順天堂大 – 慶應義塾大 / 関東大学サッカーリーグ1部第16節


9月19日、味の素フィールド西が丘で行われた関東大学サッカーリーグ1部第16節。第1試合の早稲田大 vs 立正大に続いての第2試合では、順天堂大と慶應義塾大が対戦。川崎フロンターレU-18出身、順天堂大のDF小川真輝も試合に臨みました。

 

【関東大学サッカーリーグ1部第16節 順天堂大 vs 慶應義塾大】

9月19日(日)午後2時キックオフ 味の素フィールド西が丘 晴れ

 

順天堂大の先発は、GK1後藤佑介、最終ラインは右から2後藤裕二、3山﨑大地、8赤澤蓮、16海老澤諒、中盤の底にゲームキャプテンの17寺山翼、その前に7樋口堅大、10小林里駆、右に19林勇太朗、左に6白井海斗、前線には25清水勇貴。

 

キャプテンも務める小川真輝はベンチスタート。

 

慶應義塾大の先発は、GK21村上健、最終ラインは右から3酒井綜一郎、5小林誉貴、30山口紘生、ボランチは2小山内慎一郎、10松本雄太、右に7山本献、左にキャプテンの14橋本健人、2シャドーに13新津裕也、19齊藤滉、前線には24塩見亮太。

 

第1試合と同様に、青空の下、始まった試合。立ち上がりは慶應が浮き球をエリア前に入れ、揺さぶりに。しかし、順天堂は林も低い位置まで下がり、時には5バック気味に。エリア前では寺山が好カバーを見せ、攻撃の芽を摘んでいきます。

 

順天堂も白井海斗のエリア外右を狙ったパスに、林が抜け出しそうになるなど、おびやかしに。6分には、樋口から右へ展開。林が切り返して、クロスを上げると遠いサイド、白井海斗が迫りますが、慶應の守りがカバー。直後には左サイドからエリア左へ進入した白井海斗が折り返しますが、慶應の守りも集中しており、クリアしていきます。

 

順天堂がボールをにぎる展開は続き、後藤が右サイドの高い位置へ上がりクロスを入れるなどし、中盤で寺山や樋口、小林がよく絡み、清水も狭いスペースでうまいターンを見せ、慶應陣内で時間をつくっていきます。

 

15分には、清水のポストプレーから小林がエリア左へ。しかし、シュートは枠外。

 

一方の慶應も左サイドに開いた橋本が、きわどいクロスを入れていきますが、後藤佑介がセーブしていきます。

 

すると20分、先制点は順天堂へ。右サイドを仕掛けた小林が折り返すと、ボールはエリア内、樋口の足元へ。これを樋口が決めて、1-0。一歩前に出ます。

 

直後には慶應も、塩貝の仕掛けからコーナーキックを得て、橋本が左足で好ボールを入れていきますが、シュートには結びつかず。

 

30分には再び順天堂、後藤の右クロスに遠いサイド、白井海斗が迫りますが、さわることはできず。

 

32分には、新津のボール奪取から慶應が、齊藤や塩貝がかかわり、エリア前に迫る場面となりますが、最後には順天堂の体を張った守りが上回っていきます。

 

白井海斗や寺山がセカンドボールをよくものにし、山﨑や赤澤らがボールによく触れて、攻めの機会をうかがう順天堂。

 

43分には樋口のスルーパスに、林が抜け出しますが、慶應の守りがカバー。前半は1-0。順天堂がリードして、ハーフタイムとなります。

 

後半、慶應は新津に代わり18飯塚亮貴、塩貝に代わり11宮本稜大、齊藤に代わり16山田大敬と前線の3人を入れ替え。

 

立ち上がりには、小山内の右サイドを突くパスに、山本が上がっていき、クロス。これはクリアされ右サイドでのスローインに。その流れから、正面やや右で小山内がシュートを打ちますが、順天堂はブロック。

 

