フロンターレU15 – 栃木SCジュニアユース / 関東ユース


7月24日、壬生町総合運動公園ではメトロポリタンリーグに続いて、川崎フロンターレU-15が栃木SCジュニアユースと対戦しました。関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部、4月の対戦では3-5、勝者は栃木SCとなっています。

【川崎フロンターレU-15 関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第17節vs栃木SCジュニアユース】
7月24日(日)午後2時34分キックオフ 壬生町総合運動公園 晴れのちくもり 40分ハーフ

フロンターレは前節三菱養和調布に3-1で勝ち、7勝4分け5敗、5位。先発はGK21川合我空、DFは右から5森璃太、9ディアウ勇守歩、20澤田泰大、15栗田悠巨、ボランチは14山内日向汰、18佐藤聖真、右MF6黒川海翔、左MF7中島大成、トップ下13安田捷人、FWキャプテン10宮城天。このうち、川合は二年生。

栃木SCは9勝4分け3敗の首位。12チームがホーム&アウェーで対戦するリーグ戦は残り6試合となっており、フロンターレとしては1部への昇格圏の2位以内に入るために勝っておきたいところ。

キャプテンの宮城が一人一人にタッチをして、ピッチへ入ったフロンターレの選手たち。

4分には栃木SC、コーナーキックから4番がエリア左、ニアにシュートを打ちますがこれには川合が対応。さらにエリア外から10番が狙いますが、しっかりと川合がキャッチ。

フロンターレも8分には安田、山内、佐藤がパス交換をしてエリア内へ迫りますが、GK1番の好守に阻まれてシュートには至らず。次第にパスが回るようになり、12分にはエリア右、山内が進入するもここはブロック。さらにディアウのフィードをエリア前で宮城がおさめますが、DFに体を寄せられシュートは打つことはできず。しかし、ゴール前での場面が増え、また、前からうまくプレスをかけていきます。

15分には高い位置でボールを奪ったディアウが持ち上がり、エリア外右からミドルシュートを放つも右へ。18分には山内の縦パスを受けた安田が左へはたいて、中島がクロスを入れますがこれには誰もさわれず。栃木SCも22分には右から左へと展開し、最後は10番がシュートを打つもここはブロック。

給水タイムをはさんだあともボールを保持しつつ、いい距離感のフロンターレ、26分には栗田のドリブルから最後はエリア内左、宮城がゴールへ迫りますが、これは栃木SCの選手がクリア。さらに山内のパスからエリア内左、栗田がシュートを打つもこれはGK1番が対応。

栃木SCもしっかりした守備を見せますが、先制点はフロンターレに。31分右サイド、高い位置で黒川がボールを奪い、エリア前へボールを送るとこれを受けた安田が放ったシュートはゴールネットを揺らします。1-0。

その後も山内のパスや中島、栗田の左サイドの連係からゴールをおびやかす時間が続きましたが、1-0。フロンターレがリードして前半は終了となります。

後半からメトロポリタンリーグを終えたフロンターレと栃木SCの選手たちがスタンドから声援を送るように、3分には栃木SCがエリア外右でフリーキックを得ると10番がファーで合わせますが左へ。4分にはフロンターレ、山内がドリブルで持ち上がり、エリア外正面からシュートを打つも上へ。

9分には栃木SC、左サイドからカウンターでゴールに迫りますが、佐藤がうまく寄せてラインを割らせる好守。14分には右クロスにニアで合わせた13番のシュート。しかし、これは右へ。17分にはフリーキックをしのいだ栃木SCのカウンター、左から展開しエリア右5番がシュートを打つも右へ。次第に栃木SCの攻撃の場面が増えていきます。

フロンターレも20分には宮城が黒川のパスに抜け出しますが、ここは、GK1番が飛び出してシュートは打てず。さらに山内からボールを受けた安田のスルーパスにエリア内、宮城が抜け出てGKと1対1に。追加点の最大のチャンスとなりましたが、宮城のシュートはわずかにさわられ、好守の前にコーナーキックに逃れられて、決めることはできず。

