フロンターレU18 – ジェフユナイテッド千葉U18 / 日本クラブユース選手権グループステージ第2節


7月25日は前橋工科大グラウンドへ。

日本クラブユース(U-18)選手権大会は、グループステージ第2節を迎え、前日ツエーゲン金沢との第1節を2-0で勝利した川崎フロンターレU-18は、ジェフユナイテッド市原・千葉U-18との一戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース(U-18)選手権大会グループステージ第2節 vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-18】

7月25日(月)午前8時45分キックオフ 前橋工科大グラウンド 晴れ 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK21濱﨑知康、最終ラインは右から22江原叡志、キャプテンの4高井幸大、3松長根悠仁、29元木湊大、ボランチは10大関友翔、18由井航太、右MF8川口達也、左MF25志村海里、前線には17尾川丈、
五木田季晋。

前日大分トリニータU-18との第1節を2-2で引き分けたジェフユナイテッド市原・千葉。先発は、GK30内藤倫太郎、最終ラインは右から22湯田大賀、19谷田壮志朗、4安田アミール、2南波将人、中盤の底に5桑原晃大、その前に43原希優羽、8合田謙信、右に10新明龍太、左に14太田勝人、前線には33脇之園拓海。

空には白い雲がかかる一方、そのすき間から日差しがそそぐ前橋工科大グラウンドは厳しい暑さに。

それでも、ピッチ脇に設けられた観戦者用のスペースには、多くの選手の家族らやサポーターの姿も。声を出しての応援はできない一方で、フロンターレのサポーターが多くの幕を出して、選手たちを後押しする姿勢を示すなか、試合は始まりました。

立ち上がり、フロンターレは左サイドからの攻めに。志村がドリブルで仕掛け、ジェフ千葉が阻んだところ、セカンドボールを拾った元木が、左サイドを突くパスを出すと、抜け出した大関に対して、ファールがあり、フリーキックに。

キッカーは、大関。右足で遠いサイドに入れると、松長根が折り返し、最後は高井がヘディング。これに対して、内藤にワンタッチあったとの判定で、右コーナーキックに。

川口が左足でボールを入れると、エリア内でフロンターレにファールがあり、シュートには至りませんでしたが、いい守備から攻撃へ、そしてセットプレーにつなげていく。

フロンターレは、いい形で試合に入っていきます。

ジェフ千葉は、GK内藤に、最終ラインの安田、谷田が開いて、間に桑原が顔を出しながら、後ろからの組み立てを図りに。

フロンターレがそれに対して、前から尾川、五木田らがプレス。右サイドでボールを奪った江原のパスに、すぐさま五木田がエリア右へ動き出すなど、奪ったところから、切り替えの良い攻めを試みていきます。

ジェフ千葉も、そんなフロンターレに対し、5分には、安田が持ち上がり、左サイドの裏を突くパスを出すと、南波が抜け出していきますが、高井がカバー。

左コーナーキックとなり、ボールに、左利きの南波、右利きの原が立ち、最後は原が右足でボールを入れていきますが、それをしのいだフロンターレは、左サイド寄りで拾った松長根が右サイドを突くフィード。

これに志村が抜け出していき、ふたたびフロンターレは相手陣内で時間をつくっていきます。

高井、松長根に濱﨑や江原がかかわり、最終ラインで動かていくフロンターレ。ボールを奪われても、すぐさま奪い返し、左サイドの志村に展開。そこからエリア内へ大関が動き出していくなど、出足の良さ、切り替えの速さを見せながら、対峙していきます。

11分には、由井から江原とつながり、江原のパスに川口が高い位置へ。

川口が右サイドからクロスを入れると、遠いサイド、拾った志村のパスに、五木田がエリア内へ。ジェフ千葉のクリアに遭い、シュートまではいけず。

さらに前線で起点になろうとする脇之園に対して、由井がボールを奪い、そこから大関や高井、松長根とともにボールを動かす時間をつくっていくフロンターレ。

左サイド、元木のパスを間で尾川が受け、中盤の由井を経由して右サイドの江原へつなげるなど、幅を使いながら、ゴールをうかがっていきます。

13分には、由井から右サイド、江原へ展開。江原のリターンを、エリア外右で受けた由井は、ゴールへ向かい、浮き球を入れると、五木田が迫りますが、内藤がセーブ。

さらに右サイドに五木田が流れる一方で、川口がエリア外右のスペースに顔を出し、江原がそこへ浮き球を入れるなど、位置を流れの中で変えながら、フロンターレは攻めを試みていきます。

