フロンターレU18 – 鹿島学園 / プリンスリーグ関東第4節


トップチームがアウェイ大阪の地でリーグ戦を控えた4月30日の昼下がり,麻生グラウンドでは川崎フロンターレU18がプリンスリーグ関東第4節,茨城県リーグから昇格してきた鹿島学園を迎えました。

【プリンスリーグ関東第4節 川崎フロンターレU18 vs 鹿島学園】
4月30日(日)14時00分キックオフ 快晴 45分ハーフ

フロンターレの先発はGK1早坂勇希,DFは右から5小川真輝,34高吉正真,3新井秀明,11デューク・カルロス,ボランチは15池谷祐輔,8奥山璃空,右MF13大曽根広汰,左MF7桝谷岳良,シャドーの位置にキャプテン10村田聖樹,1トップに18宮代大聖。今季のリーグ戦で初めて,村田が昨季まで務めていたポジションでの先発となりました。村田がポジションを移したボランチには,小柄ながらテクニックのある奥山が入りました。

コイントスに勝った川崎フロンターレは風向きを見て,エンドを入れ替えます。鹿島学園ボールでキックオフ。

立ち上がりは鹿島学園のペース。
9分の鹿島学園,左サイドからグラウンダーのクロスに11が走り込むも,GK早坂が先にさわって事なきを得ます。
12分にも鹿島学園。ペナルティエリア外で与えたFKに22が頭で合わせますが,これはGK正面。何とか失点を免れます。

立ち上がりに訪れた立て続けのピンチを凌いだフロンターレは14分,5小川の蹴った右からのCKをGKが弾くと,ペナルティエリア外で待ち構えた13大曽根が勢いを付けてシュート。しかしこれはゴール左に外れます。
この流れで勢いづいたフロンターレは,中盤から前でボールがよく回るようになります。
17分,ペナルティエリア前中央での10村田,13大曽根のパス交換から右へ抜け出した18宮代にボールが渡ると,GKとの1対1を冷静に沈めて先制。喜びを爆発させます。

続く21分,右サイドでボールを受けた大曽根は,前にスペースがあると見るや単独突破。シュートまで持ち込みますが,これはGK正面。追加点とはなりません。
しかしその直後,バイタルエリアの底で前を向いてボールを受けた8奥山から右サイド前方へ絶妙なスルーパスに抜け出したのは,またも18宮代でした。
GKとDFが交錯するのを横目に,ゴール左へ丁寧に流し込み2点目。エースの活躍で相手を突き放します。

36分には鹿島学園。中盤でボールを奪うと,ミドルシュート。これはGK早坂の正面。

41分にはフロンターレ。左サイドで7桝谷がボールを受けると,8奥山とのパス交換から,中央に走り込んだ5小川へ。小川はダイレクトにシュートを放ちますが,GKにさわられ追加点とはなりません。

2ゴールを挙げたあとは,鹿島学園に押し戻され,前半終了となりました。

両チームともメンバー交代なく後半に入ると,序盤はフロンターレがペースを掴みます。
2分,右サイドをドリブルで駆け上がった10村田はGKと1対1の決定的な場面を作りますが,シュートはゴール右に外れます。
4分にもフロンターレ。15池谷とのパス交換から右サイドでボールを受けた13大曽根がシュートを放ちますが,これはゴール上に外れ,チャンスをものにできません。

そうこうしているうちに,流れは鹿島学園へ。
長身のFW9とテクニックのあるFW11を両サイドに広く開かせ,そこを起点にセカンドボールを拾うことが多くなります。

9分には鹿島学園FW9がロングボールに抜け出し,肩に当ててシュートを放つも,これはGK1 早坂が素早く反応し,セーブします。
そして迎えた13分。右サイドでボールを受けた鹿島学園FW11は緩やかな弧を描くシュートでゴールネットを揺らします。

14分にはフロンターレ。18宮代が左サイドでDFをかわしシュートを放ちますが,これはまたもゴール右へ。勢いを増す相手を突き放すことができません。

18分には鹿島学園。ゴール前に放り込まれたボールに混戦となり,鹿島学園FW11がシュートを放ちますがこれはゴール上に外れ事なきを得ます。

23分,フロンターレは8奥山に代わって9山田を投入。10村田をボランチに下げ,山田がFWの位置に入ります。

25分,鹿島学園の選手交代は一気に3枚。

押し込まれるフロンターレは中央の34高吉,3新井がなんとか弾き返し,同点弾はゆるしません。

フロンターレ陣内で一進一退の攻防が続く中,45分,7桝谷に代わって4伊従が投入されます。中央に長身の選手が3枚揃い,最後まで耐え抜く姿勢を打ち出したフロンターレは全員が帰陣して守備に奔走します。

そして何とか得点をゆるさずタイムアップ。うまくいかない中でも,薄氷を踏む思いで勝ち点3を獲得しました。次節は5月6日(土)の東京ヴェルディ戦。U17日本代表の海外遠征に招集された,7桝谷,18宮代を欠いての戦いとなります。ここ数年,記憶に残る激闘を繰り広げてきたフロンターレとヴェルディ。今年も新たな記憶を刻んでくれることでしょう。

お時間のある方はぜひ,ヴェルディグラウンドで選手たちを後押ししましょう!

試合開始前,全員で円陣
鹿島学園のキックオフで試合開始
デューク・カルロス選手
宮代選手のヘディングは実らず
宮代選手が決め先制
宮代選手,鮮やかな追加点
安定した守備を披露した高吉選手,早坂選手,新井選手
この日は守備の時間が長かったカルロス選手
桝谷選手。J選抜から帰ってきて,一皮むけた
後方から正確なボールでゲームを作った小川選手
CKに合わせる宮代選手
キャプテン村田選手,池谷選手,小川選手
積極的な仕掛けもゴールならず。大曽根選手

試合後,家族やサポーターに挨拶する選手たち
鹿島学園の選手たち

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です