6月11、12、15日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


6月11、12日も全国各地で大学サッカーの試合があり、フロンターレアカデミー出身の選手たちがそれぞれの試合に臨みました。

この記事では、6月15日に行われた関東大学サッカーリーグ第10節に出場するなどした選手についても、併せて記していきたいと思います。


【関東大学サッカーリーグ1部第9節】

6月11日(土)

〇早稲田大 vs 順天堂大●

前半1-0 後半2-1 計3-1


※早稲田大※

森璃太選手
神橋良汰選手
島崎元選手



MF2 森璃太 (3年) フロンターレU-18 先発

DF27 神橋良汰 (2年) フロンターレU-18 SUB

関東大学サッカーリーグ1部、早稲田大と順天堂大との一戦では、森が先発し、66分まで出場。神橋は控えに。

また、島崎元(4年)=フロンターレU-18=はチームマネージャーとしてベンチ入り。

試合は、前半、9分、森のクロスから奥田陽琉が頭で放ったシュートを放ち、最後は平松柚佑が決めて早稲田が先制。

1-0で迎えた後半、74分に小林里駆のゴールで順天堂が同点とするも、82分、西堂久俊のゴールで早稲田がふたたびリード。

89分には駒沢直哉のゴールで突き放し、3-1に。ここまで勝利のなかった早稲田は、リーグ戦初勝利を挙げました。



△拓殖大 vs 東洋大△

前半0-1 後半1-0 計1-1

※拓殖大※

高畠捷選手
浅倉廉選手



DF36 高畠捷 (1年) フロンターレU-18 先発

MF14 浅倉廉 (3年) フロンターレU-15→静岡学園 先発

拓殖大と東洋大との一戦では、高畠が先発し前半のみ出場。浅倉は先発フル出場。

試合は、前半、21分、瀬畠義成のゴールで東洋大が先制。しかし、後半、74分に山下諒時がPKを決めて拓殖大が同点に。

1-1でタイムアップとなり、勝ち点1を分け合うことになりました。


また、桐蔭横浜大 vs 東京国際大は、8日に桐蔭横浜大が北海道コンサドーレ札幌との天皇杯3回戦に臨んだため、延期に。

その天皇杯3回戦では、MF5高吉正真(4年)=フロンターレU-18=と、MF8山内日向汰が先発。延長までもつれ込んだ試合は、北海道コンサドーレ札幌が4-3で勝利。

高吉はフル出場、山内は114分まで出場し、いずれも得点に絡む活躍を見せています。

高吉正真選手
山内日向汰選手





【関東大学サッカーリーグ2部第9節】

6月11日(土)

△慶應義塾大 vs 中央大△

前半0-0 後半1-1 計1-1

※慶應義塾大※

茅野優希選手
山崎健翔選手



MF29 茅野優希 (2年) フロンターレU-15→慶應義塾高 先発

MF13 山崎健翔 (3年) フロンターレU-15→桐蔭学園高 途中出場


関東大学サッカーリーグ2部、慶應義塾大と中央大との一戦では、茅野が先発し82分まで出場。また、山崎は茅野に代わり82分から出場。

試合は、後半、49分牧野晋作のゴールで慶應義塾大が先制するも、72分、山﨑希一のゴールで中央大が同点に。

1-1で終わり、勝ち点1を分け合っています。


●立正大 vs 日本体育大〇

前半0-2 後半1-0 計1-2

※日本体育大※

青山海選手




GK21 青山海 (1年) フロンターレU-18 SUB

立正大と日本体育大との一戦では、青山が控えに。

試合は、前半、23分に菅野隆成のゴールで先制した日本体育大が、37分山根優汰が決めて2点を先行。

後半、立正大は、90+5分に多田圭佑のゴールで1点差とするも、試合は1-2でタイムアップ。

日本体育大が勝利しています。




〇関東学院大 vs 産業能率大●


前半0-1 後半2-0 計2-1

※産業能率大※

猪狩祐真選手



FW14 猪狩祐真 (2年) フロンターレU-15→日大藤沢 途中出場


関東学院大と産業能率大との一戦では、猪狩が64分から出場。

試合は、前半、25分城定幹大のゴールで産業能率大が先制するも、後半、51分、堀金峻明のゴールで関東学院大が同点に。

90+1分に坂本順平が決めたゴールが決勝点となり、関東学院大が2-1で勝利しています。


【東海学生サッカーリーグ1部第4節(延期分)】

6月11日(土)

