フロンターレU10 – FCパーシモンW / かわしん杯準決勝


川崎フロンターレが2年ぶり3度目のJ1優勝を懸けて、アウェーでの大分トリニータ戦に臨んだ11月21日、川崎フロンターレU-10はかわしん杯の準決勝に臨みました。

 

 

2回戦の犬蔵オレンジ戦を2-0で制したフロンターレは、準々決勝の東住ブルー戦に4-0で勝利。ベスト4はフロンターレ、FCパーシモンW、中野島FCW、ミキFC-Bの4チームが残りました。

 

なお、この記事はフロンターレに取材を依頼した上でマスクをつけ、距離に気を配ったうえで書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-10 かわしん杯ジュニアサッカー大会準決勝 vs FCパーシモンW】

11月21日(土)午前9時キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 15分ハーフ 8人制

 

フロンターレの先発は、GK1小村風邪人、最終ラインは右から6狩野十和、キャプテンの4庄司瑛人、11上野煌士郎、中盤は10中野大虎、右に5望月楓矢、左に8土肥瑠星、前線には9安達一平。

 

青空の広がった等々力第一サッカー場。やや強い風が吹くなか、始まった試合。フロンターレはキックオフとともに中野が後ろにボールをそらすと、安達がミドルシュートを打ちますが左足へ。立ち上がりからゴールを狙う姿勢を見せていきます。

 

一方のパーシモンも右サイドを突く浮き球を入れていきますが、上野が粘り強く体を入れゴールキックに。さらにパーシモンは右コーナーキックを得ていきますが、これをしのいだフロンターレ。中野が中央でうまくボールをキープ。狩野や庄司が後ろでボールを動かし、安達がうまく間で受けて前に運ぼうとしますが、パーシモンの戻りも速く、試合は一進一退に。

 

それでもパーシモンが左に展開しようとする場面では、狩野がうまく体を入れマイボールに。右サイドを突くボールに対しては土肥がカバーするなど、フロンターレも切り替えの良さを出していきます。

 

小村の浮き球を安達がおさめ、右へ流れた安達が空けたスペースを使い、望月が中央へ上がり、右に開いた狩野に展開するなど、高い位置でのプレーを試みていくフロンターレ。7分には左から中央へ持ち出した上野がエリア右にスルーパスを出すと、望月が抜け出しますが、これはオフサイドに。

 

すると、直後にはパーシモン、右サイドを13が仕掛けてエリア内へ。フロンターレはこれに対してファール。パーシモンのPKに。キッカーの13がこれを決めて、0-1。先制点はパーシモンへ。

 

フロンターレも直後にはセンターサークル付近から安達がミドルシュートを狙いますが、GK1がセーブ。パーシモンも13が右へ展開。14が縦に仕掛けていきますが、上野がカバーしていきます。

 

フロンターレは中央下がり目で安達がキープ。右の高い位置へ望月が顔を出し、望月のパスにエリア右へ安達が動き出すなどしてゴールの前に。

 

12分にはコーナーキックをしのぐと、土肥が中央を仕掛け、エリア外正面で受けた安達がミドルシュートを打ちますが、GK1がセーブ。直後には、エリア外右でフリーキックを得たパーシモン、14が直接狙いますが、わずかに左。パーシモンもフロンターレのゴールをおびやかしていきます。

 

それでも14分、フロンターレは中央で前を向いた安達が正面へ持ち出し、シュート。これはパーシモンにブロックされるも正面で拾った中野がスルーパスを出すと、正面やや右、抜け出した望月がシュート。ボールはゴールのなかへ。1-1。フロンターレが追いつきます。

 

直後にはフロンターレ、正面の安達から右へ展開。望月が仕掛けるも、パーシモンが阻み、エリア外正面で拾った安達のシュートは左へ。前半は1-1でタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは、土肥を最終ラインの左に、上野を左の前に入れ替えてのスタート。立ち上がり、1分には庄司が前に持ち出し縦パスを入れると、エリア外正面で鋭いターンから中野がシュートを放つとボールはポストに。

 

