静岡学園 – 岡山学芸館/ 全国高校サッカー選手権1回戦


12月30日、冬の高校サッカー日本一を決める全国高校サッカー選手権が開幕しました。選手権には川崎フロンターレU-15出身者では、静岡学園の3年生浅倉廉、日大藤沢の3年生有山佑汰、2年生猪狩祐真の3選手がメンバーに入っています。

12月31日は駒澤オリンピック公園陸上競技場へ。全国高校サッカー選手権が開幕し、この日は1回戦。静岡学園と岡山学芸館が対戦、静岡学園のMF浅倉廉も初戦に臨みました。

【全国高校サッカー選手権1回戦 静岡学園 vs 岡山学芸館】
12月31日(火)午後0児5分キックオフ 駒澤オリンピック公園陸上競技場 晴れ 40分ハーフ

5年ぶりの出場の静岡学園。先発は、GK17野知滉平、最終ラインは右から4田邉秀斗、キャプテンの3阿部健人、5中谷颯吾、15西谷大世、中盤の底に18藤田悠介、その前に8浅倉廉、16井堀二昭、右に10松村優太、左に14小山尚紀、前線には12岩本悠輝。

岡山学芸館の先発は、GK12萩原瑠翔、最終ラインは右から2石井諒、3仲程長人、5野町将矢、4森井麻央、6谷本薫平、ボランチは26今田光星、18宗川遼哉、トップ下に10山田龍之介、前線には11須賀大貴、キャプテンの9岡田知也。

雲一つ見当たらない青空が広がり、コートがなくても過ごせるような暖かさにも恵まれた駒澤オリンピック公園。メインスタンドにもバックスタンドにも多くのサッカーファンや選手の家族らがつどい、両チームの応援団が吹奏楽も交えて応援を繰り広げる熱気にあふれた雰囲気に。主審が笛を吹くとともに、多くの拍手が送られるなか、試合は始まりました。

立ち上がり、静岡学園は右サイドから中央へ松村が切れ込んだり、田邉のフィードに前線へ岩本を走らせたりしながらラインを高め、岡山学芸館も、静岡学園が最終ラインでボールを回す場面では、前線で岡田や山田、須賀が縦に入れさせないように構え、マイボールにすると、今田がエリア前に浮き球を入れるなどして、ゴールをうかがっていきます。

5分には、岡山学芸館、須賀がボールをカット、正面でうまく前を向いた岡田がシュートを打ちますが、野知がセーブ。静岡学園は岡山学芸館のコーナーキックをしのいで、右に開いた松村から高い位置の岩本へつなげ、守備から攻めに持ち込んでいきます。

中央に寄った松村がボールをキープし、そこから攻めに厚みを持たせようとする静岡学園に対し、岡山学芸館はボールを奪い、左から山田が仕掛けようとしていきますが、静岡学園は藤田がカバー。野知にしっかりつなげ、マイボールにしていきます。

8分には右サイドを田邉が突破。エリア外正面の井堀へつなげ、エリア左へ切り返しから持ち込んでシュートを打ちますが、萩原がセーブ。左コーナーキックに。井堀が右足で入れたボール、阿部が合わせるも岡山学芸館はブロック。続けての静岡学園のコーナーキックをしのいだ岡山学芸館は、左サイドで、山田がカット、エリア左へ岡田が持ち込もうとしますが、井堀がカバーしていきます。

ともに芝に足をとられる場面はありながらも、切り替えよくプレーを重ねていく両チーム。それでも次第に静岡学園が、浅倉や井堀、松村らがかかわってうまく前に運ぶなどし、右の田邉が縦にうまく持ち上がり、迫る場面を増やしていきます。

12分には小山の左からの折り返しを、岡山学芸館がしのいで左コーナーキックに。井堀が右足でボールを入れると、セカンドボールを拾った浅倉から受けた井堀が左クロス。中谷が飛び込みますが、触ることはできず。

さらにスローインからエリア外右で岩本がファールを受け、フリーキックに。井堀が入れたボール、遠いサイドで中谷が合わせ、さらにエリア右で岩本が折り返し、岡山学芸館がしのいだところを、セカンドボールをものにして、左から小山が仕掛け、エリア左へ。岡山学芸館がブロックしたところ、こぼれ球に詰めた西谷がシュートを打ちますが左へ。ゴールとはなりませんでしたが、次々にボールをものにして迫っていきます。

岡山学芸館も今田の右サイドを突くパスに、石井が高い位置へ上がっていきますが、中央に送ったボールは、浅倉がカット。右の田邉に展開し、田邉が高い位置へ仕掛けていき、再び静岡学園は攻めに転じていきます。