ここでフロンターレは中島に代わって11有田恵人が入り右MF、黒川が左MFに。
宮城のシュートで得たコーナーキック、山内のボールに栗田が合わせますが、これは上へ。

追加点を狙いつつも栃木SCの反撃を抑えてきたフロンターレ。しかし、31分のコーナーキック、4番のボールに7番が頭で合わせるとこれがネットを揺らして1-1。追い付かれてしまいます。

34分にはエリア外正面でフロンターレが得たフリーキック、山内が直接狙いますが、わずかに上へ。

栃木SCも勝ち越しを狙い、35分には右クロスからエリア内10番のシュート。枠をとらえられますが、ここは佐藤がカバーする好守。リードは許さず。

終盤にかけてはオープンな展開となって互いにゴールへ迫る場面が増していきますが、シュートにつなげていけたのはフロンターレ。37分には、有田が右サイドから仕掛けて、宮城がエリア前、シュートを打ちますがこれは右へ。さらに山内のパスを受けた宮城がシュートに持ち込みますが、これも右へ。ロスタイムには黒川に代えて2山崎健翔を入れたフロンターレでしたが、試合は1-1で終了。互いに勝ち点1を分け合うことになりました。

引き分けとなりましたが、首位相手にがっぷり四つといった印象の好ゲーム、見ごたえがありました。リーグ戦は9月まで中断となり、フロンターレは8月15日から日本クラブユース選手権に臨むことになります。全国の舞台でもまれて、さらに力をつけたチームの姿を楽しみにしています。

前半1-0 後半0-1 計1-1

得点:安田捷人(川崎フロンターレ)

フロンターレの先発:21川合我空、5森璃太、9ディアウ勇守歩、20澤田泰大、15栗田悠巨、14山内日向汰、18佐藤聖真、6黒川海翔、7中島大成、13安田捷人、FW10宮城天=cap

交代:中島→11有田恵人 黒川→2山崎健翔

控え:19黒澤凌平 3有山佑汰 4道間雄生 8小澤星夜

(文中敬称略)

円陣を組むフロンターレの選手やスタッフ
円陣を組むフロンターレの選手やスタッフ
試合を前にリラックスした表情も
試合を前にリラックスした表情も
タッチをかわして試合へ
タッチをかわして試合へ
日本クラブユース選手権関東予選で優勝するなど好調が続く
日本クラブユース選手権関東予選で優勝するなど好調が続く
先発メンバー
先発メンバー
いざ試合へ
いざ試合へ
先発のGKは川合我空選手
先発のGKは川合我空選手
栃木SCの攻撃にしっかりと対応
栃木SCの攻撃にしっかりと対応
山内日向汰選手、佐藤聖真選手
山内日向汰選手、佐藤聖真選手
ディアウ勇守歩選手はこの日もCBでの出場
ディアウ勇守歩選手はこの日もCBでの出場
安田捷人選手
安田捷人選手
澤田泰大選手
澤田泰大選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
宮城天選手
宮城天選手
黒川海翔選手
黒川海翔選手
佐藤聖真選手
佐藤聖真選手
左サイドでの攻防
左サイドでの攻防
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
ディアウ勇守歩選手
ディアウ勇守歩選手
アップをする道間雄生選手
アップをする道間雄生選手
中島大成選手
中島大成選手
栗田悠巨選手、澤田泰大選手
栗田悠巨選手、澤田泰大選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
中島大成選手
中島大成選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手
澤田泰大選手
澤田泰大選手
アップをする道間雄生選手、黒澤凌平選手、有田恵人選手、山崎健翔選手
アップをする道間雄生選手、黒澤凌平選手、有田恵人選手、山崎健翔選手
黒澤凌平選手、有田恵人選手、小澤星夜選手
黒澤凌平選手、有田恵人選手、小澤星夜選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
佐藤聖真選手
佐藤聖真選手
安田捷人選手のゴールでフロンターレがリード
安田捷人選手のゴールでフロンターレがリード
山内日向汰選手
山内日向汰選手
佐藤聖真選手
佐藤聖真選手
中島大成選手、黒川海翔選手、森璃太選手
中島大成選手、黒川海翔選手、森璃太選手
ハーフタイム、選手を迎える有田恵人選手、有山佑汰選手
ハーフタイム、選手を迎える有田恵人選手、有山佑汰選手
寺田周平監督、鈴木洋平GKコーチ、この日は裏方としてチームを支えたGK安福祐一選手
寺田周平監督、鈴木洋平GKコーチ、この日は裏方としてチームを支えたGK安福祐一選手
後半からメトロポリタンリーグを終えた選手たちが声援を送った
後半からメトロポリタンリーグを終えた選手たちが声援を送った
宮城天選手
宮城天選手
ディアウ勇守歩選手
ディアウ勇守歩選手
森璃太選手
森璃太選手
黒川海翔選手
黒川海翔選手
右サイドでの攻防
右サイドでの攻防
ディアウ勇守歩選手
ディアウ勇守歩選手
黒川海翔選手
黒川海翔選手
競り合う選手たち
競り合う選手たち
宮城天選手
宮城天選手
安田捷人選手
安田捷人選手
黒川海翔選手
黒川海翔選手
セットプレーからゴールを狙う
セットプレーからゴールを狙う
有田恵人選手
有田恵人選手
有田恵人選手
有田恵人選手
コーナーキックから栃木SCが追い付く
コーナーキックから栃木SCが追い付く
喜ぶ栃木SCの選手たち
喜ぶ栃木SCの選手たち
山内日向汰選手
山内日向汰選手

