フロンターレU18 – 横浜F・マリノスユース / Jユースリーググループステージ第6戦


9月23日、富士通スタジアム川崎ではJユースリーググループステージが行われ、川崎フロンターレU-18は第6戦目にあたる第8節、横浜F・マリノスユース戦との試合に臨みました。

フロンターレはJユースリーグを5試合終えて、5連勝。勝ち点15、得点18、失点7で首位。マリノスは、2勝1分け2敗、勝ち点は7、得点は15、失点は13で2位という成績。


なお、本来はグループステージを突破したチームによるノックアウトステージが行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止となっています。


【川崎フロンターレU-18 Jユースリーグ第8節 vs 横浜F・マリノスユース】
9月23日(木)午後2時半キックオフ 富士通スタジアム川崎 晴れ

フロンターレの先発は、GK21菊池悠斗、最終ラインは右から27戸田将、ゲームキャプテンの22信澤孝亮、41髙橋悠斗、36江原叡志、ボランチは30由井航太、24吹田航晟、右MF23川口達也、左MF40瀬谷海斗、トップ下14大瀧螢、前線には34岡崎寅太郎。


マリノスの先発は、GK20福井大次郎、最終ラインは右から28舩木大輔、29梶原陽翔、30畑野優真、37池田春汰、ボランチはゲームキャプテンの8篠原佑岳、25細川颯、右に27松村晃助、左に13島田春人、トップ下40井川晴貴、前線には9内野航太郎。


秋分の日であることを忘れるような、夏のような汗ばむ陽気、青空の下、キックオフとなった試合。立ち上がりは、マリノスが福井に、梶原や畑野が開き、後ろからボールを動かす展開に。1分には池田の左サイドを突くパスに、島田が抜け出しそうになりますが、菊池が前に出てクリアしていきます。


一方のフロンターレも、セカンドボールを拾った吹田が左サイドを突くパス。瀬谷が抜け出しそうになりますが、マリノスは梶原がカバー。ともに、攻めにつながりそうなところを突き、それに守備がしっかり対応する、締まった展開での立ち上がりとなります。

 

後ろからじっくり回していこうとするマリノスに対して、フロンターレは大瀧が福井に厳しい寄せを見せ、マイボールのスローインにするなど、高い位置からボールを奪いに。


5分には、由井が中でボールをカット、右サイドに流れた大瀧へつなげ、大瀧は左サイドを突くパスを出すと、瀬谷が抜け出し、エリア外左でシュート。右にそれたものの、チャンスに。


一方のマリノスも、7分には篠原の右サイドを突くパスに、細川が抜け出し、エリア外右へ。折り返しはサイドネットをたたいたものの、うまく裏を取りに。それでもフロンターレは、マリノスが高い位置からプレスをかけてくる場面では、由井らがフォロー。うまく剝がして、前にボールを運ぶ場面をつくっていきます。


吹田のパスを岡崎がおさめ、受けた大瀧から右へ展開し、川口のパスに戸田が高い位置へ上がっていくなど、相手陣内での時間を増やしていくフロンターレ。8分には、左サイドから岡崎が持ち上がり、右へ展開。受けた川口が切れ込んで放ったシュートは左へそれたものの、うまく連係していきます。

 

マリノスも、切り替えの良さを見せ、攻めをしのいだところから、内野にボールを入れ、起点をつくろうとしていきますが、信澤が粘り強い対応を見せていきます。

 

すると14分、フロンターレは右サイドのスローインから、岡崎がエリア外右でファールを受け、フリーキックに。キッカーは川口。直接左足で放ったシュートは、ゴールネットを揺らして、1-0。先制のゴールはフロンターレへ。


マリノスは、間で井川が受け、前に持ち出そうとしますが、吹田がうまく体を入れ、前に生かせず。さらに左サイド、島田のパスに、池田が高い位置へ上がっていきますが、川口が戻り、体を張り、折り返しをブロック。さらに信澤が、内野にボールが入る場面では、出足の良い守備を見せ、そこから攻めにつなげていきます。

 

19分には、川口がカット。そのスルーパスに岡崎が抜け出しそうになりますが、マリノスのGK福井が前に出て、篠原につながるようなかたちで対応。そこから左サイド、島田が仕掛けていきますが、フロンターレは吹田、戸田がカバー。ともに攻守の切り替えの良さを見せていきます。

