フロンターレU18 – ジュビロU18 / JYPSL 2017


1月29日は、前日に続いて時之栖スポーツセンター裾野グラウンドへ。丸岡戦を5-0で勝利した川崎フロンターレU-18はジャパンユースプーマスーパーリーグの4試合目、ジュビロ磐田U-18戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vsジュビロ磐田U-18】
1月29日(日)正午キックオフ 時之栖スポーツセンター裾野Fグラウンド 晴れ 40分ハーフ

フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から30島崎元、4伊従啓太郎、34高吉正真、23デューク・カルロス、中盤の底に15池谷祐輔、その前に18村田聖樹と7桝谷岳良が入り、右サイドは28山田新、左サイドは31上野綜太。FWにはトップチームのキャンプから合流した26宮代大聖が入りました。

ジュビロの先発はGK21牧野恋音、DFは右から37鈴木海仁、4鳥羽隼、33牧野光佑、23徳永悠大、ボランチは6室田吐夢、34原口晏侍、右MF11中村竜、左MF17平澤拓実、トップ下7金原颯、FW19木原大器

時折冷たい風が吹くものの青空が広がり、前日同様におだやかな天気の中、試合は始まりました。

フロンターレは立ち上がりからラインを高くし、島崎とデュークは高い位置へ。伊従や高吉、早坂が後ろからボールを回して組み立てていく立ち上がり。2分には島崎から右サイドの裏を突くパスが出ると宮代が抜け出して、エリア前へボールを送ると村田がシュートに持ち込みますが、GK牧野が対応。さらに後ろから組み立てていき、両サイドの山田、上野が斜めに入り込む動きを繰り返すなどして、ボールを引き出そうとしていきます。ジュビロも中村らの仕掛けや金原らがエリア前へ顔を出すなどしてフロンターレのゴールへ迫っていきますが、伊従や高吉がよくボールを奪い、切り替えよく前へパスを入れて攻撃につなげていきます。

9分には高い位置でボールを奪ったところから、エリア左から仕掛けた宮代がシュートを打ちますが、右へ。

さらに右サイド、山田との連係で前へ出た島崎が、いったんはジュビロに渡ったボールをエリア外右で奪って左へ展開。エリア左で上野がシュートを打つもGK牧野が弾きながらも防ぐ好守。19分にはジュビロ、エリア前中村が仕掛けたところからエリア左へボールが渡りますが、伊従がこれをカット。さらに島崎もよくエリア前へしぼってボールを奪い取り、攻撃の芽を摘んでいきます。

21分には山田がボールをカットしたところからエリア内、宮代にボールが渡り、宮代はシュートを打つもブロック。28分には島崎のパスに右サイド、山田が抜け出して、エリア右へ抜けた島崎にボールが渡り、エリア内へ折り返すもシュートには至らず。

球際に強さを見せるジュビロの選手たちにフロンターレも負けず、池谷が中盤でボールをよく奪い、宮代もよく守備に戻ってボールを保持していきます。

34分には、エリア前で細かくパスをつなぎ、宮代からエリア左へパス。これに抜け出した上野がシュートを放つとゴールネットを揺らして1-0。ゴールを決めた上野に駆け寄って笑顔でタッチをかわす選手たち。手応えをつかんだことをうかがわせる形でフロンターレが先制します。

直後にはジュビロ、エリア左でファールを受けると素早くリスタートをしてゴールを狙っていきますが、伊従がこれをカットしてシュートには至らせず。直後には伊従がボールをカットしたところから桝谷へボールが渡り、エリア右、村田が抜け出し1対1となりますが、牧野に阻まれて追加点とはならず。39分には村田がボールを奪ったところからエリア右、宮代へボールが渡り、宮代はシュートを打つも右へ。

前半は1-0でタイムアップとなります。

後半はジュビロが17平澤に代えて20岩元ルナ、木原に代えて13新里勇人を入れてのスタート。3分にはジュビロ、エリア右でファールを受けると、金原から右サイド鈴木へ展開し、クロスを入れるも早坂がキャッチ。さらに5分にも鈴木から右クロスが上がると、早坂が触ったボールをエリア左、徳永が拾いエリア内へ進入しますが、伊従がこれをカット。人数をかけて前へ出てくるジュビロに対して、好守を見せていきます。

8分にはフロンターレも池谷のパスにエリア左、宮代が抜け出しますが、ジュビロの選手のファールに遭ってシュートには至らず。これで得たフリーキック、宮代は直接狙いますが壁に阻まれてしまいます。

