7月23、24日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


7月23、24日も各地で大学サッカーの試合があり、川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちもそれぞれの試合に臨みました。

この記事ではそうした選手たちのことを、つづっていきたいと思います。


【「アミノバイタル®」カップ】

・5、6位決定戦

7月23日(土)

●順天堂大 vs 桐蔭横浜大〇

前半1-0 後半0-3 計1-3

※桐蔭横浜大※

山田新選手
高吉正真選手
山内日向汰選手



FW9 山田新 (4年) フロンターレU-18 途中出場 1ゴール

MF5 高吉正真 (4年) フロンターレU-18 SUB

MF8 山内日向汰 (3年) フロンターレU-18 SUB


「アミノバイタル®」カップ、5、6位決定戦、順天堂大 vs 桐蔭横浜大では、山田が67分から出場し、高吉・山内は控えに。

試合は、前半、順天堂大が25分に樋口堅大のゴールで先制。

しかし、1-0で迎えた後半、桐蔭横浜大は60分に小関陽星のゴールで同点に。

そして、87分には山田が勝ち越しゴールを決めて1-2。さらに90+5分には水野颯太が決め、1-3に。

桐蔭横浜大が逆転で勝利しました。


【東海学生サッカーリー1部第9節】

7月23日(土)

〇中京大 vs 静岡産業大●

前半1-0 後半0-0 計1-0

※静岡産業大※

服部功汰選手



FW9 服部功汰 (4年) フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高 途中出場

東海学生サッカーリーグ1部、中京大と静岡産業大との一戦では、服部が73分から出場。

試合は、前半、45分に深澤壯太のゴールで中京大が先制。後半はともにゴールはなく、中京大が勝利をおさめています。



【関西学生サッカーリー1部第11節】

7月24日(日)

●立命館大 vs 甲南大〇

前半0-2 後0-3 計0-5

※立命館大※

戸水利紀選手
秋葉拡人選手



MF25 戸水利紀 (2年) フロンターレU-18 先発

MF17 秋葉拡人 (1年) フロンターレU-18 SUB

関西学生サッカーリーグ1部、立命館大と甲南大との一戦では、戸水が先発フル出場。秋葉は控えに。

試合は、前半、甲南大が24分に清水健生のゴールで先制すると、45+1分には久保勇大のゴールで0-2に。

後半も清水がさらに2点を決めてハットトリック、久保も2得点目となるゴールを決めて、0-5に。

甲南大が勝利しています。



【インディペンデンスリーグ関東】

・1部Bブロック

7月23日(土)


●産業能率大U-22C vs 明治学院大U-22A〇

前半0-2 後半2-1 計2-3

※明治学院大※

上野綜太選手



FW 上野綜太 (4年) フロンターレU-18 途中出場 

インディペンデンスリーグ関東、産業能率大U-22Cと明治学院大U-22Aとの一戦では、上野が途中出場。

試合は、前半、明治学院大が18分に麻生結太のゴールで先制すると、41分にも麻生が決めて0-2に。

後半、51分には粟江晟が決めて0-3。産業能率大は、65分に佐竹祥太、67分には堀越泰河が決めて1点差とするも追いつくことはできず。

明治学院大が勝利しています。


・1部Cブロック

7月23日(土)

●作新学院大U-22A vs 日本大U-22〇

前半0-0 後0-3 計0-3


※日本大※

栗田悠巨選手
田中慶汰選手



DF57 栗田悠巨 (3年) フロンターレU-18 先発

MF36 田中慶汰 (1年) フロンターレU-18 先発

作新学院大U-22Aと日本大U-22との一戦では、栗田が先発し69分まで出場。また、同じく先発した田中慶汰はフル出場。

試合は、後半、60分に浅野良啓が決めて日本大が先制すると、63分には新井維吹、74分には宇宿響世が決めて0-3に。

日本大が勝利しています。


【インディペンデンスリーグ関西】

・Cブロック第8節

7月23日(土)

●立命館大I vs 大阪学院大Ⅱ〇

前半0-3 後半2-2 計2-5

※立命館大※

安江海ラウル選手


DF54 安江海ラウル (1年) フロンターレU-15→尚志 先発

インディペンデンスリーグ関西、立命館大学I vs 大阪学院大学Ⅱでは、安江が先発。

試合は大阪学院大が勝利しています。



このほか、東京都社会人リーグ1部、明治学院スカーレットと八王子FCとの一戦では、明治学院大のMF13澤田泰大(3年)=フロンターレU-18=が明治学院スカーレットの一員として、先発。

試合は1-3。八王子FCが勝利しています。

澤田泰大選手




新型コロナウイルスの第7波が本格化し、いくつかの大学のサッカー部も活動が停止となるなど、影響を受けています。

一刻も早く沈静化し、選手の皆さんが思う存分サッカーに取り組めるようになりますように。


川崎そだちでは、これからもそれぞれの活躍を願っています。




(文中敬称略)



CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です