フロンターレU18 – 東京ヴェルディユース / プリンスリーグ関東第9節


7月14日、綾瀬スポーツ公園にて行われた神奈川県チャンピオンシップのあとは、ヴェルディグラウンドへ。プリンスリーグ関東は第9節。川崎フロンターレU-18は日本クラブユース選手権前の最後の試合、東京ヴェルディユース戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第9節 vs 東京ヴェルディユース】
7月14日(土)午後6時キックオフ ヴェルディグラウンド 晴れ

フロンターレの先発は、GK21青山海、DFは右から22松永竜之介、キャプテンの4高吉正真、2栗田悠巨、5森璃太、ボランチは6小川達也、32山内日向汰、右MF11有田恵人、左MF8上野綜太、FW9山田新、10宮代大聖。

ヴェルディの先発は、GK25小川諒真、最終ラインは右から4三浦雅人、3綱島悠斗、23山下柊飛、17遠藤海斗、中盤は14山本理仁、その前にキャプテンの10森田晃樹、33権田陽大、右に20石浦大雅、左に2門倉捷人、前線には18坂巻日向。

昼間の厳しい暑さの熱が残り、翌日にレノファ山口との試合を控え、練習に向かうヴェルディのトップチームの選手たちが通り過ぎるヴェルディグラウンド。多くの両チームの選手たちの家族らやサポーターが集まり、幕を出し、チャントを歌って選手たちを励ますなか、試合は始まりました。

立ち上がり、後ろでボールを回しながら攻撃の機会をうかがっていくヴェルディ。フロンターレは高い位置から有田や上野がプレスをかけ、ボールを奪いに。2分にはエリア外右でファールを受けると、小川のフリーキックにゴール前左で高吉が頭で合わせるも右へ。

フロンターレはヴェルディのサイドからの攻めを高吉を中心にしのぎ、栗田が蹴り出すのではなく、山田へフィードを入れ、守備から攻撃へつなげようとしていきます。

しかし、ヴェルディは中盤で森田や山本がうまくボールを動かし、門倉に加え、遠藤も高い位置から裏を狙う動きを見せ、押し込みに。森田の縦パスにエリア右へ坂巻が抜け出すなど、たびたびゴールをおびやかし、フロンターレは森がエリア内にも戻ってクリアするなどしていきます。

4分にはヴェルディ、森田のサイドチェンジから右サイドからの攻めを試みていくと、エリア右へ三浦が抜け出しシュート。しかし、栗田がブロック。さらにコーナーキックのセカンドボールを拾い、左からエリア前へ迫るヴェルディ。フロンターレは山田もエリア内に戻り、コンパクトに。

6分にはコーナーキックをしのいだフロンターレ、有田が中央を持ち上がり、カウンターに。右サイドの高い位置へ上野が抜け出しますが、ヴェルディはこれに対してクリア。

ヴェルディは、さらに門倉がうまく左サイドの高い位置へ抜け出し、折り返しにエリア内で権田がシュートを打つもここでもフロンターレが粘り強く対応し、再びコーナーキックに。フロンターレはまたもコーナーキックをしのいで、有田が中央で前を向き、右へ展開すると、山田がエリア外右から折り返し、エリア前で宮代がシュート。しかし、惜しくも右へ。

ヴェルディはなおも中盤で山本や森田がボールを何度も触り、最終ラインのフィードにエリア外右へ三浦が抜け出すなど、攻勢に。フロンターレはエリア前でのパス交換に対して、小川がよみよくカットするなどしていき、16分にはエリア左へ抜け出した門倉が折り返すも、権田のシュートは青山がセーブ。すばやくリスタートし、高吉がエリア前の宮代を狙いフィードを入れ、打開を図りに。しかし、ヴェルディの攻勢は続き、権田に入ったボールを高吉がクリアしたり、森田のエリア内を狙ったスルーパスは上野がカット、さらにエリア内でこぼれ球を拾った三浦には高吉が寄せ、クリア。守備の時間帯が続いていきます。