21分には静岡学園、藤田の右サイドを突くパスに、松村が高い位置へ。松村の折り返しはクリアされるも、すばやい寄せで再び松村がマイボールにしていき、流れは渡さず。田邉も縦に仕掛けるだけではなく、エリア右へ動き出す松村を狙ってパスを出すなど、静岡学園が好プレーを見せていきます。

26分には中谷が持ち上がり、浅倉へ預けそのまま前に。中央で切り返してうまく前を向いた浅倉から受けた松村が正面やや左に持ち込みシュートを打ちますが右へ。

中谷が岡山学芸館の縦パスをカットしそのまま縦につけるなどしていく静岡学園。29分、エリア外正面やや左でフリーキックを得ると、キッカーの井堀がゴール左上に決めて、1-0。先制点をものにします。

岡山学芸館の岡田にボールが入ったところで囲い込むようにして奪い、藤田が何度もボールを奪い取り、攻めにつなげさせずにプレーを重ねていく静岡学園。浅倉も中央でうまく前を向いて、右の田邉につなげていきます。

31分には、エリア外右、田邉の浮き球に、岩本が合わせますが枠はとらえられず。さらに田邉のフィードに、エリア正面へ岩本が抜け出そうとしますが、岡山学芸館も粘り強く守っていきます。

しかし、34分、次のゴールも静岡学園へ。西谷とのパス交換からエリア左へ抜け出した小山がうまく岡山学芸館の寄せをかいくぐってシュートを打つとこれが決まり、2-0。

直後には岡山学芸館、左から谷本薫平が仕掛け、いったん須賀に預けて左クロスを入れると、遠いサイドに岡田が飛び込みますが、触ることはできず。

静岡学園も39分には正面の浅倉の縦パスに、松村が右サイドから斜めに抜け出し、そのままエリア左へ。岡山学芸館の守備に遭い、シュートまではいけませんでしたが、ゴールにさらに迫っていきます。

さらにオフサイドはとられるも、浅倉のエリア右へのパスに、松村が抜け出すなど、静岡学園が流れを渡さずに前半はタイムアップ。2-0でハーフタイムへ。

後半立ち上がりには右サイドでスローインを得ると、森井のロングスローから攻めに持ち込もうとする岡山学芸館。しかし、静岡学園はそれをさせず。縦パスを自陣に降りた岩本や小山がおさめ、野知に戻して後ろからボールを回していき、ときには中谷が岡山学芸館のエリア前に出て、厳しい寄せから岩本のシュートにつなげるなど、ゴールへ向かうプレーを重ねていきます。

4分には、田邉の右クロスをエリア外左で小山が拾いシュートを打つも、ブロック。さらに正面やや右で松村がシュートを打ちますが、ブロック。静岡学園のコーナーキックをしのいだ岡山学芸館は、須賀がエリア正面右に持ち込みますが、藤田がここでもまた好カバー。攻めに再び転じた静岡学園は、左の西谷から間で受けた浅倉がうまく前を向いて、最後はエリア正面右、井堀がシュート。これが決まり、3-0。静岡学園が突き放します。

岡山学芸館はここで石井に代わり21中島晟哉、谷本薫平に代わり8大山宣明。最終ラインは右から森井、仲程、野町、大山、ボランチは中島、今田、右に山田、左に宗川、前線には須賀、岡田。直後には岡山学芸館、森井の右クロスに、岡田がエリア内で合わせますが左へ。得点とはならず。

すると10分、静岡学園は藤田、田邉とつなぎ、右からの攻めに。松村の右クロスのこぼれ球、ダイレクトで井堀がシュート。これが決まり、4-0。井堀のハットトリックとなるゴールでさらに突き放します。

岡山学芸館はここで今田に代わり7谷本壮太朗。直後には谷本壮太朗が岡田とのパス交換からエリア内へ飛び出しますが、静岡学園の守備も粘り強く、しのいでいきます。

左へ流れた岩本がうまくボールをおさめ、浅倉を経由して中央やや右で受けた田邉がエリア右を突くパスを出し、松村が迫るなどしていく静岡学園。14分には高い位置で松村が力強い寄せからマイボールにし、正面で岩本がシュートを打ちますが、萩原がセーブ。

一方の岡山学芸館も15分には森井が高い位置へ持ち込み、右コーナーキックに。大山が入れたボール、遠いサイドで野町が合わせますが、左へ。

17分には静岡学園、藤田がボールを取り返し、右から中央へ松村が持ち込みシュートを打ちますが枠はとらえられず。中盤からエリア前に飛び出す谷本壮太朗に対して!中谷が対応していき、左の小山へつなげていくなど、守備でも集中力を保っていく静岡学園。松村が右から中央へ動き出し、浮き球のパスを引き出すなどしていきます。