10分には島崎に代わり14小川真輝が右SBに。

15分にはフロンターレ、村田から右サイドへボールが出ると、山田が仕掛けてGK牧野を交わして折り返しますがシュートにつなげることはできず。さらにカウンターから村田のパスにエリア右、上野が抜け出しますが惜しくもオフサイド。ここでフロンターレは山田に代わり17大曽根広汰が右サイドに。ジュビロは原口に代わり、18伊禮祐作、フロンターレは21分には桝谷に代わり13奥山璃空。ジュビロも中村に代えて9早川諒祐が右MFに。

26分にはジュビロ、エリア右へボールが出ると新里が早坂を引きつけてエリア前へパスを送りますが、高吉がカバーしてシュートは打たせず。危ない場面でしたがまたも好守でしのいでいきます。27分には村田がボールをカットしたところからエリア外右の大曽根へボールを預けると、追い越して右サイドを村田が駆け上がって、ジュビロの選手をひきつけ、大曽根はエリア前へ斜めに仕掛けてミドルシュートを打ちますが、左へ。

ジュビロも金原がエリア前でボールをカットして、エリア左の新里にパスを出しますが、伊従がこれもカットしてシュートは打たせず。さらにジュビロは、左サイドへ展開すると、岩元がエリア前へ切れ込んでシュートを打ちますが、早坂が好セーブを見せてゴールは許さず。

33分には上野に代わって32古屋雄帆が左サイドに。前半に比べるとラインを高くしてコンパクトにしてきたジュビロにゴールに迫られますが、それをしのいでいくと38分には大曽根のパスに宮代が抜け出しシュートを放つもGK牧野が好守。41分にも池谷のパスに抜け出した宮代がシュートを打ちますがポストに阻まれて追加点とはならず。試合は1-0でタイムアップ。この2日間を2連勝でフロンターレは終えることになりました。

前半1-0 後半0-0 計1-0
得点:上野綜太(川崎)

フロンターレの先発:16早坂勇希、30島崎元、4伊従啓太郎、34高吉正真、23デューク・カルロス、15池谷祐輔、18村田聖樹、7桝谷岳良、28山田新、31上野綜太、26宮代大聖
交代:島崎→14小川真輝 山田→17大曽根広汰 桝谷→13奥山璃空 上野→32古屋雄帆

ジュビロの先発:21牧野恋音、37鈴木海仁、4鳥羽隼、33牧野光佑、23徳永悠大、6室田吐夢、34原口晏侍、11中村竜、17平澤拓実、7金原颯、19木原大器
交代:木原→13新里勇人 原口→18伊禮祐作 17平澤拓実→20岩元ルナ 中村→9早川諒祐

攻守にいい場面が多く、切り替えが速くなってきたことが感じられるフロンターレ。2月4日は流通経済大柏グラウンドで今季のプリンスリーグ関東で対戦する流通経済大柏、2月5日は等々力第一サッカー場で帝京との試合に臨みます。

(文中敬称略) 

前日に終わったトップチームのキャンプから合流した宮代大聖選手
上野綜太選手
桝谷岳良選手
コイントスに臨む早坂勇希選手
試合を前にした選手たち
早坂勇希選手
伊従啓太郎選手
早坂勇希選手
島崎元選手
高吉正真選手
村田聖樹選手
宮代大聖選手
高吉正真選手
伊従啓太郎選手
山田新選手
デューク・カルロス選手
村田聖樹選手
桝谷岳良選手
上野綜太選手
伊従啓太郎選手
早坂勇希選手

伊従啓太郎選手
山田新選手
早坂勇希選手
上野綜太選手が決めて1-0

池谷祐輔選手
島崎元選手
前半は1-0
浦上壮史GKコーチから声をかけられる早坂勇希選手
ハーフタイムの選手たち
長橋康弘コーチが声をかける
後半へ
高吉正真選手
高吉正真選手
デューク・カルロス選手
宮代大聖選手

桝谷岳良選手
小川真輝選手
池谷祐輔選手
村田聖樹選手
大曽根広汰選手
小川真輝選手
大曽根広汰選手
上野綜太選手
デューク・カルロス選手
伊従啓太郎選手
1-0でタイムアップ

以下の写真は練習試合から

韓東焌選手
養日幹大選手
小川達也選手
古屋雄帆選手
森陽平選手
横田大祐選手
奥山璃空選手
森陽平選手
古岡佑斗選手
2連勝をおさめた

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です