9選手の言葉 / 2020年川崎フロンターレU-18の3年生たち


12月13日プリンスリーグ関東最終節、矢板中央戦を終え、今季の公式戦を終えた川崎フロンターレU-18。

21日等々力陸上競技場で行われた中村憲剛の引退セレモニー後、卒団する3年生9選手がサポーターに挨拶に立ちました。

 

9人の言葉を、この記事では紹介したいと思います。

 

今まで記事を書かせていただき、ありがとうございました。そして、これからも応援しています。また、どこかでそのプレーを見ることを、とても楽しみにしています。

 

 

 

GK16 川合我空選手

 

所属歴: ARTE はなぶさSS 兼 川崎フロンターレサッカースクール ― 川崎フロンターレU-12 ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

今まで8年間応援ありがとうございました。

 

自分は小学5年生からフロンターレでやってきて、その中で思ったのはサポーターのみなさんが熱いクラブというのは日本中のどこを探してもない。アウェーで遠いところでも、足を延ばしてくれて。今年はこういう状況で、試合会場に来て、というのはできなかったけれど、去年とか、声援が自分の力になる、というのは間違いなくて。そういった環境の中でサッカーができたのは、本当に幸せなことだったというふうに思います。

 

自分はこれから大学に進学します。フロンターレの選手ではなくなるんですが、注目していただいて。慶應大学に行くんですけど、早慶戦とか毎年このスタジアムにやってくるんで、もし機会があれば、見に来ていただいて。自分の活躍に注目していただければ、と思います。

 

来年以降も、こういった状況が続くかは、まだ分からないんですけど、ぜひ来年以降のアカデミーにも注目していただいて。フロンターレのアカデミーをよろしくお願いします。

 

今まで応援ありがとうございました。

 

 

DF3 松永竜之介選手

 

所属歴: はるひ野バディSC ― 川崎フロンターレU-12 ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

川崎フロンターレU-18の松永竜之介です。まずはこの寒さの中、集まっていただいて、ありがとうございます。自分も小学5年生からフロンターレに在籍して、8年間フロンターレでプレーしました。

 

本当にユースに入ってからは、サポーターの声援が、今年は新型コロナウイルスで会場にというのはできなかったんですけど、本当にサポーターのみなさんの声援が自分たちのもとに届いていました。

 

今日こうやって自分がフロンターレを卒団できたのも、たくさんの支えがあったからと思いますし、特にフロンターレのサポーターはトップチームに限らず、アカデミーの試合にも人数がいて。そういった声援があってこそ、8年間サッカーを続けてこれたと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

自分も大学に進学して、4年間本当にサッカー全力で頑張って、等々力のピッチに戻ってこれるように。そして、自分が大好きなサポーターのスタンドで、自分の応援歌をつくってもらえるように、サポーターのみなさんに応援してもらえるように、選手になって、戻ってきたいと思います。

 

本当に8年間ありがとうございました。

 

 

MF7 平田流衣選手

所属歴: 東小倉SC 兼 川崎フロンターレエリートクラス ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

 

川崎フロンターレU-18の平田流衣です。自分は中学から、1年生で入って。最初はすごい戸惑いもあったんですけど、分からないことだらけで。ユースに入ってからは、よりサポーターのみなさんと近い関係を築くことができて。今年はコロナウイルスで会場に来れないっていう状況になって、自分たちの昇降格がなくなったという中でも、みなさんにいい報告を届けることが自分たちのモチベーションになりました。

 

振り返ってみると常にサポーターのみなさんがいて、支えられ続けられたフロンターレ生活だったと思います。ありがとうございました。

 

自分はまた、大学でサッカーを頑張って、また、この等々力でみなさんの前でプレーすることを目標に、頑張っていきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

GK19 藤田航大選手

所属歴: 関町北小課外サッカークラブ ― 練馬区立関中サッカー部 ― 東京武蔵野シティフットボールクラブ ― 川崎フロンターレU-18

 

川崎フロンターレU-18の藤田航大です。まず3年間ありがとうございました。

 

自分がこのフロンターレに来て驚いたのは、サポーターのみなさんが、こう熱い声援を送ることに、驚きました。その熱い声援を来年続けていただいて。自分は新潟の大学でサッカーを続けるので、4年後このピッチに戻ってこれるよう頑張るので、引き続き応援よろしくお願いします。

 

 

DF6 岡崎玄選手

 

