フロンターレU15 – 東松山ペレーニア / 日本クラブユース選手権関東予選


6月18日は横浜FC・LEOCトレーニングセンターへ。U-15年代の夏の全国大会、日本クラブユース選手権の予選、日本クラブユース選手権関東予選が始まり、川崎フロンターレU-15もこの日、初戦を迎えました。関東予選に出場する64チームのうち、本選に出場できるのは準々決勝に進出した8チームと、敗者復活戦を勝ち抜いた6チームの計14チーム。

フロンターレは関東ユース(U-15)サッカーリーグで、なかなか勝てていない流れを予選を通して、変えたいところ。

【川崎フロンターレU-15 日本クラブユース選手権関東予選1回戦 vs 東松山ペレーニア】
6月18日(日)午後0時半キックオフ くもりのち雨 横浜FC・LEOCトレーニングセンター 40分ハーフ

1回戦の相手は東松山ペレーニア。2015年には関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部への参入戦に臨んだこともある埼玉県の強豪チーム。

フロンターレの先発はGK16鴨打賢哉、DFは右から5内海太瑚、36田鎖勇作、3神橋良汰、2鈴木康平、ボランチはキャプテンの7戸水利紀、34田中慶汰、右MF11堀川洸、左MF15横山航大、FW9戸澤龍人、10鈴木大登。

今にも雨が降り出しそうなくもり空の横浜FC・LEOCトレーニングセンター。9-1で横浜FCジュニアユースがS-Pフッチサッカークラブを下した試合に続いて、試合は始まりました。

立ち上がりは左サイドからの攻勢で東松山ペレーニアがフロンターレのゴール前へ。3分には縦へパスを入れてボランチの10がミドルシュートを打つも枠外。さらに左MFの18が左サイドから中へ仕掛けてシュートを打つもこれは鴨打がキャッチ。ボランチの選手が積極的に攻撃参加し、厚みのある攻めを見せてきます。

フロンターレは、鴨打に田鎖、神橋がかかわって後ろから組み立て。鈴木大登も時には中盤まで下りてフォロー。5分には鈴木大登からエリア左へパスが出ると、戸澤が抜け出すもオフサイド。

一方の東松山ペレーニアはフロンターレの両サイドを狙って攻勢に。7分にはボランチの6が抜け出すも田中慶汰が対応。フロンターレも後ろからつなぐだけではなく、神橋が左サイドの横山へフィードを通し、横山がうまく前を向きボールをキープするなどしていくもなかなかシュートにはつなげられず。9分には東松山ペレーニア、CBの4のフィードにエリア左、11が抜け出してシュート。しかし、ここも鴨打がしっかりセーブ。さらに中盤の10、6が積極的に前に出て厚みのある攻めを見せる東松山ペレーニアに押し込まれますが、フロンターレも田鎖や神橋が1対1ではよく対応。戸水や田中慶汰も中盤でよく体を張ってしのいでいきます。

13分には横山がうまく前を向いて左サイドから仕掛け、パスにエリア左へ鈴木康平が抜け出しクロス。しかし、クリアされてシュートにはつなげられず。東松山ペレーニアもエリア前でボールを回すフロンターレに対してプレッシャーをかけ、マイボールにすると、右からクロスを入れてきますが、これには神橋がしっかり対応。さらに14分には東松山ペレーニアがカウンターに。11が左サイドからエリア内へ仕掛けようとしますが、田鎖が寄せてシュートには至らせず。

フロンターレも16分には右サイドで堀川がマイボールにして、中盤の田中慶汰のスルーパスにエリア左へ鈴木大登が抜け出そうとするも、東松山ペレーニアの最終ラインも集中力が高くパスはカット。

さらにフロンターレは戸水がよく縦にパスを入れて連動した攻めに。17分にはエリア左、戸澤がシュートを打つもGK21がキャッチ。さらにエリア外右へ堀川が抜け出て最後は戸澤がシュートを打ちますがここもGK21が反応。コーナーキックを得ると、左から横山が入れたボールに田中慶汰が合わせますが右へ。

フロンターレはさらに田鎖や神橋がラインを高くしてコンパクトに。セカンドボールもよく拾って切り替えよく前に出ていきます。21分中盤のやや左前で戸水がうまく前を向いてエリア外左へスルーパスを出すと、これに抜け出したのは横山。うまく切り返してシュートを打つと、東松山ペレーニアの選手たちはこれを掻き出そうとしますが、ゴールの中へ。1-0。先制点はフロンターレへ。(記録はオウンゴール)

