フロンターレU10 – 百合丘SCR / かわしん杯1回戦


中村憲剛が今季限りでの引退を発表したのち、初の試合、川崎フロンターレ vs 北海道コンサドーレ札幌が行なわれた11月3日、川崎市のU-10年代の大会、かわしん杯ジュニアサッカー大会の決勝トーナメント1回戦と2回戦が行われ、川崎フロンターレU-10も試合に臨みました。

 

 

この記事は、フロンターレに取材を依頼し、マスクを着け距離に気を配ったうえで写真やメモをとり、書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-10 かわしん杯ジュニアサッカー大会決勝トーナメント1回戦 vs 百合丘SCR】

11月3日(火)午前10時40分キックオフ 北見方サッカー場 くもり 15分ハーフ 8 人制

 

フロンターレの先発は、GK1小村風人、最終ラインは右から5望月楓矢、6狩野十和、8土肥瑠星、中盤は10中野大虎、右に7川田朔太郎、左に3笠原宏仁、前線には9安達一平。

 

前夜ピッチを濡らした雨雲は去り、くもり空の北見方サッカー場。太陽が顔を出せば暖かさを感じる一方で、雲がかかるとやや肌寒さも感じるという気候のなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、フロンターレは後ろでボールを動かしながら、望月がうまく持ち上がるなどして前に。百合丘もプレスをかけて、正面で奪う場面をつくりますが、狩野が再びマイボールに。そのまま右サイドに運び、スローインを得ていきます。

 

1分、そのスローインを受けた中野が正面へボールを送ると、抜け出したのは土肥。シュートを打つとこれが決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

 

フロンターレは左右にボールを動かし、安達がボールをおさめ、ターンを交えてボールをキープするなどして、時間をつくっていきます。

 

4分には、安達から右サイドへ展開すると、川田が高い位置へ。川田はエリア右へ向かい仕掛け、そのまま角度のないところからシュートを打つと、これが決まり、2-0。追加点を挙げていきます。

 

直後にもフロンターレ、左サイドに流れ、ボールを受けた安達がマークを剝がして前に運び、シュートを打ちますが、左へ。

 

さらに右サイド、望月が入れたボールを、安達が胸でうまくおさめ、そのままエリア内へ仕掛けようとするなど、ゴールに向かうプレーを続けていきます。

 

5分には左サイドの高い位置で笠原がボールをカット。エリア外正面やや左で受けた中野が切り返し、シュートを打ちますが、右へ。さらに中央でボールを前に持ち出した中野からエリア外左、土肥へ。土肥のシュートはGK8がセーブ。直後には、正面で中野がカット。その縦パスに安達が抜け出し、シュートを打ちますが、ここでもGK8がセーブ。高い位置で守備から攻めにつなげていきます。

 

中野がGK8が前に送ろうとしたボールをカットし、さらにシュートに持ち込もうとするなど、相手陣内でのプレーを重ねていくフロンターレ。百合丘の浮き球に対しても、狩野が左サイドの笠原へつなげ、そこから攻めに持ち込み、川田の浮き球を安達がおさめ、いったん右サイドの望月へ預けて、望月の右サイドの高い位置を突くパスに川田が動き出すなど、選手がかかわり合いながら、ゴールを目指していきます。

 

10分には中央を持ち上がった狩野からエリア左へパスが通ると、土肥が抜け出しシュートを打ちますが、左へ。さらに11分にも正面へ持ち込んだ土肥がシュートを打つと、ゴール左をとらえますが、GK8が足で止める好守を見せていきます。

 

12分には百合丘も、右サイドでボールをカット、正面で22がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、左コーナーキックに。これをしのいで再び攻めに転じたフロンターレは、13分には中野が正面へ。シュートはポストをたたき、こぼれ球を拾った笠原のシュートは枠をとらえますが、GK8がセーブ。たたみかけるフロンターレに対して、百合丘も落ち着いて対応していきます。

 

14分には百合丘、正面へのボールをフロンターレが処理しきれなかったところを22が抜け出しそうになりますが、小村が前に出て阻む好守。さらに中央の25の浮き球に、22が動き出しますが、小村がセーブ。

 

すると15分にはフロンターレ、左サイド、土肥のパスに抜け出した安達がエリア外左、距離のあるところからシュートを打つとこれが決まり、3-0。前半はここでタイムアップとなり、3-0でハーフタイムへ。

 

 

後半、フロンターレはGK小村、最終ラインは右から13新堀隼、4庄司瑛人、11上野煌士郎、中盤は中野、右に14笠倉蓮央、左に狩野、前線には川田。4人を入れ替えてのスタートに。

 