〇静岡産業大 vs 名古屋大●

前半1-0 後半1-0 計2-0

※静岡産業大※

服部功汰選手



FW9 服部功汰 (4年) フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高 先発


東海学生サッカーリーグ1部、静岡産業大と名古屋大との一戦では、服部が先発フル出場。

試合は、前半、22分に各務元夢のゴールで先制した静岡産業大が、後半、69分には森勇斗が決めて2-0に。

静岡産業大が2-0で勝利しています。


【総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 準々決勝】

6月12日(日)

〇新潟経営大 vs 金沢学院大●

前半0-1 後半2-0 計2-1

※新潟経営大※

入江流星選手



MF25 入江流星 (1年) フロンターレU-18 途中出場

北信越地区の総理大臣杯の予選、総理大臣杯全日本サッカートーナメント準々決勝では、入江が後半から出場。

試合は、前半、28分に前田遥輝のゴールで金沢学院大が先制。しかし、後半、89分に和田翔琉のゴールで新潟経営大が同点に。

そして、90+2分には山崎光が決めて2-1に。新潟経営大が逆転で準決勝進出を決めました。


【関西学生サッカーリーグ1部第8節】

●立命館大 vs 大阪産業大〇

前半2-0 後半0-3 計2-3

※立命館大※

MF25 戸水利紀 (2年) フロンターレU-18 先発

MF47 秋葉拡人 (1年) フロンターレU-18 先発 1アシスト

戸水利紀選手
秋葉拡人選手




関西学生サッカーリーグ1部、立命館大と大阪産業大との一戦では、戸水と秋葉が先発しフル出場。


試合は、15分秋葉のアシストから北村祐己が決めて立命館大が先制すると、24分にも北村が決めて2-0に。

しかし、後半、大阪産業大が、62分島袋優斗のゴールで1点を返すと、68分には赤堀ミカエルのゴールで2-2に。

そして、69分島袋がふたたび決めて3-2に。大阪産業大が逆転で勝利しています。


【インディペンデンスリーグ関東】

・1部Cブロック

6月12日(日)

〇日本大U-22 vs 早稲田大U-22●

前半1-0 後半1-0 計2-0

※日本大※

田中慶汰選手



MF36 田中慶汰 (1年) フロンターレU-18 先発

関東地区のインディペンデンスリーグ、日本大U-22と早稲田大U-22との一戦では、田中慶汰が先発フル出場。

試合は、前半、41分に梅原海斗のゴールで日本大が先制すると、後半、48分には浅野良啓が決めて、2-0に。

日本大が勝利しています。


・2部Aブロック

●上武大U-22C vs 明治学院大U-22B〇

前半0-1 後半1-1 計1-2

※明治学院大※

内海太瑚選手


MF15 内海太瑚 (2年) フロンターレU-18 先発

上武大U-22Cと明治学院大U-22Bとの一戦では、内海が先発フル出場。

試合は、前半、41分に宮脇健太朗のゴールで明治学院大が先制するも、後半、71分藤田希のゴールで上武大が同点に。

しかし、78分明治学院大は中山大輔が勝ち越しのゴールを決めふたたびリード。試合は1-2でタイムアップとなり、明治学院大が勝利しました。


●拓殖大U-21A vs 専修大U-22C〇

前半1-1 後半0-1 計1-2

※専修大※

久保田大吉選手


FW81 久保田大吉 (1年) フロンターレU-18 先発

拓殖大U-21Aと専修大U-22Cとの一戦では、久保田が先発フル出場。

試合は、前半、拓殖大が先制するも、片桐浩平のゴールで専修大が追いつき、1-1に。

後半、矢萩大雅のゴールで勝ち越した専修大が逆転で勝利しています。


【インディペンデンスリーグ関西】

・Cブロック

6月11日(土)