 


21分にはマリノス、左サイド、池田のパスに、島田が抜け出し、エリア外正面へ切れ込み、ミドルシュートを打ちますが、上に。


さらに細川のスルーパスに、右サイド、松村が抜け出しますが、高橋悠斗がカバーしていきます。

 

 

23分には、フロンターレ、吹田から由井とつないで、由井が中央から右へ。その浮き球に、エリア外左へ瀬谷が抜け出しそうになりますが、オフサイド。


さらに大瀧が高い位置でボールをカット。エリア左へ持ち込み、エリア内、岡崎へパスを出そうとしますが、マリノスの守備に遭い、左サイドでのスローインに。


受けた瀬谷から江原とつなげ、江原の折り返しはマリノスがブロック。左コーナーキックとなり、川口がボールを入れると、信澤が左足でシュートを打ちますが、これは上にそれていきます。

 

飲水タイムをはさんで、細川が内野に縦につけて、そこから攻めに持ち込もうとするマリノス。しかし、フロンターレは信澤がカット。すぐさま大瀧に入れて、攻めを試みに。

 

29分には、吹田のスルーパスに、岡崎が抜け出し、前に出て阻もうとした福井を交わしますが、シュートはマリノスの好カバーに遭い、追加点とはならず。

 


マリノスも直後には、高い位置でボールをカット。しかし、高橋悠斗が戻り、防いでいきます。

 

32分にはマリノス、フロンターレにハンドがあり、エリア外右でフリーキックを得ると、セカンドボールを拾い、島田や舩木が立て続けにクロスを入れていきますが、信澤や由井がエリア内で対応。さらに左から池田のクロスが入りますが、菊池がセーブ。

 

35分にはフロンターレ、由井が奪い、右サイドに流れた岡崎へ展開。前に持ち出した岡崎は、正面へ抜け出した大瀧へつなげようとしますが、マリノスの守備が阻み、攻めに転じたマリノスは、サイドチェンジに右サイドを松村が抜け出しそうになりますが、江原がカバー。


40分には、マリノス、右サイドから松村が入れたクロス、正面やや右、走り込んだ篠原がシュートを打ちますが枠外。


さらに左へ流れた内野が起点となり、抜け出した舩木がシュートを打ちますが、上。直後には篠原の縦パスに、井川がエリア右へ。フロンターレの守りが阻んだところ、ルーズボールを拾った細川がミドルシュートを打ちますが、左。


立て続けのマリノスの攻めにも、コンパクトにして対応していくフロンターレ。45分には左サイドのスローインから岡崎、大瀧とエリア近くでつなぎ、大瀧のパスに川口がエリア外右へ。福井と1対1の局面となりますが、池田がすばやく戻り、カバーする好守で追加点とはならず。

 

前半は1-0でタイムアップとなります。

 

 

後半フロンターレは、大瀧に代わり42髙橋宗杜が入り、前線。吹田に代わり43元木湊大が入り、右MF、川口がボランチに。


マリノスは、井川に代わり、7白須健斗が入り右に。松村がトップ下へ。

 

立ち上がりには、中央で川口がボールをカット。左サイドを突くパスを出すと、瀬谷が抜け出し、瀬谷のパスに正面で岡崎がシュートを打ちますが、マリノスはブロック。


さらにフロンターレは由井が髙橋宗杜を走らせるように浮き球を入れ、拾った瀬谷のパスに、髙橋宗杜が走り込んでいきますが、マリノスの守りが阻み、シュートまではいけず。

 

すると、試合は左サイド、島田や池田を起点にマリノスの流れに。内野もボールをおさめ、起点となり、フロンターレのエリア近くに迫る時間が続いていきます。

4分には内野のパスに、松村がエリア左へ。しかし、菊池が前に出て、ボールをセーブする好守。直後には、右サイド、舩木が折り返すも、エリア内で信澤がクリア。正面で拾った篠原のミドルシュートは枠をとらえますが、菊池がセーブ。


10分には、左サイドからマリノス、島田が仕掛け、さらに高い位置へ上がった池田が折り返しますが、信澤がブロック。

 