直後にもファールを受けると、左サイド高い位置からのフリーキック、鈴木康平が左足で入れたボールに内海が合わせますがこれはクリア。さらにこぼれたボールを拾い、エリア外正面、鈴木大登がミドルシュートで狙うもこれは左へ。さらに田中慶汰の浮き球のパスがエリア内に。鈴木大登が抜け出しますがGK21に対応されてシュートには至らず。

フロンターレは中盤でボールを回し、鈴木康平や内海が機を見て高い位置に。25分には鈴木康平が左サイドからクロスを入れると、戸澤がエリア正面でマイボールにしますが、これには東松山の7が対応。さらに高い位置を保つフロンターレは戸水がボールをカットし、堀川に縦パスを入れ、最後は戸澤がシュートを打つもGK21がしっかりボールをキャッチ。

さらに神橋のフィードに戸澤がエリア前へ抜け出し、そのクリアボールを鈴木康平が厳しい寄せで奪ってスルーパスを入れるなど、攻守の切り替えよくフロンターレは追加点を狙っていきます。

一方の東松山ペレーニアもサイドに展開して、同点を狙っての攻勢。30分にはエリア外正面やや左でファールを受けて、フリーキックを得ると6が直接右足でシュートを放ちますが、鴨打が枠をとらえたボールをはじき出す好セーブ。32分には6の右クロスがエリア内左へ流れて、14がこれもまた枠をとらえたシュートを放ちますが、またも鴨打が好守を見せて同点とはさせず。東松山ペレーニアの時間帯が続き、11が右からドリブルで仕掛けてフロンターレのエリア前に。最後は10がこぼれ球を拾ってシュートを放ちますが、鴨打がキャッチ。さらに最終ラインに入っていた7がボールを持ち上がり、フロンターレのエリア内へ入るも神橋がこれに対応。さらに6がエリア右へ進入しシュートを放つも鴨打がこれに反応。

さらに東松山ペレーニアは、立て続けに得たコーナーキックとフリーキックでフロンターレのゴールをおびやかしていきますが、鴨打や神橋らがしっかり対応し、前半はタイムアップ。1-0。フロンターレがリードしてハーフタイムへ。

ぽつぽつとハーフタイムに降り始めた雨が、しだいに強まる中で始まった後半。ラインを高くしコンパクトにしてきた東松山ペレーニアが、ゴールへ迫る立ち上がりに。右からクロスを入れると、エリア内11が抜け出すも鴨打がキャッチ。11のパスにエリア右、22が抜け出すもシュートは神橋がブロック。さらに7から右へ展開し、22が右サイドから仕掛けていきますが、鈴木康平がこれに対応。

フロンターレは、サイドからの攻めに対しては鈴木康平や内海が1対1で強さを見せて、浮き球は神橋がしっかり跳ね返し、次第にまたボールを回せるように。9分には戸水のパスに左サイド、鈴木康平が抜け出しますが、東松山ペレーニアはこれをクリア。11分には、東松山ペレーニアもゴール前に。14がエリア右へ抜け出してニアを狙ってシュートを打つも、鴨打が好守。

守備から攻撃へ転じたフロンターレは、内海が右サイドの高い位置へ。エリア右へ仕掛けてボールを折り返すと、これに反応したのは横山。ボールを押し込んで、2-0。フロンターレが突き放します。

東松山ペレーニアも、選手を入れ替えながら積極的に前に。17分にはエリア右、11が抜け出しシュートに持ち込むも鴨打が対応。フロンターレも切り替えの速さは保ったままに。直後には内海が右サイドの高い位置に。エリア右へ抜け出してシュートに持ち込むも、東松山ペレーニアの選手のブロックで枠へ飛ばすことはできず。

フロンターレは22分には堀川に代わって27甲斐翔大が入り右MF、23分には横山に代わって18平田流衣が入り左MFに。東松山ペレーニアがCBの4をFWに上げて、最終ラインの7を左サイドに入れ、FWの11を右サイドに入れるなど配置も変更。高い位置取りで前に出て、コーナーキックなどからゴールを狙ってくるのに対して、神橋や田鎖がしっかり跳ね返し、田中慶汰や戸水、時には鈴木大登もよくセカンドボールを拾い、平田の縦への仕掛けからカウンターに持ち込むなど、さらに追加点を狙っていきます。

