フロンターレU18 – 神奈川朝鮮中高級学校 / 練習試合


川崎フロンターレが清水エスパルスを等々力陸上競技場に迎え、ルヴァンカップの開幕戦に臨んだ2月16日。等々力第一サッカー場では、川崎フロンターレU-18が神奈川朝鮮中高級学校との練習試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 練習試合 vs 神奈川朝鮮中高級学校】
2月16日(日)午後0時キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり一時雨 40分×2

1本目。フロンターレのメンバーは、GK21宮地健輔、最終ラインは右から4内海太瑚、22徳久湧大、26高井幸大、20徳久翔大、ボランチは14秋葉拡人、29浅岡飛夢、右MF6岡崎玄、左MF17小野寺瑠、前線には、35五木田季晋、23久保田大吉。

新3年は岡崎、内海の2選手、新2年は久保田、小野寺、秋葉、徳久翔大、徳久湧大の5選手、新1年は宮地、高井、浅岡、五木田の4選手という構成に。

朝から降り続いた雨は上がりつつあるものの、肌寒さを感じる等々力第一サッカー場。両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、徳久湧大や高井がラインを高め 内海や徳久翔大がそれぞれ高い位置をうかがうなどして、押し込んでいくフロンターレ。3分には、中央の浅岡が正面の久保田へ縦パスを入れ、うまく前を向いた久保田が右へ展開。エリア右に空いたスペースに、岡崎が抜け出していき、シュートを打つとこれが決まり、1-0。フロンターレが先制します。

さらにフロンターレは秋葉がやや下がり目に。徳久湧大が前に少し持ち出し、受けた内海が中へ切れ込む動きで、うまく神奈川朝鮮の選手を剝がして前に運んでいき、小野寺や岡崎、時には五木田も中央に寄って、そこから左サイドの高い位置へ動き出そうとする徳久翔大へ展開するなど、相手陣内で時間をつくっていきます。

8分には、中央の浅岡、岡崎と縦につながり、岡崎から受けた秋葉がスルーパスを送ると、エリア正面やや右から中央へ抜け出した久保田がシュート。ゴール左に決まり、2-0。フロンターレが突き放します。

神奈川朝鮮も左から11が中央へ仕掛け、ゴールに迫りますが、フロンターレは高井がカバー。小野寺も低い位置に下がり、右の内海につけ、再びマイボールに。さらに高い位置で15がカット。右からの浮き球に、エリア左、13が迫りますが、徳久湧大がカバーし阻んでいきます。

11分にはフロンターレ、右サイドの下がり目で秋葉が前を向き、間で受けた内海から右へ展開すると、久保田がエリア外右へ。久保田のパスに五木田がエリア右へ抜け出し、折り返すと、遠いサイドで小野寺がシュート。これはワンタッチあり、左コーナーキックに。秋葉が右足でボールを入れると、遠いサイドで小野寺が折り返し、正面で五木田がおさめ、最後は久保田がシュート。GK1がセーブしたものの、セットプレーからも決定機をつくっていきます。

フロンターレは宮地もエリア外に出て、徳久湧大へつなげ、岡崎が中央にさがり、組み立てに加わり、15の仕掛けに対しては、高井が徳久翔大へつながるようにして、攻めに転じていきます。

18分には、センターサークル付近で神奈川朝鮮がフリーキックを得ると、4が右足で入れたボールは、思いのほか軌道が伸びて、エリア左へ。際どいボールでしたが、宮地がセーブしていきます。

神奈川朝鮮がエリア前でボールをカットしても内海がカバーししのいでいくフロンターレ。前からのプレスに対しても、中央に下がった五木田がうまく左サイドの下がり目の秋葉、秋葉のサイドチェンジを右サイドで岡崎がおさめて、かわしていきます。

セカンドボールを岡崎や浅岡が中央でものにし、そこから高井に預け、ラインを高く保ち、浅岡が縦に持ち出すなどしていくフロンターレ。うまく五木田から右へ展開し、内海の右クロスにつなげるなど、いいかたちをつくっていきます。