12分にはフロンターレ、中央で受けた由井のスルーパスに、岡崎が抜け出しそうになりますが、福井がセーブ。


13分にはマリノス、立て続けにクロスを入れていきますが、江原がしぼり、最後には左クロスを菊池がセーブ。しかし、江原が足をつり、ピッチの外へ。

39中原章雅が入り、左MF、瀬谷が右MF、元木が右SBとなります。

 

16分にはマリノス、福井のフィードが、左サイドの高い位置へ開いた池田へ。池田が地を這うようなボールを入れると、正面で松村がシュートを打ちますが、右。

直後にもマリノス、池田から右へ展開。クロスが上がると、正面で細川がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、コーナーキックに。


キッカーの篠原が入れたボールは、菊池がパンチングで阻むも、エリア外左、こぼれ球を拾った島田のシュートが決まり、1-1。試合は同点に。

 

フロンターレはここで戸田に代わり44佐藤颯人が入り右SBに。


なおも福井がエリア外に出て、後ろからボールを動かしながら、正確なフィードなどでチャンスメークをいてくるマリノス。フロンターレは、なかなか中盤でボールを動かせない時間が続いていきます。


24分にはマリノス、福井のフィードに、島田が左サイドを抜け出し、エリア内へ仕掛け、フロンターレはこれに対してファール。フリーキックとなり、篠原が直接狙うと、ボールはポストに。ゴールにこそなりませんでしたが、おびやかしていきます。

 

飲水タイムをはさんで、30分にはマリノス。篠原から左へ展開。島田が折り返すと、エリア正面、内野がダイレクトでシュート。これがゴール右へ決まり、1-2。フロンターレは追いかける展開に。

 

フロンターレはここで瀬谷に代わり38志村海里。


32分にはフロンターレ。川口の左サイドを突く浮き球に、中原が抜け出し、仕掛けて折り返し。正面、走り込んだ由井がミドルシュートを打つも上に。得点とはなりませんでしたがチャンスをつくります。

 


岡崎が右サイドへ流れ、由井が前に出て、そのパスに志村が動き出すなどし、相手陣内での時間を増やしていくフロンターレ。

 

35分には、信澤の浮き球がエリア外右へ。これに走り込んだ岡崎が巧みにボールをおさめ、鋭いターンからシュートを打つと、これが決まり、2-2。フロンターレが追いつきます、


その直後には右サイド、仕掛けた岡崎が高い位置へ。折り返していくと、正面やや右で髙橋宗杜がシュート。これがゴールへ決まり、3-2。35分、36分と立て続けのゴールでフロンターレは逆転します。

 

その4分後にはフロンターレ、由井の浮き球を岡崎が競り、左サイドを抜け出したのは中原。鋭い仕掛けを見せ、エリア左へ向かっていき、折り返すと、遠いサイド、押し込んだのは志村。4-2。フロンターレがさらに突き放します。


直後にはマリノス、右コーナーキック、篠原のボールに内野が頭で合わせますが、上に。44分には、福井の左サイドを突くフィードに抜け出した島田がエリア外左、あまり角度のないところからミドルシュート。枠をとらえますが、菊池が好セーブを見せ、得点とはさせず。

 

フロンターレはさらに、由井のパスに岡崎がエリア右へ仕掛けていくなど、次の1点を狙う姿勢を見せ、髙橋宗杜が前からプレス。元木が出足の良い守りを見s留などしていきます。


47分には左サイド、島田のパスに、池田が左サイド高い位置へ。フロンターレの守りが阻んだところ、内野が仕掛け、左から折り返しますが、信澤がカバー。髙橋宗杜につなげ、相手陣内でプレーする姿勢を見せていきます。


49分委はパス交換から正面へ白須が顔を出しますが、元木が前に出てカット。シュートは打たせず。


試合はタイムアップとなり、4-2。いったんはマリノスに逆転されながらも、それを跳ね返した選手たちのたくましさを感じさせられる、楽しみなかたちで、フロンターレは勝利をおさめました。


ここまでゴールを重ねている岡崎(8ゴール)、川口(4ゴール)に加え、髙橋宗杜、志村に初得点が生まれたことも、これからに大きくつながるものになると思います。Jユースリーグは残すは横浜FCユース戦と柏レイソルU-18戦の2試合。実りの大きな試合になりますように。選手たちそれぞれの活躍を楽しみにしています。


