フロンターレU18 – 町田ゼルビアユース / 練習試合


5月18日にブリオベッカ浦安との日本クラブユース選手権関東大会のノックアウトステージ1回戦を7-0で制した川崎フロンターレU-18。翌19日には、富士通川崎工場内のグラウンドでFC町田ゼルビアユースとの45分2本の練習試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 練習試合vsFC町田ゼルビアユース】
5月19日(日)午前10時48分キックオフ 富士通川崎工場グラウンド 晴れ 45分×2本

1本目、フロンターレはGK33青山海、最終ラインは右から31高畠捷、27田中慶汰、15松永竜之介、22岡崎玄、ボランチは6澤田泰大、28小室愛樹、右MF32秋葉拡人、左MF20鈴木大登、トップ下に13常安澪、前線には9宮本ディアウ勇守歩。鈴木はプリンスリーグ関東、矢板中央戦での負傷からの復帰戦に。

一方のゼルビアは、フロンターレU-15出身の26松森創平が左サイドに入りました。

真夏のような厳しい日差しのなか、始まった試合。フロンターレは立ち上がりから左コーナーキックを得て、岡崎が左足でボールを入れると、こぼれ球を拾った澤田がエリア外からミドルシュート。

ブロックされたところをさらに詰め、エリア外右でファールを受けてフリーキックに。岡崎がニアを狙ってボールを入れると、GK21が処理しきれず、ボールはゴールの中へ。1-0。

フロンターレは、小室や澤田がよくかかわり、テンポよくボールを回し、鈴木の左クロスからエリア右で秋葉がバーを叩くシュートを放ち、こぼれ球を拾った常安がシュートに持ち込むなど、ゴールへ迫りに。コーナーキックをしのいだゼルビアがカウンターへ持ち込もうとする場面でも、鈴木がカバーし、それをさせず。ゼルビア陣内での時間を続けていきます。

9分には宮本がエリア内でファールを受け、PKに。宮本がこれを決めて2-0。さらに秋葉の縦パスに常安がうまく抜け出しシュートを放つと、GK21が阻んだところで、詰めた鈴木の押し込み、3-0。

宮本のボールキープから鈴木が左サイドから斜めに仕掛け、右に展開し、秋葉から高畠のクロスにつなげ、遠いサイドで宮本が迫るなど、フロンターレは選手たちがよくかかわり、攻めていきます。

守備に回っても常安が自陣に戻り奪い返すなどしていくフロンターレ。20分には常安がダイレクトでパスをさばいて右へ。秋葉が右サイドへ抜け出し、折り返すと、正面で宮本がシュートを放つもGK21がセーブ。

コーナーキックのセカンドボールをキッカーの岡崎が拾い、左クロスを上げると、松永が合わせるもGK21がセーブ。

ゼルビアもGKのキックから39が前線へ走り出すも松永がカバー。すかさず攻めに転じると松永の浮き球に、エリア内へ宮本が抜け出すも、GKの前にシュートを打つには至らず。それでも切り替えの良さを出していきます。

ところが31分、ゼルビアはフィードにうまくエリア左へ抜け出した35がシュートを放つとこれがゴール右へ決まり、3-1。

1点を返されたフロンターレでしたが、小室のスルーパスにエリア右へ宮本が抜け出てシュートを放つなどしていくと、34分、右サイドの高い位置へ流れた宮本からエリア右、秋葉へ。秋葉が折り返すと常安がダイレクトで放ったシュートが決まり、4-1。さらに常安の左サイドを突くスルーパスに、抜け出した鈴木がエリア左へ持ち込んで放ったシュートが決まり、5-1。

40分には今度はゼルビアがエリア前でボールをつなごうとしたところを、鈴木がカット。そのまま持ち込んでシュートを打つとこれも決まり、6-1。復帰戦となった鈴木はハットトリック。

さらに秋葉のヒールパスにエリア右へ高畠が抜け出てシュートを打つなど、攻勢のうちにタイムアッブ。1本目は6-1。

2本目、フロンターレはGK青山、最終ラインは右から高畠、田中慶汰、松永、岡崎、ボランチは澤田、小室、右MF秋葉、左MF25徳久翔大、トップ下に常安、前線は宮本。

立ち上がりからゼルビアがラインを高め、ボールを奪い取る場面をつくりに。1分にはフロンターレの横パスをカットしたところからエリア左に展開するも、オフサイド。

フロンターレも6分には左サイドでのバス交換、徳久翔大が折り返すもブロックされ、シュートを打つには至らず。それでも小室が取り返し、澤田を経由して徳久翔大が高い位置へ顔を出したり、田中慶汰のパスに高畠が高い位置へ抜け出したり、フロンターレは次第にボールを回せるようになっていきます。