31分には、中央の岡崎のパスに五木田がエリア右へ。シュートを打つもGK1が前に出てブロック。さらに中央を持ち上がった浅岡のパスに、久保田がエリア右へ。神奈川朝鮮の守備に阻まれたものの迫っていきます。33分には、浅岡が競ったボール、正面へ向かっていくと、五木田が正面へ。シュートにこそつながらなかったもののいい動き出しに。さらに内海のフィードに、岡崎が正面へ迫るなど、フロンターレは相手エリア前でプレーを重ねていきます。

35分には久保田のプレスバックからマイボールにすると、秋葉、正面の浅岡とつながり、浅岡のエリア左を突くパスに抜け出した小野寺がシュート。これが決まり、3-0。

さらにフロンターレは、秋葉や下がり目で五木田もスルーパスを出すなどしていきます。1本目は3-0でタイムアップとなります。

2本目。フロンターレはGK33福田開人、最終ラインは右から4内海太瑚、22徳久湧大、26高井幸大、20徳久翔大、ボランチは14秋葉拡人、29浅岡飛夢、右MF6岡崎玄、左MF17小野寺瑠、前線には、35五木田季晋、23久保田大吉。GKのみが交代してのスタート。

2分には、右サイドに展開すると、岡崎が高い位置へ。いい折り返しがエリア前にはいりますが、惜しくも久保田はさわれず。さらに浅岡が左サイドの下がり目でフィードを入れると、正面やや右でおさめた岡崎から右へ展開。今度は内海の折り返しがゴール前に通りますが、久保田はわずかに届かず。

フロンターレはさらに岡崎のパスに五木田が右サイドに流れ、ゴールへ向かっていく姿勢を見せ、折り返すなどしていき、右サイドでは岡崎や久保田、浅岡が細かくボールを回していくなどしていきます。

5分には、浅岡が競ったボール、久保田がおさめ、そのパスに五木田が正面へ動き出しますが、シュートには至らず。さらにルーズボールをしっかり内海が秋葉へつなげ、徳久湧大、福田もボールに触れ、高井の縦パスを間で久保田が受け、左に展開するなど、ピッチの幅を使っていきます。

10分には高井が持ち出し、正面の久保田がおさめ、左へ展開。小野寺の縦パスに、正面で五木田がシュートを打ちますが上に。13分には、小野寺のパスに、徳久翔大が左サイドを仕掛け、エリア外左へつけると、久保田がファールを受け、フリーキックに。小野寺が頭で合わせたボールはポストに当たり、エリア内へこぼれたボール、浅岡が放ったシュートはブロック。

14分にはさらに久保田のパスに秋葉がエリア右へ。折り返しますが、神奈川朝鮮は粘り強く守り、阻んでいきます。

小野寺のボールを正面で久保田がおさめ、そのパスに五木田がエリア内へ迫り、セカンドボールをものに。福田もエリア外に出て、秋葉に縦につけ、中へ寄った岡崎から右の内海へ展開するなど、いい距離感でボールを動かしていきます。

18分にはフロンターレは浅岡に代わり34、五木田に代わり37、岡崎に代わり36。36が左MF、小野寺が右MF。新たにフロンターレに加わった3選手がピッチに立ちます。

直後にはフロンターレ、右から小野寺が折り返すと、37がエリア内へ。神奈川朝鮮の粘り強い守備に遭いましたが、さっそくいいかたちをつくっていきます。

20分には、中央で36がボールをものにし、右へ展開。内海が折り返すと、正面やや右で秋葉がミドルシュートを打ちますが、左へ。さらに左に開いた久保田のパスに37が正面へ。シュートのこぼれたボールを拾い、小野寺が折り返すと、正面で秋葉がシュート。神奈川朝鮮の好守が阻みましたが、立て続けに迫っていきます。

フロンターレはさらに中央の縦パスに、秋葉がエリア内へ飛び出したり、36とのパス交換から37がエリア内へ抜け出すなど、好連係を見せていきます。25分には高井の左サイドを突くパスに、徳久翔大が抜け出し折り返すと、正面で久保田がシュートを打ちますが右へ。