 

15分にはジェフ千葉、縦パスに、原がエリア左へ抜け出していきますが、高井がすばやく寄せ、最後はスライディングでボールを刈るように奪う好守。そこから前を向いた高井は、左サイドの高い位置へサイドチェンジ。

これを志村がおさめ、すばやい判断で攻めに転じさせていきます。

ボールを奪ったところから速攻に持ち込もうとするジェフ千葉に対して、由井がすばやく戻り、マイボールにするなど、切り替え良くプレーを重ねていくフロンターレ。

16分には、ジェフ千葉、左サイドで南波がボールをカットしますが、由井がすぐさま取り返し、由井はエリア正面右へパス。これに抜け出した尾川がシュート。

内藤のセーブに遭い、得点とはなりませんでしたが、相手のチャンスになりそうなところを摘み取り、そこから逆にチャンスにつなげていく場面をここでもつくっていきます。

 

飲水タイムをはさんで、19分にはジェフ千葉、中央の桑原が右サイドを突くパスを出すと、湯田が抜け出していきますが、松長根がカバー。粘り強く体を入れていき、最後は湯田のファールに。

高井、濱﨑に松長根がかかわって、ふたたび動かしていくフロンターレ。22分には由井から大関とつながり、中央、大関の浮き球に、尾川が正面へ動き出しますが、内藤がセーブ、

さらにフロンターレは、由井、大関を経由して左右にボールを動かし、右サイドでパスを回したところから川口がエリア内へ速い浮き球を入れたり、大関が左サイドを突くパスを入れ、そこから志村の仕掛けにつなげたりするなど、両サイドと中央を使いながら、ゴールをうかがっていきます。

 

27分、ジェフ千葉は脇之園に代わり17東胡次郎。

28分には、中央の原の縦パスに、南波が左サイドの高い位置へ抜け出しそうになりますが、ここでも高井がうまく寄せ、滑り込みながらもボールを奪い取る好守を見せていきます。

ジェフ千葉はさらに両サイドを使って、攻めを試みていきますが、江原や元木がそれぞれのサイドで厳しい寄せや粘り強く体を入れにいき、前にはいかせず。

その一方で、フロンターレはなかなかシュートまではいけない時間が続いていきますが、それでも焦れずに、時には松長根が持ち上がり、間に下りた尾川に鋭い縦パスを入れるなどしながら、攻めを試みていきます。

前半終了間際には、フロンターレ、由井の縦パスに、五木田が高い位置へ抜け出し、江原へつなげると、江原から由井を経由して左の元木へ。

元木の鋭いパスを、正面で受けた由井に対して、ジェフ千葉にファールがあり、エリア外正面でのフリーキックに。

キッカーは川口。左足で直接シュートを打ちましたが、内藤がセーブ。

前半は0-0でタイムアップとなります。

 

 

ともに交代はなく始まった後半。立ち上がりにはフロンターレ。右サイド、抜け出した五木田が仕掛け、ボールは正面の尾川へ。尾川のシュートはブロックに遭うも、セカンドボールを拾った由井から大関とつながり、大関は右に展開。

右サイドでのスローインとなり、その流れから川口が正面へ。ここでもジェフ千葉のクリアに遭い、シュートにこそいけませんでしたが、フロンターレは人をかけ、ギアを上げ、ゴールの前に迫っていきます。

2分には、左サイドでスローインを得たフロンターレ。尾川が高い位置へ運び、ジェフ千葉のクリアを誘って左コーナーキックに。

キッカーは川口、左足でボールを入れると、エリア内、足をのばしてきたジェフ千葉の選手よりも、先にボールをものにしたのは由井。左足を振りぬいてシュートを打つと、ボールはゴール左を強く揺らして、1-0。