所属歴: 川崎ウィングス ― 横浜F・マリノスプライマリー ― 横浜F・マリノスジュニアユース ― 川崎フロンターレU-18

 

こんばんは。川崎フロンターレU-18の岡崎玄です。

 

僕は高校からで、みんなと比べて短い期間で。小中とライバルチームということで不安だったんですけど、とても優しいサポーターたちと出会えて、この3年間サッカーをやってくることができました。

 

みなさんの声援は自分たち選手の支えになって、とてもみなさんは大きな存在でありました。ありがとうございました。

 

僕も大学でサッカーをやるので、みなさんにいい報告ができるように頑張るので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

DF5 神橋良汰選手

所属歴: 南百合丘サッカークラブ ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

川崎フロンターレU-18の神橋良汰です。

 

自分は中学1年生から6年間フロンターレにお世話になりました。本当に6年間振り返ると、コロナのことがあったり、自分の怪我のことであまり思うように結果をのこせなかったり、サッカーをあまりできなかったんですけど、その中でもサポーターの熱い声援というのは自分の中でかなり頼もしかったり、本当に後押しになりました。本当に感謝しかないです。

 

今日の中村憲剛選手の引退セレモニーとかVTRとかを見て、自分も本当によりフロンターレを好きになりましたし、大学に進学してこのピッチに戻ってきたいという気持ちがより強くなったので、この気持ちを忘れずにより成長して、4年間やっていきたいと思います。

 

大学では早稲田大学に進学します。一番最初に言った我空とは、早慶戦で絶対に負けないように頑張るので、今後も注目していただきたいですし、残りのアカデミーの後輩たちの頑張りというのも、しっかり注目していただきたいと思うので。これからも僕も頑張るので、よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

DF4 内海太瑚選手

所属歴: 稲田フットボールクラブ ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

川崎フロンターレU-18の内海太瑚です。

 

僕は中学1年からジュニアユースに入って6年間お世話になりました。僕もこれから大学に進んで活躍できるように頑張りたいと思います。本当にジュニアユースからサポーターの声援だったり、励ましの言葉が自分の力になりました。

 

これからも多くのサポーターが自分たちのことを思ってくれていると思うので、その期待に応えられるよう、これからも頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

FW11 鈴木大登選手

 

所属歴: 千年SC 兼 川崎フロンターレスクール―川崎フロンターレU-10 ― 川崎フロンターレU-12 ― 川崎フロンターレU-13 ― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

鈴木大登です。まずは自分たちのためにお集まりいただき、ありがとうございました。

 

自分は本当に小さいときからGゾーンでみなさんと一緒に応援してきて、ユースの試合にも足を運んでくれるサポーターは、他にはいなくて。そんなサポーターが大好きです。

 

今度は応援する側じゃなくて、応援される側として、この等々力に戻ってきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

MF10 戸水利紀選手

所属歴: 富士見台FC ― 川崎フロンターレU-10 ― 川崎フロンターレU-12 ― 川崎フロンターレU-13― 川崎フロンターレU-15 ― 川崎フロンターレU-18

 

川崎フロンターレユース、キャプテンの戸水利紀です。

 

僕は小学3年生の時にフロンターレのアカデミーに入団し、10年間在籍させていただきました。サッカーの部分だけでなく、一番は人間性のところで成長できたと思います。これからも常に感謝の気持ちを持つということを大事にしていきたいと思います。

 

サポーターのみなさん、小さい頃からリーグ戦や全国大会など、遠いところまで応援に来ていただいて、本当にありがとうございました。今年は新型コロナウイルスの影響で直接試合会場に足を運ぶということは難しかったですが、最後にお会いすることができて嬉しく思います。このような機会を作っていただいて、ありがとうございます。サポーターの方々の声援は原動力となっています。本当に感謝しています。

僕たちは卒団しますが、川崎フロンターレアカデミーには素晴らしい後輩たちがいるので、今後もぜひ注目してください。

 

個人としては手術をして、シーズン通してプレーを見せることはできませんでしたが、京都の立命館大学に進学することが決まったので、必ずそこで結果を出して4年後川崎に戻って、プレーで恩返しできるよう頑張るので引き続き応援よろしくお願いします。

 

(文中敬称略)

当日私は足を運ぶことはできませんでしたが、あんざいさんやネムヲさんの協力を得て、記事を書くことができました。ありがとうございました。

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です