔭横浜大は前に。12分には、右コーナーキック、橘田が右足で入れたボール、岩下が合わせるも常葉大が阻み、左コーナーキックに。橘田が入れたボール、ニアでイサカが合わせますが、左へ。

 

ここで常葉大は中村に代わり5山田温人。常葉大はボールをものにしたところから新里が左へ流れ、起点になろうとしますが、イサカが戻りが早く、それをさせず。

 

17分には、桐蔭横浜大は下村に代わり9滝沢昂司。18分には、桐蔭横浜大、岩下のサイドチェンジからイサカが右サイド高い位置へ。エリア内へボールを送ると遠いサイドに抜け出した松本がシュートを打ちますが、常葉大の好守に遭い、決めることはできず。

 

22分には、常葉大、野中新史に代わり30横山隼介。

 

そして、23分、桐蔭横浜大は左へ開いた松本のパスに、岩下が高い位置へ仕掛けて、左コーナーキックに。橘田が入れたボール、左サイドでボールを拾うと、エリア外左へ鳥海が持ち出しシュート。少し相手選手に当たったのか軌道が少し変化したボールはゴールのなかへ吸い込まれるように決まり、1-0。先制点は桐蔭横浜大へ。

 

桐蔭横浜大はさらに鳥海が縦へ仕掛け、左コーナーキックに。橘田が入れたボール、イサカが合わせますが上に。30分には、桐蔭横浜大は松本に代わり20國場龍之介、常葉大は土井に代わり9田野雅大。

 

34分には、常葉大もエリア右へ野田が抜け出す決定的な場面をつくりますが、シュートは上に。

 

すると再びボールをにぎるのは桐蔭横浜大。橘田や神垣、鳥海が多く触り、前線では滝沢がおさめて、そこから攻めに持ち込んでいくと、37分には、鳥海の浮き球をおさめた滝沢から受けたイサカがゴール右をとらえたシュートを打ちますが、坪がセーブ。38分には、早坂のフィードに、イサカがエリア右へ。シュートはブロックされましたが、早坂も起点となり、チャンスを演出していきます。

 

コーナーキックの流れから滝沢が鋭い切り返しでエリア右から折り返すなど、たたみかけていく桐蔭横浜大。横山の縦への仕掛けにも眞鍋のカバーからそれをさせないなど、していきます。43分には鳥海に代わり17桑原孝太郎。

 

44分には、常葉大、ロングスローのこぼれ球を正面で拾った加藤がシュートを打ちますが早坂がセーブ。ロスタイムは3分、桐蔭横浜大は浅野に代わり13中村響。

 

試合はまもなくタイムアップとなり、1-0。

見事な試合運びを見せて、全日本大学サッカー選手権初勝利をおさめた桐蔭横浜大。大きな舞台で何度もそのキックで起点となり、決定的な場面もつくりだした早坂を見られたことは、とてもうれしくなるものがありました。次戦は前回王者の法政大との対戦。攻守に活躍を重ね、勝ち進むことを願っています。

 

前半0-0 後半1-0 計1-0

得点:鳥海芳樹(桐蔭横浜大)

 

桐蔭横浜大の先発:21早坂勇希、2浅野嵩人、3遠藤凌、4眞鍋旭輝(c)、5岩下航、26神垣陸、6橘田健人、8イサカゼイン、10鳥海芳樹、15松本幹太、11下村司

交代:下村→9滝沢昂司 松本→20國場龍之介 中村→13中村響

控え:1児玉潤 16佐藤喜生 12中井朗人 18近藤瑛佑 19平山郁居 

 

常葉大の先発:1坪歩夢、2野田椋雅、20速水修平、4山下柊哉(c)、18中道慶人、6中村圭汰、24加藤隼登、8野中新史、14村山健、15新里勇人、10土井智之

交代:村山→23岸孝宗郎 中村→5山田温人 野中新史→30横山隼介 土井→9田野雅大

控え:17角田航 3勝村永遠 7犬塚諒 16野中歩真 11小松慧

 

(文中敬称略)

 

試合を前にした早坂勇希選手

フロンターレ加入内定のイサカゼイン選手

桐蔭横浜大の先発メンバー

イサカゼイン選手
早坂勇希選手

仕掛けていく下村司選手
橘田健人選手
鳥海芳樹選手
イサカゼイン選手
桐蔭横浜大がゴールへ迫るが常葉大も集中して対応していく
前半は0-0
後半へ
イサカゼイン選手は切り替えの良さも目立った

惜しくもゴールとはならず

早坂勇希選手

イサカゼイン選手

鳥海芳樹選手が決め、1-0

1-0でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です