フロンターレU10 – ミキFC-B / かわしん杯3位決定戦


11月21日、等々力第一サッカー場で行われたかわしん杯ジュニアサッカー大会。準決勝に続いて、決勝と3位決定戦が行われ、川崎フロンターレU-10はミキFC-Bとの3位決定戦に臨みました。

 

この記事は準決勝と同様に、フロンターレに取材を依頼した上で、マスクをつけ、距離に気を配ったうえで写真やメモをとり、書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-10 かわしん杯ジュニアサッカー大会3位決定戦 vs ミキFC-B】

11月21日(土)午前10時キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 15分ハーフ 8人制

 

フロンターレの先発は、GK1小村風人、最終ラインは右から5望月楓矢、キャプテンの4庄司瑛人、8土肥瑠星、中盤は10中野大虎、右に6狩野十和、左に3笠原宏仁、前線には9安達一平。

 

準決勝のときと同様に、青空が広がるなかで時折強くやや冷たい風が吹き抜けるなか、始まった試合。フロンターレはキックオフとともに、センターサークル付近から安達がシュートを放ちますが、GK1がセーブ。さらに右に開いた安達がボールをキープ。中央の中野のパスに狩野が右サイドの高い位置へ。折り返しはGK1がセーブしたものの、相手ゴールに立て続けに迫る立ち上がりに。

 

1分にはさらに左サイド、土肥の縦パスに抜け出した笠原が一気にエリア左へ。シュートを放つとボールはポストに。直後には左サイドのスローインから安達がエリア左へ。シュートはミキFCの選手がブロック。

 

フロンターレはさらに後ろで庄司や小村、土肥が左右にボールを動かし、狩野が縦に持ち出しながら、ゴールへ向かいに。

 

一方のミキFCも、3分には、中央の28から右へ展開。正面へパスが入ると28が抜け出しそうになりますが、庄司が体を張り防いでいきます。

 

すると4分、フロンターレは中央に寄った狩野からエリア外右を突くパスが通ると、抜け出したのは安達。シュートを打つとゴール左に決まり、1-0。先制点はフロンターレに入ります。

 

フロンターレは中央を庄司が持ち上がり、縦パスをつけ、狩野が前に持ち出す姿勢を見せ、ラインを高めながら前に出ていきます。ミキFCも7が左から仕掛けていきますが、庄司がカバー。安達に浮き球を入れ、守備から攻めにつなげようとし、高い位置でボールをカットされても中野がカバーし、ゴールキックにするなどいい対応を続けていきます。

 

ところが8分、ミキFCは右サイドの高い位置へ抜け出した10が持ち出してシュートを打つとポストをたたきながらも決まり、1-1。ミキFCが同点に。

 

追いつかれたフロンターレ、直後にはセンターサークル付近から安達がシュートを打つも上に。さらに庄司の浮き球を安達がおさめ、左へ展開。高い位置で笠原が粘り、受けた中野がパス交換から高い位置へ飛び出しますが、ミキFCも粘り強く寄せに。

 

それでもフロンターレはうまくサイドを突いて、攻めに持ち込み、10分には、狩野から右サイドの高い位置へ流れた安達へつながり、安達のクロスにエリア内へ望月、狩野が飛び込みますが、さわることはできず。さらに左にサイドでのスローインから安達が正面へ。そのパスにエリア外正面、狩野がミドルシュートで狙いますが、GK1がセーブ。

 

12分には、望月の浮き球のパスに狩野がエリア前に飛び出し、ミキFCが阻み、右コーナーキックに。望月が右足でボールを入れると、エリア左、拾った狩野が仕掛けていきますが、ミキFCの寄せに遭い、ゴールキックに。それでも相手エリア前でフロンターレは時間を重ねていきます。

 

そして、13分、フロンターレはエリア外正面で笠原がボールをカット。そのまま縦に仕掛けて、シュートを放つとこれが決まり、2-1。勝ち越しのゴールを奪います。

 

再びリードしたフロンターレは、小村が縦につけたボールをうまく狩野が間で受け、右サイドの裏を突くパスに、望月が飛び出すなど、さらにエリア近くへ。15分には、いったん庄司から右サイド、望月へつないで、中野を経由して左サイドからの攻めに。笠原が高い位置へ仕掛けて折り返すと、エリア正面やや左で安達がシュートを放つと、これが決まり、3-1。フロンターレが突き放して前半はタイムアップとなります。

 

 

後半フロンターレは、GK小村、最終ラインは右から13新堀隼、庄司、笠原、中盤は狩野、右に14笠倉蓮央、左に望月、前線には中野。2人を入れ替えてのスタートに。

 

立ち上がりにはミキFC、28から左サイドを突くパスが出ますが、笠倉がカバー。そこから左サイドに展開し、望月が左サイドの高い位置へ。折り返しはシュートにこそつながりませんでしたが、守備から攻めへの切り替えの速さを見せていきます。

 