前半1-0 後半3-2 計4-2

得点:川口達也、岡崎寅太郎、髙橋宗杜、志村海里(フロンターレ) 島田春人、内野航太郎(マリノス)

 


フロンターレの先発:21菊池悠斗、27戸田将、22信澤孝亮(c)、41髙橋悠斗、36江原叡志、30由井航太、24吹田航晟、23川口達也、40瀬谷海斗、14大瀧螢、34岡崎寅太郎

交代:大瀧→42髙橋宗杜 吹田→43元木湊大 江原→39中原章雅 戸田→44佐藤颯人 瀬谷→38志村海里

控え:16宮地健輔 28小林優仁


マリノスの先発:20福井大次郎、28舩木大輔、29梶原陽翔、30畑野優真、37池田春汰、8篠原佑岳(c)、25細川颯、27松村晃助、13島田春人、40井川晴貴、9内野航太郎

交代:井川→7白須健斗

控え:21関野喜平 32中尾洸稀 33清水春樹

 

(文中敬称略)

 

宮地健輔選手
岡崎寅太郎選手
志村海里選手、佐藤颯人選手、中原章雅選手
佐藤颯人選手
戸田将選手
元木湊大選手
志村海里選手
髙橋宗杜選手

名賀海月選手
尾川丈選手
岡田泰輝選手
宮地健輔選手
濱崎知康選手
瀬谷海斗選手
信澤孝亮選手
由井航太選手

髙橋悠斗選手
福田開人選手
試合を前にした選手たち

川口達也選手。信澤孝亮選手はゲームキャプテンを務めた

フロンターレの先発メンバー

吹田航晟選手
菊池悠斗選手
大瀧螢選手
川口達也選手
由井航太選手
信澤孝亮選手
瀬谷海斗選手
髙橋悠斗選手

菊池悠斗選手
由井航太選手
岡崎寅太郎選手
戸田将選手
髙橋悠斗選手
瀬谷海斗選手
江原叡志選手
由井航太選手
戸田将選手

戸田将選手
フリーキックのキッカーを務めた川口達也選手

先制点はフロンターレへ

吹田航晟選手
吹田航晟選手

岡崎寅太郎選手
瀬谷海斗選手
由井航太選手
菊池悠斗選手
江原叡志選手
江原叡志選手
大瀧螢選手
大瀧螢選手
江原叡志選手
信澤孝亮選手がシュートを打つ
吹田航晟選手

戸田将選手
菊池悠斗選手
大瀧螢選手
江原叡志選手
大瀧螢選手
信澤孝亮選手
戸田将選手
髙橋悠斗選手
信澤孝亮選手

川口達也選手のシュートはマリノスの好守に阻まれた
志村海里選手
佐藤颯人選手
中原章雅選手
元木湊大選手
小林優仁選手
髙橋宗杜選手
佐藤颯人選手
宮地健輔選手
小林優仁選手
後半へ
髙橋宗杜選手
元木湊大選手
菊池悠斗選手
川口達也選手
瀬谷海斗選手
岡崎寅太郎選手
江原叡志選手
元木湊大選手
元木湊大選手
戸田将選手、川口達也選手
川口達也選手
元木湊大選手

髙橋悠斗選手
髙橋宗杜選手

島田春人選手が決め、同点に

瀬谷海斗選手
中原章雅選手
佐藤颯人選手

佐藤颯人選手
岡崎寅太郎選手
川口達也選手
川口達也選手

内野航太郎選手が決めマリノスが勝ち越し
中原章雅選手

志村海里選手
菊池悠斗選手
志村海里選手
髙橋宗杜選手
岡崎寅太郎選手が抜け出す

2-2に

岡崎寅太郎選手

髙橋宗杜選手がシュート

3-2に

再びフロンターレがリード
髙橋宗杜選手
髙橋悠斗選手
志村海里選手
岡崎寅太郎選手
中原章雅選手が仕掛ける

志村海里選手が決め4-2

佐藤颯人選手
菊池悠斗選手が好守を見せる

岡崎寅太郎選手

信澤孝亮選手
髙橋宗杜選手
髙橋悠斗選手
元木湊大選手
4-2でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です