フロンターレU12 – 横浜F・マリノスプライマリー / LEGA FUTURO U11


9月16日は等々力第一サッカー場へ。Jリーグのクラブの小学生年代のチームが対戦するLEGA FUTUROが行われ、川崎フロンターレU -12の5年生たちが横浜F・マリノスとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 LEGA FUTURO U-11 vs 横浜F・マリノスプライマリー】
9月16日(月)午後0時39分キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり 9人制 25分ハーフ

フロンターレの先発は、GK19栗原聖央、最終ラインは右から24日暮大陸、15メンディーサイモン友、23橋本乃翔、中盤は22小川尋斗、14奥田悠真、右に20小川翔太、左に25岡大翔、前線には26白倉凜生。

朝方から降った雨は次第にやんでいき、曇り空の等々力。

先頭の奥田が「絶対に勝とう」「先に点取るぞ!」と声をかけながらピッチに足を踏み入れたフロンターレの選手たち。等々力第一サッカー場のそばの木陰などから多くの両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、ゴール前に先に迫っていったのはマリノス。右サイドを18が仕掛けるなどしていくと、1分にはエリア右で26がシュート。しかし、フロンターレはしっかり人数をかけ、ブロック。さらに2分には左サイド高い位置へ抜け出した19が左クロス。フロンターレはGK栗原がしっかりセーブ。

なかなか前へ出られなかったフロンターレは、白倉が自陣まで下りて、ボールをものに。小川翔太を走らせて、そこからラインを上げ、前からプレスをかけつつ、自陣でボールを持つ時間をつくり、マリノスのボールを奪った日暮が縦につけ、小川翔太へ渡すなどし、守備から攻めにつなげていきます。

8分には小川尋斗が右サイド高い位置でボールをものにし、折り返すと正面の白倉からエリア外左、奥田へ。オフサイドとはなりましたが迫っていきます。9分には自陣の右サイドで日暮がエリア外左へ浮き球を入れると、岡が競り、左サイドを奥田が仕掛け、奥田のパスに正面へで小川翔太がシュート。しかし、右へ。

一方のマリノスも10分には縦パスに、22が抜け出しそうになりますがメンディーが粘り強く寄せ、ゴールキックに。さらに11分にはエリア外左でフロンターレにファールがあり、マリノスのフリーキックに。27が右足で直接狙うとボールはポストへ。

たたみかけるマリノス、12分にはコーナーキックを得てセカンドボールを拾い、スルーパスに抜け出した19が栗原もかわして、シュート。これが決まり、0-1。先制点はマリノスへ。

追いかける展開となったフロンターレは時にはメンディーも前に上がりながら人をかけた攻めに。15分には浮き球にエリア右へ奥田がうまく抜け出し、奥田のパスに、エリア正面左で白倉がシュート。しかし、GK16がセーブ。

さらに小川翔太が仕掛け、エリア外右から地を這うようなボールをエリア内へ入れると、岡が飛び込みますがさわることはできず。

栗原も右サイドの小川翔太へ正確にボールをつけ、メンディーや橋本、小川尋斗や日暮がボールに多く触れながら、攻めの機会をうかがうフロンターレ。白倉が中央に降りて、白倉のパスに小川尋斗が前へ飛び出したり、小川尋斗の縦パスを白倉がおさめて、奥田を左へ走らせるようなボールを送ったりしていきます。

しかし、マリノスの守備も堅く、なかなかシュートまではいけず。それでも左から仕掛けてくる19に対して、日暮がうまく体を入れマイボールにするなど、守備でも最後のところでの粘り強く対応していきます。

23分にはマリノス、18が右から仕掛けて、クロスを入れると、正面で26がおさめ、最後は27がミドルシュートを打つも右へ。さらにエリア右で切り返した22がシュートを打つも、上に。前半は0-1でタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは立ち上がりは右に小川翔太、左に奥田、前線には岡、白倉が位置するようなかたちでのスタート。

3分にはマリノス、高い位置でボールを奪った18が正面やや右へ。左足でシュートを打つも左へ。

フロンターレも5分には左サイド高い位置でプレスをかけ、ボールをものにすると正面へ持ち込んだ奥田がシュート。しかし、惜しくもポストに。さらに右サイドでのスローインから切り込んだ小川翔太がシュートを打つも、GK16がセーブ。

