1ショット日記「それぞれの開幕戦」


  3月14日、開幕を迎えたJ3リーグ。岐阜メモリアルセンター長良川競技場では、FC岐阜とヴァンラーレ八戸が対戦。川崎フロンターレゆかりの選手たちも試合に臨みました。

 

吉濱遼平選手

 川崎フロンターレU-18から大師高校、松蔭大を経て、湘南ベルマーレでプロのキャリアをスタートさせた吉濱遼平は、昨季でレノファ山口FCを契約満了となり、今季からFC岐阜に加入。この日は先発を飾り、中盤で好パスや高い技術で存在感を発揮。ゴールにこそつながりませんでしたが、何度も際どいパスを供給し決定機を演出する姿は、これからが楽しみになるものがありました。

 

松本拓也選手

 2011年にフロンターレに在籍していたGK松本拓也は、今季からチームに加わった桐畑和繁の控えという立場での開幕に。真摯にアップに臨み、ハーフタイム、ベンチへ引き揚げてくる選手たちに積極的に声をかける姿は、フロンターレ在籍時、出場機会がなくとも、当時8連敗を喫するなど、苦しい時期を過ごしていたチームを、言葉で鼓舞していたことを思い起こさせるものがありました。

 

川崎フロンターレU-18出身のGK岡本享也選手の幟旗

 また、加入4年目を迎えた川崎フロンターレU-18出身のGK岡本享也はこの日はメンバー外。桐畑や松本ら経験豊富な選手たちと切磋琢磨し、やがてはFC岐阜のサポーターをわかせるような選手になることを願っています。

 

 この日は4000人を超えるサポーターが集まるなど、熱を帯びた雰囲気が心に残った岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、フロンターレにかかわった選手たちが、どんなものを残していくのか。これからも見ていければ、と思います。

 

【J3リーグ第1節 FC岐阜 vs ヴァンラーレ八戸】

3月14日(日)午後2時キックオフ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 4519人 晴れ

 

前半0-0 後半0-0 計0-0

 

(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です