筑波大 – 関西大 / 全日本大学サッカー選手権準々決勝


12月12日は東京ディズニーランドの最寄り駅、舞浜駅で下りて徒歩15分ほどの浦安市運動公園陸上競技場へ。全日本大学サッカー選手権は準々決勝。浦安市運動公園陸上競技場では川崎フロンターレU-18出身の2選手が在籍する筑波大と、関西大が対戦しました。

【全日本大学サッカー選手権準々決勝 筑波大vs関西大】
12月12日(月)午前11時キックオフ 晴れ 浦安市運動公園陸上競技場

2回戦では中京大に5-0で勝利した筑波大。先発はGK30阿部航斗、DFは右から14会津雄生、3小笠原佳祐、5鈴木大誠、17野口航、ボランチはキャプテン8吉田直矢、6鈴木徳真、右MF25西澤健太、左MF23松村遼、トップ下16戸嶋祥郎、FW11中野誠也。フロンターレU-18出身の吉田はスタメン、2回戦では先発だった20三笘薫はベンチスタート。

関西大はGK1前川黛也、DFは右から12池端翼太、4荒木隼人、29諸石健太、21黒川圭介、ボランチはキャプテン5石井光輝、28藤村洋太、右MF8布施周士、左MF24塩谷仁、FW11加賀山泰穀、17竹下玲王。前川の父はサンフレッチェ広島などで活躍したGK前川和也。来季はヴィッセル神戸に加入が内定しています。

穏やかな気候、スタンドでは筑波も関西もメンバー外の選手たちがチャントやコールでにぎやかに応援を繰り広げるなか、試合は始まりました。

筑波は7分には右サイドでパス交換から抜け出した会津がエリア右に進入し、シュートを打ちますがブロック。関西大は直後にカウンター、エリア正面でボールを受けた黒川がシュートを打つもGK阿部がキャッチ。

筑波は前線で中野がDFラインと駆け引きをしながら、ボールを引き出そうとし、関西は竹下玲王がクリアボールをおさめてようと体を張ったプレー。ジュビロ磐田U-18時代に2トップを組んだ三年生が前線で起点に。しかし、筑波は小笠原や鈴木大、関西も諸石や荒木がそれぞれ球際強く対処。中盤でも筑波の吉田や鈴木徳、関西の石井、藤村らがセカンドボールをめぐってマッチアップを繰り広げていきます。

関西大は17分には藤村のサイドチェンジから黒川がエリア右へ迫るも筑波の選手はクリア。筑波は20分にはエリア右にボールがでると西澤がGK前川と1対1になりそうになりますが、うまくボールをおさめることはできず。

筑波は吉田が鈴木徳にパスを預けて前線へ出ると関西は藤村が戻ってボールを奪い取るなど、互いに切り替えが速く、なかなか決定機にはつなげさせず。

30分には吉田がセンターサークル付近でスライディングでボールをカットしエリア前へパスを送り、中野が抜け出すも前川が前へ出てシュートは打たせず。34分には会津のパスにエリア右抜け出した西澤の右クロスがファーへ。中野が合わせようとしますが、前川に阻まれてボールは左へ。37分には鈴木徳からボールを受けた中野の左クロス、戸嶋がエリア内合わせてボールはゴールへ。しかし、黒川がライン上でクリアする好守。関西は竹下が右から持ち込もうとしますが、吉田と鈴木大が連係してボールを奪い取りシュートにはつなげさせず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半は立ち上がりから戸嶋、中野や西澤、松村がゴール前へ。しかし、関西は前川を中心に守りきり、7分には関西もカウンターから竹下がエリア左からシュートを打つもGK阿部が好守。12分には竹下の右クロスに塩谷が合わせますが阿部が対応。18分には筑波も右から戸嶋が仕掛けてエリア前へボールを出すと鈴木徳がシュートを打ちますがGK前川の正面。

関西は加賀山に代わって19池内拓朗がFWに。直後にはその池内が右から仕掛けて折り返したボール、藤村がエリア外右からミドルシュートで狙いますが左へ。21分には石井に代えて14森主麗司。筑波も松村に代わり20三笘薫。左MFに入りドリブルで関西の選手を引き付けてチャンスメークを担っていきます。