給水タイム明け、フロンターレは山田が右MF、有田が前線へ。ファールとはなりながらも、森田に小川や宮代が連動してプレスをかけ、パスの出所を抑えに。後ろからの組み立てを図っていくヴェルディに対して、高い位置からプレスをかけ、対抗していきます。すると30分、エリア前でボールを奪った有田がゴールへ流し込み、1-0。布陣変更が結び付く形でフロンターレが先制点をものにします。

追いかける展開となったヴェルディは31分にはエリア右へ森田が進入しますが、栗田が粘り強く寄せ、シュートは打たせず。さらに門倉が森田とのパス交換からエリア内へ入ろうとするも、小川が戻りボールをカット。33分にはエリア右でボールを拾った三浦がシュートを打つも、揺らしたのはサイドネット。さらにエリア内へ門倉が進入しますが、高吉がまたもカバー。苦しい時間帯にも最後のところでしのいでいきます。

なおも石浦もサイドチェンジのボールを送り、門倉が高い位置へ仕掛けたり、遠藤が門倉を追い越すなど、サイドから押し込んでくるヴェルディ。フロンターレは上野や時には山田も自陣に守備に戻るなどして、応えていき、前半はタイムアップに。1-0でハーフタイムとなります。

後半ヴェルディは門倉に代わり9荒木大輔が入り、中盤へ。権田が左に移ってのスタートに。立ち上がりから後ろからボールを動かしていくヴェルディに対し、フロンターレは宮代や有田が前から連動してプレッシャーをかけ、中盤の山本に対しても山田がうまく寄せていくなどして対峙。しかし、3分荒木のスルーパスにエリア左へ抜け出した権田のシュートがゴールへ決まり、1-1。同点に。

さらに荒木のボールカットから遠藤が左サイドの高い位置へ。シュート性のクロスを入れるも青山が弾きながらも防ぎ、左コーナーキックに。左から森田が右足で入れたボール、山本が頭で合わせるも右へ。

続いてエリア前で前を向いた荒木のシュートが枠左をとらえますが、ここでも青山がセーブ。さらにエリア前に迫るヴェルディに対して、上野がボールをカットするなど、コンパクトにして守っていくフロンターレ。マイボールにすると、宮代へ縦パスを入れ、宮代がキープしようとするも、厳しい寄せに遭い、なかなか攻撃へは移れず。ヴェルディが山本が多くボールにかかわり、高い位置へ森田を走らせたり、遠藤が左サイドの高い位置からクロスを入れるなど、ヴェルディがゴールをおびやかす時間帯が続いていきます。

フロンターレは松永がエリア外左のヴェルディのシュートをブロックしたり、山田が自陣に戻り粘り強く寄せ、ファールを受けるなど、献身的な守備に。13分には有田が左サイドへ流れ、追い越した森がクロスを上げるもクリア。しかし、ようやくヴェルディの陣内でプレーできるように。

16分にはフロンターレは有田に代わり24鈴木大登がピッチへ。17分にはエリア前でのパス回しからクロスを上げるヴェルディ、ゴール右へ三浦が進入し頭で合わせるも青山がセーブ。ヴェルディはここで坂巻に代わり7飯島蓮が入り、右へ。森田が前に入り、その下に石浦、荒木。ヴェルディが高い位置でボールを回し、フロンターレがコンパクトにして守っていく時間帯が続き、遠藤がエリア外左からミドルシュートを打つなどして、給水タイムに。

給水タイム明け、栗田がボールを持ち上がり、エリア外左の宮代へ縦パスをつけ、小川や森がかかわり高い位置でボールを回していくスルーパスはフロンターレ。しかし、ヴェルディも切り替えよく人をかけ、守っていき、シュートまでは至らず。フロンターレは32分山内に代わり26平田流衣が入り、左MF、上野が右MF、鈴木がボランチに。一方のヴェルディは遠藤に代わり6栗畑怜偉。