フロンターレはここで秋葉に代わり新1年の32大瀧螢。26分には正面やや右でセカンドボールをものにした大瀧がファールを受け、フリーキックに。34が直接狙いますが、ブロックされ、右コーナーキックに。大瀧が右足でボールを入れると、遠いサイドで徳久翔大がシュートを打ちますが、神奈川朝鮮はブロック。29分には神奈川朝鮮、11がエリア外左へ。ミドルシュートは枠をとらえますが、福田がセーブ。

再び攻めに出ていくフロンターレ。31分には徳久湧大から受けた小野寺が右から中央へ運び、そのパスに34がエリア内へ飛び出しますが、ボールをおさめられず。さらに36が仕掛けて、37がエリア左へ。ここはGK1がセーブ。

さらに34とのパス交換から徳久翔大が高い位置へ仕掛けたり、内海の競ったボールに正面へ久保田、37が迫るなどしていきます。

37分にはフロンターレ、34のスルーパスに、久保田がエリア左へ。正面へ折り返すと34のシュートが決まり、1-0。中盤からいい飛び出しを見せ、ついにフロンターレは得点をものにします。さらに38分には中央で34がカット。エリア正面やや右の久保田に預け、34はエリア内へ。シュートはGK1がセーブ。39分には、フロンターレ、高井の縦パスを37がうまく間で受け、右に展開。小野寺、内海とつながり、内海が折り返すと、エリア右で34がシュート。これが決まり、2-0。

2本目はタイムアップとなり、フロンターレはこの日の練習試合を終えることになりました。前日の桐蔭横浜大との練習試合の1本目と同様に、FWだけではなく中盤の選手たちもゴールに絡む動きが多かったことが、心に残るものがありました。

1本目 3-0
得点:岡崎玄、久保田大吉、小野寺瑠

フロンターレのメンバー:21宮地健輔、4内海太瑚、22徳久湧大、26高井幸大、20徳久翔大、14秋葉拡人、29浅岡飛夢、6岡崎玄、17小野寺瑠、35五木田季晋、23久保田大吉

2本目 2-0
得点:34×2

フロンターレのメンバー:33福田開人、4内海太瑚、22徳久湧大、26高井幸大、20徳久翔大、14秋葉拡人、29浅岡飛夢、6岡崎玄、17小野寺瑠、35五木田季晋、23久保田大吉
交代:浅岡→34 岡崎→36 五木田→37 秋葉→32大瀧螢

(文中敬称略)

円陣を組む選手たち

徳久湧大選手
徳久翔大選手
宮地健輔選手
岡崎玄選手が決めて1-0

徳久翔大選手
秋葉拡人選手
徳久湧大選手
宮地健輔選手
浅岡飛夢選手
久保田大吉選手
内海太瑚選手
五木田季晋選手
小野寺瑠選手
高井幸大選手
久保田大吉選手

2-0に

小野寺瑠選手
高井幸大選手
内海太瑚選手
久保田大吉選手
徳久湧大選手
宮地健輔選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
宮地健輔選手
岡崎玄選手
浅岡飛夢選手
小野寺瑠選手
浅岡飛夢選手
小野寺瑠選手がシュート

3-0に
高井幸大選手
徳久翔大選手
浅岡飛夢選手
2本目へ
福田開人選手
徳久翔大選手
内海太瑚選手
浅岡飛夢選手
久保田大吉選手
徳久翔大選手
高井幸大選手
五木田季晋選手

秋葉拡人選手
秋葉拡人選手
岡崎玄選手
五木田季晋選手

ゴールに迫っていく
新たに加わった選手たちも好機をつくっていった

小野寺瑠選手
秋葉拡人選手

高井幸大選手
小野寺瑠選

 

徳久翔大選手
大瀧螢選手
久保田大吉選手

大瀧螢選手
大瀧螢選手

小野寺瑠選手
久保田大吉選手
徳久翔大選手
大瀧螢選手
小野寺瑠選手

久保田大吉選手
1-0に

久保田大吉選手

内海太瑚選手

2-0となる

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です