フロンターレU18 – 流通経済大柏 / JYPSL 2017


2月4日は東武線江戸川台駅から徒歩25分ほどの流通経済大付属柏高校のグラウンドへ。ジャパンユースプーマスーパーリーグは5試合目。川崎フロンターレU-18は、今季プリンスリーグ関東で対戦する流通経済大付属柏との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vs流通経済大付属柏】
2月4日(土)午後0時3分キックオフ 流通経済大付属柏高校グラウンド 晴れ 40分ハーフ

フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、23デューク・カルロス、ボランチは13奥山璃空、18村田聖樹、右MF32古屋雄帆、左MF31上野綜太、トップ下17大曽根広汰、FW26宮代大聖

流通経済大柏はGK1篠崎健志、DFは右から17加藤悠、5関川郁万、29安城和哉、2近藤立都、ボランチは30須永竜生、14平子竣哉、右MF8金澤哲流、左MF21宮寺優斗、トップ下6菊地泰智、FW38後藤大輝

風もなく、穏やかな天気の中、始まった試合。立ち上がりにいきなりスコアを動かしたのは流通経済大柏。ミドルシュートを放つとこれはバーに当たるものの、こぼれ球に詰めた宮寺が押し込み、0-1。フロンターレは先制点を許してしまいます。

畳みかける流経柏は、直後にもエリア外左から後藤がシュートを打つも上へ。

フロンターレは、早坂、高吉、新井らが後ろから組み立てようとするものの、中盤へボールが入ると流経柏の激しいプレスに遭い、なかなかボールを前へ入れられず。6分にはエリア外左から菊地に早坂の頭上を狙ったミドルシュートを打たれると、これも決まって0-2。突き放されてしまいます。

さらに攻勢に出るのは流経柏。球際に激しく主導権を握ると、14分には近藤の左クロスに後藤が反応。こぼれ球に金澤が詰めますが、ここは早坂が先に詰めてシュートは打たせず。

フロンターレも20分近くになると、高い位置でプレーできるようになり、19分には奥山から左サイド、駆け上がったデュークにボールが通りますが、デュークのクロスはシュートにはつながらず。さらに23分には右サイドに抜け出した古屋がエリアに迫りますが、流経柏の選手に体を入れられてしまい、シュートには結びつけることはできず。

24分には新井のフィードにエリア前、宮代が抜け出しGKを交わしてシュート。これは決まったかと思われましたが、流経柏の安城がライン上へ戻ってクリアする好守。

流経柏は右MFの金澤がボランチの2人といい距離感でプレスをかけ、フロンターレは苦しめられていきます。後ろからつなげようとするも、なかなか出し手と受け手が合わずにエリア前へ近づくには至らず。34分には流経柏、エリア左へパスが出ると、後藤が抜け出しますが早坂が前へ出て、シュートは打たせず。

37分には、フロンターレもエリア前で奥山がボールをカットし、エリア右へパスを送ると、宮代が抜け出してシュートを打ちますが、GK篠崎の正面に。さらに早坂のフィードに宮代が抜け出してシュートを打ちますが、ここも篠崎に阻まれてしまいます。

このままタイムアップか、と思われた39分、フロンターレは左へ展開すると、デュークが仕掛けてエリア外左からゴール前へ低くく速いクロスを送ると、これが流経柏の選手のオウンゴールを誘い、1-2。ここで前半は終了となります。

ハーフタイムのフロンターレのベンチ。長橋康弘コーチが「勝手にプレッシャーを感じてる」「ポジションありきで考えすぎているかもしれない」などと選手に声を掛けていきます。選手たちも互いに言葉を掛け合って、円陣を組んで、再びピッチへ。

後半はGKが早坂から19韓東焌、古屋に代わって28山田新が入ってのスタートとなります。

立ち上がりに前へ出てきたのは流経柏。後藤を起点に右へ展開。金澤が抜け出しますが、新井がクリア。フロンターレも5分には奥山のパスに上野が左から抜け出しますが、流経柏の選手に寄せられてシュートは打つことはできず。7分には右サイドでボールを持った小川が、エリア前左へボールを送ると、上野が抜け出しうまくボールをコントロールして、シュート。これはポストに阻まれてしまいますが、フロンターレにいい形が続いていきます。

7分には流経柏、関川に代わって3坂下景太が入り、CBは右が安城、左が坂下に。9分には高い位置でエリア前へ右クロスが入りますが、小川が中へしぼってこれをクリア。13分には中盤から左へ展開すると、近藤立都が低い弾道のクロスを入れてきますが、韓が対応しシュートにはつなげさせず。さらに直後にも宮寺がクロスを入れてきますが、ここはデュークが素早く戻ってブロック。各選手が好守を見せてしのいでいきます。

