フロンターレU12 – アルビレックス新潟U12 / 全日本U12サッカー大会グループリーグ第1節


12月26日は鹿児島県鹿児島市のふれあいスポーツランドへ。

U-12年代の日本一を決める、全日本U-12サッカー選手権大会が開幕し、神奈川県大会を制して3年ぶり6回目の出場を決めた川崎フロンターレU-12も、グループリーグに臨みました。


大会には全国の予選を勝ち抜いた48チームが出場、4チームずつ12のグループに分かれてリーグ戦を行い、首位の12チームと各グループの2位のうち上位4チームが決勝トーナメントへ進むことができます。



フロンターレは、アルビレックス新潟U-12、バンディッツいわきジュニア、串本ジュニアFCと同じグループKに入りました。






【川崎フロンターレU-12 全日本U-12サッカー選手権大会グループリーグ第1節 vs アルビレックス新潟U-12】
12月26日(日) ふれあいスポーツランド ピッチ5 20分ハーフ くもり 8人制

初戦の対戦相手は、アルビレックス新潟。

フロンターレの先発は、GK1荒井隆成、最終ラインは右から13藤間貴洋、5笹倉拓真、キャプテンの6坂井暉絃、中盤に4今廣遥碧、右に15川田朔太郎、左に10木村風斗、前線には11全天海。

新潟の先発は、GK1佐藤壮太、最終ラインは右から15本間陽光、5萱場明、4安藤創蕾、中盤はキャプテンの7阿部心、10長谷川翔、前線には9石本旺二郎、11ビスタ慈恩。


全国的に寒波に見舞われたこの日。南国の鹿児島でも朝から雪がちらつき、雲の切れ間から太陽が顔を出す一方で時折小雪が舞う気候に。それでもピッチの脇に設けられた観客席では、両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。


立ち上がり、ラインを高く保ち前に出ていくのはフロンターレ。中盤の今廣のパスを収めた全がうまく反転。左サイド、高い位置の坂井へつなげていくなどして、新潟陣内で時間をつくり、右サイドでは川田、さらには藤間が高い位置へ顔を出すなどし、押し込んでいきます。


2分には、藤間が仕掛けていくと、新潟にファールがあり、エリア外右でのフリーキックに。キッカー、藤間が右足でボールを入れると、エリア外正面でこぼれ球を拾った川田がミドルシュートを打ちますが、新潟は体を張って阻んでいきます。


3分には、川田の縦パスに、全がエリア正面へ。仕掛けていきシュートを打つも、ワンタッチあり、右コーナーキックに。藤間がボールを入れ、セカンドボールを拾ったフロンターレは、正面の今廣から左へ展開。坂井の折り返しはクリアされましたが、次々にゴールへ向かう動きを続けていきます。


さらにスローインの流れから全がエリア外左に持ち込み、きわどいシュートを打つなどしていくフロンターレ。4分には全が左サイドを仕掛けて折り返すと、木村のシュートが決まり、1-0。フロンターレがついに先制します。




直後には、新潟も左サイドを長谷川が仕掛けていきますが、、藤間が粘り強く対応。エリア内へは近づかせず。6分には本間がエリア外右へ持ち込み、ミドルシュートを打とうとしていきますが、木村がブロック。フロンターレも体を張った守備を見せていきます。


すると、6分、フロンターレは中央で木村がカットし、前へ。川田、全も上がっていき、新潟の選手を引き付けていくと、木村はエリア外正面でミドルシュート。GK佐藤の頭上を抜くかたちで決まり、2-0。



フロンターレは、さらに左サイドに寄った今廣が右サイド、高い位置を突くパスを出すと、おさめた川田が仕掛けていくなど、長いボールも交えていき、最終ラインの笹倉、坂井もボールに多く触れながら前に出ていきます。



10分には、高い位置で木村がカット。仕掛けて左から折り返すと、正面で全がシュートを打ちますが、右へ。新潟は左サイドから攻めに持ち込もうとしていきますが、今廣が粘り強く体を入れ、それをさせず。さらに高い位置で木村や全が厳しくボールを奪いにいき、フロンターレは高い位置でボールをものにする場面をつくっていきます。



