7月2、3日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


7月2日、3日も各地で大学サッカーの試合が行われ、川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちがそれぞれの試合に臨みました。


この記事では、そうした選手たちのことをつづっていきたい、と思います。




【関東大学サッカーリーグ1部第9節(延期分)】

7月2日(土)

〇桐蔭横浜大 vs 東京国際大●

前半1-0 後半2-1 計3-1

※桐蔭横浜大※

 

高吉正真選手
山内日向汰選手
山田新選手



MF5 高吉正真 (4年) フロンターレU-18 先発

MF8 山内日向汰 (3年) フロンターレU-18 先発

FW9 山田新 (4年) フロンターレU-18 途中出場、1ゴール

天皇杯のため、延期となっていた関東大学サッカーリーグ1部、桐蔭横浜大と東京国際大との一戦では、高吉、山内が先発フル出場。山田は、62分から出場。

試合は、前半、30分に水野颯太のゴールで桐蔭横浜大が先制。

後半、64分には楠大樹が決め2-0に。さらに66分には山田の今季5得点目となるゴールで、3-0に。

東京国際大は89分に師岡柊生のゴールで1点を返すも、3-1でタイムアップ。

桐蔭横浜大は1試合消化が少ないなか、勝ち点を19まで伸ばし、首位明治大(勝ち点25)、2位東京国際大(勝ち点19)に続き、3位まで順位を上げています。



【関東大学サッカーリーグ2部第6節(延期分)】

7月2日(土)

△産業能率大 vs 青山学院大△

前半1-1 後半0-0 計1-1

※産業能率大※

猪狩祐真選手


FW14 猪狩祐真 (2年) フロンターレU-15→日大藤沢 先発

2部の延期分、産業能率大と青山学院大との一戦では、猪狩が先発し、61分まで出場。


試合は、前半29分田中颯太のゴールで青山学院大が先制するも、45+1分菅原龍之助のゴールで産業能率大が同点に。

後半はともにゴールはなく、勝ち点1を分け合うことになりました。


【東京都大学サッカーリーグチャレンジリーグ第9節】

7月3日(日)

〇創価大 vs 電気通信大●

前半1-0 後半4-0 計5-0


※創価大※

鈴木康平選手



DF5 鈴木康平 (2年) フロンターレU-15→創価高 先発

東京都大学サッカーリーグ1、2部の下に今季設けられたチャレンジリーグ、創価大と電気通信大との一戦では、鈴木康平が先発フル出場。

試合は、35分に石川太陽のゴールで創価大が先制すると、後半、49分に石川がふたたび決めて、2-0に。

57分から67分にかけて、宮田絋輝、大井手正樹、小林城就がゴールを決めて、突き放した創価大が5-0で勝利しています。


【東海学生サッカートーナメント3回戦】

7月2日(土)

●中部大 vs 静岡産業大〇

前半0-1 後半0-2 計0-3

※静岡産業大※

服部功汰選手



FW9 服部功汰 (4年) フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高 先発 2ゴール

東海地区の総理大臣杯の予選、東海学生サッカートーナメント3回戦、中部大と静岡産業大との一戦では、服部が先発。

試合は、前半、35分に服部のゴールで静岡産業大が先制すると、78分にもふたたび服部が決め、1点を追加。

82分には庵原篤人のゴールでさらに突き放した静岡産業大が勝利。2ゴールの服部は86分まで出場しました。



なお、MF常安澪(3年)=フロンターレU-18=の在籍する東海学園大は、名古屋経済大と対戦する予定でしたが、延期となり、大会規定により東海学園大が準決勝に進出しています。



【総理大臣杯北信越大会決勝】

7月3日(日)

〇新潟医療福祉大 vs 新潟経営大●

前半0-0 後半1-0 計1-0

※新潟経営大※

入江流星選手



MF25 入江流星 (1年) フロンターレU-18 先発

北信越の総理大臣杯の予選、総理大臣杯北信越大会決勝では、入江が先発し86分まで出場。


試合は、72分に田中翔太が決めたゴールが、決勝点となり、新潟医療福祉大が勝利しています。


【関西学生サッカー選手権3回戦】

7月2日(土)

