中央大 – 日本体育大 / 関東大学サッカーリーグ2部第6節


5月15日、味の素フィールド西が丘では、関東大学サッカーリーグ1部の第6節、桐蔭横浜大 vs 国士舘大に続いて、2部の第6節、中央大 vs 日本体育大が行われ、川崎フロンターレアカデミー出身の4選手が試合に臨みました。

【関東大学サッカーリーグ2部第6節 中央大 vs 日本体育大】
5月15日(土)午後2時キックオフ 味の素フィールド西が丘 晴れ

3勝2分け、開幕から負けなしの中央大。先発はGK30猪越優惟、最終ラインは右から5和田悠汰、3牛澤健、キャプテンの4塩崎悠司、2岡井駿典、中盤の底に25高橋一誠、その前に23和田康汰、10髙岸憲伸、右に16平尾拳士朗、左に11鈴木翔太、前線には31鎌田蓮。

フロンターレU-15、星稜出身の4年生、髙岸が先発。また、フロンターレU-18出身の4年、新井秀明、2年、有田恵人はベンチスタート。

日本体育大は2勝2分け1敗。先発はGK1河畑光、最終ラインは右から6土佐陸翼、10弓削翼、キャプテンの4深川大輔、3小澤亮太、ボランチは42橋本祐汰、36東郷翼、右MF40吉原翔大、左MF11大曽根広汰、前線には34成田安里、9河村慶人。

フロンターレU-18出身の4年、大曽根が先発に。U-15時代のチームメート、髙岸と大曽根がピッチに立つことになりました。

 

やや雲が多いものの、気温が上がるなか、始まった試合。立ち上がりには中央大、坂本がエリア外正面やや右でファールを受け、フリーキックに。髙岸が右足で浮き球を入れると、鎌田が合わせますが左へ。

一方の日本体育大もラインを高め、右サイドを突くパスに吉原が抜け出そうとしますが、岡井がカバー。中央大は鎌田へ浮き球を入れ、さらにさぐりにいきますが、日本体育大は深川がしっかり寄せていきます。

すると今度は中央大はパスワークから。髙岸から左サイド、鈴木へ展開。鈴木は下がり目の岡井にいったん預けて、高い位置へ飛び出し、日本体育大はクリアし左サイドのスローインに。鈴木がクロスを入れると、ニアに髙岸が飛び込みますが、日本体育大はブロック。左コーナーキックとなり、髙岸が右足でボールを入れると、ニアに鎌田が飛び込みますが、ミートしきれず。

 

さらに中央大は岡井の浮き球を鎌田がおさめ、左サイド、高い位置へ鈴木が仕掛け、また、髙岸や坂本、髙橋が位置を入れ替えながらボールを動かすなどして、前に。持ち上がった牛澤の浮き球に、右サイド、平尾が抜け出し、さらに高い位置へ上がった和田へつなげるなどして、相手陣内に出ていきます。

一方の日本体育大も、6分には、弓削のフィードに河村が高い位置へ動き出しますが、オフサイドに。それでも前から河村や成田、大曽根や吉原が連動してプレスをかけ、ボールを奪いに。

9分には、右サイドでのスローインを河村がおさめ、折り返すとエリア右へ吉原が抜け出しますが、日本体育大はクリア。さらに右サイドの高い位置で、成田が折り返しますが、岡井がクリアしていきます。

中央大も、高橋のパスを、髙岸が巧みにトラップで前に持ち出し、パス交換から左サイドの高い位置へ。そのパスにエリア内へ鎌田が抜け出し、鎌田はエリア左、髙岸を狙いパスを出しますが、日本体育大の守備が阻んでいきます。