11分には、木村から正面の全へつながり、全のパスに川田がエリア右へ。シュートを打ちますが、佐藤がセーブ。




さらに坂井から木村、木村から全とテンポよくボールを動かし、エリア前でプレーを重ねていくフロンターレ。

13分には、今廣の縦パスをおさめた全から右へ展開。川田が仕掛けて折り返すと、エリア内へ木村が飛び込みますが、惜しくもさわれず。


直後には、全がエリア内へ仕掛け、相手をかわしてシュートを打つと、これが決まり、3-0。


後ろから組み立てを図りにいく新潟に対し、前から連動して奪いにいき、さらに相手陣内で時間を重ねるフロンターレ。14分には、今廣の右サイドを突くパスを川田がおさめ、川田から藤間へつながり、藤間は正面へパス。今廣のミドルシュートは枠をとらえますが、佐藤がセーブ。

16分には、さらにフロンターレ、高い位置で木村や全が奪いにいくと、エリア内で全がカット。シュートを決めて、4-0に。


直後には、エリア外正面へ藤間が持ち込みミドルシュートを打ちますが、佐藤がセーブ。

コーナーキックのセカンドボールも拾い、流れを渡さずにプレーを重ねていくフロンターレ。18分には今廣のスルーパスに、川田がエリア正面右へ。シュートを打つと、またも佐藤の頭上を抜くかたちで決まり、5-0。


アディショナルタイムは1分。パスを出し、そこから前に出て、また受けてとプレーを重ね、次々にエリア内へ顔を出していくフロンターレ。21分には、今廣から左へ展開。坂井へつながり、坂井のパスに川田がエリア右へ。シュートを打ちますが、ボールはポストへ。前半は5-0でタイムアップとなります。



後半フロンターレは、GK16小村風人、最終ラインは右から22望月楓矢、5笹倉拓真、6坂井暉絃、中盤は14中野大虎、右に15川田朔太郎、左に8土屋瑛大、前線には9オビオラ クリスティアン チノンソ龍。5人を交代してのスタートに。


立ち上がりには、高い位置でボールをカット。中野がエリア正面へ。シュートを打つも佐藤がセーブ。さらに前からのプレスでボールをものにし、坂井のスルーパスに、オビオラがエリア正面へ。シュートは佐藤に阻まれたものの、後半も立ち上がりからフロンターレがチャンスをつくっていきます。


坂井や望月が最終ラインでボールを動かし、高い位置では川田や全、中野がかかわりあいながら前に出ていくフロンターレ。4分にはエリア内で川田が新潟のボールをカット。かわしてシュートを打つと、これが決まり、6-0。フロンターレは突き放します。



フロンターレはさらに坂井が左サイドから上げたクロスを、土屋がおさめ、時にはサイドを変えながら前へ。相手にボールが渡りそうになっても、中央へしぼった望月が奪い返すなどしていきます。



5分には、新潟、正面でおさめた石本から受けた長谷川が、エリア正面やや右でシュートを打ちますが、小村がセーブ。さらに新潟は、石本が高い位置で仕掛けていきますが、フロンターレは土屋が戻り、コンパクトにして対応していきます。


フロンターレは6分、坂井に代わり2菅原啓太。


7分にはフロンターレ。正面からエリア右へ仕掛けたオビオラが折り返すと、走り込んだ土屋がダイレクトで決めて、7-0。


フロンターレはさらに笹倉のフィードに、オビオラが動き出すなど、長いボールも交えていき、8分には、望月のパスに川田がエリア外右へ。シュートは枠をとらえられませんでしたが、ゴールをおびやかしていきます。


9分には、スルーパスにオビオラがエリア正面へ。倒れ込みながらもシュートを打つとこれが決まり、8-0に。



フロンターレはさらに新潟の攻めに対して、望月がよく中へ絞り、カバー。中野も中央で奪ってそこから前に出ていき、守りから攻めへつなげるなどしていきます。



10分には新潟、右サイドからの攻めに。折り返しますが、笹倉がブロック。さらに正面でシュートを打ちますが、小村がセーブ。直後には中へしぼった菅原がカット。受けた中野のスルーパスに、オビオラが反応しますが、シュートまではいけず。さらに土屋が戻ってマイボールにするなど、フロンターレは攻守によくプレーを重ねていきます。


