関東大学サッカーリーグ第15節・第5節(延期分) / フロンターレアカデミー出身の選手たち


関東大学サッカーリーグは、第15節を迎え、10月31日は1部の3試合と2部の1試合、11月1日は1部の2試合と2部の5試合が行われ、川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちも試合に臨みました。

また、11月4日には延期となっていた2部の第5節、日本体育大 vs 産業能率大も行われ、川崎フロンターレU-18出身の大曽根広汰が出場しています。

10月31日

髙岸憲伸選手


【関東大学サッカーリーグ1部第15節 立正大 vs 中央大】
11時キックオフ

前半1-1 後半1-0 計2-1

※中央大※
MF7髙岸憲伸(3年) フロンターレU-15→星稜 先発出場

立正大と中央大との一戦では、髙岸が先発出場。この日は83分までのプレーに。川崎そだちの記事にもあるように両チーム最多の5本のシュートを打つなど、存在感を見せていきました。

大曽根広汰選手㊨


【関東大学サッカーリーグ2部第15節 流通経済大 vs 日本体育大】
13時半キックオフ 

前半0-1 後半1-0 計1-1

※日本体育大※
MF11大曽根広汰(3年) フロンターレU-18 先発出場

流通経済大と日本体育大との一戦では、大曽根が先発に。この日は72分までの出場。川崎そだちの記事にあるとおり、攻守によく走り回り、チームに貢献していきました。

池谷祐輔選手


11月1日
【駒澤大 vs 筑波大】
午前11時キックオフ 
前半0-0 後半1-0 計1-0

※筑波大※
MF15池谷祐輔(3年) フロンターレU-18 控え  

駒澤大学と筑波大との一戦では、控えに池谷が入りましたが、この日は出場機会はなし。試合は93分に薬真寺孝弥がPKを決めて、駒澤が勝利しています。


早坂勇希選手
高吉正真選手
山田新選手㊨
小川真輝選手



【関東大学サッカーリーグ1部第15節 桐蔭横浜大 vs 順天堂大】
午後1時半キックオフ

前半0-0 後半1-2 計1-2

※桐蔭横浜大※
GK1早坂勇希(3年) フロンターレU-18 先発
DF35高吉正真(2年) フロンターレU-18 控え
FW26山田新(2年) フロンターレU-18 途中出場

※順天堂大※
DF19小川真輝(3年) フロンターレU-18 先発

桐蔭横浜大と順天堂大学との一戦では、桐蔭横浜は早坂、順天堂は小川が先発。桐蔭横浜の高吉、山田はベンチスタート。早坂はこの日もときにはエリア外に出て、組み立てにも加わり、正確なキックを見せていきましたが、55分、早坂の入れたボールをエリア外でカットした大森真吾がそのままシュートを打つと、これが先制点に。

小川は右SBとして、先発出場。せまいスペースを突くパスを出すなどし、守備でも桐蔭横浜の鳥海芳樹や岩下航に対して、味方と連係しながらうまく対応。89分までピッチに立ちました。  
 
山田は72分から出場。右サイドからの浮き球にエリア内へ飛び出す惜しい場面もつくり、ゴールへ迫りました。

試合は82分に寺沼星文が自ら得たPKで同点に。しかし、順天堂大が94分、フリーキックから上野瑶介が決め、順天堂が勝利することに。

試合後には、早坂、山田と、小川が健闘をたたえ合う嬉しくなる場面もありました。

 

浅倉廉選手



【関東大学サッカーリーグ2部第15節 拓殖大 vs 明治学院大】
午後1時半キックオフ
前半1-0 後半1-0 計2-0

※拓殖大※
MF28浅倉廉(1年) フロンターレU-15→静岡学園 控え

拓殖大と明治学院大との一戦では、浅倉は控えに入りましたが、この日は出場せず。試合は前半に小川開世のゴールで先制した拓殖大が後半に田中幸大が決め、2-0で勝利。日本体育大と引き分けた流通経済大を抜いて、首位に立つことになりました。

【関東大学サッカーリーグ2部第15節 立教大 vs 神奈川大】
前半0-0 後半2-1 計2-1

 

三本木達哉選手



※神奈川大※
DF18三本木達哉(3年) フロンターレU-15→流通経済大柏 先発

立教大と神奈川大との一戦では、先発した三本木はフル出場。試合は白川浩人のゴールで神奈川大が先制するも、立教大が宮倉樹里杏の2得点で逆転勝利しています。

11月4日
【関東大学サッカーリーグ2部第5節(延期分) 日本体育大 vs 産業能率大】
午後6時キックオフ

前半0-1 後半3-1 計3-2

※日本体育大※
MF11大曽根広汰(3年) フロンターレU-18 先発

日本体育大と産業能率大との一戦では、大曽根が先発フル出場。左MFに入り、後半にはエリア左から決定的なシュートを打つなどしていき、また、正面へ抜け出し、エリア右を突くパスで好機をつくるなど、好プレーを重ねていきました。

試合は城定幹大のゴールで23分に産業能率大が先制するも、後半、河村慶人と弓削翼のゴールで日本体育大が逆転。85分に川名連介のゴールで産業能率大が追いつきましたが、90分に河村慶人のこの日2ゴール目で勝ち越した日本体育大が勝利を飾っています。


関東大学サッカーリーグの第16節は、法政大 vs 筑波大が新型コロナウイルスの影響を受けて延期に。11月7日に1部の5試合と2部の2試合、8日に2部の残り4試合が行われます。


選手それぞれの活躍を楽しみにしています。


(文中敬称略)




CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です