日本体育大も11分には、うまく中寄りでカットした土佐が切り返して前に運び、スルーパスを出すと河村が抜け出しそうになりますが、これはオフサイド。

直後には中央大、牛澤のフィードに、平尾がエリア右へ。日本体育大のGK河畑が処理しきれないところを突いて、シュートを打ちますが、枠はとらえられず。

最終ラインからのフィードを鎌田がおさめ、左サイド、鈴木の仕掛けからゴールへ迫っていく中央大。16分には、髙岸の縦パスをおさめた鎌田から右へ展開。エリア右、抜け出したのは坂本。シュートを打つと、これが決まり、1-0。先制点は中央大へ。

直後にも中央大、中へ寄った土佐から坂本がカット。右サイドを突くパスが通り、和田がクロスを入れていきますが、枠はとらえられず。

追いかけることになった日本体育大も、17分には弓削のフィードに、河村がエリア内へ。しかし、中央大のGK猪越が前に出てカバー。最後は河村のファールに。

さらに前からのプレスで高い位置でボールを奪った日本体育大。成田が右サイドを仕掛けていきますが、髙岸、塩崎がブロック。

コーナーキックとなり、セカンドボールを拾った日本体育大は、エリア前でキープした成田がシュートまで持ち込みますが、中央大もよく体を張り、阻んでいきます。

日本体育大は中寄りに大曽根もかかわりながら、橋本がパス交換から前に持ち出し、前に浮き球を入れ、揺さぶりに。それでも中央大のGK猪越がしっかり対応していきます。

22分には、カウンターに持ち込んだ中央大、鈴木が岡井とのパス交換からエリア左をうかがいますが、土佐がカバー。23分には日本体育大、右サイドに開いた河村がおさめ、中盤の橋本へ。橋本はエリア右を突くパスを出しますが、抜け出した河村はオフサイド。

24分には、中央大、牛澤の縦パスを鎌田がおさめ、右へ展開すると、和田が高い位置へ。和田の右クロス、遠いサイドに鈴木がせまりますが、河畑がセーブ。ともにゴール前での場面をつくっていきます。

日本体育大は土佐のクロスを起点に、エリア前に迫る場面をつくり、26分には河村のパスに、高い位置へ抜け出した土佐がゴール左へ向かうようなクロスを入れていきますが、猪越がパンチング。さらに土佐がエリア前に入れた浮き球を猪越がセーブ。すぐさま、後ろからボールを回していこうとしたところ、パスをカットした成田は、正面の河村へパス。しかし、河村のシュートは猪越の正面。決定機を得点につなげることはできず。

さらにスローインからエリア左へ大曽根が抜け出していきますが、ファールがあり、シュートには結びつけられず。それでも選手それぞれがよく走って、日本体育大もチャンスをつくろうとしていきます。

 

一方の中央大は、30分には、塩崎から左サイド、岡井へ展開。岡井のパスを中央で受けた髙岸は前に持ち上がって、エリア外正面やや左でミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

31分には、日本体育大、間で受けた大曽根が縦に運んでスルーパス。エリア左、抜け出した河村がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、右へ。

右コーナーキックとなり、橋本が右足でボールを入れ、こぼれ球を拾った土佐が右クロスを入れていきますが、猪越がパンチング。さらに日本体育大が、大曽根、橋本とつないで、左サイド、小澤が高い位置へ仕掛けていきますが、ラインを割り、シュートやクロスにはつなげられず。

35分には中央大、左サイドで岡井とのパス交換から鈴木がエリア左へ。シュートを打ちますが、日本体育大はブロック。セカンドボールを拾った中央大は髙岸が左サイドを突くパスを出し、岡井が抜け出そうとしますが。、土佐がカバー。河畑へつなげ、日本体育大も自分たちでボールを動かす時間をつくろうとしていきます。

 

38分には、坂本が奪ったボールを髙岸へつなげ、髙岸の縦パスに、鈴木がエリア左へ。切り返してシュートを打ちますが、河畑がセーブ。

40分には、日本体育大、中央大が猪越も前に出て組み立てようとしたところ、ボールをカット。猪越が戻り切れないところを突いて、土佐がセンターライン付近でロングシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