21分には藤田のスルーパスに松村がエリア右へ。シュートを打ちますが萩原がセーブ。さらに松村が高い位置で寄せ、そこから田邉が折り返すと岩本がシュートを打ちますが、萩原がセーブしていきます。

静岡学園は28分、藤田に代わり19草柳祐介が入り左に。井堀が中盤の底に入り、小山がその前に。26分には岡山学芸館、宗川に代わり14末瀬由太郎。末瀬がボランチ、中島が左MFに。

点差はついてもゴールへ向かう姿勢を続けていく静岡学園。27分には、エリア正面左へ持ち込んだ浅倉がシュートを打つも萩原がセーブ。一方の岡山学芸館は、うまく下がり目で受けた岡田から右へ展開。山田が折り返しますが、野知がセーブしていきます。

29分には、静岡学園、草柳が左から持ち込み左コーナーキックに。井堀が入れたボール、ニアで小山が頭で合わせますが、上に。

静岡学園は阿部や野知、ときには高い位置で松村がボールをものにするなど、守備でも、いい対応を続け、エリア前で松村や岩本が、ゴールへ向かう姿勢を見せながら巧みにボールをキープするなどして、迫っていきます。

36分には岡山学芸館は仲程に代わり16近藤稜真。中島が最終ライン、山田がボランチ、末瀬が左MF、須賀が右MFに。37分には須賀のスルーパスに、エリア内へ山田が抜け出しますが、野知が前に出てセーブ。すると直後には静岡学園、浅倉から受けた岩本がエリア正面右で切り返してシュートを打つとこれが決まり5-0。巧みにボールをコントロールして、さらに追加点をものにします。

ここで静岡学園は西谷に代わり22岩野寛太が入り右SB、田邉が左SB。

38分にはさらに浅倉がエリア外右へ持ち込み、萩原が前に出たところを突いてループシュートを打ちますが左へ。

静岡学園はここで小山に代わり11渡辺怜歩。直後には渡辺とのパス交換から浅倉が正面へ。シュートを打ちますが上に。

ロスタイムは4分。静岡学園は浅倉に代わり6権平美樹。

点差が突いても須賀に対して囲い込むようにボールを奪い、そこから攻めにつなげていく静岡学園。48分には松村から受けた田邉がエリア左へ仕掛けていき、クロスを上げると遠いサイドで草柳がシュート。これが決まり、6-0。最後までゴールへ向かう姿勢を貫いた静岡学園。しっかりした守備もあるからこそ、と感じさせられる見事な試合運びで、2回戦への進出。最後の年に多くの観客が集まる華やかな舞台で、堂々と攻守にプレーしていく浅倉を見られたこともうれしくなるものがありました。

1月2日の2回戦では、長崎総科大附属との試合を逆転で制した丸岡と対戦する静岡学園。この日のように攻守に観客をわかせるようなプレーを重ねていきますように。そして、浅倉もチームの勝利につながるようなプレーを見せていきますように。活躍を願っています。

前半2-0 後半4-0 計6-0
得点:井堀二昭3、小山尚紀、岩本悠輝、草柳祐介(静岡学園)

静岡学園の先発:17野知滉平、4田邉秀斗、3阿部健人(c)、5中谷颯吾、15西谷大世、18藤田悠介、8浅倉廉、16井堀二昭、10松村優太、14小山尚紀、12岩本悠輝
交代:藤田→19草柳祐介 西谷→22岩野寛太 小山→11渡辺怜歩 浅倉→6権平美樹
控え:1北口太陽 28関根大輝 13清水和馬 26関俊哉 9加納大

岡山学芸館の先発:12萩原瑠翔、2石井諒、3仲程長人、5野町将矢、4森井麻央、6谷本薫平、26今田光星、18宗川遼哉、10山田龍之介、11須賀大貴、9岡田知也(c)
交代:石井→21中島晟哉 谷本薫平→8大山宣明 今田→7谷本壮太朗 宗川→14末瀬由太郎 仲程→16近藤稜真
控え:1國本希来 15堀旺次朗 13高島慎平 19浦山大雅

(文中敬称略)

 

静岡学園の先発メンバー
多くの応援団が会場を盛り上げた

静岡学園の選手たち
中盤で効いていた藤田悠介選手
鹿島アントラーズ内定の松村優太選手
積極的に前に出てスタンドを湧かせた田邉秀斗選手
浅倉廉選手

井堀二昭選手がシュート

1-0

小山尚紀選手が決め2-0

浅倉廉選手
前半は2-0
後半へ

3-0に

よく前に出て攻撃にかかわった浅倉廉選手

岩本悠輝選手

井堀二昭選手はハットトリック

 

岩本悠輝選手がシュート

5-0

浅倉廉選手も仕掛けていく
後半ロスタイムに交代となった浅倉廉選手

最後は草柳祐介選手が決め6-0

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です