ゼルビアも12分には35がエリア正面へ。ポストを叩くシュートでおびやかしに。フロンターレは13分、高畠に代わり24徳久湧大、常安に代わり35久保田大吉。

14分には澤田、小室と中央でつなげ、正面で縦パスを受けた秋葉からエリア左へ。徳久翔大がシュートを打つも右へ。さらに徳久、久保田とつなげ、久保田のスルーパスに、宮本が抜け出るもここはゼルビアの守備に遭い、シュートを打つには至らず。それでもうまく連係して迫っていきます。

18分には澤田に代わり17内海太瑚。田中慶汰がボランチ、内海太瑚がCB。19分には田中慶汰がボールをカットし、左へ。宮本からエリア正面、久保田に。久保田はシュートを打つもGKがセーブ。さらに21分には、久保田から左の岡崎へ。岡崎から再び受けた久保田がエリア外左でシュート。ライン上で29がクリアする好守で惜しくも決まらず。

さらに田中慶汰がボールをカットし、宮本とのパス交換からエリア正面へ。GKに阻まれましたが、切り替えよくゴールに迫りに。

23分、フロンターレは秋葉に代わり23小野寺瑠。

直後にはゼルビア、35のスルーパスから39がニアを狙い、折り返すも松永がクリア。コーナーキック、青山がキャッチすると小野寺を高い位置へ走らせ、フロンターレは攻勢に。サイドチェンジを受けた久保田がエリア外左に持ち込み、シュート。右へ流れたボールを拾った小野寺が折り返すもブロック。得点とはならずとも、すばやい攻めを見せていきます。

ゼルビアの攻めを松永が粘り強くボールをカットしていくなどしていくフロンターレ。田中慶汰が左から動き出す久保田を狙い、スルーパスを出すなどしていきます。33分には、コーナーキックの流れで、いったんゼルビアに移ったボールを、岡崎が高い位置で奪い、エリア前、徳久湧大がシュートを打つも右へ。

そして38分、フロンターレは小室がボールをカット、小野寺のスルーパスに宮本がエリア右へ。シュートを放つとこれが決まり、1-0。

直後にはゼルビア、コーナーキックからシュートが枠をとらえますが、小室がライン上でクリアする好守。

得点を阻んだフロンターレは、42分には左サイド、岡崎、徳久翔大とつながり、徳久翔大の折り返しに久保田が正面でシュートを打つも左へ。

ゼルビアも直後には35がボールをカットし、39がエリア前に。しかし、内海、田中慶汰が囲い込むようにして阻み、シュートは打たせず。

2本目はタイムアップとなり、1-0。

多くのゴールが生まれた1本目、ゼルビアが盛り返した2本目、それぞれ見ごたえのある練習試合となりました。また、道は分かれた松森が、かつてのチームメートたちと対戦するところを見られたことも、とてもうれしくなるものでした。

1本目 6-1
得点:岡崎玄、宮本ディアウ勇守歩=PK、鈴木大登3、常安澪

フロンターレのメンバー:33青山海、31高畠捷、27田中慶汰、15松永竜之介、22岡崎玄、6澤田泰大、28小室愛樹、32秋葉拡人、20鈴木大登、13常安澪、9宮本ディアウ勇守歩

2本目 1-0
得点:宮本ディアウ勇守歩

フロンターレのメンバー:青山、高畠、田中慶汰、松永、岡崎、澤田、小室、秋葉、25徳久翔大、常安、宮本
交代:高畠→24徳久湧大 常安→35久保田大吉 澤田→17内海太瑚 秋葉→23小野寺瑠

(文中敬称略)

岡崎玄選手のゴールで先制
常安澪選手
宮本ディアウ勇守歩選手がPKを決める
小室愛樹選手

鈴木大登選手はゴールを重ねた
澤田泰大選手
秋葉拡人選手
宮本ディアウ勇守歩選手
田中慶汰選手
松永竜之介選手
青山海選手
高畠捷選手
徳久翔大選手
久保田大吉選手

徳久湧大選手
内海太瑚選手
小野寺瑠選手
2本目は宮本ディアウ勇守歩選手がゴールを決めた
町田ゼルビアユースはフロンターレU-15出身、松森創平選手が出場した

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です