16分にはフロンターレ、高い位置でデュークがボールを奪い取って、中盤の奥山へ。奥山のパスを受けた大曽根がエリア前へ仕掛けてシュートを打ちますが、ここは流経柏の選手がブロック。さらに18分にはエリア外右、大曽根を起点に小川が高い位置からクロスを入れますが、これはシュートにはつながらず。直後には流経柏も切り替えよくエリア前へ。しかし、村田がボールを奪い、シュートは打たせず。さらに21がカットしたボールがエリア前へ。後藤が抜け出しますが高吉がねばり強く対応していきます。

フロンターレは、ハーフタイムの長橋コーチのアドバイスを受けて、宮代が中盤に下がり、大曽根が右サイドへ移って山田がFWの位置へ入るなど、ポジションチェンジを繰り返し、前線の選手が動き出しながらゴールを目指していきます。それが実ったのは21分。中盤の大曽根のパスにエリア左、山田が抜け出すとGKとの1対1を制して、ゴールネットを揺らします。2-2。同点に。

流経柏はここで平子に代わり33近藤潤が入って右MF。金澤がボランチに。平子に代わって7鬼京大翔が入ります。前線で後藤がボールをキープして攻勢をかけてきますが、小川や高吉、村田が連係してボールを奪っていきます。

32分にはフロンターレ、奥山のパスを受けて大曽根がエリア前へ。右へ展開して小川がエリア内へボールを入れると、上野が右サイドへ抜けて戻したボール、大曽根がエリア右からシュートを打ちますが、ここはGKが対応。しかし、厚みのある攻撃を見せていきます。

直後には流経柏も右へ展開してリターンを受けた近藤潤がミドルシュートを打ちますが、これは左に。

フロンターレも34分には宮代からのパスにエリア右、山田が抜け出てクロスを入れると大曽根がシュートを打ちますが、GKが対応。

互いにゴールへ迫る場面が続きましたが、38分、流経柏は金澤がエリア外正面でボールを奪いエリア左へパスを送ると近藤立都が抜け出てシュート。ボールはゴールへ決まって2-3。フロンターレは再びリードを許すことに。

試合は2-3でタイムアップとなりました。

最後には勝ち越しを許してしまうことにはなりましたが、劣勢の前半からよく盛り返し一時は追いつくことができ、これからにつながるのでは、と思わされる試合となりました。

前半1-2 後半1-1 計2-3

得点:オウンゴール、山田新(川崎) 宮寺優斗、菊地泰智、近藤立都(流通経済大柏)

フロンターレの先発:16早坂勇希、14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、23デューク・カルロス、13奥山璃空、18村田聖樹、32古屋雄帆、31上野綜太、17大曽根広汰、26宮代大聖
交代:早坂→19韓東焌 古屋→28山田新

流通経済大柏の先発:1篠崎健志、17加藤悠、5関川郁万、29安城和哉、2近藤立都、30須永竜生、14平子竣哉、8金澤哲流、21宮寺優斗、6菊地泰智、38後藤大輝
交代:関川→3坂下景太 平子→33近藤潤 宮寺→7鬼京大翔

(文中敬称略)

山田新選手、伊従啓太郎選手
アップをする選手たち
試合を前に長橋康弘コーチの話を聞く

いざ試合へ
デューク・カルロス選手
奥山璃空選手
早坂勇希選手
上野綜太選手
小川真輝選手

新井秀明選手
高吉正真選手
村田聖樹選手
上野綜太選手
古屋雄帆選手
奥山璃空選手
早坂勇希選手
大曽根広汰選手
奥山璃空選手
宮代大聖選手
デューク・カルロス選手
この日はコーナーキックのキッカーを高吉正真選手が務めた

前半は1-2
今野章監督
長橋康弘コーチ
ハーフタイム、選手たちも声を掛け合う
後半へ
韓東焌選手
山田新選手
高吉正真選手
奥山璃空選手
大曽根広汰選手
山田新選手
同点となるゴールを決める
山田新選手
高吉正真選手
村田聖樹選手

大曽根広汰選手
新井秀明選手
小川真輝選手
韓東焌選手

勝ち越し点は流通経済大柏へ
2-3でタイムアップとなった
練習試合に出場した小川達也選手
練習試合に出場した島崎元選手
練習試合に出場した古屋雄帆選手
新1年生の澤田泰大選手も練習試合に出場した
練習試合に出場した古岡佑斗選手
練習試合に出場した横田大祐選手
練習試合に出場した養日幹大選手
練習試合に出場した伊従啓太郎選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です