勝ち越しを狙うフロンターレ
勝ち越しを狙うフロンターレ

1-1でタイムアップとなった
1-1でタイムアップとなった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

フロンターレU15 – 栃木SCジュニアユース / 関東ユース」への3件のフィードバック

  1. U18のクラブユースも開催されている中、レポ有難うございます。
    この栃木SC戦、獲らなきゃいけない試合だったと思います。
    先制するまでは、確かに良かったかと、しかしその後、少し「緩んだ」気がします。
    結局、後半も何となくそんな空気感の中で試合が進み、追いつかれてしまう。
    選手たちの中では、「緩んでる」気持ちは無く試合に入っているとは思いますが、
    「リードしてる、暑さ、疲労」という中、全員少し「緩んで」る様に見えました。
    追いつかれてからようやく「ギアを一段上げた」という感じ。
    前節の養和戦は、3点リードだったので負けこそしなかったものの、、、
    後半は0-1、やはりリードしてる時の闘い方はまだまだだなと。

    クラブユースで勝って少し「自信」が付いたとは思います、試合してる選手の雰囲気が前節から変わった気もしますので、ただそれが「緩み」にも見えなくもないという所が、何とも歯がゆいw

    ここから予想ですw
    今、伊丹へ遠征してますが、セレッソ、ガンバ、グランパスと強力チームと試合してきます。
    私の予想では、「ガツンとやられて、フルボッコ状態」で帰ってくるかと思いますので、その後、クラブユースまでに「緩みに見えちゃうところ」が改善出来てくれればと思っていますw。

    あと、、、弾幕、有難うございます。

    1. もっと自分達の時間帯に畳み掛けられるようになるといいですね!

      追浜に練習試合で歯が立たなかったり、湘南に逆転敗けをしたり、挫折のたびに少しずつ強くなっていってるという印象があるので、遠征から帰ってきてどうなるのか、楽しみにしています(笑)

      幕は発案者は私ではないのですが、少しでも力になっているのなら幸いです。

    2. 弾幕発案者は,ユース応援隊の声のでかいおっちゃんです!
      今度見かけたら声を掛けて上げると,応援の士気も上がるかも知れません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です