33分にはエリア外正面でフリーキックを得たヴェルディ。山本が左足で入れたボールは青山が弾きながらも防ぎ、こぼれ球は山田が拾い、シュートは打たせず。しかし、34分中央でパス交換からエリア内へ進入した森田のシュートが決まり、1-2。勝ち越し点はヴェルディへ。

追いかける展開となったフロンターレは左サイドのパス交換からエリア内へ宮代が進入。しかし、ヴェルディの守備の前にシュートまでは至らず。さらに宮代、森や鈴木、平田が左サイドでボールを回し、エリア内へ進入しようとするも、シュートは打てず。さらに追加点を狙いにいくヴェルディに対し、青山がボールをキャッチしすばやく鈴木にボールをつけ、攻撃へつなげようとするなどしていきますが、ファールで阻まれてしまいます。

40分フロンターレは上野に代わり23常安澪が右MFへ。ヴェルディのカウンターに対して、高吉がカバーを見せ、右サイドの常安へ縦パスを入れたり、森が左サイドから中央へボールを運ぶ動きで変化も交え、サイドチェンジを受けた松永と常安の連係などから攻撃を試みるも、なかなかシュートまで打つことはできず。1-2でタイムアップとなりました。

前半1-0 後半0-2 計1-2
得点:有田恵人(川崎) 権田陽大、森田晃樹(ヴェルディ)

フロンターレの先発:21青山海、22松永竜之介、4高吉正真(c)、2栗田悠巨、5森璃太、6小川達也、32山内日向汰、11有田恵人、8上野綜太、9山田新、10宮代大聖
交代:有田→24鈴木大登 山内→26平田流衣 上野→23常安澪
控え:19川合我空 15道間雄生 17宮本ディアウ勇守歩 20澤田泰大 30岡崎玄 14古岡佑斗

ヴェルディの先発:25小川諒真、4三浦雅人、3綱島悠斗、23山下柊飛、17遠藤海斗、14山本理仁、10森田晃樹(c)、33権田陽大、20石浦大雅、2門倉捷人、18坂巻日向
交代:門倉→9荒木大輔 坂巻→7飯島蓮 遠藤→6栗畑怜偉

プリンスリーグ関東はこれで対戦が一巡し、フロンターレは3勝2分け4敗、得点12、失点13、得失点差-1で前半戦を終えることになりました。

この日は厳しい結果となったフロンターレ。7月22日から始まる日本クラブユース選手権での戦いが、これからにつながるものになることを期待しています。

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
青山海選手
岡崎玄選手
平田流衣選手
川合我空選手
松永竜之介選手
宮本ディアウ勇守歩選手
宮本ディアウ勇守歩選手
常安澪選手

鈴木大登選手
道間雄生選手
古岡佑斗選手
円陣を組む選手やスタッフたち

試合を前に家族やサポーターのもとへ

山内日向汰選手
栗田悠巨選手
上野綜太選手

高吉正真選手
有田恵人選手
青山海選手、松永竜之介選手
宮代大聖選手
青山海選手
たびたび好守を見せた
栗田悠巨選手
松永竜之介選手
森璃太選手
給水タイムへ
有田恵人選手のゴールで先制

栗田悠巨選手がカバー
高吉正真選手
山田新選手
青山海選手

松永竜之介選手
小川達也選手
宮代大聖選手
高吉正真選手
ハーフタイムへ
川合我空選手
鈴木大登選手
宮本ディアウ勇守歩選手
澤田泰大選手
古岡佑斗選手、古屋雄帆選手
岡崎玄選手
後半へ

有田恵人選手
小川達也選手
1-1に
控えの選手たちが円陣を組む

有田恵人選手
有田恵人選手
森璃太選手

鈴木大登選手

宮代大聖選手
鈴木大登選手
山田新選手
平田流衣選手
平田流衣選手
小川達也選手
1-2に
森璃太選手
鈴木大登選手
平田流衣選手
常安澪選手が出場

常安澪選手
山田新選手
平田流衣選手

1-2でタイムアップ
怪我で離脱中の宮城天選手、島崎元選手

家族やサポーターのもとへ

プリンスリーグは中断。日本クラブユース選手権が始まる

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です