神奈川県 – 千葉県 / 国体関東ブロック大会


8月11日は前橋フットボールセンターへ。愛媛県で開かれる国体の出場権を懸けた国民体育大会関東ブロック大会が始まり、川崎フロンターレU-18の選手も神奈川県の一員として、この日千葉県との試合に臨みました。

【国民体育大会関東ブロック大会サッカー少年男子 神奈川県 vs 千葉県】
8月11日(金)午前9時半キックオフ 前橋フットボールセンターA 曇り 35分ハーフ

関東の1都7県の選手たちによって競われるU-16トレセンリーグのAブロックの1位となった神奈川県と、Bブロックの2位の千葉県の対戦。勝てば国体出場が決まり、敗者が12日に行われる決定戦へ回ることになります。

神奈川県の先発はGK1高山汐生(湘南ベルマーレユース)、DFは右から2島崎元(川崎フロンターレU-18)、3和田昂士(横浜F・マリノスユース)、5小林夏生(横浜F・マリノスユース)、4岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース)、ボランチは7山本理仁(東京ヴェルディユース)、8柴田壮介(湘南ベルマーレユース)、右MF9松田詠太郎(横浜F・マリノスユース)、左MF6柴田徹(湘南ベルマーレユース)、FWは11宮城天(川崎フロンターレU-18)、キャプテンの10斉藤光毅(横浜FCユース)。島崎は昨年に続いての国体の予選。

千葉県の先発はGK1倉田一唯(日体大柏高校)、DFは右から16畑大雅(市立船橋)、3鷹啄トラヴィス(市立船橋)、4井出敬大(柏レイソルU-18)、5橋本柊哉、ボランチは6中井悠大朗(八千代高校)、15町田雄亮(市立船橋)、右MF8森英希(市立船橋)、左MFキャプテンの7井上怜(市立船橋)、FWは11西堂久俊(市立船橋)、9奥田陽琉(柏レイソルU-18)。

両チームの選手たちの家族や所属チームのサポーター、両県協会の関係者らが集まった前橋フットボールセンターA。空には雲が広がり、この季節の前橋としては涼しさが感じられる中で試合は始まりました。

立ち上がり、後ろから和田や小林夏生に柴田壮介、山本も加わって組み立てていく神奈川県。千葉県はマイボールにすると、サイドへ展開し、2分にはカウンターから井上がドリブルで左サイドを仕掛けていきますが、島崎がねばり強く対応。マイボールに。直後には神奈川県、岩井との連係から柴田徹がエリア内へ迫りますが、千葉県は鷹啄がクリア。前線へ正確に蹴り出して、奥田がマイボールにしようとしますが、神奈川県は小林夏生がうまくカバーをして起点をつくらせず。そこからつないでいき、左SBの岩井が左サイドだけではなく、中央から突破を試みるなど、変化をつけながら千葉県のゴール前に迫っていきます。

6分には宮城のパスに左サイドへ柴田徹が抜け出して、エリア左へパスを出すと、斉藤が抜け出しますが千葉県のGK倉田が飛び出してシュートにはつながらず。それでも前に奥田を残しつつも、中井が中盤の底に構えて、町田がやや前に出て後ろからつないでいこうとする千葉県に対して、斉藤が倉田へ積極的に圧力をかけるなどして、組み立てを許さず。柴田壮介や山本も周りとうまく連動しながら前に出て厚みのある攻めを見せて神奈川県がボールを握っていきます。

千葉県も14分にはエリア前でファールを受けると、井上が直接ゴールを狙いますが、壁に当たり決定機にはつながらず。こぼれ球を中井が拾うもシュートは枠外に。

15分には右サイドから松田が中へ切れ込んだところから神奈川県が攻勢に。エリア外左で斉藤がファールを受け、宮城が直接フリーキックでゴールを狙いますが、壁の上を巻いて落ちるボールはやや上に外れて枠をとらえることはできず。直後にも柴田壮介のパスに右サイドの高い位置へ松田が抜け出して仕掛けていき、折り返しますがこれはGK倉田がキャッチ。さらに島崎のサイドチェンジから左サイドへボールが渡って、柴田徹が左からエリア前へ切れ込んでいきますが、千葉県もしっかりこれに対応。シュートにはつながらず。

