フロンターレU12 – Jr.チャンプSC / 8人制大会決勝トーナメント準々決勝


10月9日北見方サッカー場では、8人制大会の1回戦に続いて、準々決勝が行われ、川崎フロンターレU-12は宮前区を拠点とするJr.チャンプSCとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 8人制大会準々決勝 vs Jr.チャンプSC】
10月9日(月)午後0時半キックオフ 北見方サッカー場A 15分ハーフ

フロンターレの先発は、GKがキャプテンの19太田陽彩、FPは最終ラインに右から20五十嵐将、25田所莉旺、5関徳晴、中盤は15齊名優太、26山下耀翔、前線は17香取武、18加治佐海。

1回戦と同様、Tシャツ一枚で過ごせるような季節外れの陽気の中、始まった試合。立ち上がりにはチャンプの12が左サイドから仕掛けていくも山下がブロック。フロンターレは香取も自陣まで下りて太田からパスを引き出すなど、中央から組み立てて、引きつけて空いた左サイドのスペースを関が上がっていくなどしてゴールをうかがいにいきます。

チャンプもボールを奪ってから前によく展開し、2分にはエリア右へ5が抜け出すも関が戻ってこれに対応。さらに12の右からのパスにエリア右へ8が抜け出すも、フロンターレは香取や田所が囲い込むように守り、しのいでいきます。3分にはフロンターレ、香取が右へ流れて前へ仕掛けて折り返すと、齊名が受けて最後はエリア右、加治佐がシュートを打つもブロック。セカンドボールを拾い、田所も前に持ち上がるなどさらに攻勢に。6分には加治佐がエリア右へ抜け出すも最後はファールに。ボールを失っても五十嵐がよくカバーし、マイボールにしていくフロンターレ。7分、左サイドを関が仕掛けていくと、エリア内へ送ったボール、シュートを打ったのは香取。ゴールネットを揺らして先制点はフロンターレへ。

直後にはチャンプも8が仕掛けて、エリア前に迫りますが、五十嵐が切り替えよくカバー。さらに8がいい動きを見せてゴールに迫ってくるも田所に加えて齊名も戻ってこれに対応シュートにはつながせず。フロンターレは、太田に田所、齊名らがかかわり、加治佐も中盤まで下りて中央から組み立て。10分にはパスを回し、齊名のパスにエリア左へ山下が飛び出すもオフサイドに。11分には齊名のパスに抜け出した香取がシュートを打つもチャンプのGK1の好守で決めることはできず。さらに香取がセカンドボールを拾ってエリア左の山下へパスを出すなど、追加点を狙っていきます。

チャンプも13分には5が右から仕掛けていき左へ展開すると、12が駆け上がっていきますが、五十嵐が体を入れてクロスやシュートには結びつかせず。フロンターレも14分には山下、香取とエリア前で回して左へ展開すると、関が仕掛けてエリア内へ。しかし、GK1がシュートはセーブ。フロンターレもチャンプもともに切り替えがはやくエリア前に迫る場面が続いていき、15分にはフロンターレ、田所がエリア外右へパスを出すと香取が抜け出してエリア内へ仕掛け、こぼれ球を拾った加治佐がシュートに持ち込むもこれはブロック。

前半は1-0でタイムアップとなります。

後半フロンターレは山下に代わって10新堀翔がピッチに。関と同じく四年生がピッチに。香取が一番前、加治佐が右、新堀が左、中盤は齊名というような形になってのスタートとなります。

立ち上がりからフロンターレもチャンプもよく競り合い、フロンターレは競り勝ったところから加治佐がエリア前に迫るも、チャンプもねばり強く体を入れて最後はファールに。チャンプは2分には5が競ったボールを8が拾ってエリア前に。しかし、田所がしっかりとカバー。チャンプがさらにセカンドボールを拾って8や5がエリア前に抜け出す場面が続いていきますが、田所や太田、関がしっかり対応し、シュートには結びつかせず。

8分にはフロンターレは香取に代わって23徳永倖大がピッチへ。直後には徳永から左へパスが出ると新堀が抜け出してシュートに持ち込むもこれはGK1がセーブ。

フロンターレは加治佐もエリア前に下りて太田とかかわり後ろから組み立て。齊名や徳永らがよくボールを触り、ゴールをうかがっていきます。9分にはチャンプのシュートを太田がキャッチしたところからすばやく前線へボールを送ると、徳永がエリア右へ。これはクリアされましたが、切り替えよく守備から攻撃につなげていきます。

チャンプもコーナーキックをしのいだところからGK1が前線へボールを送るも五十嵐がカバー。10分にはフロンターレは、五十嵐に代わって24仲谷俊。12分には徳永の縦パスを起点にエリア右へ加治佐が抜け出してシュートを打つもGK1がセーブ。こぼれ球を拾って仲谷がエリア外からミドルシュートを打ちますが、枠をとらえることはできず。さらに
フロンターレは距離感よくボールを拾ってゴールに迫る場面が続いていき、13分には加治佐から右へ展開。徳永が折り返すと、新堀がシュートを打つもこれは決めることはできず。それでも仲谷がよくセカンドボールを拾い、流れは渡さず。

14分、次の1点はフロンターレへ。左サイド、高い位置に新堀が仕掛けてエリア外左へ。高い位置から折り返すと、フリーで走り込んだ加治佐がダイレクトで合わせてゴールネットを揺らします。2-0。

直後にはチャンプもエリア前に迫りましたが、田所らがしっかり対応。試合はタイムアップ。2-0。フロンターレは準決勝へ駒を進めることになりました。

前半1-0 後半1-0 計2-0
得点:香取武、加治佐海

フロンターレの先発:19太田陽彩(c)、20五十嵐将、25田所莉旺、5関徳晴、15齊名優太、26山下耀翔、17香取武、18加治佐海
交代:山下→10新堀翔 香取→23徳永倖大 五十嵐→24仲谷俊

8人制大会は15日に等々力第一サッカー場で準決勝と決勝、3位決定戦が行われます。フロンターレは午前9時にFCパーシモンと決勝進出を懸けた試合に臨むことになります。

(文中敬称略)

準々決勝へ
円陣を組む選手たち
山下耀翔選手
香取武選手
加治佐海選手
関徳晴選手
五十嵐将選手
加治佐海選手
田所莉旺選手
香取武選手
関徳晴選手

関徳晴選手
山下耀翔選手
山下耀翔選手
香取武選手
香取武選手
ハーフタイムの選手やスタッフ
田所莉旺選手
新堀翔選手
齊名優太選手
田所莉旺選手
太田陽彩選手
新堀翔選手
徳永倖大選手

齊名優太選手、田所莉旺選手、仲谷俊選手
仲谷俊選手
加治佐海選手が決めて2-0に

太田陽彩選手
フロンターレは準決勝へ駒を進めた

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です