1ショット日記「輝きを」


4月29日、BMWスタジアム平塚で行われた関東大学サッカーリーグ1部第3節、駒澤大vs専修大。専修は川崎フロンターレU-18出身のFW9岸晃司選手が先発しました。

雲ひとつない青空のもと、時折強い風も吹くなか、始まった試合は、序盤から出足の速さで駒澤が専修を上回り、守備から攻撃へとつなげ、ゴールへ迫る展開に。前半10分に駒澤が9高橋潤哉選手が決めて先制すると、専修が風に乗った浮き球に対応しきれないところなどを突いて、次々に加点し、前半だけで4-0に。

なかなか駒澤のゴールの前に迫れない専修。岸選手も、駒澤の4伊勢渉選手らの厳しいマークに苦しみ、シュートを打つことができず、後半開始から交代することになりました。

専修は後半も巻き返すことができず、終わってみれば5点を奪われての敗戦。それでも、わずかながらもパスワークからゴールへ迫るところもあり、かつて大学サッカーファンを魅了した「美しく攻撃的なサッカー」を取り戻そうと奮闘していることも垣間見えました。まだまだその道のりは遠いのかもしれませんが、きっと岸選手が輝きを放つ場面もやってくると思います。

再び観客を沸かせるサッカーを専修が見せ、昨年の最終節では1部残留へと結び付くゴールを決めた岸選手が、今度はチームを上位へ押し上げるプレーを重ねていく-。そんなシーズンになることを願っています。

 

【関東大学サッカーリーグ1部第3節 駒澤大学vs専修大学】

4月29日(日)午前11時半キックオフ BMWスタジアム平塚 晴れ

前半4-0 後半1-0 計5-0

得点:高橋潤哉、荒木駿太2、星キョーワァン、大塲淳矢=PK(駒澤)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です