12分にはオビオラに代わり3松田朋也、笹倉に代わり13藤間貴洋、川田に代わり7山下凛太郎。


14分には新潟、スルーパスにビスタがエリア右へ。小村との1対1となりますが、望月が倒れ込みながらもブロック。好カバーを見せて、阻んでいきます。


フロンターレは15分には、土屋が右サイドを仕掛け、左サイドに展開。菅原のパスに川田が正面へ。川田のパスに走り込んだ望月がミドルシュートを打つも右へ。


16分には新潟、長谷川が中央を仕掛け、最後はエリア正面、ビスタのシュートがゴール右へ決まり、8-1。新潟もここでゴールを奪っていきます。


1点を返されたフロンターレは、17分には中野の縦パスに抜け出した土屋が左クロスを送ると、松田が飛び込みますが、佐藤がセーブ。


さらにフロンターレは小村や藤間、菅原らが受けながら動かしていき、中央では中野が奪ってそのまま前に出ていくなどしていき、望月の浮き球をうまく間で山下がおさめるなどし、プレーを重ねていきます。


20分には、菅原と縦パスから、土屋が左サイドを仕掛け、切れ込んでシュートを打ちますが、ワンタッチあり決まらず。

左コーナーキックとなり、セカンドボールを拾い、中野が左クロスを入れますが、佐藤がセーブ。試合はタイムアップとなり、8-1。

多くのゴールを奪い、トップチームのように、高い位置から奪いにいく姿勢を続けたことが印象的なかたちで、フロンターレは初戦を白星でスタートさせることになりました。

前半5-0 後半3-1 計8-1

得点:木村風斗2、全天海2、川田朔太郎2、土屋瑛大、オビオラ クリスティアン チノンソ龍(フロンターレ) ビスタ慈恩(アルビレックス)

フロンターレの先発:1荒井隆成、13藤間貴洋、5笹倉拓真、6坂井暉絃(c)、4今廣遥碧、15川田朔太郎、10木村風斗、11全天海

交代:荒井→16小村風人 藤間→22望月楓矢 今廣→14中野大虎 木村→8土屋瑛大 全→9オビオラ クリスティアン チノンソ龍 坂井→2菅原啓太 オビオラ→3松田朋也
  笹倉→藤間 川田→7山下凛太郎


(文中敬称略)

試合を前に石川邦明監督の話を聞く選手たち

川田朔太郎選手
藤間貴洋選手
木村風斗選手

川田朔太郎選手
今廣遥碧選手
全天海選手
荒川隆成選手
全天海選手が仕掛ける

木村風斗選手が決めフロンターレが先制

笹倉拓真選手
全天海選手
木村風斗選手

ふたたび木村風斗選手が決め2-0
川田朔太郎選手
笹倉拓真選手
荒井隆成選手
今廣遥碧選手
全天海選手が決め3-0

坂井暉絃選手
ふたたび全天海選手が決め4-0

坂井暉絃選手
今廣遥碧選手
川田朔太郎選手
川田朔太郎選手が決め5-0

川田朔太郎選手
笹倉拓真選手
笹倉拓真選手
荒井隆成選手
坂井暉絃選手
ハーフタイムの選手たち
望月楓矢選手
小村風人選手
中野大虎選手
中野大虎選手

オビオラ クリスティアン チノンソ龍選手
土屋瑛大選手
望月楓矢選手

川田朔太郎選手

川田朔太郎選手が決め6-0

土屋瑛大選手

坂井暉絃選手
土屋瑛大選手
笹倉拓真選手
土屋瑛大選手が決め7-0

土屋瑛大選手
菅原啓太選手
土屋瑛大選手
オビオラ クリスティアン チノンソ龍選手が決め8-0

笹倉拓真選手
菅原啓太選手
小村風人選手
菅原啓太選手
川田朔太郎選手
藤間貴洋選手
藤間貴洋選手
中野大虎選手
松田朋也選手
山下凛太郎選手
山下凛太郎選手
松田朋也選手
松田朋也選手

山下凛太郎選手
中野大虎選手
藤間貴洋選手
藤間貴洋選手
山下凛太郎選手
望月楓矢選手
8-1でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。