立ち上がり、早々にゴールへ迫ったのはフロンターレ。縦に仕掛けた川田がスルーパスを出すと、左からうまく正面へ抜け出したのは狩野。シュートを打つとこれが決まり、4-0。

 

さらに中央からの攻めを試みる百合丘に対して、ボールをカットした笠倉が縦に仕掛け、スルーパスを送るとエリア正面やや右へ抜け出したのは川田。ループシュートを打つとこれも決まり5-0。立て続けにフロンターレが点差を広げていきます。

 

直後には百合丘も、正面でボールをカット、エリア左に25が迫りますが、庄司が寄せ、さらに中野がカバー。距離感よく守っていきます。フロンターレはさらに川田がおさめ、右へ展開。笠倉が川田とのパス交換から正面へ。シュートは枠をとらえられなかったものの、メンバーが代わっても好連係で迫っていきます。

 

フロンターレはさらに庄司が中央を持ち上がり、エリア外左を突くパスを送ると前に持ち出した上野がシュートを打つも、枠はとらえられず。

 

庄司がフィードを入れ、川田が高い位置へ抜け出そうとするなど、長いボールを交えて、攻めていくフロンターレ。8分には、狩野に代わり土肥、中野に代わり望月。続けて川田に代わり安達がそれぞれ、再びピッチに立ちます。

 

8分には、フロンターレ、正面でおさめた安達のリターンを受けた望月がミドルシュートを打ちますが、上に。さらに望月が縦にも持ち上がり、エリア右、笠倉へ。笠倉から正面の安達へつながり、安達がシュートを打つとこれが決まり、6-0。

 

さらにフロンターレはピッチを左右に使いながら、望月が縦に仕掛けて折り返したり、相手にボールが渡っても安達が高い位置でカットし、シュートに持ち込むなど、ゴールをおびやかすプレーを続けていきます。

 

11分には小村から左の上野、上野から望月とつないで、望月から右へ展開。新堀へ渡り、新堀の浮き球を安達がおさめ、安達のパスに正面へ抜け出したのは、上野。シュートを打つとボールはゴールのなかへ。7-0。

 

さらに12分には、望月が高い位置で粘り、左サイドでのスローインを得ると、受けた望月がエリア左へ仕掛けると、百合丘はこれをクリアし左コーナーキックに。キッカーの土肥が右足でボールを入れると、こぼれ球を望月が押し込み、8-0。

 

14分には、安達がボールをキープ。笠倉のパスに望月がエリア正面へ。シュートはGK8がセーブ。さらにエリア左へ詰めた安達がシュートを打ちますが、上に。

 

さらに正面で上野がボールをカット、そこから安達とつないで、右サイドの高い位置へ笠倉が仕掛けていくなど、最後までゴールを目指し続けたフロンターレ。試合はタイムアップとなり、8-0。フロンターレが決勝トーナメント2回戦への勝ち上がりを決めました。

 

前半3-0 後半5-0 計8-0

 

得点:土肥瑠星、川田朔太郎2、安達一平2、狩野十和、上野煌士郎、望月楓矢

 

フロンターレの先発:1小村風人、5望月楓矢、6狩野十和、8土肥瑠星、10中野大虎、7川田朔太郎、3笠原宏仁、9安達一平

 

交代:望月→13新堀隼 土肥→11上野煌士郎 笠原→4庄司瑛人 狩野→土肥 中野→望月 川田→安達

 

(文中敬称略) 

小村風人選手
新堀隼選手
笠倉蓮央選手
笠倉宏仁選手
望月楓矢選手
上野煌士郎選手
狩野十和選手
川田朔太郎選手
中野大虎選手
試合を前にした選手たち

狩野十和選手
土肥瑠星選手がシュート
先制点はフロンターレへ
川田朔太郎選手
笠原宏仁選手
笠原宏仁選手
安達一平選手
土肥瑠星選手
川田朔太郎選手が仕掛ける

2-0に

小村風人選手
土肥瑠星選手
安達一平選手
土肥瑠星選手
安達一平選手
小村風人選手
安達一平選手

シュートを打つ

3-0に
ハーフタイムへ
川田朔太郎選手
狩野十和選手がシュート

4-0に

新堀隼選手
上野煌士郎選手
庄司瑛人選手
中野大虎選手
庄司瑛人選手
川田朔太郎選手が決め5-0

小村風人選手
新堀隼選手
笠倉蓮央選手
新堀隼選手

中野大虎選手
小村風人選手
川田朔太郎選手
庄司瑛人選手
上野煌士郎選手

安達一平選手がシュート
6-0に
上野煌士郎選手がシュート

7-0に

望月楓矢選手が決め8-0
望月楓矢選手

笠倉蓮央選手

望月楓矢選手
8-0でタイムアップ

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です