△立命館大Ⅰvs 近畿大BⅠ

前半1-1 後半0-0 計1-1

※立命館大※

安江海ラウル選手


DF54 安江海ラウル (1年) フロンターレU-15→尚志

関西地区のインディペンデンスリーグ、立命館大の安江海ラウルがメンバー入り。試合は1-1で引き分けています。



このほか、明治学院大のMF13澤田泰大(3年)=フロンターレU-18=は、明治学院スカーレットの選手として、東京都社会人リーグ1部の東京海上FC戦に後半25分から出場。

試合は、1-2。東京海上FCが勝利しています。

澤田泰大選手





【関東大学サッカーリーグ1部第10節】

6月15日(水)

●早稲田大 vs 桐蔭横浜大〇

前半0-0 後半0-1 計0-1


※早稲田大※

森璃太選手
神橋良汰選手
島崎元選手



MF2 森璃太 (3年) フロンターレU-18 先発

DF27 神橋良汰 (2年) フロンターレU-18 SUB

※桐蔭横浜大※

高吉正真選手
山内日向汰選手



MF5 高吉正真 (4年) フロンターレU-18 先発

MF8 山内日向汰 (3年) フロンターレU-18 先発 1アシスト

関東大学サッカーリーグ1部、早稲田大と桐蔭横浜大との一戦では、早稲田は森が先発し、前半のみ出場。神橋は控え、また島崎元(4年)=フロンターレU-18=はチームマネージャーとしてベンチ入り。

一方の桐蔭横浜大は高吉が先発フル出場、山内も先発し90+3分まで出場。

試合は、89分、山内のフリーキックから吉田和輝が決めたゴールが決勝点となり、桐蔭横浜大が勝利しました。


●国士舘大 vs 拓殖大〇

前半1-0 後半0-2 計1-2

※拓殖大※

浅倉廉選手
田鎖勇作選手
高畠捷選手



MF14 浅倉廉 (3年) フロンターレU-15→静岡学園 先発

MF37 田鎖勇作 (1年) フロンターレU-18 途中出場

DF36 高畠捷 (1年) フロンターレU-18 SUB

国士舘大と拓殖大との一戦では、浅倉が先発し90+2分まで出場。田鎖は90+1分から出場。また、高畠は控えに。

試合は、前半、11分高橋尚紀のゴールで国士舘大が先制。

しかし、後半、拓殖大は、73分に神宮司嶺のゴールで同点に。78分には日野翔太のゴールで勝ち越し。

拓殖大が逆転で勝利を挙げています。


【関東大学サッカーリーグ2部第10節】

6月15日(水)

△慶應義塾大 vs 日本体育大△

前半1-1 後半1-1 計2-2

※慶應義塾大※

茅野優希選手
小澤星夜選手
青山海選手



MF29 茅野優希 (2年) フロンターレU-15→慶應義塾高 途中出場

MF8 小澤星夜 (3年) フロンターレU-15→慶應義塾高 SUB

※日本体育大※

GK21 青山海 (1年) フロンターレU-18 SUB


関東大学サッカーリーグ2部、慶應義塾大と日本体育大との一戦では、慶應は茅野が後半から出場。小澤は控え。

また、日本体育大は青山が控えに。

試合は、前半、11分に五十嵐琉偉のゴールで先制するも、36分に内藤豪のゴールで慶應が同点に。

後半、56分には山本献のゴールで慶應が勝ち越すも、日本体育大は66分、三浦颯太が決めて同点に。

2-2でタイムアップとなり、勝ち点1を分け合うことになりました。


●中央大 vs 産業能率大〇

前半0-1 後半1-1 計1-2

※中央大※

田中幹大選手


FW41 田中幹大 (1年) フロンターレU-18 途中出場

※産業能率大※

猪狩祐真選手



FW14 猪狩祐真 (2年) フロンターレU-15→日大藤沢 先発

中央大と産業能率大との一戦では、田中幹大は57分から出場。また、猪狩は先発し、90+4分まで出場。

試合は、前半、45+3分に城定幹大のゴールで産業能率大が先制。

後半、47分には小山田賢信が決め、0-2に。中央大は72分勝浦太郎のゴールで1点差とするも、試合は1-2でタイムアップ。

産業能率大が勝利しています。



今週末も全国各地で行われる大学サッカー。川崎そだちでは、選手それぞれの活躍をとても楽しみにしています。


(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。