フロンターレU12 – 横河武蔵野FCジュニア / LEGA FUTURO U11


5月7日、横河電機武蔵野グラウンドでは川崎フロンターレU-12の六年生たちの試合に続いて、五年生たちの試合であるLEGA FUTURO U11も行われました。

【川崎フロンターレU-12 LEGA FUTURO U11 vs 横河武蔵野FCジュニア】
5月7日(日)午後12時53分キックオフ 横河電機武蔵野グラウンド 晴れ 9人制 25分ハーフ

フロンターレの先発はGK19太田陽彩、最終ラインは右から20五十嵐将、25田所莉旺、5関徳晴、中盤は15齊名優太、右MF26山下耀翔、左MF22明瀬未来、FW18加治佐海、17香取武。四年生の関も先発に名前を連ねました。

正午も過ぎてますます気温が上がる中、始まった試合。立ち上がりにはフロンターレ、エリア外やや右でフリーキックを得ると、加治佐が直接狙ったシュートはGK41が弾き、こぼれ球は明瀬が拾って左サイドからシュートに持ち込むもサイドネットに。

フロンターレは右MFの山下が齊名とよくかかわるなどしてマイボールに。明瀬と加治佐が左サイドからよく連係して前へ出ていきます。6分から8分にかけては立て続けにコーナーキックを得て、齊名が右足でエリア内へボールを入れ、セカンドボールも拾ってエリア内へ迫るもゴールネットを揺らすには至らず。

それでもいい距離感で、最終ラインの田所が横河武蔵野の前線に起点をつくらせずにさらに攻撃へつなげていきます。9分には関がドリブルで前へ。エリア外左からシュートを打つもGK41の正面。さらに最終ラインの田所や関も高いラインを保ってさらに攻勢へ。9分にはエリア内へ山下が抜け出しシュートに持ち込むもDFに当たり最後はGK41がキャッチ。10分にはエリア内で加治佐がマイボールにし、左へ展開。明瀬が走り込みながらシュートを打つもブロックされて決めることはできず。

さらにカウンターに持ち込むと山下が抜け出してミドルシュート。枠をとらえますが、GK41がこれを阻んで得点とはならず。横河武蔵野も直後にはカウンターへ持ち込むも田所がカバー。フロンターレはさらに田所を最終ラインに、関や五十嵐も前にタイミング良く出て人をかけた攻勢に。15分、エリア内右に五十嵐が進入。ねばり強くボールをキープし前へ出てシュートに持ち込むと、GK41の上を抜く形でゴールネットを揺らします。1-0。先制点はフロンターレへ。

横河武蔵野の六年生たちに加えて、先ほどまで試合をしていたフロンターレの六年生たちもチャントやコールで後押しをし始め、さらににぎやかになったグラウンド。フロンターレはさらに香取や加治佐を起点にゴールに迫るのに対して、横河武蔵野も右から19分には右から35が仕掛けて左へ展開。36が折り返すもこれは太田がキャッチ。

直後にはフロンターレ加治佐から齊名に縦パスが入り、パス交換から左へ加治佐が抜け出しシュートを放つとこれがゴールネットを揺らして2-0。しかし、直後には横河武蔵野、35のシュートが決まって2-1。1点差となります。

23分にはフロンターレ、左サイドの明瀬から右へ展開すると、五十嵐のクロスに香取が飛び込みますが、ここはGK41の方がボールに触るのが早くシュートには至らず。それでも、24分五十嵐のパスに右サイドから香取が抜け出すと、エリア前へ切れ込んだ香取はミドルシュートに持ち込み、これがゴールネットを揺らして、3-1。

25分には横河武蔵野、フロンターレにバックパスに対する反則がありゴール正面で間接フリーキックを得るも、これを直接決めてしまい、ゴールは認められず。
前半は3-1でタイムアップとなります。

後半、立ち上がりは横河武蔵野、右から仕掛けてエリア内へ鋭いボールを入れますがこれには誰も触ることはできず。

フロンターレは3分には香取がボールを収めて前へ。スルーパスにエリア左へ加治佐が抜け出しますが、シュートは左へ。一方の横河武蔵野も右から仕掛ける35、前線の33を起点に攻勢に出ますが、田所がこれに対応。シュートにはつなげさせず。