31分には内海のパスにエリア右、鈴木大登が抜け出しシュートを放ちますが、GK21に。33分には内海が右サイド、高い位置に。低い弾道のクロスを入れようとしますが、ここは東松山ペレーニアの選手がブロック。さらに平田が左サイドでボールをキープし、そのパスに高い位置へ鈴木康平が抜け出しますが、東松山ペレーニアの選手も粘り強く対応し、最後はファールに。

35分には東松山ペレーニアも左コーナーキックのこぼれ球を拾い、8がシュートを放ちますが、ここはフロンターレも体を張ってブロック。36分にはフロンターレは戸澤に代わって8猪狩祐真がピッチへ。

フロンターレは東松山ペレーニアの攻めにしっかり対応しながら機を見て、さらに前へ。甲斐や内海が右サイドからよく仕掛けて、エリア前に顔を出していきます。37分には猪狩のパスにエリア右、甲斐が抜け出しますが、ここは東松山ペレーニアの守備に阻まれコーナーキックに。東松山ペレーニアもこのコーナーキックをしのいでカウンターを仕掛けると、11がエリア前へ。シュートに持ち込もうとしますが、フロンターレは戸水がしっかりブロック。38分には得点を狙い高いラインの東松山ペレーニアのエリア右へ猪狩からパスが出ると、鈴木大登がGK21と1対1に。ゴールへ流し込んで、3-0。

ここでフロンターレは神橋に代えて4松永竜之介がCBに。激しくなる雨の中、最後まで東松山ペレーニアも右MFの11が仕掛けるなどしてゴールを狙ってきますが、松永がこれにしっかり対応。試合はタイムアップ。3-0。1回戦をフロンターレは突破しました。

前半1-0 後半2-0 計3-0
得点:オウンゴール、横山航大、鈴木大登(川崎)

フロンターレの先発:16鴨打賢哉、5内海太瑚、36田鎖勇作、3神橋良汰、2鈴木康平、7戸水利紀(c)、34田中慶汰、11堀川洸、15横山航大、9戸澤龍人、10鈴木大登
交代:堀川→27甲斐翔大 横山→18平田流衣 戸澤→8猪狩祐真 神橋→4松永竜之介

3-0とはなりましたが、東松山ペレーニアも厚みのある攻撃を見せて、多くの得点機をつくりだしていたことが印象的でした。フロンターレは最後まで切り替えよく応戦。無失点に加えて、3つのゴールが生まれたことは、リーグ戦でここ4試合ゴールから遠ざかっていたチームにとって、きっといいきっかけになってくれるはずです。

フロンターレの次の相手は柏レイソルU-15。6月24日午前11時、日立柏総合グラウンドにて、対戦します。フロンターレにとっては、関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部のチームに挑む形。攻守にかみあったこの日のような戦いぶりができれば、きっといい結果が生まれると思います。

(文中敬称略)

日本クラブユース選手権関東予選は1回戦
円陣を選手やコーチ全員で組む

神橋良汰選手
田鎖勇作選手
戸澤龍人選手
堀川洸選手
いざ試合へ
鴨打賢哉選手

東松山ペレーニアの攻勢を受けての立ち上がり
戸水利紀選手
鴨打賢哉選手
田鎖勇作選手
内海太瑚選手
鈴木康平選手
鈴木大登選手
田鎖勇作選手

堀川洸選手
戸澤龍人選手
内海太瑚選手
田鎖勇作選手

堀川洸選手
横山航大選手のシュートが決まり1-0
公式戦では久しぶりのゴールとなった
田中慶汰選手
鈴木康平選手
鴨打賢哉選手
東松山ペレーニアも攻勢に出るが、しっかり守る

鈴木大登選手
鴨打賢哉選手
堀川洸選手

内海太瑚選手
鈴木大登選手、戸澤龍人選手
前半は1-0
後半へ
戸水利紀選手
田中慶汰選手
鈴木康平選手
鈴木大登選手
内海太瑚選手
田中慶汰選手
横山航大選手が押し込み2-0

戸澤龍人選手
横山航大選手
平田流衣選手
甲斐翔大選手

鈴木康平選手
猪狩祐真選手
猪狩祐真選手
3点目は鈴木大登選手

神橋良汰選手
戸水利紀選手
松永竜之介選手
3-0でタイムアップ

試合を見守った家族にあいさつ

次は柏レイソルと対戦する

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です