一方のマリノスも、18や27が仕掛けて、フロンターレの陣内へ。7分には20がエリア外左、距離のあるところからシュート。しかし、ポストをかすめて決まらず。

さらに22がエリア外右へ。切り返して、シュートを打つとゴール左をとらえるも栗原がセーブ。

前線に白倉、右に小川翔太、左に岡、奥田が中盤というようなかたちに再びなったフロンターレは、9分には岡に代わり、27川端里季。直後にはフロンターレ、右コーナーキックを得ると、奥田が右足で入れたボール、合わせたのはメンディー。1-1。フロンターレが同点に。

たたみかけるフロンターレ、11分には前に出たメンディーのパスに、白倉が正面へ。しかし、GK16がセーブ。

栗原から右の小川翔太へつなぎ、日暮へ戻しラインを高めながら前に出ようとしていくフロンターレ。13分にはフリーキックで入ったボールを栗原がキャッチ。前へ送ると、右へ開いた小川尋斗のスルーパスに小川翔太が抜け出しますが、GK16がクリア。

メンディーが左へ開いて、川端へ縦パスを入れたり、奥田が白倉を走らせるように浮き球を入れたりしていくフロンターレ。小川翔太や橋本も時には中央に寄りボールをものにするなどしていきます。

19分には橋本がエリア外左に持ち込んでシュートを打つも右へ。

一方のマリノスも直後には27がエリア外から枠をとらえたシュートを打つも栗原がセーブ。

20分にはフロンターレ、小川尋斗がセカンドボールを拾い、正面で奥田がうまくボールをおさめ、奥田のパスに、白倉がエリア内へ。しかし、シュートはGK16がセーブ。

さらに橋本が中央に顔を出し、左サイドの川端へ展開するなど、マリノス陣内で時間をつくっていくフロンターレ。22分には左サイドのスローインから川端、橋本とつなぎ、奥田がエリア左へ。しかし、マリノスはブロック。

一方のマリノスは27から左へ展開。18がシュートに持ち込むも、栗原がセーブ。24分にはさらにマリノスは、ファールを受けて、エリア外正面でのフリーキック、27が直接狙いますが上に。

フロンターレは、栗原が前へ送ったボールを、小川尋斗が拾い、ボールはエリア外左、川端へ。川端のシュートはGK16が阻み、左コーナーキックに。奥田がボールを入れるも、フロンターレはシュートまではいけず。試合はここでタイムアップに。1-1。引き分けとなりました。

 

この先何度も対戦していくであろう両チームの選手たち。U-12、U -15、U -18、やがては等々力陸上競技場や日産スタジアムでトップチームの選手としてサポーターの声援を受けてプレーする未来につながっていきますように。

前半0-1 後半1-0 計1-1
得点:メンディーサイモン友

フロンターレの先発:19栗原聖央、24日暮大陸、15メンディーサイモン友、23橋本乃翔、22小川尋斗、14奥田悠真、20小川翔太、25岡大翔、26白倉凜生
交代:岡→27川端里季
控え:21星颯

(文中敬称略)

川端里季選手
メンディーサイモン友選手
白倉凜生選手
小川翔太選手
星颯選手
奥田悠真選手
岡大翔選手
栗原聖央選手

円陣を組み試合へ
栗原聖央選手

小川尋斗選手
橋本乃翔選手
日暮大陸選手
白倉凜生選手
小川尋斗選手
小川翔太選手

メンディーサイモン友選手

先制点はマリノスへ

岡大翔選手
小川翔太選手
奥田悠真選手

日暮大陸選手
橋本乃翔選手
小川翔太選手
ハーフタイムの選手たち
後半へ
栗原聖央選手
白倉凜生選手
橋本乃翔選手
栗原聖央選手
奥田悠真選手
メンディーサイモン友選手
日暮大陸選手
奥田悠真選手
メンディーサイモン友選手が頭で決めて同点に

栗原聖央選手
橋本乃翔選手
川端里季選手

川端里季選手
日暮大陸選手

1-1でタイムアップ
練習試合に出場した星颯選手
8人制15分行われた練習試合はメンディーサイモン友選手が決めて1-0
奥田悠真選手が決めて2-0

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です