フロンターレU18 – 大分トリニータU18 / クラブユース選手権グループステージ第3戦


7月25日は上毛電鉄樋越駅から自転車に乗って、NTT図南スーパーグラウンドへ。日本クラブユース選手権グループステージは第3戦。グループAのここまでの2試合を2敗の川崎フロンターレU-18は今大会の最後の試合、大分トリニータU-18戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権グループステージ第3戦 vs 大分トリニータU-18】
7月25日(水)午前9時キックオフ NTT図南スーパーグラウンド くもりのち晴れ 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK19川合我空、DFは右から5森璃太、キャプテンの4高吉正真、22松永竜之介、2栗田悠巨、ボランチは6小川達也、24鈴木大登、右MF11有田恵人、左MF8上野綜太、FW9山田新、10宮代大聖。

トリニータはここまで1勝1分け、得点4失点1で名古屋グランパスU-18と並び、グループAの首位。先発は、GK21木戸雄登、DFは右から27井上海、6三木慎博、5栗林純、8高畑奎汰、ボランチは7岩﨑竜士、29本永一成、右MF10上栗一将、左MF19西城響也、前線には32工藤大雅、キャプテンの18三好斗真。

薄く雲が出て、やや気温は低いものの、肌にまとわりつくような湿気で、ここ数日の猛暑とはまた違った暑さのNTT図南スーパーグラウンド。両チームの家族やサポーターらが、チャントやコールで選手たちに声援を送るなか、試合は始まりました。

立ち上がりはトリニータ、キックオフとともに三好が縦へ仕掛け、ゴールの前に迫るなど攻勢に。1分には三好のリターンをエリア外で受けた本永がミドルシュートを打つも枠外に。得点を取り、勝ってグループステージ突破を決めるという意欲にあふれた攻撃を見せていきます。

フロンターレはラインを高めて、コンパクトに。宮代も時には中盤まで下りて、マイボールの時間を増やしていこうとしますが、4分、トリニータは速攻に持ち込み、三好がエリア前でおさめ、左へ展開。エリア外左から高畑がミドルシュートを放つと、ゴールネットが揺れ、0-1。先制点はトリニータへ。

トリニータは西城、高畑の左サイドの連係からさらにエリア前に迫り、フロンターレは森がブロックしたり、高畑のクロスを高吉がクリアするなど、守勢の中でも対応していきます。

ボールをものにすると、上野も中盤に寄ってポジションを取り、小川の縦パスをおさめ、左サイドに流れた山田に展開し、鈴木もかかわって高い位置でのプレーを試みに。松永が右サイドの高い位置へ抜け出した森にフィードを入れるなど、目先も変えながら攻撃の機会を探りにいきます。

しかし、トリニータの寄せが速くなかなか決定機をつくることがなかなかできず。15分にはトリニータ、ボールを奪ったところから縦へ速い攻めを見せると、エリア外左から西城がループシュートを狙いますが、上に。

フロンターレも17分には栗田が左からクロスを上げると、エリア内に有田が飛び込むも、GK木戸がボールをキャッチ。シュートを打つことはできず。

クーリングブレーク明け、高吉や松永、小川や鈴木がボールに多く触りながら組み立てを図っていくフロンターレ。25分には有田の浮き球のパスに山田が右サイドの高い位置へ抜け出し、折り返すと上野が抜け出しますが、触ることはできず。逆にトリニータがカウンターへ持ち込み、中央を突破した三好がゴールへ流し込み、0-2。

突き放されたフロンターレは、高吉、松永がラインを高く保ち、森や栗田が高い位置へ。ピッチを幅広く使い、パス交換から鈴木や小川も高い位置へ抜け出すなど、ボールを動かしていきますが、なかなかエリア内へ近づくことはできず。

ロスタイムに入り、37分にはトリニータ、エリア前で三好がボールをおさめ、高畑が再び枠をとらえたミドルシュートを打ちますが、川合がキャッチ。さらにエリア左へ西城が抜け出すも栗田がエリア内に戻ってクリア。前半は0-2でタイムアップとなります。

後半フロンターレは小川に代わり、25戸水利紀。怪我のため、しばらく公式戦からの遠ざかっていた戸水には復帰戦となります。

立ち上がり、フロンターレは山田や鈴木が前からプレスをかけて、トリニータが蹴りだしたところを拾ってマイボールに。森や栗田が高い位置取りに、ピッチを幅広くボールを動かしに。高吉の縦パスを受けた宮代が前を向き、エリア左へ抜け出した栗田に、スルーパスを通すなど、ゴールに向かうようなプレーを増やしていきます。

トリニータは三好がボールをおさめたところから起点をつくりにいきますが、フロンターレは松永に加えて鈴木も囲い込むようにして対応。再びボールをものにすると、6分左サイドの高い位置で栗田がクロスを上げ、エリア内、山田が頭で合わせたボールがゴールの中へ。1-2。

フロンターレはさらに後ろから組み立てを図るトリニータに対して、山田や上野が連動してプレスをかけ、栗田が左サイドの高い位置でボールをカット。中盤に下りた宮代からエリア外右にパスが通り、有田がクロス。クリアされ、シュートにはつながりませんでしたが、切り替えよく攻撃へつながるように。

9分には左サイド、栗田、上野とつながり、上野のパスにエリア左へ抜け出した鈴木がシュート。ブロックされ、左コーナーキックに。左から森が右足で入れると、高吉が頭で合わせたボールは枠をとらえますが、ライン上で岩﨑がクリアする好守で惜しくも決まらず。

フロンターレはさらに有田とのパス交換から森が高い位置へ上がったり、上野が中央に寄って出したパスを山田がおさめ、エリア内へ鈴木が飛び出すなど厚みのある攻めを見せていきます。

