フロンターレU18 – SC相模原U18 / 新人戦2017


神奈川県クラブユース新人戦 準々決勝 川崎フロンターレU-18 vs SC相模原U-18
2018/02/17(土)16:00 KO @等々力第1サッカー場
曇,45分ハーフ

午前中のぽかぽか陽気からうって変わり,小雨がちらついた後のキックオフとなった神奈川県クラブユース新人戦の初戦。FC AIVANCEを破って勝ち上がってきたSC相模原U-18との対戦となりました。

フロンターレの先発はGK21 青山海,DFは右から32 澤田泰大,34 高吉正真,28 栗田悠巨,27 森璃太,ボランチに30 山内日向汰,36 黒川海翔,右に37 有田恵人,左に24 宮城天,2トップに18 宮代大聖,9 山田新となりました。

試合開始からまずペースを掴んだのはフロンターレ。
3分,ペナルティエリア左から仕掛けたのはフロンターレ18宮代。右足を振り抜いたシュートは惜しくもバーの上へと外れます。
さらに6分,ファウルを受けて自ら獲得したFKを宮代は直接ゴールを狙いますが,これは枠の左へ外れ先制点とはなりません。

相模原は8分,右CK,左CKと続けてチャンスを得ますが,これはフロンターレDF34 高吉,28 栗田がしっかりブロック。得点を与えません。

10分にはフロンターレ。中央でボールを受けた宮代がキープし,右へ走り込んだ37 有田へ。少し中央へ切れ込んでからのシュートは左へ外れます。

13分にはフロンターレに大きなチャンス。ペナルティエリア内中央で抜け出しした宮代はGKをかわしてシュートを放つも,身体を大きく使ったGKの足でブロックされます。ここに9 山田が詰めますが,戻ったDFにブロックされチャンスをものにできません。
この流れで得たCK,30 山内の右足から放たれたボールに栗田が頭で合わせますがこれはゴールポストにきらわれます。

先にスコアを動かしたのはフロンターレ。
16分,ペナルティエリア右寄りでボールをキープした宮代は後方から走り込んだ山田へ。山田は冷静にGKをかわしてシュートを放ちますが,ゴールラインで待ち受けるDFにブロックされてしまいます。しかしさらに後方から詰めていたのは宮城。難なくゴールへ流し込み,フロンターレが先制。多くの人数が絡んだファインゴールでした。

さらに22分のフロンターレ。山内の左CKは鋭い弾道でニアサイドへ。これに合わせたのは栗田。浅い角度から右側のゴールネットを揺らして追加点。相模原を突き放します。

30分には相模原。ペナルティエリア右でボールを受けた12はDFを背負いながらもシュート。これは左へ外れ得点とはなりません。

ここからしばらくの膠着状態が続いた後の44分,27 森とのパス交換からに左サイドに開いた宮代から逆サイドへのクロス。これを受けた山田はシュート体勢へ入る前にGKにキャッチされ得点とはならず。

ここで前半終了となりました。
攻勢を続けた中からいい形での2得点。後半も期待を抱かせる内容でした。

両チーム交代はなく後半開始。

後半開始早々の3分,相模原は左サイド10からのミドルパスに抜け出した17がペナルティエリア右寄りから冷静にゴールを決めて2-1とします。

対するフロンターレは5分,山内が積極的に前へ出て攻撃参加。中央でボールを受けると密集地帯で2人をかわしシュート。しかしこれはゴール左に外れます。

そして10分,中央でボールをキープした宮城は右サイドに走り込んだ有田へ。冷静にGKとの1対1を制し3点目。追いすがる相模原を突き放します。

15分にもフロンターレ。36 黒川からのアーリークロスを中央で受けた宮代はシュートを放つも,これは勢いなくGKにキャッチされます。

18分,フロンターレは澤田に代わって25 古岡佑斗を投入。そのまま右サイドバックに入ります。

直後の19分,フロンターレは左CKから中央で高吉が頭で合わせますがこれはゴール左へ。

対する相模原は24分,フロンターレ中盤のパス交換を引っ掛けるとショートカウンター。抜け出したのは再び17。冷静にゴールへ流し込み3-2。1点差と詰め寄ります。

26分にはフロンターレ。ゴール正面右寄りで得たFKを宮代が直接狙いますが,これはわずかにクロスバーの上へ。得点とはなりません。

さらに28分,左サイドで山内から宮城とパスがつながり,背後から走り込んだ有田が抜け出しますが,シュートはまたも上へ。

31分にもフロンターレ。相手のミスを突いて宮代と有田が2対1の状況を作りますが,宮代のシュートはDFにブロックされてしまいます。追加点が遠く,リードしながらも苦しい戦いが続きます。

迎えた33分。FKから24に決められてついに同点に。

終盤,山内や宮城,宮代を中心に猛攻を仕掛けますが実らず後半終了。
決着はPK戦に持ち込まれます。

短いインターバルののち,アウェイサイドでPK戦が開始。先攻はフロンターレ,相模原が後攻となりました。

フロンターレはまず宮代が冷静に決め,宮城もこれに続きます。
相模原も難なく2人が決めます。
フロンターレの3人目は森。ゴール左を狙ったボールは相模原GKの鋭い反応に弾き出されてしまいます。続く山田も力みからか左へ外し,3人目が冷静に決めた相模原にリードを許してしまいます。

しかし相模原の4人目。左へ放たれたシュートを青山はしっかりと見極めて弾き出し,ここでの決着を許しません。

フロンターレ5人目の山内は冷静に決め,勝負の行く末を青山に託します。

相模原の5人目はゴール右へシュートを放ちますが,青山の読みが上回りこれをキャッチ。勝負はサドンデスへともつれ込みます。

フロンターレは高吉,黒川と冷静に決めたのに対し,相模原は7人目のシュートがクロスバーにきらわれてノーゴール。

激闘の末,フロンターレの勝利となりました。
2点差を追いつきPK戦まで戦い抜いた相模原も素晴らしく,今後の戦いが楽しみになる内容でした。

フロンターレの準決勝の相手は,今季プリンスリーグでも戦うことになる横浜Fマリノスユース。昨季はプレミアリーグを戦った強豪を相手に,どこまで戦えるかとても楽しみです。

神奈川県クラブユース新人戦 準決勝 川崎フロンターレU-18 vs 横浜Fマリノスユース
2018/03/04(日)12:00 KO @日本工学院専門学校 八王子グラウンド

海外遠征から戻ってきた宮代選手
話し込む安福選手と浦上コーチ
チーム全員で勝利を目指す
試合前、全員でハイタッチ
円陣
相模原の円陣
山内選手。多くのプレースキックを任された
宮代選手の直接FK
宮城選手
山田選手。よく動いて相手の隙を突いた
有田選手。右サイドで仕掛け続けた
澤田選手。運動量豊富だった
栗田選手。攻撃でも魅せた
相模原の選手たち

いざPK戦へ
最初のキッカーは宮代選手

青山選手、渾身のシュートストップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です