フロンターレU12 – FCパーシモン / U11川崎市秋季大会予選リーグ


秋分の日の9月23日は等々力多目的広場へ。川崎市の5年生たちによって競われるU-11川崎市秋季大会は予選リーグの最終日。初戦のFC中原戦を1-1で引き分けた川崎フロンターレU -12は、まずはFCパーシモンとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 川崎市秋季大会 vs FCパーシモン】
9月23日(月)午後1時14分キックオフ 等々力多目的広場 晴れ一時雨 15分ハーフ 8人制

川崎市内の67チームを16ブロックに分けて、行われる予選リーグで決勝トーナメントへ進めるのは首位で終えたチームのみ。FCパーシモンは、犬蔵SC戦に8-0で勝利し首位に立っており、フロンターレとしては勝つことが求められる試合。

フロンターレの先発は、GK19栗原聖央、最終ラインは右から20小川翔太、15メンディーサイモン友、23橋本乃翔、中盤は24日暮大陸、18尾関悠太、前線には26白倉凜生、14奥田悠真。

九州から北陸にかけて北上していった台風17号の影響もあり、強い風が吹き付け、湿り気を帯びた蒸し暑さにも見舞われた等々力。クーリングブレークを取ったため、試合の進行は遅れ、この試合のキックオフ時間も30分ほど遅れることに。上空には晴れ間が顔を出すかと思えば、雲が通り過ぎ、時折雨も地面を濡らすなかでのキックオフとなりました。

立ち上がり、ゴールへ迫るのはパーシモン。左サイドを28が粘り強く仕掛けていくと、ボールは、エリア左、22のもとへ。うまい切り返しでマークを振り切り、シュートを打つとこれが決まり、0-1。フロンターレは早くも追いかける展開に。

しかし、直後にはフロンターレ、橋本がエリア外正面やや左でファールを受け、フリーキックに。奥田が右足で直接シュートを打つと、GK21は反応するもゴール右へ決まり、1-1。フロンターレは追いつきます。

ところが、4分にはパーシモン、左サイドでの攻めから左コーナーキックを得ると、キッカーの36が右足で入れたボール、遠いサイドで26が合せて1-2。同点ゴールから1分ほどか、という時間でパーシモンが再びリードします。

小川翔太から受けた白倉が右サイドの高い位置でスローインを得て、前に出ていくフロンターレ。5分には橋本の浮き球に、正面で白倉がシュートを打ちますが、GK21がセーブ。さらに橋本のフィードを白倉がおさめ、左へ展開。奥田が斜めにエリア前に仕掛けていくもパーシモンの守備も粘り強く、シュートまではいけず。

フロンターレは、栗原から受けた小川翔太が縦へ運ぶなどして、前に出ていくと、7分には橋本の縦パスを、エリア左で受けた奥田がうまくマークを振り切り、シュートを打つも右へ。

さらに8分にも橋本の縦パスを起点に、奥田がまたも左サイドから正面へ。シュートはブロックされ、そこからパーシモンは22が右サイドを仕掛けて速攻に持ち込みますが、メンディーが寄せて右コーナーキックに。

3分ほどのクーリングブレークを経て、パーシモンのコーナーキックから再開されますが、これをしのいだフロンターレ。12分、エリア前で尾関が競ると、こぼれ球に反応した奥田がミドルシュート。ボールはゴールの中へ。目の覚めるような素晴らしいゴールが決まり、フロンターレは再び追いつきます。

直後にはパーシモン、左サイドから攻勢に出ると、左サイドの高い位置からボールはエリア右へ。抜け出した36のシュートは枠をとらえますが、栗原が好セーブ。右コーナーキックとなり、24が入れたボール、10が合わせますが左へ。

さらに左サイドでのスローインのこぼれ球を拾い、36が正面でミドルシュートを打つも栗原がセーブ。フロンターレは、小川翔太が厳しい寄せを見せ、メンディーもしっかりクリアにいき、14分にはパーシモンはまたもやコーナーキックを得るも、シュートにはつながらず。前半は2-2でタイムアップとなります。