2分には、庄司が高い位置でボールを奪い、そのまま持ち上がり、エリア外右へ。ミドルシュートを打ちますが左へ。

 

フロンターレはさらに、ミキFCの左サイドを突くパスに対して、笠倉がカバー。新堀に縦につけて、新堀から左寄りで受けた中野が中央へ切れ込みシュートを打ち、ミキFCの守備が阻み右コーナーキックに。望月がボールを入れると、遠いサイド、拾った狩野のクロスは、ミキFCがクリアし今度は左コーナーキックに。望月がボールを入れると、遠いサイド、庄司が飛び込みますが、合わせきれず。

 

6分には、小村から笠原へつなぎ、笠原は中央へ持ち出し、右へ展開。新堀から中央の中野へ。中野のスルーパスに正面へ望月が飛び出しますが、オフサイドに。

 

7分には、狩野の縦パスに、中野がエリア左へ抜け出しますが、ミキFCの守備が阻んでいきます。

 

それでもフロンターレはうまく間で受けて高い位置へ仕掛けてゴールへ向かうプレーを続けていきます。8分には笠原が左サイドを仕掛けて、正面へボールを送ると、中野がシュート。ボールはゴール左に決まり、4-1。ついにフロンターレが突き放します。

 

フロンターレは9分、望月に代わり11上野煌士郎。10分にはルーズボールを拾った上野がエリア左へ抜け出しますが、シュートは左へ。

 

ミキFCも11分には、28から左へ展開。10が仕掛けていきますが、笠倉がカバー。さらに正面へ28が抜け出しそうになりますが、新堀がしぼってカバー。そのまま縦につなぎ、中央の中野へ。中野が持ち上がりスルーパスを出すと、エリア右へ抜け出したのは上野。GK1をかわしてシュートを打つとこれが決まり、5-1。フロンターレのリードが広がります。

 

13分には、上野が左サイドを仕掛けていき折り返すと、正面で中野が放ったシュートが決まり、6-1。止まらないフロンターレ、14分には高い位置で上野がカット。GK1をかわしてエリア右へ。ミキFCも必死に戻るも、上野は倒れ込みながらもシュートを打つとこれが決まり、7-1。フロンターレが立て続けのゴールで突き放します。

 

15分には、ミキFCも左サイドから中央へ7が切れ込み、そのパスにエリア右へ抜け出した10がダイレクトでシュートを打ちますが、右へ。試合はここでタイムアップとなり、7-1。

フロンターレは3位となりました。

 

3位決定戦と同時刻に行われた決勝は、中野島FCWが2点を先行するも、同点に追いつき、試合終了間際に決勝点を決めたFCパーシモンWが勝利し、優勝。フロンターレはもちろんのこと、ほかの3チームもまた、すばらしい戦いぶりを見せたかわしん杯となったと思います。

これからのジュニア年代の2年間で、そんな好チームたちとフロンターレがどんな試合を見せていくのか、楽しみにしています。

 

前半3-1 後半4-0 計7-1 

 

得点:安達一平2、笠原宏仁、中野大虎2、上野煌士郎2

 

 

フロンターレの先発:1小村風人、5望月楓矢、4庄司瑛人(c)、8土肥瑠星、10中野大虎、6狩野十和、3笠原宏仁、9安達一平

 

交代:安達→14笠倉蓮央 土肥→13新堀隼 望月→11上野煌士郎

 

 

(文中敬称略)

笠倉蓮央選手
新堀隼選手
川田朔太郎選手
狩野十和選手
笠原宏仁選手

庄司瑛人選手
望月楓矢選手
小村風人選手
中野大虎選手
庄司瑛人選手
望月楓矢選手
中野大虎選手
小村風人選手
庄司瑛人選手
土肥瑠星選手
狩野十和選手
安達一平選手
安達一平選手がエリア内へ

先制点はフロンターレへ
庄司瑛人選手
庄司瑛人選手
中野大虎選手
土肥瑠星選手
ミキFCが同点に
望月楓矢選手
笠原宏仁選手

狩野十和選手
中野大虎選手
笠原宏仁選手がシュート
2-1。再びフロンターレがリード

小村風人選手
安達一平選手がシュート

3-1に

ハーフタイムへ
笠倉蓮央選手
新堀隼選手
笠原宏仁選手
笠倉蓮央選手
中野大虎選手

望月楓矢選手
小村風人選手
庄司瑛人選手
望月楓矢選手

中野大虎選手が決め4-1

笠原宏仁選手
狩野十和選手
新堀隼選手
中野大虎選手
笠原宏仁選手
中野大虎選手
上野煌士郎選手が抜け出す

5-1に
狩野十和選手、笠原宏仁選手
笠原宏仁選手

中野大虎選手が決め6-1
上野煌士郎選手がシュート

7-1に
庄司瑛人選手
新堀隼選手
7-1でタイムアップ

表彰を受ける選手たち
フロンターレは3位で大会を終えた

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です