待望の先制点。フロンターレが、ついに一歩前へ出ます。

直後にもフロンターレ、大関のスルーパスに、志村が抜け出し、エリア左への仕掛け。ジェフ千葉はこれに対してクリア。

左コーナーキックとなり、川口がボールを入れると、高井が合わせますが、枠はとらえられず。

さらに元木の出足の良い守り亜から志村につなげるなどしていくフロンターレ。

丁寧なパス回しから組み立てていこうとする千葉に対して、前から五木田らが厳しくプレス。右サイドでボールを奪った江原のパスに、エリア右へ五木田が抜け出す場面をつくるなど、守備から攻めへつながる場面をつくっていきます。

7分には、五木田がエリア右へ抜け出し、鋭いターンで、あまり角度のないところからシュート。しかし、サイドネットに。

直後には尾川が中央で粘り強く足を伸ばし、マイボールにすると、受けた大関は右へ展開。江原から五木田とつながり、五木田は右から折り返し。正面やや左、川口が迫りますが、シュートまではいけず。

それでも、左サイドに流れたボールに対して、元木が厳しく寄せていき、相手の攻めにつなげさせない、いい対応を見せていきます。

千葉は、原に代わり9アジズ ブライアン瑛汰、太田に代わり44尾崎芯太朗。アジズが右、左に新明が回り、尾崎が中盤へ。

15分にはフロンターレ、中央の由井から尾川とつながり、尾川から左サイドの志村へ。志村が仕掛けて折り返すも、クリアに遭い、左コーナーキックに。

川口がボールを入れると、高井が合わせ、枠をとらえましたが、ジェフ千葉はブロック。ここで傷んだ高井はいったんピッチの外に出ますが、ふたたび中へ。

プレーを続行していきます。

ジェフ千葉も、次第に中盤でボールを動かし、下がり目の合田が前を向いて浮き球を入れるなど、フロンターレのエリアの前に。

それでもフロンターレは、濱﨑が時にはエリア外に飛び出してクリア。また松長根が右サイドからアジズが仕掛け、クロスを入れてくる場面では、松長根がカバーするなど、最後のところで守っていきます。

19分には、フロンターレ、左サイド、志村から尾川とつながり、尾川のパスに、川口がエリア右へ。シュートを打つも、内藤がセーブ。

飲水タイムをはさんで、フロンターレは、大関に代わり14大瀧螢、川口に代わり32柴田翔太郎。柴田が左MF、志村が右MFへ。

23分には千葉、左クロスが遠いサイドに入り、正面でこぼれ球を拾った東がシュート。しかし、ワンタッチあり、左コーナーキックに。

そのコーナーキックを跳ね返すも、さらにエリアの前に迫るのはジェフ千葉。

それでもフロンターレは、エリア左に進入した尾崎に対して、高井、大関が厳しい寄せを見せ、また、ジェフ千葉のコーナーキックに対しては、濱﨑がしっかりセーブし、シュートを打たせず、プレーを重ねていきます。

なかなか攻撃へつながらない場面が続く中、それでもボールを失っても、大瀧がすばやい寄せから簡単には前にいかせず、相手の攻めを切りにいくような対応を続けていくフロンターレ。

30分には、尾川に代わり28髙橋宗杜。

交代で入った髙橋宗杜が、キープを図り、最終ラインの高井、松長根に戻して、落ち着かせにいきます。

ジェフ千葉は、32分新明に代わり21松下伊吹。

34分にはフロンターレ、江原から志村と右サイドでつながり、由井を経由して、左サイドの柴田へ。仕掛けた柴田に対して、ジェフ千葉のファールがあり、フリーキックに。

しかし、大瀧が遠いサイドに入れたボールはシュートにはつながらず。

ジェフは湯田に代わり46中尾悠吾。

アディショナルタイムは4分。

千葉は、南波が斜めにエリア前に仕掛け、左サイドに流れた松下に展開していきますが、クロスは精度の高いものとはならず、シュートには至らず。

さらに右サイドを突くフィードに、尾崎が抜け出しそうになりますが、元木がカバーし、最後は尾崎のファールに。

なかなかセカンドボールをものにできないなかで、最後のところでいい守りを見せていったフロンターレ。

試合はタイムアップとなり、1-0。

フロンターレは2連勝で2位以上が確定。厳しい暑さのなか、タフに戦い抜いて、ノックアウトステージへの進出を決めました。

 