千葉県も奥田がボールをキープしたところから右へ展開し、森が右サイドから仕掛けていきますが、小林夏生と岩井がうまく連係してエリアへは近づかせず。さらに山本が中盤でボールをカットし縦へ。右サイドの松田へボールが渡り、エリア前の斉藤を経由してエリア左、宮城へボールが渡りますが、千葉県の選手にクリアされてシュートにはつながらず。24分には斉藤の縦パスにエリア外左へ宮城が抜け出しますが、これはオフサイド。

さらに和田や山本がうまくリスク管理をしながら、攻撃を試みていく神奈川県。27分には斉藤のパスに左へ宮城が抜け出しますが、千葉県は畑がねばり強く対応。29分には宮城のパスを受けた斉藤が左サイドから中へ切れ込み、エリア外から地を這うようなシュートで狙いますが、倉田にしっかりキャッチされて得点とはならず。直後には千葉県も中央から右へ展開すると、森が抜け出してエリア右へ。シュートを打つも高山が好セーブを見せてこちらもゴールとはならず。

31分には神奈川県、柴田徹がセカンドボールを拾い、宮城とのパス交換から右サイドへ抜け出してシュート。これはブロックに阻まれて、こぼれ球に斉藤が詰めますが、クリアされてこれもゴールとはならず。直後には千葉県の選手のハンドで、エリア外左でフリーキックを得ると斉藤が直接狙いますが枠左をとらえたシュートは倉田がセーブ。33分には柴田壮介の縦パスに山本がエリア右へ抜け出してシュートを放つもここも倉田に阻まれて得点とはならず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半そのままのメンバーで臨んだ神奈川県に対して、千葉県は前半イエローカードを受けていた西堂に代えて10鵜木郁哉(柏レイソルU-18)をピッチへ。立ち上がりには千葉県、エリア右へ井上が抜け出してシュートを打ちますがこれは高山の正面。高山はしっかりキャッチ。

前半と同様にマイボールにすると山本や柴田壮介も積極的に前に出るなど、人をかけて攻勢に出ていく神奈川県。宮城や斉藤も時折やや下がった位置でボールを受けて前を向いてパスの出し手にもなっていきます。4分宮城とのパス交換から右サイドの高い位置へ松田が抜け出し、千葉県の選手を振りきってエリア前へボールを送ると、左サイドへ走り込んだ柴田徹のシュートがついにゴールネットを揺らします。1-0。先制点は神奈川県へ。

直後には千葉県もエリア右へ鵜木が抜け出しシュートに持ち込みますが、高山が前に飛び出してこれを防ぐ好守。さらにセカンドボールを拾って再び鵜木がシュートを打つも小林夏生がブロック。しのいでいきます。

斉藤が高い位置から積極的にプレスをかけるなど、前からの守備でさらに追加点を狙っていく神奈川県。千葉県は森や井上が高い位置に取り、積極的に仕掛けていきこちらも同点を狙いに。ロングボールを奥田が競ったところから前に起点をつくっていこうとしますが、小林夏生や山本が挟み込むようにうまく対応。井上の左サイドからの仕掛けに対しては島崎がうまく対応。11分には千葉県、縦パスを入れたところからエリア左へ奥田が抜け出しますが、シュートは島崎がブロック。さらに松田も自陣まで戻るなど、神奈川県はコンパクトにして千葉県の攻めをしのいでいきます。

15分には千葉県。パス交換からエリア右へ奥田が抜け出すもシュートは高山が防ぎ、直後には神奈川県も宮城のパスにエリア右へ斉藤が抜け出しシュート。しかし、ワンタッチあり、こちらも決まらず。これで得た神奈川県のコーナーキックを跳ね返したところから千葉県がカウンターに。前線の鵜木へボールが渡りますが、神奈川県は柴田徹と島崎がうまく連係してこれに対応。両ゴール前でそれぞれが切り替えよくプレーを見せ、攻防が続いていきます。