後半フロンターレは尾関に代わり22小川尋斗が中盤に。高い位置でボールを奪おうとするパーシモンに対して、メンディーから栗原、栗原から橋本としっかりつなげ、奥田がやや下がり目で小川尋斗とかかわりながら、前に出ていきます。

パーシモンは22が仕掛けていきますが、フロンターレは小川尋斗、メンディーが厳しく寄せていき、そこから左サイドの奥田へ展開。奥田が左を駆け上がったところで、メンディーがエリア外右に上がり、守備から攻撃へつなげていきます。

4分には左サイドのスローインから奥田がエリア外左でシュートを打つと、フロンターレは左コーナーキックを得ます。キッカーの奥田が右足でボールを入れると、エリア内、シュートを打ったのはメンディー。ボールはゴールの中へ。3-2。ついにフロンターレがリード。

さらに追加点を狙うフロンターレは、6分にはボールを左サイドでカットした奥田がエリア左へ縦パスを入れると、白倉が抜け出しますがさわることはできず。

パーシモンは10を高い位置へ走らせにいきますが、フロンターレは厳しく囲い込むように寄せにいき、フロンターレのゴールキックに。さらに7分には24がうまく前へ持ち上がり、そのパスにエリア外右で22がシュートを打ちますが、右へ。

後半のクーリングブレークをはさんで、9分にはフロンターレ、左サイドを仕掛けた奥田からエリア右を突くパスが出ると、走り込んだ小川翔太がシュートを打とうとしますがさわることはできず。

白倉がボールをおさめ、左サイドの高い位置へ奥田を走らせ、守備に転じると、橋本が厳しく寄せにいき、芽を摘んでいくフロンターレ。12分には右の小川翔太、中央の日暮から左へ展開。奥田のパスにエリア内へ小川尋斗が抜け出しそうになりますが、シュートにはつながらず。

直後にはパーシモン、右サイドを14が仕掛けていきますがメンディーがクリア。

14分にはさらにパーシモン、14が左サイドを仕掛けて左コーナーキックに。36が入れたボール、12が合わせるも、左へ。

さらに左から仕掛ける14からボールをものにして、高い位置へ白倉が仕掛けるも、パーシモンの守備に遭い、白倉のファールに。エリア外左、36がエリア前にボールを入れるもこれをしのいだフロンターレ。3-2。2度のリードを許しながらもそれを跳ね返したフロンターレ。予選リーグ初勝利をおさめました。

前半2-2 後半1-0 計3-2
得点:奥田悠真2、メンディーサイモン友

フロンターレの先発:19栗原聖央、20小川翔太、15メンディーサイモン友、23橋本乃翔、24日暮大陸、18尾関悠太、26白倉凜生、14奥田悠真
交代:尾関→22小川尋斗

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

円陣を組む
先制点はパーシモンへ

日暮大陸選手
尾関悠太選手
白倉凜生選手、日暮大陸選手
奥田悠真選手がフリーキックを蹴る

同点のゴールに

再びパーシモンがリード

小川翔太選手
日暮大陸選手
栗原聖央選手
橋本乃翔選手
尾関悠太選手
佐原秀樹コーチの話を聞く選手たち

奥田悠真選手がシュート
再び追いついたフロンターレ

栗原聖央選手がセーブ

栗原聖央選手
橋本乃翔選手

ハーフタイムの選手たち
日暮大陸選手、小川尋斗選手
後半へ
栗原聖央選手
メンディーサイモン友選手
小川尋斗選手、メンディーサイモン友選手

メンディーサイモン友選手が決めてフロンターレが逆転

橋本乃翔選手
日暮大陸選手
奥田悠真選手

栗原聖央選手
日暮大陸選手
白倉凜生選手
メンディーサイモン友選手
白倉凜生選手

瀬尾映介選手、星颯選手、尾関悠太選手、川端里季選手
岡大翔選手

日暮大陸選手
小川翔太選手
栗原聖央選手
白倉凜生選手
白倉凜生選手

小川翔太選手
3-2でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です