筑波は中野に三笘、西澤らが絡んで攻勢を強めるのに対し、関西は30分には藤村のボール奪取からエリア左塩谷がシュートを打つもGK阿部がキャッチ。直後には筑波も左クロスが流れてきたところをエリア右で会津が拾いシュートを打つも決められず。

筑波は35分、西澤に代わり27高嶺朋樹。

スコアを先に動かしたのは筑波。ドリブルで正面から仕掛けた三笘が3人をかわしてエリア前へ。いったん中野に預けて再びエリア右でボールを受け、右足を振り抜くとゴールネットが揺れます。三笘の大学では初めての全国大会でのゴールで1-0。

さらに42分にはカウンターから筑波。中野が右から仕掛けて、左にフリーの三笘が走り、優位な局面になると中野みずからシュートを放つとこれも決まって2-0。

ここで筑波は戸嶋に代えて24山川哲史。最終ラインを会津、山川、小笠原、鈴木大、野口の5人とし試合の締めくくりを図ります。ロスタイムは4分。

関西も布施の浮き球に竹下が合わせて2-1。追いすがりますが、試合はタイムアップ。2-1。筑波は準決勝へ駒を進めました。

前半0-0 後半2-1 計2-1
得点:三笘薫、中野誠也(筑波) 竹下玲王(関西)

筑波の先発:30阿部航斗、14会津雄生、3小笠原佳祐、5鈴木大誠、17野口航、8吉田直矢=cap、6鈴木徳真、25西澤健太、23松村遼、16戸嶋祥郎、11中野誠也
交代:松村→20三笘薫 西澤→27高嶺朋樹 戸嶋→24山川哲史
控え:21大川圭為 2浅岡大貴 7三宅智大 15長澤皓祐 9高柳昂平 10北川柊斗 

関西大の先発:1前川黛也、12池端翼太、4荒木隼人、29諸石健太、21黒川圭介、5石井光輝=cap、28藤村洋太、8布施周士、24塩谷仁、11加賀山泰穀、17竹下玲王
交代:石井→14森主麗司 加賀山→19池内拓朗 
控え:16松山瑞生 3鯉沼晃 13畑中宏太 10清水丈瑠 18中井英人 23平尾柊人

1回戦、日本文理大を相手に決勝ゴールを決めた専修の岸晃司につづき、昨年フロンターレU-18で欠かせない存在だった三笘の、大きな舞台での試合を動かす活躍を目の当たりにでき、嬉しさを感じました。

準々決勝では、川崎フロンターレU-18出身の選手はDF2太田賢吾が先発した大阪体育大が2-1で明治に勝利。15日午後1時、町田で行われる準決勝では日本体育大と対戦します。

MF14脇坂泰斗が先発した阪南大は3-2で順天堂大に勝利。15日午後1時、NACK5スタジアム大宮で行われる準決勝では筑波大と対戦。脇坂、吉田、三笘に加えてまだ出場のない阪南のDF2長谷川隼、GK41名良橋拓真と5人のU-18出身の選手が集う可能性のある試合となります。

この日は途中出場でドリブルで相手を引き付け流れを変えゴールも決めた三笘がどういったプレーを見せるのか。中盤では脇坂と吉田のマッチアップの機会もあるかもしれません。

どんな試合になるか、楽しみにしています。

(文中敬称略)

アップをする筑波大の選手たち
三笘薫選手
昨年のキャプテン、白血病と闘う新潟の早川史哉選手のユニホームとともに
関西大の先発メンバー

吉田直矢選手
小笠原佳祐選手と加賀山泰穀選手
前川黛也選手

吉田直矢選手
筑波が押し込むも関西大も好守
吉田直矢選手

前半は0-0

三笘薫選手

にぎやかだった関西大の応援。フェイスペインティングをしている選手も
後半へ
吉田直矢選手
戸嶋祥郎選手
三笘薫選手

ドリブルで仕掛けて流れを引き寄せた
エリア内へ

先制点を決めた

中野誠也選手が決めて突き放す

吉田直矢選手
三笘薫選手
竹下玲王選手が決めて関西大も追いすがる

2-1でタイムアップ。磐田U-18出身の中野誠也選手と竹下玲王選手が健闘をたたえあう
準決勝へ進んだ筑波大
スタンドで応援してくれたチームメートにあいさつする
ヒーローインタビューを受ける三笘薫選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です