 

日本クラブユース選手権グループステージは、一日の休養をはさんで、7月27日に第3節を開催。

フロンターレは、ツエーゲン金沢U-18に4-0で勝利し、勝ち点を4とした2位大分トリニータU-18と対戦します。

前半0-0 後1-0 計1-0

得点:由井航太(フロンターレ)

フロンターレの先発:21濱﨑知康 22江原叡志 4高井幸大(c) 3松長根悠仁 29元木湊大 10大関友翔 18由井航太 8川口達也 25志村海里 17尾川丈 9五木田季晋

交代:大関→14大瀧螢 川口→32柴田翔太郎 尾川→28髙橋宗杜

控え:19菊池悠斗 6吹田航晟 31田所莉旺 35土屋櫂大 42児玉昌太郎 41香取武

ジェフ千葉の先発:30内藤倫太郎 22湯田大賀 19谷田壮志朗 4安田アミール 2南波将人 5桑原晃大(c) 43原希優羽 8合田謙信 10新明龍太 14太田勝人 33脇之園拓海

交代:脇之園→17東胡次郎 原→9アジズ ブライアン瑛汰 太田→44尾崎芯太朗 新明→21松下伊吹 湯田→46中尾悠吾

控え:23西巻充人 8浅川秀斗 11大塚勇斗 32石川柊翔

 

試合後、決勝点の由井航太に話を聞きました。

MF18 由井航太選手

〇今日の試合について。やってみて、いかがでしたか?

相手の守備がかなり整っていたので。ゼロゼロの時間が続いて、でもチームでそこは焦れずに「自分たちのサッカーをし続ければ1点取れるな」と思っていたので。

焦らず、自分たちのサッカーを続けられたので、今日みたいなラッキーなゴールが回ってきたのかな、と思います。

〇ゴールシーンについて振り返ってもらえますか?

最初ニアにいた長根さん(松長根悠仁)がさわるかな、と思ったんですけど、スルーしてくれたので。トラップはあまりうまくいかなかったんですけど、ショートバウンドで合わせたら、たまたま合って、いいところに飛んでいきました。

〇偶然のところも?

そうですね、たまたま。左足なので。適当に振ったら、たまたま、いいところに行きました。

〇むしろ利き足ではないから力が抜けたりした部分も?

そうですね。それもだいぶあったと思います。利き足だとある程度自分の型とかも決まっていると思うんです。

左足だとある意味無意識で触れるので、そこが良かったのかなと思います。

〇自身のプレーについては?

前半は守備のリスク管理を自分で意識していて、やれていたと思うんですけど。攻撃ではやっぱり自分の課題であるボールロストとか、相手のバイタルに入ったところでのプレーがあまり良くなかったので。

そこと、後半はやっぱりこの暑さで体力的にちょっと落ちちゃったかなというのがあるので、そこは修正していきたいな、と思います。

〇後半途中からなかなかフロンターレがボールを取れない時間があったのは、暑さがあったということも?

そうですね。チーム全体としてここ、というタイミングがなくて、守備のスイッチが入らなかったので。そこは今回で分かったので、暑い中でも組織として、個人だけじゃなく組織として取れる守備力をつけていきたいな、と思います。

〇グループステージ最終戦の大分戦へ向けての意気込みは?

もちろん、全勝でいくことはもちろんなんですけど、決勝トーナメントでより良いチームでいられるように、決勝トーナメントのことも、見据えながら戦っていきたいな、と思います。

〇チームの得点のパターンを増やすとか?

得点のパターンはある程度自分たちでつくれていると思うので、セットプレーとかトーナメントに入った時に大事になってくる要素だと思うので、そういうところも突き詰めてかないと、と思います。

〇大分戦で、自分がやりたいことは?