さらに左サイドに開いた土肥が斜めにパスを入れると、下がり目で受けた安達から左へ展開。上野が高い位置へ仕掛けていこうとしますが、パーシモンの守備も粘り強くカバー。

 

3分には狩野から中央の中野、左の土肥とつながり、土肥が斜めに中央を仕掛けてミドルシュート。枠をとらえますが、GK1が足で阻む好セーブ。4分にはさらにフロンターレ、フリーキックを得ると庄司から左へ展開。エリア外左、望月がミドルシュートを打ちますが、GK1がセーブ。フロンターレは次々にチャンスをつくっていきます。

 

フロンターレはさらに狩野が前に持ち上がり、受けた土肥が中央を仕掛け、左の上野に展開。中央へ寄った狩野が、左サイドから裏を狙う上野にパスを試みるなどして、相手陣内で時間をつくっていきます。

 

しかしパーシモンの守備の寄せも速く人数をかけて、粘り強く守り、なかなかシュートまではいけず。それでもパーシモンの攻めの場面では、望月がすばやく戻り自陣の右サイドをカバーするなどしていきます。

 

狩野の縦パスをおさめた安達がターンで振り切り、左の上野に展開しようとするなど、ピッチの左右を使いながら、攻めに持ち込んでいくフロンターレ。9分には正面で前を向いた安達がシュートを打ちますが、GK1がセーブ。右コーナーキックに。望月が右足でボールを入れると、庄司が合わせますが、パーシモンはライン上でクリアする好守を見せていきます。

 

フロンターレはここで上野に代わり3笠原宏仁。直後にはパーシモン、右から13がクロスを入れると、左サイドで7が拾いますが、望月が体を入れマイボールに。しかし、11分、パーシモンは左サイドでスローインを得ると、14が仕掛けて左コーナーキックに。14が右足でボールを入れると、53のシュートが決まり、1-2。勝ち越しのゴールはパーシモンへ。

 

再び追いかける展開となったフロンターレ、狩野から受けた望月が仕掛けたり、中野が中央で前を向き、受けた笠原が仕掛けていきますが、パーシモンの守りも粘り強く、なかなかシュートまではいけない場面が続いていきます。

 

14分には、狩野から左の土肥とつながり、土肥のパスに安達が縦に仕掛けていきますが、ここでもパーシモンの守りが阻み、試合はタイムアップ。フロンターレは3位決定戦に回ることになりました。

 

前半1-1 後半0-1 計1-2

 

得点:望月楓矢

 

フロンターレの先発:1小村風邪人、6狩野十和、4庄司瑛人(c)、11上野煌士郎、10中野大虎、5望月楓矢、8土肥瑠星、9安達一平

 

交代:上野→3笠原宏仁

 

 

(文中敬称略)

庄司瑛人選手
小村風人選手
上野煌士郎選手、安達一平選手
狩野十和選手
中野大虎選手
笠原宏仁選手
土肥瑠星選手
新堀隼選手
小村風人選手
笠倉蓮央選手
望月楓矢選手
上野煌士郎選手
小村風人選手

川田朔太郎選手はこの日はベンチから試合を見守った

安達一平選手
小村風人選手
庄司瑛人選手
上野煌士郎選手
上野煌士郎選手
狩野十和選手
小村風人選手
上野煌士郎選手
望月楓矢選手
土肥瑠星選手
安達一平選手
望月楓矢選手が抜け出すがオフサイドに
小村風人選手
上野煌士郎選手

PKを決めてパーシモンが先制
安達一平選手
中野大虎選手

土肥瑠星選手
望月楓矢選手が抜け出す
フロンターレが追いつく
望月楓矢選手
ハーフタイムへ
土肥瑠星選手
望月楓矢選手
中野大虎選手
狩野十和選手
中野大虎選手
安達一平選手
望月楓矢選手
庄司瑛人選手
土肥瑠星選手

上野煌士郎選手
小村風人選手
狩野十和選手
上野煌士郎選手
土肥瑠星選手
土肥瑠星選手
安達一平選手
土肥瑠星選手
望月楓矢選手

1-2。勝ち越しのゴールはパーシモンへ

中野大虎選手

1-2でタイムアップ
フロンターレは3位決定戦へ回ることに

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です