22分には千葉県は森に代えて13阿部渚(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)がピッチへ。神奈川県も23分には柴田壮介に代えて16小倉陽太(横浜FCユース)がボランチに。24分には島崎のパスに松田が右サイドへ抜け出してシュートに持ち込みますが、これは右へ。25分には宮城に代えて14坂巻日向(東京ヴェルディユース)がFWに。28分には小倉のパスに坂巻がエリア前へ抜け出すもこれはオフサイドに。さらに島崎のサイドチェンジを左サイドで柴田徹が受け、その仕掛けたところから高い位置の山本へボールが渡って、最後は坂巻がミドルシュートで狙いますがこれは枠外。交代で入った選手が積極的に攻撃につながるプレーを見せて、神奈川県が追加点を狙っていきます。

31分には千葉県は町田に代えて14青木奏人(八千代高校)。中井を中盤の底に、前線には奥田、2列目には青木、阿部、井上、鵜木が並ぶような形に。マイボールにすると鷹啄も前に上げて同点を狙うなどしていきますが、和田がロングボールに対してはよく対応し起点をつくらせず。試合は4分間のロスタイムへ。

井出が左サイドからロングスローを入れて前線に起点をつくっていこうとする千葉県。神奈川県は松田や柴田徹も自陣まで戻ってコンパクトに。逃げ切りを図っていきます。37分には千葉県、エリア前で井上がファールを受けると鵜木が直接狙いますが、高山がこれをキャッチ。エリア前でボールを回して、タイムアップの時を待つような形に。しかし、そのパス回しを狙われて、千葉県にボールが渡り、エリア内右の奥田へ。これに対してファールがあったとの判定があり、千葉県にPKが与えられます。キッカーは奥田。ゴールネット右を揺らして、1-1。試合はタイムアップ。前後半合わせて20分の延長戦へ。

延長戦前半。千葉県は最終ラインは右から畑、中井、井出、橋本、ボランチは阿部と青木、右MFは鵜木、左MF井上、FWは鷹啄と奥田。前線の高さを積み増してゴールを狙いに。神奈川県は山本や坂巻が最終ラインとかかわり、時には斉藤も中盤まで下りて後ろから組み立てを図りながら勝ち越し点を狙っていきます。2分には斉藤から左へ展開すると、柴田徹が抜け出しますが、畑がねばり強く対応。さらに和田のフィードにエリア右へ斉藤が抜け出しシュートを打つもこれには倉田が好セーブを見せ、こぼれ球に対しては井出がすばらしいカバーを見せて神奈川県のゴールとはならず。さらにコーナーキックのセカンドボールを拾ったところから神奈川県が攻勢に出て、島崎のパスに右サイドへ松田が抜け出してクロスを上げると、こぼれ球を拾った柴田徹がシュートを打つもこれは上に。

千葉県も鷹啄に縦パスを入れて打開を図ろうとしますが、和田がこれにしっかり対応。そこから神奈川県は攻撃に転じ、岩井のフィードをうまくエリア前で斉藤がおさめて、左へパスを出しこれに柴田徹が抜け出すも、千葉県の守備に阻まれてエリアへは近づけず。それでも柴田徹が切り替えよく自陣に戻って、前に出ていこうとする青木に対してよくカバー。9分には山本のパスにエリア前、坂巻が抜け出しますがオフサイド。延長の前半はともにゴールのないままタイムアップとなります。

延長後半。立ち上がりには神奈川県は斉藤が左へ抜け出して折り返しますが、これはGK倉田にキャッチされてシュートにはつながらず。さらにエリア前へ持ち込んだ千葉県の阿部から小林夏生がうまくボールをカットしてそのままエリア前に。シュートは右にそれましたが攻撃へつながるいい守備を見せていきます。千葉県も青木がエリア前に顔を出すなど厚みのある攻めを見せるのに対して、神奈川県は柴田徹が自陣まで戻って岩井と連係してこれに対応。5分には神奈川県は攻撃に転じると、坂巻のパスに抜け出した山本がエリア内左へ。しかし、千葉県の厳しい守備で最後は倒れ、これに対しては主審はノーファールの判定。シュートにはつなげることはできず。

両チームが攻めぎ合うなかで、刻一刻と時計の針は進んでいき、千葉県はPK戦に備えてか、GKを倉田に代えて12廣濱顕哉(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)に交代。