やっぱり自分の課題は克服していかなくてはいけないと思うので、攻撃面、バイタル入ったところの連係とか、やっぱり自分の持ち味である守備というところは70分通して見せたいな、と思います。

〇サポーターに向けて

予選2試合勝てました。次の試合も勝って、予選を首位通過して、決勝トーナメント全勝して優勝します。

応援よろしくお願いします。

(文中敬称略)

濱﨑知康選手
大瀧螢選手
菊池悠斗選手
由井航太選手
志村海里選手
五木田季晋選手
元木湊大選手
川口達也選手
吹田航晟選手
宮地健輔選手
大関友翔選手
五木田季晋選手
香取武選手
髙橋宗杜選手
この日は浦上壮史GKコーチの声で、先発メンバーがアップを強めていく

土屋櫂大選手
柴田翔太郎選手
児玉昌太郎選手
田所莉旺選手
円陣を組み選手やスタッフ

フロンターレのサポーターはこの日も多くの幕を出した

写真撮影に臨む選手たち

コイントスに臨むキャプテンの高井幸大選手

志村海里選手
大関友翔選手
高井幸大選手

五木田季晋選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
志村海里選手
松長根悠仁選手
濱﨑知康選手
濱﨑知康選手
志村海里選手
志村海里選手
大関友翔選手
由井航太選手
尾川丈選手
由井航太選手
江原叡志選手

由井航太選手
高井幸大選手
由井航太選手
江原叡志選手
元木湊大選手
元木湊大選手
尾川丈選手
元木湊大選手
志村海里選手

由井航太選手
江原叡志選手
五木田季晋選手
高井幸大選手
江原叡志選手
志村海里選手
大関友翔選手
大関友翔選手
飲水タイムへ

高井幸大選手
尾川丈選手
元木湊大選手
江原叡志選手
川口達也選手
尾川丈選手
川口達也選手
松長根悠仁選手
高井幸大選手
松長根悠仁選手
由井航太選手
川口達也選手
五木田季晋選手
江原叡志選手
江原叡志選手
五木田季晋選手
川口達也選手
尾川丈選手
尾川丈選手
江原叡志選手
尾川丈選手
尾川丈選手
江原叡志選手
川口達也選手
由井航太選手
松長根悠仁選手
由井航太選手
五木田季晋選手

川口達也選手
大関友翔選手
前半は0-0
香取武選手
髙橋宗杜選手
吹田航晟選手
田所莉旺選手
児玉昌太郎選手
髙橋宗杜選手
吹田航晟選手
児玉昌太郎選手
田所莉旺選手
柴田翔太郎選手
土屋櫂大選手
児玉昌太郎選手

後半へ。ベンチのメンバーが選手たちを送り出す

円陣を組む選手たち

五木田季晋選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
尾川丈選手
由井航太選手
元木湊大選手
濱﨑知康選手
元木湊大選手
川口達也選手

由井航太選手が決め、フロンターレが先制

志村海里選手
五木田季晋選手

大関友翔選手
大関友翔選手
元木湊大選手
五木田季晋選手
江原叡志選手
川口達也選手
高井幸大選手

大関友翔選手
由井航太選手
大関友翔選手
大関友翔選手
元木湊大選手
高井幸大選手
志村海里選手
尾川丈選手
川口達也選手
濱﨑知康選手

元木湊大選手

由井航太選手
濱﨑知康選手
濱﨑知康選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
江原叡志選手
大瀧螢選手

尾川丈選手
柴田翔太郎選手
志村海里選手
松長根悠仁選手
尾川丈選手、五木田季晋選手
元木湊大選手
柴田翔太郎選手
元木湊大選手
大瀧螢選手
髙橋宗杜選手
髙橋宗杜選手
江原叡志選手
大瀧螢選手
柴田翔太郎選手
志村海里選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手
志村海里選手
由井航太選手
志村海里選手
五木田季晋選手
大瀧螢選手

1-0でタイムアップ

試合を見守った家族やサポーターらのもとへ

喜びを分かち合う選手やスタッフ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です