1ショット日記「再びピッチで」


 

4月29日、BMWスタジアム平塚で行われた関東大学サッカーリーグ1部第3節、順天堂大vs桐蔭横浜大。順天堂はMF25小川真輝選手、桐蔭横浜はGK21早坂勇希選手と、今春、川崎フロンターレU-18から大学サッカーの道へ進んだ2選手が控えに入りました。

ピッチでのウォーミングアップが始まる前には、早坂選手が小川選手に駆け寄り、笑顔で握手をかわして、しばし話をする場面も。

前日行われたJ1第11節、ベガルタ仙台vsコンサドーレ札幌では、フロンターレで共に育ち、今季期限付き移籍をした板倉滉選手(仙台)と三好康児選手(札幌)が対戦し、サポーターを大いに喜ばせましたが、フロンターレで小学生からチームメートとしてサッカーをしてきて、別のチームへ進んだ2人がこうして再びピッチで会うところを見られたことも、とても嬉しくなるものでした。

この日は共にベンチから試合の行方を見守った2選手。サポーターを沸かせてきたその右足で小川選手がゴールを狙えば、何度もフロンターレU-18を救ってきたように早坂選手が好セーブで応える-。そんな場面をゆくゆくは見たいものです。

 

【関東大学サッカーリーグ1部 順天堂大vs桐蔭横浜大】

4月29日(日)午後2時キックオフ BMWスタジアム平塚 晴れ

前半0-0 後半3-0 計3-0

得点:浮田健誠、白井海斗、旗手怜央(順天堂)

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です