9分には島崎のパスに右サイドの高い位置へ松田が抜け出して、エリア内へボールを送ると、斉藤のもとへ。しかし、千葉県の人数をかけた守備の前にシュートを打つことはできず。こぼれ球を拾った岩井が左サイドから切れ込んでシュートを打ちますが、枠はとらえられず。神奈川県は斉藤にパスを入れていこうとするも、千葉県は井出がよく対応。千葉県も奥田へ浮き球を入れていきますが、神奈川県は小林がこちらもよく対応。試合は1分のロスタイムへ。

「まだワンプレーあるぞ」。ベンチの声に押されるように右サイドの松田が仕掛けて人数をかけてゴールへ迫っていく神奈川県。しかし、千葉県の阿部がうまくボールを奪い取って前に送ると、左サイドの高い位置へ井上が抜け出し一気に前に。エリア前の鵜木へ渡り、鵜木がやや右へ流れながらシュートを放つとボールはゴール左隅へ。1-2。勝ち越したのは千葉県。試合はタイムアップ。千葉県が国体の出場権を得て、神奈川県は12日の決定戦へ回ることになりました。

前半0-0 後半1-1 延長前半0-0 延長後半0-1 計1-2
得点:柴田徹(神奈川県)奥田陽琉=PK、鵜木郁哉(千葉県)

神奈川県の先発:1高山汐生(湘南ベルマーレユース)、2島崎元(川崎フロンターレU-18)、3和田昂士(横浜F・マリノスユース)、5小林夏生(横浜F・マリノスユース)、4岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース)、7山本理仁(東京ヴェルディユース)、8柴田壮介(湘南ベルマーレユース)、9松田詠太郎(横浜F・マリノスユース)、6柴田徹(湘南ベルマーレユース)、FWは11宮城天(川崎フロンターレU-18)、10斉藤光毅=c(横浜FCユース)
交代:柴田壮介→16小倉陽太(横浜FCユース)宮城→14坂巻日向(東京ヴェルディユース)
控え:12山田怜於(鎌倉高校)13小林佑煕(横浜FCユース)15石井宏育(横浜F・マリノスユース)

千葉県の先発:1倉田一唯(日体大柏高校)、16畑大雅(市立船橋)、3鷹啄トラヴィス(市立船橋)、4井出敬大(柏レイソルU-18)、5橋本柊哉、6中井悠大朗(八千代高校)、15町田雄亮(市立船橋)、右MF8森英希(市立船橋)、7井上怜=c(市立船橋)、11西堂久俊(市立船橋)、9奥田陽琉(柏レイソルU-18)
交代:西堂→10鵜木郁哉(柏レイソルU-18)森→13阿部渚(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)町田→14青木奏人(八千代高校)倉田→12廣濱顕哉(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)
控え:2内野貴史(ジェフユナイテッド市原・千葉U-18)

先制点を挙げた後もいい形で試合を進めながらも勝利目前のところからひっくり返されることになった神奈川県。この日の試合が糧となって決定戦へつながり、そして、国体の出場を決めることを願っています。

(文中敬称略)

 

試合を前に円陣を組む神奈川県の選手やスタッフたち
神奈川県の先発メンバー
宮城天選手
島崎元選手
いざ試合へ
湘南ベルマーレユースの柴田壮介選手
フリーキックに備える選手たち
フリーキックでゴールを狙う宮城天選手

左SBとして攻守に好プレーを見せた横浜F・マリノスユースの岩井龍翔司選手

東京ヴェルディユースの山本理仁選手
湘南ベルマーレユースの柴田徹選手
宮城天選手
島崎元選手
後半へ

島崎元選手
柴田徹選手のゴールで神奈川県が先制する

宮城天選手
神奈川県がゴールへ迫るが千葉県も好守を見せる
島崎元選手
島崎元選手

 

宮城天選手
横浜FCユースの斉藤光毅選手
柏レイソルU-18の奥田陽琉選手がPKを決めて千葉県が追いつく

延長戦へ

延長後半、斉藤光毅選手らを起点に攻勢に出る神奈川県
島崎元選手
柏レイソルU-18の鵜木郁哉選手が決めて千葉県が勝ち越し
喜ぶ千葉県の選手やスタッフたち

 

神奈川県は12日の決定戦へ回ることになった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です