中央大も42分には、坂本のプレスバックからボールを奪い、髙岸の左サイドを突くパスに鈴木が抜け出しそうになりますが、深川がカバー。さらにラインを高め、ボールを回しながらゴールをうかがおうとしていく中央大に対し、日本体育大はコンパクトに体を張り、対応していきます。

アディショナルタイムには、日本体育大、右サイドに開いた土佐のクロスに河村が飛び込みますが、さわることはできず。前半は1-0。中央大がリードしてタイムアップとなります。

 

 

後半立ち上がりからゴールをうかがうのは、日本体育大、セカンドボールを拾った橋本がエリア左を突くパスを出すと、大曽根が仕掛けていきますが、中央大の守備に阻まれ最後は大曽根のファールに。

 

さらにエリア外右への浮き球を、猪越が飛び出して処理しようとしたところでハンドがあり、フリーキックに。橋本が入れたボールは決定機にはつながりませんでしたが、日本体育大が揺さぶる場面が続いていきます。

5分には日本体育大、カウンターに持ち込み、土佐のパスに、大曽根がエリア左へ飛び出しますが、シュートまではいけず。さらに左サイドのスローインから、河村がエリア左へ。シュートはゴール右をとらえますが、猪越がセーブ。

6分には高い位置で、日本体育大がボールをカット。右クロスに、河村が頭で合わせますが、上に。次々にゴールに迫っていきます。

 

8分、中央大は鈴木に代わり8山﨑希一。9分にはさらに日本体育大、土佐のパスに右サイドへ抜け出した河村が折り返すと、大曽根がエリア左へ迫りますが、猪越がセーブ。

10分には中央大がさらに交代。髙橋に代わり、17豊田歩。

さらにチャンスをつくるのは日本体育大。橋本のパスに土佐が右サイド、高い位置へ。クロスを入れるとエリア内、吉原が迫りますが、猪越がセーブ。

中央大も14分には高い位置でボールをカット、エリア正面左、鎌田がシュートを打ちますが、河畑がセーブ。

さらに日本体育大が、弓削や深川、小澤が多くボールに触れ、大曽根も中寄りで橋本や東郷とかかわりながら、ボールを動かしに。中央大も交代で入った豊田が落ち着かせ、再びボールを保持する時間をつくっていきます。

17分には日本体育大、大曽根に代わり18田代健伸。

中央大は19分、猪越から中央の坂本へつなげ、坂本から受けた髙岸は左へ展開。エリア前に持ち出す動きを見せた山﨑が枠をとらえたミドルシュートを打ちますが、河畑がセーブ。さらに和田の浮き球に、エリア内、鎌田が胸でおさめシュートに持ち込もうとしていきますが、日本体育大の寄せも速く、阻まれていきます。

 

 

中央大はさらに21分、岡井がボールをカット。いったん髙岸へ預けて、髙岸のパスにエリア外左へ。シュートはここでも枠をとらえますが、河畑がセーブ。

25分にはさらに左サイドからの攻めに。坂本が鋭い折り返しを入れていきますが、河畑がセーブ。再び流れを取り戻した中央大に、日本体育大の守備もしっかり向き合っていきます。

日本体育大も成田のパスに、右サイドの高い位置へ東郷が飛び出し、さらに土佐が仕掛けるなどして、中央の陣内での時間をつくり、28分には小澤の左クロスのこぼれ球を拾った東郷がシュートを打ちますが右へ。

日本体育大はここで成田に代わり30杉村駿介。中央大は30分、髙岸に代わり33小野寺巧。

豊田や小野寺、牛澤や和田がボールに触れながら前に出ていく時間をつくっていく中央大。32分には左サイドで山崎が粘って残したボール、エリア外左、坂本へ渡り、坂本はミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

日本体育大は33分、吉原に代わり2菅颯馬、河村に代わり26井上大地。

日本体育大は、中央大の攻めを、菅のカバーなどでしのいで、そこから攻めにつなげ、菅のクロスや橋本の浮き球で揺さぶりに。しかし、中央大は塩崎を中心によくしのいで、対峙していきます。