さらにエリア前でパスカットをしていくも、山﨑がカバーしていきます。

 

順天堂は、7分、林に代わり14新関成弥。流れを変えにいきますが、中盤でなかなかボールを動かせず。

 

9分には慶應、ボールを奪った小山内から左へ展開。橋本が高い位置へ。折り返しから山本がシュートを打ちますが、左へ。

 

順天堂は、負傷した樋口に代わり15安島樹。

 

さらに慶應は浮き球に、山本がいい動き出しを見せ、橋本がパス交換からエリア内へ抜けようとするなどして、順天堂の陣内へ。順天堂は小林も自陣に戻りコンパクトに対応していきます。

 

20分には、順天堂、後藤佑介のフィードにエリア左へ安島が抜け出しますが、慶應はここでもよく守り、シュートは打てず。

 

29分には、小林から右へ展開。後半はなかなか高い位置へ上がれなかった後藤裕二が抜け出していき、クロス。クリアされたボールをさらに拾って右へ展開。慶應がクリアし、右コーナーキックに。白井海斗が右足でボールを入れると、寺山が合わせますが、左へ。

 

さらに順天堂は、海老澤から受けた小林が一気にエリア左へ進入するなど、再びゴール前に迫る時間をつくっていきます。

 

34分には、順天堂、後藤裕二に代わり5小川真輝。順天堂は小林と白井海斗がよくかかわり、ボールを回していきます。

 

36分には、エリア外正面に顔を出した白井海斗がミドルシュートを打ちますが、左へ。

 

途中から新関を前、清水を右にするなど、位置を入れ替えた順天堂。39分には、小川真輝のスルーパスに、清水が高い位置へ。折り返しはシュートに結びつかなかったものの、チャンスを演出していきます。

 

41分には慶應、飯塚に代わり17田村祐二郎。42分には順天堂は、清水に代わり18長谷川悠人。

 

アディショナルタイムは2分。新関が仕掛けるなど追加点を狙う姿勢を見せながらプレーを重ねていき、試合はタイムアップ。1-0。勝利したのは順天堂となりました。

 

小川真輝の出場時間は短いものではありましたが、そのなかで好機も演出するプレーを見せ、守りでもしっかりプレーを積み重ねていったところを見られたことがとてもうれしいものがありました。

最後のシーズン、少しでも多くピッチに立ち、多くの人々が喜ぶような場面をつくっていきますように。活躍を楽しみにしています。

 

前半1-0 後半0-0 計1-0

 

得点:樋口堅大(順天堂)

 

順天堂大の先発:1後藤佑介、2後藤裕二、3山﨑大地、8赤澤蓮、16海老澤諒、17寺山翼(c)、7樋口堅大、10小林里駆、19林勇太朗、6白井海斗、25清水勇貴

 

交代:林→14新関成弥 樋口→15安島樹 後藤裕二→5小川真輝 清水→18長谷川悠人

 

控え:21廣濱顕哉 4長谷川光基 22石川拓磨 37白井寛大 13梶原豊

 

慶應義塾大の先発:21村上健、3酒井綜一郎、5小林誉貴、30山口紘生、2小山内慎一郎、10松本雄太、7山本献、14橋本健人(c)、13新津裕也、19齊藤滉、24塩見亮太

 

交代:新津→18飯塚亮貴 塩貝→11宮本稜大 齊藤→16山田大敬 飯塚→17田村祐二郎

 

控え:12荒貴史 4谷本竜一 29小山彬 6田嶋凛太郎 22眞木勇輝 

 

(文中敬称略)

試合を前にした小川真輝選手

白井海斗選手がシュート
清水勇貴選手と小林誉貴選手が競り合う
好機を演出した小林里駆選手
樋口堅大選手

樋口堅大選手が決め、順天堂が先制

慶應もセットプレーから迫る

出場に備える小川真輝選手

後半へ

小川真輝選手が交代でピッチへ

追加点のチャンスも演出した
1-0でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です