関東大学サッカーリーグ第2節(延期分)・第11節 / フロンターレアカデミー出身の選手たち


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、茨城県内で無観客、映像を配信するかたちで開催している関東大学サッカーリーグは、前期最終節となる第11節を迎えました。9月19日には1部の5試合(立正大 vs 筑波大は延期)、20日には2部の6試合が行われ、フロンターレアカデミー出身の選手たちもそれぞれ試合に臨みました。

また、それに先立つ16日には、延期となっていた1部や2部の5試合も行われています。

 

西牧蓮選手

【関東大学サッカーリーグ2部第3節(延期分) 関東学院大 vs 明治学院大】

9月16日(水)午後5時半キックオフ RKUフットボールフィールドB面 

前半0-0 後半1-0 計1-0

 

※関東学院大※

MF30西牧蓮(2年) フロンターレU-12→横浜FC鶴見ジュニアユース→桐光学園 先発出場

 

暫定3位でつける関東学院大と、暫定11位明治学院大の一戦では、西牧が先発出場。この日は54分で交代となっています。

髙岸憲伸選手

【関東大学サッカーリーグ1部第11節 法政大 vs 中央大】

9月19日(土)午後3時キックオフ 流通経済大学龍ケ崎フィールド 

前半1-1 後半0-0 計1-0

 

※中央大※

MF7髙岸憲伸(3年) フロンターレU-15→星稜高校 先発、1ゴール

 

法政大と中央大の一戦では、髙岸が先発フル出場。前半6分に大久保智明が右サイドからクロスを上げると、正面で鎌田蓮がこれをすらしたところに、詰めてシュート。これが決まり、中央大は先制。その後、法政大が安光将作のゴールで追いつきましたが、1-1でタイムアップ。中央大は7月26日の第4節、立正大戦以来の勝ち点を得ています。

小川真輝選手

【関東大学サッカーリーグ1部第11節 順天堂大 vs 国士舘大】

9月19日(土)午後3時キックオフ RKUフットボールフィールドB面

前半1-1 後半1-0 計2-1

 

※順天堂大※

DF19小川真輝(3年) フロンターレU-18    先発

 

順天堂大と国士舘大の一戦では、小川真輝が先発、この日は右SBに入りました。順天堂大は前半を1-1で折り返すと、65分に小川が右サイドから入れた縦パスにエリア内、杉山直宏がシュートを打とうとしたところ、国士舘大がブロック。こぼれ球をエリア右、拾った白井海斗が勝ち越しのゴールを決め、2-1で勝利。小川は80分に交代で退いています。

早坂勇希選手
山田新選手

【関東大学サッカーリーグ1部第11節 明治大 vs 桐蔭横浜大】

9月19日(土)午後5時半キックオフ 流通経済大学龍ケ崎フィールド 

前半1-1 後半1-1 計2-2

 

※桐蔭横浜大※

GK1早坂勇希(3年) フロンターレU-18 先発

FW26山田新(2年) フロンターレU-18 途中出場

 

暫定首位の明治大と、勝ち点差5で追う暫定2位の桐蔭横浜大の一戦では、桐蔭横浜は早坂が先発し、山田は82分からの出場。前半、29分に明治大が佐藤凌我のゴールで先制するも、桐蔭横浜は40分に神垣陸が決めて同点に。1-1で迎えた後半は、71分に桐蔭横浜が遠藤凌の勝ち越しゴールでリード。しかし、79分に明治大、小林春希が同点ゴール。そのまま2-2でタイムアップに。フロンターレ加入内定の橘田健人は2アシストの活躍を見せています。

桐蔭横浜大は勝ち点差を詰めることはできなかったものの、初優勝を狙えるような位置で前期を終えることになりました。

 

【関東大学サッカーリーグ2部第11節 関東学院大 vs 東京国際大】

9月20日(日)午後3時キックオフ 流通経済大学サッカー場

前半2-1 後半0-1 計2-2

 

※関東学院大※

MF30西牧蓮(2年) フロンターレU-12→横浜FC鶴見ジュニアユース→桐光学園 先発

 

関東学院大と東京国際大の一戦では、西牧がこの日も先発。57分で交代に。前半2-1とリードした関東学院大でしたが、64分に東京国際大が11師岡柊生が決めて同点に。そのまま2-2でタイムアップ。しかし、関東学院大は勝ち点19で暫定3位に。暫定首位流通経済大(勝ち点24)、暫定2位の拓殖大(勝ち点23)などとの昇格争いは、2部の後期の見どころになりそうです。

三本木達哉選手

【関東大学サッカーリーグ2部第11節 産業能率大 vs 神奈川大】

9月20日(日)午後3時キックオフ RKUフットボールフィールドB面 

前半0-0 後半0-0 計0-0

 

※神奈川大※

DF18三本木達哉(3年) フロンターレU-15→流通経済大柏 先発

MF25藤田雄士(3年) フロンターレU-15→市立船橋 途中出場

 

産業能率大と神奈川大の一戦では、神奈川大は三本木が先発出場。右SBとしてアップダウンを繰り返し、藤田は68分から前線へ。0-0で引き分けとなり、昇格組の神奈川大は勝ち点11、暫定7位で前期を終えています。

栗田悠巨選手

【関東大学サッカーリーグ2部第11節 日本大 vs 青山学院大】

9月20日(日)午後3時キックオフ RKUフットボールフィールドA面

前半0-0 後半0-2 計0-2

 

※日本大※

DF25栗田悠巨(1年) フロンターレU-18 控え

 

日本大と青山学院大の一戦では、前節先発だった日本大の栗田が控えに。この日は出場機会はありませんでした。

大曽根広汰選手
浅倉廉選手

【関東大学サッカーリーグ2部第11節 日本体育大 vs 拓殖大】

9月20日(日)午後5時半キックオフ RKUフットボールフィールドB面

前半1-0 後半0-1 計1-1

 

※日本体育大※

FW11大曽根広汰(3年) フロンターレU-18 先発

 

※拓殖大※

MF28浅倉廉(1年) フロンターレU-18 先発

 

日本体育大と拓殖大の一戦では、日本体育大は大曽根が先発。左に入り、フル出場。シュートを3本放ったほか、自陣の低い位置まで戻り、守備でも貢献。

拓殖大も浅倉が先発。トップ下として、エリア内へ何度も入り込むなどして、チャンスを演出。この日は60分までのプレーとなりました。

 

関東大学サッカーリーグは、開幕から参加できない大学があったことや、また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、立正大が第6節から出場を見合わせたために、未消化の試合が残されているものの、前期は終了。9月26日には、来年1月に行われる大学サッカーの全国大会の予選を兼ねた「アミノバイタル」カップ2020 第9回関東大学サッカートーナメント大会が始まります。

アミノバイタルカップには、関東大学サッカーリーグの20大学のほか、都県リーグの12大学も出場。フロンターレU-18出身のGK浅川将輝(4年)がスタメンを張る國學院大も出場します。

この大会も無観客で行われますが、関東大学サッカーリーグと同様、映像を配信する予定とのこと。選手たちそれぞれの活躍を楽しみにしています。

 

(文中敬称略)

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です