ところが37分、日本体育大は、エリア内へのパスを出すと、猪越が処理しきれなかったところ、ボールを拾ったのは井上。ゴールへ流し込み、1-1。日本体育大がついに同点に。

直後には、塩崎がこの日2回目の警告で退場となり、中央大が10人に。一時的に豊田を最終ラインに下げた中央大は、39分、平尾に代わり12新井秀明を入れ最終ラインへ。鎌田に代わり32小島偉央が前線に。

40分には日本体育大、カウンターからエリア左、切り返した杉村がシュートを打ちますが、左へ。

10人となった中央大も、豊田や坂本がうまく前に持ち出しながら迫り、42分には、すばやいリスタートから、エリア前で小島が入れ替わりそうになりますが、ファールをとられ、シュートまではいけず。

それでも守りでは、エリア正面右へ迫る土佐に、新井が粘り強くブロックにいくなど、日本体育大の攻めに対応していきます。

アディショナルタイムは3分。日本体育大は田代に代わり20オボナヤ朗充於。47分には日本体育大、正面へ抜け出した井上がシュートに持ち込みますが、ここでも新井が粘り強くブロック
最後は猪越がセーブ。

試合はタイムアップとなり、1-1。勝ち点1を分け合うことに。

それぞれ目指したものには届きませんでしたが、髙岸、大曽根、新井とかつてのチームメートたちがピッチに立ち、攻守にひたむきにプレーを重ねるところを見られたことが嬉しくなる試合となりました。出場機会を増やしつつある有田も含め、これからのプレーをとても楽しみにしています。

得点:坂本康汰(中央大) 井上大地(日本体育大)

中央大の先発:30猪越優惟、5和田悠汰、3牛澤健、4塩崎悠司(c)、2岡井駿典、25高橋一誠、23和田康汰、10髙岸憲伸、16平尾拳士朗、11鈴木翔太、31鎌田蓮

交代:鈴木→8山﨑希一 高橋→17豊田歩 髙岸→33小野寺巧 平尾→12新井秀明 鎌田→32小島偉央

控え:1坪井湧也 14堀脩大 35青木奏人 22有田恵人

日本体育大の先発:1河畑光、6土佐陸翼、10弓削翼、4深川大輔(c)、3小澤亮太、42橋本祐汰、36東郷翼、40吉原翔大、11大曽根広汰、34成田安里、9河村慶人

交代:大曽根→18田代健伸 成田→30杉村駿介 吉原→2菅颯馬 河村→26井上大地 田代→20オボナヤ朗充於

控え:12今村勇介 35荒川莉音 45五十嵐琉偉 47宮木優一

(文中敬称略)

髙岸憲伸選手
有田恵人選手
大曽根広汰選手
新井秀明選手
大曽根広汰選手

髙岸憲伸選手

大曽根広汰選手

坂本康汰選手のゴールで中央大が先制する

日本体育大もゴールに迫るが猪越優惟選手がセーブ
日本体育大、成田安里選手がシュート
髙岸憲伸選手も果敢に狙った
大曽根広汰選手
髙岸憲伸選手
大曽根広汰選手
鈴木翔太選手がシュート
出場に備える新井秀明選手
髙岸憲伸選手
有田恵人選手
終了間際、チャンスを迎える日本体育大だが、決められず
前半は1-0。中央大がリードしてハーフタイムへ
有田恵人選手
後半へ

大曽根広汰選手

髙岸憲伸選手

大曽根広汰選手

髙岸憲伸選手
田代健伸選手と交代で大曽根広汰選手は下がる
髙岸憲伸選手

井上大地選手が決め、日本体育大が追いつく

新井秀明選手

短い時間ながら粘り強い守りを見せた
新井秀明選手

1-1でタイムアップ
試合終了後には大曽根広汰選手と新井秀明選手が言葉を交わす場面も

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です