すると次の1点はフロンターレへ。エリア右へ加治佐が抜け出してシュートを放つとこれがゴールネットを揺らして、4-1。フロンターレの六年生たちがうれしそうにバスケットケースを歌います。

7分には、人数をかけてエリア前へフロンターレは出ると、最後はエリア外からこぼれたボールを拾った関がミドルシュートを打つもGK41が対応。直後には横河武蔵野、カウンターへ。36がパス交換から左へ抜け出しますがここは太田が前に出てシュートは打たせず。

8分にはエリア外右でファールを受けると齊名が直接フリーキックで狙いますがクロスバーに。

14分には横河武蔵野、エリア内でファールを受けPKを得ます。しかし、枠左を狙ったシュートは、太田が見事に反応して止める好守。選手たちが太田のもとへ駆け寄ります。

16分には太田が前線へ送ったボール、香取が競り、ボールは横河武蔵野の選手の間を抜けエリア右に。これに加治佐が抜け出してシュートを放つとこれも決まって5-1。加治佐はハットトリックを達成します。

フロンターレはここで明瀬に代わって23徳永倖大が左MFに。

さらに攻勢に出るフロンターレは、齊名のパスに右へ加治佐が抜け、折り返したボール、香取がシュートを打つもブロック。ここでコーナーキックを得ると、右から徳永がボールを入れ、こぼれ球を再び拾った徳永の右クロスに、加治佐がエリア内抜け出しますが、ここはわずかに触ることはできず。

19分にはエリア左、徳永が抜け出しシュートを打つもサイドネットに。ここでフロンターレは、香取に代わって24仲谷俊が入り、左MFに。徳永がFWへ。

横河武蔵野も22分には右から37が仕掛けてエリアへ近づきますがここは関や徳永がうまく囲い込んで対応。さらに33が右から仕掛けて、エリア前へボールを出すと、40が抜け出してシュートを打つも、ここは太田が好セーブを見せて得点とはさせず。

少し早めのフロンターレの六年生たちの「AVANTE」やSHISHAMOの「明日も」を使ったチャントの後押しを受けて、さらに攻勢に出るフロンターレの選手たち。24分には徳永から左へ展開すると、仲谷が抜け出しますがここは横河武蔵野の選手の守備に阻まれてゴールへは近づけず。さらに齊名のパスに、エリア左、徳永が抜け出しシュートを打つも、37がブロック。

試合は、5-1でタイムアップ。最後まで球際に強く切り替えよくプレーをする姿が印象的だったフロンターレの選手たち。攻守にいいプレーを重ねて見事に勝利を飾りました。

前半3-1 後半2-0 計5-1
得点:五十嵐将、加治佐海3、香取武

フロンターレの先発:19太田陽彩、20五十嵐将、25田所莉旺、5関徳晴、15齊名優太、26山下耀翔、22明瀬未来、18加治佐海、17香取武
交代:明瀬→23徳永倖大 香取→24仲谷俊

(文中敬称略)

山下耀翔選手
明瀬未来選手
齊名優太選手
主審を先頭にピッチへ

円陣を組む
五十嵐将選手
太田陽彩選手
関徳晴選手
田所莉旺選手
明瀬未来選手
太田陽彩選手
香取武選手

加治佐海選手
五十嵐将選手が決めてフロンターレが先制する

喜ぶ選手たち

太田陽彩選手
山下耀翔選手
加治佐海選手が決めて2-0


明瀬未来選手
五十嵐将選手
香取武選手が決めて3-1

田所莉旺選手
ゴール前、間接フリーキックに備える

ハーフタイムの選手たち
先程まで試合をしていたフロンターレU-12の六年生たちが声援を送った
明瀬未来選手
加治佐海選手
香取武選手
香取武選手
山下耀翔選手
齊名優太選手
関徳晴選手
PKを止める太田陽彩選手

選手たちが駆け寄る
加治佐海選手が決めてさらに追加点
ハットトリックとなった
徳永倖大選手
仲谷俊選手
齊名優太選手
横河武蔵野もゴールへ迫ったが、しっかり対応した
5-1でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

フロンターレU12 – 横河武蔵野FCジュニア / LEGA FUTURO U11」への1件のフィードバック

  1. 太田陽彩選手
    私の次男の保育園の時のお友達です。
    途中で転居されてしまったため、ネット上での再会ですが、
    頑張って活躍してほしいと思っております!
    がんばれ!ひー(陽彩)くん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です