●立命館大 vs 大阪商業大〇

前半0-1 後半1-1 計1-2

※立命館大※

戸水利紀選手
秋葉拡人選手



MF25 戸水利紀 (2年) フロンターレU-18 途中出場

MF47 秋葉拡人 (1年) フロンターレU-18 途中出場、1ゴール

関西地区の総理大臣杯の予選、関西学生サッカー選手権では、立命館大と大阪商業大との一戦で、戸水が後半開始から、秋葉は後半25分から出場。

試合は、前半大阪商業大が先制すると、後半3分に追加点を挙げ、0-2に。

立命館大は、後半26分秋葉がゴールを決めるも、追いつくことはできず。大阪商業大が勝利しました。




【インディペンデンスリーグ関東】

・1部Bブロック

●専修大U-22A vs 桐蔭横浜大U-22〇

前半2-1 後半1-2 計2-3

※桐蔭横浜大※

レオニ楓真選手



MF15 レオニ楓真 (1年) フロンターレU-15→流通経済大柏 途中出場

関東地区のインディペンデンスリーグ、専修大U-22Aと桐蔭横浜大U-22との一戦では、レオニが85分から出場。

試合は前半、専修大が2-1でリードして折り返すも、81分櫻井勇斗のゴールで桐蔭横浜大が同点に。90+3分には櫻井がふたたび決めて、2-3。


桐蔭横浜大が逆転で勝利しました。


・1部Cブロック

7月2日(土)

●立教大U-22A vs 拓殖大U-22A〇

前半0-0 後半0-2 計0-2

※立教大※

宮本ディアウ勇守歩選手
道間雄生選手



MF89 宮本ディアウ勇守歩 (3年) フロンターレU-18 先発

DF33 道間雄生 (3年) フロンターレU-18 途中出場


立教大U-22Aと拓殖大U-22Aとの一戦では、宮本が先発し、65分まで出場。道間は56分から出場。

試合は、66分に栗俣翔一のゴールで拓殖大が先制。90+8分には長崎陸のゴールで突き放し、拓殖大が勝利しました。


7月3日(日)

〇立正大U-22 vs 日本大U-22●

前半0-0 後半2-0 計2-0

※日本大※

栗田悠巨選手
田中慶汰選手



DF57 栗田悠巨 (3年) フロンターレU-18 先発

MF36 田中慶汰 (1年) フロンターレU-18 先発

立正大U-22と日本大U-22との一戦では、栗田と田中慶汰が先発。栗田は72分まで出場し、田中慶汰はフル出場。


試合は、後半、53分に瀬川サーシャが決めて立正大が先制。89分には茂木柊哉が決め、2-0に。

立正大が勝利しています。日本大は敗戦とはなってしまいましたが、今季しばらく試合から遠ざかっていた栗田が出場したことは、とてもうれしいニュースとなりました。


・2部Aブロック

△専修大U-22C vs 國學院大U-22B

前半2-1 後半0-1 計2-2

※専修大※

久保田大吉選手


FW81 久保田大吉 (1年) フロンターレU-18 先発 1ゴール

専修大U-22Cと國學院大U-22Bとの一戦では、久保田が先発し、60分まで出場。

試合は、23分に廣瀬隼斗のゴールで國學院大が先制するも、28分に久保田の2試合連続のゴールで専修大が同点に。

32分には千葉広大が決め、専修大が勝ち越し。

しかし、後半、59分廣瀬のゴールで國學院大が同点に。2-2でタイムアップとなり、勝ち点1を分け合いました。

今週末には、関東地区の総理大臣杯の予選、アミノバイタルカップも開幕し、盛夏に向けて、シーズンが向かっていく大学サッカー。川崎そだちでは選手たちそれぞれの活躍を楽しみにしています。

(文中敬称略)






CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。