14分には高吉がボールをカットし、そのまま持ち上がって、エリア外右にパスを通すと、森が折り返すも宮代のシュートはうまく合わせたものとはならず。惜しくも決めることはかなわず。それでも守備と攻撃がかみあった、いい場面をつくりだしていきます。

トリニータも高畑がエリア内へ動き出す工藤を狙いパスを出すも、シュートにつながるようなものにはならず。

フロンターレは、戸水が高吉や松永とかかわり、森や栗田が高い位置を取り続け、なおも攻勢に。16分には、戸水の縦パスを受けた宮代がうまく前を向いて、エリア外正面でシュートを打つもブロック。

17分にはトリニータもカウンターからエリア左へ西城が抜け出すも、フロンターレが人数をかけてブロック。切り替えよく守りに。ここからフロンターレは再び攻撃へ持ち込み、有田のクロスにつなげ、切り替えよくゴールを狙いにいきます。

18分には森がファールをエリア正面で受け、フリーキックを得たところで、上野に代わり26平田流衣が左MFに。クーリングブレークが明けた21分には、トリニータは三好に代わり9田原龍之介、西城に代わり24矢野太一。トリニータは後ろを5人、少し形を変えて打開を図りに。宮代には、三木が粘り強くマークにいくなどして、起点を消そうとしていきます。

しかし、フロンターレは有田が右サイドの高い位置へ抜け出し、クロスを上げ、逆のサイドへ流れたボールを平田が拾い、松永も山田へ縦にボールをつけて、そこから後ろに戻してボールを握りながら攻めを試みに。27分には、縦パスをエリア外正面で受けた宮代がミドルシュートを打つと、バーを叩く惜しいものに。

トリニータはここからカウンターを仕掛けていきますが、平田や戸水がボールを取り返し、それを許さず。ボールを動かし、30分にはボールを持ち上がった高吉がセンターラインやや手前からミドルシュート。GK木戸がキャッチしましたが、得点の意欲を見せていきます。

34分トリニータは上栗に代わり11日高智也。フロンターレも35分には松永に代わり30岡崎玄が入り、左SB、トリニータはさらに岩﨑に代わり34弓場将輝。

37分にはフロンターレ、左サイドのスローインの流れから宮代から右サイドを突くパスが出ると、森のクロスに山田が頭で合わせるも上に。さらに高い位置で栗田がエリア内にスルーパスを通すと、山田が抜け出し、クリアされ、左コーナーキックに。左から森がボールを入れると、宮代が合わせるも右へ。

追加点をとろうとトリニータも日高がエリア右へ抜けるなどしましたが、高吉がカバー。そこから前にボールをつけ、宮代がおさめたところから前に出ていくなど、守備から攻撃へつなげていったフロンターレ。しかし、試合はタイムアップ。1-2。

前半0-2 後半1-0 計1-2
得点:山田新(フロンターレ) 高畑奎汰、三好斗真(トリニータ)

フロンターレの先発:19川合我空、5森璃太、4高吉正真(c)、22松永竜之介、2栗田悠巨、6小川達也、24鈴木大登、11有田恵人、8上野綜太、9山田新、10宮代大聖
交代:小川→25戸水利紀 上野→26平田流衣 松永→30岡崎玄

トリニータの先発:21木戸雄登、27井上海、6三木慎博、5栗林純、8高畑奎汰、7岩﨑竜士、29本永一成、10上栗一将、19西城響也、32工藤大雅、18三好斗真(c)
交代:西城→24矢野太一 三好→9田原龍之介 岩﨑→34弓場将輝
控え:1井手悠生 42三浦豪太 15佐藤亮太

フロンターレはグループステージを3敗で日本クラブユース選手権を終えることになりました。しかし、最後の試合は、攻撃も守備もかみあったいい場面をつくりだし、シーズンの後半に向けてチームが進化していくのでは、という期待を感じさせるものになった、と思います。

公式戦は8月26日のプリンスリーグ関東、山梨学院高校戦までお休みに。その間に行われる遠征などを通して、チームがどうなっていくのか、とても楽しみにしています。また、このクラブユース選手権では出場できなかった選手たちがチャンスをつかんでいくことも、楽しみにしています。

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
青山海選手はこの日はサブに回った
家族やサポーターのもとへ

日本クラブユース選手権は最後の試合に

川合我空選手
高吉正真選手
松永竜之介選手

森璃太選手
高畑奎汰選手が決め、大分トリニータが先制する
栗田悠巨選手
小川達也選手
鈴木大登選手
有田恵人選手
高吉正真選手
上野綜太選手
山田新選手
松永竜之介選手
川合我空選手
鈴木大登選手
宮代大聖選手
鈴木大登選手
上野綜太選手
森璃太選手
有田恵人選手

0-2でハーフタイムへ
戸水利紀選手
後半へ向けて円陣を組む

上野綜太選手
栗田悠巨選手
栗田悠巨選手がクロスを上げる
山田新選手が合わせる

1-2に

戸水利紀選手
上野綜太選手
コーナーキック、森璃太選手がボールを蹴る
高吉正真選手が合わせる

惜しくもゴールとはならず
松永竜之介選手
山田新選手
戸水利紀選手
鈴木大登選手
山田新選手
宮代大聖選手
平田流衣選手
松永竜之介選手
平田流衣選手
高吉正真選手
戸水利紀選手
松永竜之介選手
栗田悠巨選手
岡崎玄選手
山田新選手がゴールに迫る
高吉正真選手
岡崎玄選手
1-2でタイムアップ

シーズンはまだ続いていく

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です