1ショット日記「等々力デビュー」


宮代大聖選手も名前をつらねたルヴァンカップ開幕戦の先発メンバー
宮代大聖選手

脇坂泰斗選手
田中碧選手
ハーフタイム、出場に備える三笘薫選手

長谷川竜也選手に代わり等々力のピッチへ

果敢にドリブルで仕掛けていく
三笘薫選手

小林悠選手が三笘薫選手のクロスに合わせる
5-1に

三笘薫選手のアシストを祝福する田中碧選手

 

2月16日、等々力陸上競技場で行われたルヴァンカップ、グループステージ第1節、川崎フロンターレ vs 清水エスパルス。フロンターレは2人のU-18出身の選手が、等々力初出場を果たしました。

 

右FWとして先発に名前をつらねたのは、レノファ山口への期限付き移籍を経て、復帰した宮代大聖。立ち上がり早々、左クロスに、GKの前に抜け出す決定機は、決めきることはできなかったものの、その後もうまくボールをおさめ、何度もゴールの前に。フロンターレがレアンドロダミアンのゴールで1-0としたのち、前半23分には、宮代のパスに脇坂泰斗がエリア右へ抜け出し、巧みなボールタッチも交えて折り返すと、最後は長谷川竜也のゴールが決まり、2-0に。

 

4-1とフロンターレが突き放したのちの後半41分、長谷川に代わり等々力のピッチに立ったのは、筑波大を経て、フロンターレへ帰ってきた三笘薫。積極的に縦への仕掛けも見せ、高い位置でプレーを重ねていくと、試合終了間際には、右足アウトサイドで放ったクロスがゴールの前に通ると、これを小林悠が頭で合わせて、5-1に。10分ほどの出場で、ゴールを導き出す活躍を見せました。

 

この日は2人と同じように、かつてフロンターレU-18で背番号10を背負った脇坂、田中碧もスタメンに名前をつらね、攻守にいろいろな局面に顔を出し、勝利に貢献。4人が存在感を見せていったことは、さまざまな人々がかかわって、フロンターレのアカデミーが培ってきたものが、トップチームの未来につながっていく、ということを大いに感じさせられるものがありました。

 

素晴らしい等々力デビューを果たした2選手が、フロンターレのU-18の先輩・後輩たちとともにどんな試合を重ねていくのか。とても楽しみにしています。

 

【ルヴァンカップグループステージ第1節 川崎フロンターレ vs 清水エスパルス】

2月16日(日)午後2時3分キックオフ 等々力陸上競技場 くもり 1万7057人

 

前半2-0 後半3-1 計5-1

 

得点:レアンドロダミアン、長谷川竜也2、小林悠2(フロンターレ) 石毛秀樹(エスパルス)

 

(文中敬称略)

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です